公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

5/7 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2019-05-08 07:43:37 | 政治経済問題
【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 25965.09 -473.39   -1.79% 26276.90 25789.71   0   30
*ナスダック   7963.76 -159.53   -1.96%  8070.97  7899.02  598 1918
*S&P500      2884.05  -48.42   -1.65%  2913.03  2862.60   36  469
*SOX指数     1506.32  -37.41   -2.42%
*225先物       21660 大証比 -280   -1.28%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     110.25   -0.51   -0.46%   110.85   110.17
*ユーロ・ドル   1.1192 -0.0007   -0.06%   1.1218   1.1167
*ユーロ・円    123.38   -0.69   -0.56%   124.25   123.11
*ドル指数      97.57   +0.05   +0.05%   97.74   97.38

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    2.29   +0.00      2.31    2.27
*10年債利回り    2.46   -0.01      2.50    2.44
*30年債利回り    2.86   -0.03      2.91    2.86
*日米金利差     2.51   +0.04

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      61.37   -0.88   -1.41%   62.49   60.66
*金先物       1285.7   +1.9   +0.15%   1287.3   1279.1
*銅先物       278.7   -4.3   -1.50%   284.1   277.6
*CRB商品指数   179.49   -1.19   -0.66%   180.06   178.71

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7260.47 -120.17   -1.63%  7380.64  7251.03   12   89
*独DAX     12092.74 -194.14   -1.58% 12319.05 12056.80   6   24
*仏CAC40     5395.75  -87.77   -1.60%  5490.33  5387.99   6   35



ダウ平均は一時600ドル超の大幅安 米中貿易協議への不透明感を再び強めリスク回避=米国株概況 2019/05/08(水) 05:20 

NY株式7日(NY時間16:20)
ダウ平均   25965.09(-473.39 -1.79%)
S&P500    2884.05(-48.42 -1.65%)
ナスダック   7963.76(-159.53 -1.96%)
CME日経平均先物 21670(大証終比:-270 -1.25%)

  きょうのNY株式市場でダウ平均は一時600ドルを超える大幅安となった。市場は米中貿易協議への不透明感を再び強めており、リスク回避の雰囲気が強まっている。日曜日のトランプ大統領の対中関税引き上げのツイートで、前日の市場も米中貿易協議への警戒感が強まっていた。ダウ平均も大幅安となっていたが、楽観的な雰囲気もあり、大部分は買い戻されていた。

 しかし、前日の市場終了後にライトハイザーUSTR代表の発言が伝わり、一気に市場のムードは悪化している。ライトハイザー代表は「金曜日に対中関税を引き上げる」と語っていた。中国側の代表団がワシントンを予定通り訪問するとの報道もあり、トランプ大統領特有の威嚇との見方もあって、市場はたかをくくっていた面もあったようだ。

 産業株やIT・ハイテク株など中国関連を中心に幅広い銘柄に売りが広がった。

 ダウ採用銘柄は全銘柄が下落。ボーイング、アップル、ユナイテッド・テクノロジーズ、キャタピラー、マイクロソフトが売りに押されている。

 ナスダックも一時2%超の大幅安。FAANG銘柄を始め、主力のIT・ハイテク株は揃って下落。

 AIGが上昇。1-3月期決算を発表しており、1株利益が予想を上回った。予想を上回ったのは7四半期ぶり。買収効果などが寄与し、損保部門の利益が12.7億ドルと前年比で2倍強に拡大した。

 医薬品のエイコーンが大幅高。1-3月期決算を発表しており、売上高が予想を上回ったほか、1株損益は赤字だったものの予想ほどではなかった。通期の売上高見通しも予想を上回っている。

 太陽光発電部品のソーラーエッジ・テクノロジーが大幅高。1-3月期決算を発表しており、1株利益、売上高とも予想を上回った。アナリストからの評価も高く、株価上昇はまだ初期段階かもしれないとの評価も出ている。

 全体的に軟調な相場展開の中でGMが上昇している。同社の自動運転部門GMクルーズの11.5億ドルの資本増強が発表された。投資会社ティー・ロウ・プライス・アソシエイツが引き受ける。

 現金自動預払機(ATM)などを手掛けるNCRが大幅高。一部報道で投資会社から買収提案を受けており、身売りの可能性についてアドバイザーと協議していると伝わった。


AIG 50.30(+3.19 +6.77%)
エイコーン 3.55(+0.52 +17.16%)
ソーラーエッジ 53.84(+9.96 +22.70%)
NCR 31.08(+2.63 +9.24%)
GM 38.53(+0.44 +1.16%)
T.ロウ・プライス 103.30(-2.44 -2.31%)

アルファベット(C) 1174.10(-15.29 -1.29%)
フェイスブック 189.77(-4.11 -2.12%)
ネットフリックス 370.46(-8.21 -2.17%)
テスラ 247.06(-8.28 -3.24%)
アマゾン 1921.00(-29.55 -1.51%)
エヌビディア 173.11(-6.74 -3.75%)
ツイッター 38.62(-1.61 -4.00%)

ダウ採用銘柄
J&J 139.97(-2.12 -1.49%)
P&G 104.70(-0.98 -0.93%)
ダウ・インク 52.95(-0.51 -0.95%)
ボーイング 357.23(-14.37 -3.87%) 
キャタピラー  133.67(-3.09 -2.26%) 
ユナイテッド  135.44(-4.76 -3.40%) 
ビザ  160.21(-2.07 -1.28%) 
ナイキ  82.54(-1.03 -1.23%)
ウォルグリーン 52.94(-0.98 -1.82%) 
3M  179.12(-3.92 -2.14%) 
エクソンモビル  76.72(-0.41 -0.53%) 
シェブロン  118.27(-0.13 -0.11%) 
コカコーラ  48.00(-0.47 -0.97%) 
ディズニー  133.44(-1.56 -1.16%) 
マクドナルド  198.04(-0.86 -0.43%) 
ウォルマート 101.30(-1.16 -1.13%)
ホームデポ  194.77(-4.86 -2.43%)
JPモルガン 113.21(-1.88 -1.63%)
トラベラーズ  141.71(-1.72 -1.20%)
ゴールドマン  202.63(-3.80 -1.84%)
アメックス  118.22(-1.12 -0.94%) 
ユナイテッドヘルス  238.05(-2.45 -1.02%)
IBM  137.64(-2.74 -1.95%)
アップル  202.86(-5.62 -2.70%)
ベライゾン  56.63(-0.28 -0.49%)
マイクロソフト  125.52(-2.63 -2.05%)
インテル  50.48(-0.74 -1.44%)
ファイザー 40.83(-0.82 -1.97%)
メルク  77.90(-1.58 -1.99%)
シスコシステムズ  53.45(-1.14 -2.09%)


UPDATE 1-米国株式市場=大幅安、米中貿易摩擦懸念でリスク選...

米国株式市場は大幅安。ダウ平均株価は一時600ドル以上値下がりし、終値で2万6000ドルの水準を下回ったほか、ハイテク株の多いナスダック総合指数も8000ポイントの大台を割り込んで取引を終了した。米中貿易摩擦の激化を巡る懸念からリスク選好が後退した。

貿易の影響を受けやすいS&P工業、情報技術の下落率が目立った。全11セクターが値下がりし、下落率が1%未満だったのは公益事業とエネルギーに限られた。

トランプ米大統領が中国製品に対する関税引き上げを表明したことについて、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官は6日、中国側が協議の中で約束を後戻りさせたことを受けたと明らかにした。

両氏のコメントを受け、米中通商協議の決着まで想定より大幅に長引くという懸念が広がった。

エドワード・ジョーンズの投資ストラテジストは「進展があり、合意に達すると毎週耳にしてきたが、ゴールポストが動いてしまった。期待にかなりの変化が出ている」と話す。

「恐怖指数」の異名を持つシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー・インデックス(VIX指数)は3カ月超ぶりの水準に上昇した。

個別銘柄は、中国に輸出する航空機大手のボーイングが3.9%安、重機メーカーのキャタピラーも2.3%値下がりした。

ハイテク株はマイクロソフトが2.1%下落、アップルは2.7%安。S&P総合500種の重しとなった。

米後発医薬品(ジェネリック)大手マイランは23.8%安と下げが目立った。第1・四半期の売上高が市場予想を割り込んだほか、戦略的な見直しの更新がなく経営陣への不信感につながった。

米保険大手アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG)は6.8%高。四半期決算で利益が予想を上回った。

ニューヨーク証券取引所では、値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を4.13対1の割合で上回った。ナスダックも3.32対1の割合で値下がり銘柄数が多かった。

出来高が78億株、過去20営業日平均は67億1000万株だった。



 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 25965.09 -473.39 -1.79 26276.90 26276.90 25789.71 前営業日終値 26438.48
ナスダック総合 7963.76 -159.53 -1.96 8043.52 8070.97 7899.02 前営業日終値 8123.29
S&P総合500種 2884.05 -48.42 -1.65 2913.03 2913.03 2862.60 前営業日終値 2932.47
ダウ輸送株20種 10670.47 -231.54 -2.12
ダウ公共株15種 775.14 -2.88 -0.37
フィラデルフィア半導体 1,506.32 -37.41 ▼2.42%  [05/07]  H:1,527.28 L:1,489.97 
VIX指数 19.32 +3.88 ▲25.13%  [05/07]  H:21.84 L:15.80
S&P一般消費財 934.39 -13.82 -1.46
S&P素材 343.52 -6.37 -1.82
S&P工業 640.52 -13.36 -2.04
S&P主要消費財 583.58 -5.90 -1.00
S&P金融 454.60 -7.82 -1.69
S&P不動産 220.03 -3.98 -1.78
S&Pエネルギー 471.23 -2.96 -0.62
S&Pヘルスケア 1028.70 -20.43 -1.95
S&P通信サービス 164.87 -2.27 -1.36
S&P情報技術 1343.21 -29.04 -2.12
S&P公益事業 292.84 -0.92 -0.31
NYSE出来高 9.84億株
シカゴ日経先物6月限 ドル建て 21675 - 265 大阪比 
シカゴ日経先物6月限 円建て 21650 - 290 大阪比


米国 業種別ランキング

S&P500業種別ランキング 5/8 06:45更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 公益事業 292.84 -0.92 -0.31%
2 エネルギー 471.23 -2.96 -0.62%
3 生活必需品 583.58 -5.90 -1.00%
4 コミュニケーション・サービス 164.87 -2.27 -1.36%
5 一般消費財 934.39 -13.82 -1.46%
6 金融 454.60 -7.82 -1.69%
7 不動産 220.03 -3.98 -1.78%
8 素材 343.52 -6.37 -1.82%
9 ヘルスケア 1,028.70 -20.43 -1.95%
10 資本財・サービス 640.52 -13.36 -2.04%
11 情報技術 1,343.21 -29.04 -2.12%

NASDAQ業種別ランキング 5/8 06:45更新
順位 業種 引値 前日比 騰落率
1 NASDAQ その他金融株指数 8,616.85 -100.42 -1.15%
2 NASDAQ 工業株指数 6,462.77 -102.92 -1.57%
3 NASDAQ 保険株指数 9,387.52 -153.24 -1.61%
4 NASDAQ 銀行株指数 3,771.42 -62.64 -1.63%
5 NASDAQ 通信株指数 417.12 -7.56 -1.78%
6 NASDAQ コンピューター指数 4,864.25 -107.24 -2.16%
7 NASDAQ 輸送株指数 5,210.28 -120.19 -2.25%
8 NASDAQ バイオ株指数 3,317.12 -105.60 -3.09%


ダウ平均株価

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数 5,210.28 -120.19 -2.25% +0.61% +3.62% 6:16

S&P 小型株600種 971.02 -18.30 -1.85% +0.50% +0.47% 5:15

ラッセル2000種指数 

・1,582.31 -32.66 -2.02% -0.02% +0.21% 5:30

・1,582.31 -32.66 ▼2.02%  [05/07]  H:1,611.46 L:1,571.49

ナスダック バイオテクノロジー株指数 3,317.12 -105.60 -3.09% -8.22% +2.44% 6:16

NYダウ 工業株30種 25,965.09 -473.39 -1.79% -1.43% +6.60% 6:10

ナスダック 銀行株指数 3,771.42 -62.64 -1.63% +2.61% -9.81% 6:16

ブルームバーグ REIT指数 299.34 -5.14 -1.69% -2.21% +10.39% 5:00

NYSE 総合指数 12,778.50 -198.17 -1.53% -1.27% +2.06% 7:16

ナスダック 100指数 7,640.15 -153.94 -1.98% +0.81% +11.99% 6:16

ナスダック 金融株指数 8,616.85 -100.42 -1.15% +1.58% +5.75% 6:16

ナスダック 保険株指数 9,387.52 -153.24 -1.61% +5.36% +14.73% 6:16

NYダウ 輸送株20種 10,670.47 -231.54 -2.12% -0.59% +2.98% 6:10

ナスダック 通信株指数 417.12 -7.56 -1.78% -1.48% +14.41% 6:16

S&P 500種 2,884.05 -48.42 -1.65% -0.40% +7.91% 6:10

ナスダック 総合指数 7,963.76 -159.53 -1.96% +0.32% +9.61% 6:16

NYダウ 公共株15種 775.14 -2.88 -0.37% +0.04% +13.36% 6:10

KBW銀行株指数 99.97 -2.10 -2.06% +2.39% -6.63% 6:16

ラッセル1000種指数 1,598.40 -27.19 -1.67% -0.38% +7.77% 5:30

ナスダック 金融100指数 4,720.46 -67.23 -1.40% +2.88% +0.89% 6:16

ラッセル3000種指数 1,701.83 -29.39 -1.70% -0.34% +7.16% 5:30

ナスダック コンピューター株指数 4,864.25 -107.23 -2.16% +1.41% +11.64% 6:16

ナスダック 工業株指数 6,462.77 -102.92 -1.57% +1.30% +11.25% 6:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

S&Pトロント総合指数 16,357.75 -135.71 -0.82% -0.23% +3.47% 5:59

ボベスパ ブラジル 94,388.73 -619.93 ▼0.65%  [05/07]  H:95,008.66 L:92,749.70

メルバル アルゼンチン 32,741.13 -247.46 ▼0.75%  [05/07]  H:33,051.68 L:32,244.31

IPC メキシコ 43,583.60 -533.10 ▼1.21%  [05/07]  H:44,047.71 L:43,408.97


欧州株価指数


ロンドン株7日 大幅反落 米中摩擦懸念で売り加速:日本経済新聞 2019/5/8 1:10

【NQNロンドン】7日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は大幅に反落した。前営業日3日の終値に比べ120.17ポイント安の7260.47と、終値で3月下旬以来の安値で引けた。1日の下げ幅としては3月22日以来の大幅下落だった。6日は英国の祝日で休場だった。

米中貿易摩擦の懸念が重荷となり、売りが膨らんだ。米国が中国に対する関税を引き上げる方針を表明したことを背景に中国関連株を中心に売りが先行して始まった。その後、午後に米国市場で株安が進むと投資家心理が一層悪化し、英国株への売りが加速した。幅広い銘柄に売りが広がり、構成銘柄の約9割が下落した。

朝方は中国景気との関連が強いファッションのバーバリー・グループや保険のプルーデンシャル、銀行のHSBCホールディングスへの売りが目立った。午後にかけて原油相場の大幅下落を受けて石油株への売りが加速した。銅価格も安くなったことで鉱業株も下げた。銀行株を筆頭に金融株は全面安となった。

半面、公益事業株や医薬品株など景気動向に左右されにくいとされるディフェンシブ銘柄が堅調だった。電力のSSEとヒクマ・ファーマシューティカルズの上げが目立った。



FTSE100イギリス
▼1.63%
7,260.47
H:7,380.64
L:7,251.03
-120.17
05/07


ドイツ株7日 大幅続落、自動車株下落:日本経済新聞 2019/5/8 1:22

【NQNロンドン】7日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は大幅続落した。終値は前日と比べて194.14ポイント(1.58%)安の12092.74だった。前日に引き続き大幅に下落した。米中摩擦の激化が警戒されたほか、7日に欧州連合(EU)の欧州委員会が発表した経済見通しで、ユーロ圏の実質成長率を前回2月時点の予測から引き下げたことも重荷になった。構成銘柄の8割が下落した。消費財のヘンケルが大幅安で引けた。BMWをはじめ自動車大手3社も売られた。中国市場の減速などが響き、いずれも業績が落ち込んだことが売り材料視された。一方でオンライン決済サービスのワイヤーカードと不動産のボノビアが大幅に上昇した。

他の欧州の主要株式市場も総じて下落し、軒並み1%前後、下落した。



DAXドイツ
▼1.58%
12,092.74
H:12,319.05
L:12,056.80
-194.14
00:35

CAC40フランス
▼1.60%
5,395.75
H:5,490.33
L:5,387.99
-87.76
00:35

SMIスイス
▼0.83%
9,577.38
H:9,685.59
L:9,562.95
-79.86
00:35

FTSE MIBイタリア
▼0.89%
21,219.14
H:21,554.81
L:21,172.61
-190.15
00:34

IBEX35スペイン
▼1.03%
9,235.10
H:9,404.60
L:9,221.00
-95.90
00:34

AEXオランダ
▼1.22%
556.86
H:566.38
L:556.12
-6.89
01:05

BEL20ベルギー
▼2.33%
3,595.96
H:3,648.35
L:3,585.86
-85.84
01:05

ATXオーストリア
▼1.22%
3,096.82
H:3,137.71
L:3,088.74
-38.26
05/07

PSI20ポルトガル
▼1.29%
5,233.02
H:5,307.44
L:5,227.62
-68.28
05/07

ASEギリシャ
▲0.63%
758.97
H:765.85
L:755.87
+4.77
05/07

OMXS30スウェーデン
▼1.90%
1,617.85
H:1,653.00
L:1,613.35
-31.37
05/07

OBXノルウェー
▼0.47%
801.05
H:812.10
L:797.46
-3.75
05/07

OMXC20デンマーク
▲0.30%
998.57
H:1,007.54
L:995.88
+2.98
05/07

RTSロシア
▼0.62%
1,237.86
H:1,247.95
L:1,234.93
-7.73
00:51

ISE100トルコ
▼1.61%
91,482.45
H:91,926.73
L:90,698.17
-1499.83
00:10

AllShr南アフリカ
▼1.14%
58,043.60
H:58,973.58
L:58,043.60
-669.23
05/07

ユーロ・ストックス50
▼1.78%
3,401.16
H:3,467.64
L:3,396.90
-61.79
05/07

BDI(バルチック)指数
▼4.55%
985.00
-47
05/06


欧州市場サマリー

<ロンドン株式市場> 

連休明けロンドン株式市場は6週間近くぶりの安値に反落して取引を終えた。米政権が中国製品に対する関税を引き上げると述べたことで石油や金融銘柄が売り込まれた。

金融銘柄では、金融大手HSBCや保険大手プルーデンシャルなど、アジアへのエクスポージャーが高い銘柄が売られた。

また、世界的な成長や需要を巡る懸念が高まり、石油大手のロイヤル・ダッチ・シェルやBPが2018年12月上旬以来の大幅安となった。

国内最大のピザ配達会社、ドミノ・ピザ・グループは1.5%安だった。海外事業について、今年は採算が取れないだろうとしたことが嫌気された。

<欧州株式市場> 

続落して取引を終えた。欧州連合(EU)の欧州委員会がユーロ圏の成長見通しを引き下げたほか、米中通商協議を前に両国の緊迫が不安視され、リスク志向が弱まった。

投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラティリティ指数は日中、6週間超ぶりの高水準をつけた後、やや鈍化した。

イタリアの主要株価FTSE・MIB指数は0.89%低下した。通商政策に左右されやすいドイツのクセトラDAX指数は1.58%低下した。ドイツの3月の鉱工業生産指数は上昇率が市場予想を下回った。

STOXX欧州600種銀行株指数は2.43%低下した。個別銘柄ではオンラインブローカーのフィネコバンクが7.5%安となり、最も大幅に落ち込んだ。イタリアの銀行大手ウニクレディトがフィネコバンクの保有株を減らすことを検討しているとしたことが嫌気された。

<ユーロ圏債券> 

欧州委員会が公表したユーロ圏経済の四半期見通しを受け、独10年債利回りが5週間ぶりの水準に低下した。

欧州委は四半期経済見通しで、ユーロ圏経済の2019年の成長率は1.2%と、18年の1.9%から減速すると予想。2月に示した予想の1.3%から下方修正した。

これを受け独連邦債に買いが入り、10年債利回りはマイナス0.04%と、5週間ぶりの低水準を付けた。前日は米中貿易摩擦の高まりの懸念を背景に安全資産として買われていた。

欧州委はイタリアの19年の経済成長率は昨年の0.9%から0.1%に減速するとし、2月に示した予想の0.2%から下方修正した。このほか、政府が支出を巡る政策を変更しない限り財政赤字の対国内総生産(GDP)比率は19年に2.5%、20年は3.5%に上昇し、EU財政規律が上限として定める3.0%を超えるとの見通しも示した。

イタリア10年債利回りは一時2.6%に上昇。ただその後は2.59%に戻した。イタリア国債利回りの動きは比較的抑制されていたものの、独連邦債利回りが低下したことを受け、両国の利回り格差は263ベーシスポイント(bp)と、4月26日以来の水準に拡大した。



<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.1177 1.1194
ドル/円 110.33 110.64
ユーロ/円 123.33 123.86

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 381.64 -5.31 -1.37 386.95
FTSEユーロファースト300種 1499.33 -21.32 -1.40 1520.65 
DJユーロSTOXX50種 3401.16 -61.79 -1.78 3462.95
FTSE100種 7260.47 -120.17 -1.63 7380.64
クセトラDAX 12092.74 -194.14 -1.58 12286.88
CAC40種 5395.75 -87.77 -1.60 5483.52

<金現物> 午後
値決め 1281.2

<金利・債券>
米東部時間14時32分
*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.31 0.00 100.31
独連邦債2年物 111.96 +0.02 111.94
独連邦債5年物 133.21 +0.22 132.99
独連邦債10年物 166.08 +0.64 165.44
独連邦債30年物 190.16 +1.48 188.68

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.617 -0.009 -0.591
独連邦債5年物 -0.458 -0.033 -0.423
独連邦債10年物 -0.040 -0.043 0.008
独連邦債30年物 0.615 -0.040 0.659


ニューヨーク外国為替市場概況・7日 ドル円、3日続落

7日のニューヨーク外国為替市場でドル円は3日続落。終値は110.26円と前営業日NY終値(110.76円)と比べて50銭程度のドル安水準だった。トランプ米大統領に続き、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が対中追加関税の引き上げを表明すると、米中貿易摩擦の激化懸念が高まり米国株相場が急落。投資家がリスク回避姿勢を強め円買い・ドル売りが優勢となった。米長期金利の低下も相場の重しとなり、一時110.17円と3月28日以来の安値を付けた。

 ユーロドルは小幅下落。終値は1.1191ドルと前営業日NY終値(1.1199ドル)と比べて0.0008ドル程度のユーロ安水準だった。欧州の取引時間帯に、欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会が2019−20年のユーロ圏成長率見通しを引き下げたと伝わった。NY市場に入ってもユーロ売り・ドル買いが出て一時1.1167ドルまで値を下げた。ただ、前日の安値1.1159ドルが目先サポートとして意識されたほか、米長期金利の低下に伴うユーロ買い・ドル売りが入ると1.1194ドル付近まで下げ渋った。

 ユーロ円は5日続落。終値は123.38円と前営業日NY終値(124.07円)と比べて69銭程度のユーロ安水準。ダウ平均が一時640ドル超下落し、ナイト・セッションの日経平均先物が430円下げると、投資家がリスク・オフの動きを強め円買い・ユーロ売りが優勢となった。2時30分過ぎに一時123.11円と1月4日以来の安値を付けた。

 南アフリカランド円は軟調。南ア総選挙を明日に控える中、世界的な株価下落に伴う売りが出て3時過ぎに一時7.61円と3月29日以来の安値を付けた。なお、ラマポーザ大統領率いる与党・アフリカ民族会議(ANC)は経済格差や汚職への不満からかつてない逆風にさらされており、過半数を維持し安定した政権運営につなげられるかどうかが焦点となる。結果は11日にも判明する見通しだ。

本日のレンジ
ドル円:110.17円 - 110.85円
ユーロドル:1.1167ドル - 1.1218ドル
ユーロ円:123.11円 - 124.25円



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  110.76  1.1199  124.07
高値  110.85  1.1218  124.25
安値  110.17  1.1167  123.11
終値  110.26  1.1191  123.38

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  145.06  77.44  82.37
高値  145.37  78.05  82.56
安値  143.87  77.12  81.69
終値  144.17  77.31  81.84

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           110.26円   -0.50円    -0.45%   110.76円
*ユーロ・円         123.41円   -0.66円    -0.53%   124.07円
*ポンド・円         144.15円   -0.91円    -0.63%   145.05円
*スイス・円         108.19円   -0.61円    -0.56%   108.79円
*豪ドル・円          77.30円   -0.14円    -0.17%   77.44円
*NZドル・円         72.76円   -0.50円    -0.68%   73.26円
*カナダ・円          81.85円   -0.52円    -0.63%   82.37円
*南アランド・円        7.64円   -0.02円    -0.27%    7.66円
*メキシコペソ・円       5.79円   -0.04円    -0.68%    5.83円
*トルコリラ・円       17.91円   -0.29円    -1.61%   18.20円
*韓国ウォン・円        9.41円   -0.07円    -0.77%    9.48円
*台湾ドル・円         3.57円   -0.01円    -0.41%    3.58円
*シンガポールドル・円   80.91円   -0.35円    -0.44%   81.26円
*香港ドル・円         14.05円   -0.07円    -0.48%   14.12円
*ロシアルーブル・円     1.69円   -0.01円    -0.76%    1.70円
*ブラジルレアル・円     27.78円   -0.15円    -0.53%   27.92円
*タイバーツ・円        3.46円   -0.02円    -0.52%    3.47円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            +0.52%   114.55円   104.87円   109.69円
*ユーロ・円           -1.92%   133.13円   118.71円   125.83円
*ポンド・円           +3.06%   150.01円   131.70円   139.87円
*スイス・円           -3.07%   118.06円   105.92円   111.62円
*豪ドル・円           -0.01%   84.54円   70.64円   77.31円
*NZドル・円         -1.28%   78.86円   69.14円   73.71円
*カナダ・円           +1.78%   89.22円   76.98円   80.41円
*南アランド・円        +0.04%    8.99円    7.08円    7.63円
*メキシコペソ・円       +3.80%    6.16円    5.27円    5.58円
*トルコリラ・円       -13.42%   25.89円   15.46円   20.68円
*韓国ウォン・円        -4.37%   10.35円    9.37円    9.84円
*台湾ドル・円         -0.54%    3.74円    3.41円    3.59円
*シンガポールドル・円    +0.53%   83.32円   76.71円   80.48円
*香港ドル・円         +0.30%   14.61円   13.40円   14.01円
*ロシアルーブル・円     +6.48%    1.82円    1.52円    1.58円
*ブラジルレアル・円     -1.65%   31.33円   26.39円   28.24円
*タイバーツ・円        +1.91%    3.57円    3.26円    3.39円


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
648,000
H:659,771
L:628,428
▲2.86%
+17989
06:16

Bitcoin BTC/USD
5,920.50
H:6,015.684
L:5,740.350
▲3.07%
+176.216
06:16

Ethereum ETH/JPY
18,254.00
H:18,256.00
L:18,102.00
▼0.22%
-41.00
06:16

Ripple XRP/JPY
32.83
H:33.60
L:32.72
▼1.03%
-0.34
06:16

Litecoin LTC/JPY
8,446.00
H:8,599.00
L:8,216.00
▲2.77%
+228.00
06:16

Ethereum Classic ETC/JPY
623.34
H:630.54
L:604.40
▲0.24%
+1.48
06:12

DASH DASH/JPY
13,124.90
H:13,811.59
L:12,988.85
▼0.36%
-47.54
06:16

Bitshares BTS/JPY
5.78
H:5.89
L:5.58
▼0.86%
-0.05
06:12

Monero XMR/JPY
7,339.57
H:7,595.27
L:7,155.84
▼0.47%
-34.47
06:12

NEM XEM/JPY
5.70
H:6.07
L:5.69
▼2.23%
-0.13
06:16

Zcash ZEC/JPY
6,443.67
H:6,686.11
L:6,312.98
▼1.96%
-129.13
06:12

Bitcoin Cash BCH/JPY
31,387.00
H:32,809
L:31,266
▼0.43%
-135
06:16

Bitcoin Gold BTG/JPY
2,092.47
H:2,136.52
L:2,057.49
▲3.85%
+77.57
06:16

Monacoin MONA/JPY
108.00
H:112.90
L:107.51
▼1.63%
-1.79
06:16

Lisk LSK/JPY
183.40
H:194.15
L:181.39
▼2.55%
-4.80
06:16

Factom FCT/JPY
976.27
H:1,020.32
L:963.96
▲0.10%
+0.93
06:16

ビットコインUSD先物 CME
5,840.00
H:5,985.00
L:5,685.00
▲1.65%
+95.00
05:59


UPDATE 1-米金融・債券市場=利回り低下、米中貿易摩擦再燃で...

米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 17時05分 102*26.50 2.8582% 前営業日終値 101*26.00 2.9080%

10年債(指標銘柄) 17時05分 101*17.00 2.4477% 前営業日終値 101*02.50 2.5000%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*31.50 2.2533% 前営業日終値 99*25.50 2.2930%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*30.00 2.2824% 前営業日終値 99*28.38 2.3090%


清算値 前日終値 コード
Tボンド先物6月限 148*24.00 147*26.00

Tノート先物6月限 124*00.50 123*20.00



米金融・債券市場では国債利回りが低下し、長期ゾーンの利回りは5週間ぶり低水準を付けた。米中貿易摩擦の再燃と世界の景気への影響を巡る懸念が高まる中、安全資産としての債券への投資妙味が高まった。

国債価格が上昇する中、総額840億ドルの四半期定例入札の第1弾となる380億ドルの3年債入札は、低調な需要となった。

対中関税に関するトランプ米大統領のコメントが引き続き相場に影を落としている。トランプ大統領は5日、中国との通商協議が進捗が遅いことに不満を表明。2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から現在の10%から25%に引き上げ、追加関税の対象になっていない3250億ドル相当の中国製品に「近く」25%の関税を発動する考えを示した。

DAデイビッドソンの債券バイスプレジデント、メリーアン・ハーリー氏は「通商合意を得られず、一連の関税が導入されれば、経済成長に影響を及ぼす」とし、「債券価格の押し上げ材料となる」と述べた。

指標10年債利回りは一時5週間ぶりの水準となる2.444%に低下。その後は、前日終盤比5ベーシスポイント(bp)低下の2.4495%。

30年債利回りは4.4bp低下し、2.8635%。一時、2.857%と、5週間ぶりの低水準を付けた。

貿易摩擦を巡る懸念を背景に高まっている安全資産としての債券需要は、週内に実施される四半期定例入札の行方も左右する見通し。この日の3年債入札は、最高落札利回りが2.248%と昨年1月以来の低水準だった。応札倍率も2.48倍で今年1月以来の低水準となった。 8日には270億ドルの10年債、9日には190億ドルの30年債入札が続く。


<ドル・スワップ・スプレッド>    
DOLLAR SWAP SPREADS
Last (bps) Net Change (bps)
U.S. 2-year dollar swap spread 9.75 -0.25
U.S. 3-year dollar swap spread 6.50 -0.25
U.S. 5-year dollar swap spread 3.50 -0.75
U.S. 10-year dollar swap spread -2.25 0.00
U.S. 30-year dollar swap spread -25.25 0.00


NY金先物は小幅続伸、米中貿易摩擦の長期化を警戒した買いが入る

COMEX金6月限終値:1285.60 ↑1.80

 7日のNY金先物6月限は小幅続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物6月限は前日比+1.80ドルの1オンス=1285.60ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは1279.10−1287.30ドル。米中貿易協議は今週開かれることになったが、米中貿易摩擦の長期化に対する警戒感が高まっており、米国株式が大幅安となったことを受けて安全逃避の買いが優勢となった。


・NY原油先物:反落、米中貿易摩擦の長期化を警戒した売りが入る

NYMEX原油6月限終値:61.40 ↓0.85

 7日のNY原油先物6月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比-0.85ドルの61.40ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは60.66ドル−62.49ドル。米中貿易摩擦の長期化を警戒した売りが観測された。米国株式の大幅下落も嫌気されたようだ。ただ、米長期金利の低下や為替相場のドル安進行を意識した買いも入っており、原油先物の下げ幅はやや縮小した。



工業用金属

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

銅 (CMX) セント/ポンドlb 278.75 -4.20 -1.48% 2019/07 5:59

銅3ヶ月先物 (LME) USD/MT 6,180.00 -56.00 -0.90% N/A 2019/05/07

アルミ新地金 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 1,816.00 +20.50 +1.14% N/A 2019/05/07

亜鉛3ヶ月先物 (LME) USD/MT 2,692.00 -79.00 -2.85% N/A 2019/05/07

すず 3ヶ月先物 (LME) USD/MT 19,400.00 +75.00 +0.39% N/A 2019/05/07


農業

名称 単位 価格 前日比 前日比(%) 先物契約中心限月 更新日時 (JST)

トウモロコシ (CBOT) セント/ブッシェル 366.50 +2.25 +0.62% 2019/07 3:19

小麦(CBOT) セント/ブッシェル 439.50 +2.25 +0.51% 2019/07 3:19

ハト麦 (CBOT) セント/ブッシェル 278.75 +1.25 +0.45% 2019/07 3:19

もみ (CBOT) セント/ブッシェル 10.94 +0.24 +2.20% 2019/07 3:18

大豆 (CBOT) セント/ブッシェル 830.75 +0.50 +0.06% 2019/07 3:19

大豆ミール (CBOT) セント/ブッシェル 293.20 -3.40 -1.15% 2019/07 3:19

大豆油 (CBOT) セント/ポンドlb 27.10 -0.03 -0.11% 2019/07 3:19

カノーラ油 (WCE) CAD/MT 438.30 +5.90 +1.36% 2019/07 3:19

ココア (NYB) USD/MT 2,301.00 -39.00 -1.67% 2019/07 2:29

コーヒー (NYB) セント/ポンドlb 88.00 -2.15 -2.38% 2019/07 2:30

砂糖 (NYB) セント/ポンドlb 11.95 +0.07 +0.59% 2019/07 1:59

オレンジジュース (NYB) セント/ポンドlb 90.90 -0.75 -0.82% 2019/07 2:59

綿 (NYB) セント/ポンドlb 73.18 -0.37 -0.50% 2019/07 3:19

材木 (CMT) USD/1000 board feet 340.00 -7.90 -2.27% 2019/07 4:13

ゴム(TOCOM) 円/キロ 191.50 +0.70 +0.37% 2019/10 2019/05/07

エタノール (COBOT) USD/ガロン 1.33 +0.01 +0.38% 2019/06 4:06

生牛 (CME) セント/ポンドlb 112.28 0.00 0.00% 2019/06 3:04

飼育牛 (CME) セント/ポンドlb 145.60 +1.25 +0.87% 2019/08 3:04

赤身豚 (CME) セント/ポンドlb 89.25 -0.50 -0.56% 2019/06 3:04


・各国10年債

ドイツ  -0.038(-0.044)
英 国  1.158(-0.061)
カナダ  1.679(-0.055)
豪 州  1.782(+0.045)
日 本  -0.052(-0.012)

文喜相は「天皇か安倍晋三が謝罪しろ」と言ってるのに、『安倍の謝罪』に触れないのはどうして?産経新聞?

2019-05-08 07:12:37 | 安倍晋三関連記事
志らくも同じこと言ってたよね。


おい!志らく!『筋が違う』だろ → 文喜相は「天皇か安倍晋三が謝罪しろ」と言ってたぞ


時事通信の記事にはこう書いてある。




 【ソウル時事】韓国の文喜相国会議長は27日付の韓国紙ハンギョレ新聞に掲載されたインタビューで、慰安婦問題について「誠意ある謝罪が一番重要だ。安倍(晋三)首相、または、日本を象徴する国王(天皇)が慰安婦のおばあさん(元慰安婦)に『申し訳ない』と一言言えば、根本的な問題が解決される」と述べた。


産経は、どうして、文が安倍に謝罪要求していることについて言及しないの?




株式会社 産経デジタル 2019/05/07 23:33

 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長の特使が13日に訪日する方向で調整が進んでいることが7日、分かった。日韓議員連盟(額賀福志郎会長)幹部が明らかにした。

 文氏は、今年2月に米メディアのインタビューで慰安婦問題をめぐり譲位前の上皇さまに謝罪を求める発言を繰り返し、日韓関係を悪化させた。

 特使の訪日は発言の釈明が目的。自民党幹部らとの面会を目指しているが、安倍晋三首相や政府高官との面会は不明。

 また、日韓議連と韓国の韓日議員連盟が、6月上旬に予定していた韓国での合同幹事会を約2週間前倒しして5月中旬に開催することが7日、分かった。

 日韓議連幹部によると、前倒しは韓国側の要請。6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)を前に日韓関係の改善を図る韓国側の思惑が透ける。安倍首相はG20期間中の日韓首脳会談を見送ることで検討している。


谷査恵子:「森友学園に関し、田村嘉啓室長を含む財務省理財局の方と面会したことはない」 → 本当と思う人いますか?

2019-05-08 06:29:47 | 森友事件
谷は、籠池に逐一、「小學院の件は順調に進めています」と報告してたんだぜ。

面会したことがなければ、ノンキャリの谷がどうして逐一報告できるのかね?




2019年5月7日 16時42分


 学校法人「森友学園」前理事長の籠池泰典被告が、国有地の賃料減額交渉を巡り、2015年11月に首相夫人付職員だった谷査恵子氏から電話で「財務省国有財産審理室長と会って話した」と告げられたと主張したことについて、谷氏が出身省庁の経済産業省の聞き取りに、面会を否定していたことが7日分かった。

 経産省に事実確認を求めていた野党側が、同日の野党合同会合で、同省からの回答書を公表した。回答によると、経産省が面会の有無をただした際、谷氏は「森友学園に関し、田村嘉啓室長を含む財務省理財局の方と面会したことはない」と説明した、としている。

(共同)


今の政局が「大阪 冬の陣・夏の陣」に相当するならば、安倍自民『滅亡の日』は近い?

2019-05-08 06:28:48 | 安倍晋三関連記事
>元工業技術院院長(87歳)が、100キロのスピード違反により、自転車に乗った母親(31歳)女児(3歳)を殺しても、自らが雇っている秘書の身内と判明するや、氏名・年齢等を非公開にして、逮捕もさせず、事件を握り潰す有様だ。


山口敬之に続き、飯塚幸三も「不逮捕特権」かよ。

こんな事例、戦後の日本では見られなかったこと。というか、先進国として恥すべきことだ。


「大阪 冬の陣・夏の陣」は、盤石な政権運営を築きつづあった徳川幕府が、「目障り」だった大坂の豊臣家を滅亡させるべく仕組んだ「討伐戦」。

ということは、板垣の見立てだと、「新基軸」(上皇、小沢一郎、キッシンジャー、トランプ、プーチン、習近平)が、「悪の枢軸」(安倍晋三、麻生太郎ら)に仕掛けた「最終決戦」ってこと?




◆〔特別情報1〕

 上皇陛下のごく近くにいる吉備太秦によると、「黒い貴族」の眷属・安倍晋三首相は、第1次、第2次~第4次政権で在任7年5か月の馬齢を重ねながら、アベノミクス政策をはじめ、ほとんどが失敗、歴史に残る業績は皆無。そのうえ、「外交」と口ではいいつつも、「空をカラ回りする」遊覧外交、それも米国の尻ばかり追って、トランプ大統領に「抱き付き」と「ゴルフ玉を転がす」お遊び外交を楽しむばかり。その結果、内閣府以下、官僚群は、「警察庁、公安調査庁、内閣調査室」を含めて「忖度行政」が極まり、本当に腐り切っている。

 元工業技術院院長(87歳)が、100キロのスピード違反により、自転車に乗った母親(31歳)女児(3歳)を殺しても、自らが雇っている秘書の身内と判明するや、氏名・年齢等を非公開にして、逮捕もさせず、事件を握り潰す有様だ。


 吉備太秦の見立てでは、いまの政局は、「関ヶ原の戦い」が終わって15年ほど経った後に行われた戦国時代最後の大合戦「大阪 冬の陣・夏の陣」に匹敵するという。


シュヴァルグランがキングジョージ参戦へ

2019-05-08 05:57:07 | 競馬


 17年ジャパンカップの勝ち馬、シュヴァルグラン(牡7=友道)が英G1「キングジョージ6世&クイーンエリザベスS」(7月27日、アスコット競馬場、芝2400メートル)に参戦することが7日、分かった。

 今季初戦のドバイシーマクラシックで2着に好走。現在は着地検疫を終え、ノーザンファームしがらきで放牧中。友道師は「毎週、見ているけど疲れはなさそう。去年、引退を延ばしたのは今年海外へ行こうとなったからです」と説明した。7月上旬に出発し、ニューマーケットで調整される。父ハーツクライは06年に同レースに出走して3着。近年では12年にディープブリランテが出走して8着に敗れている。