公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

安倍政権の人物とも「かかわりが深い」ジャパンライフが破産手続き開始

2018-03-02 18:59:30 | 安倍晋三関連記事
森友、加計に続く、「安倍事件」の第三弾と目されているジャパンライフ事件。





関連記事:加藤勝信はマルチ商法の疑いがもたれている「ジャパンライフ」の広告塔



田崎史郎、島田敏男、芹川洋一、浅海保、橘優、岸井成格、倉重篤郎、後藤謙次といった、「そうそうたる顔ぶれ」も広告塔になっていた!






森友問題:改竄したな!財務省!

2018-03-02 18:58:54 | 森友事件
佐川がダンマリを続ければ続けるほど、「新たな真実」が出るだけなのに。

やっぱり、麻生太郎は「アホウ太郎」だわ。




3/2(金) 4:58配信

 学校法人・森友学園(大阪市)との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書について、契約当時の文書の内容と、昨年2月の問題発覚後に国会議員らに開示した文書の内容に違いがあることがわかった。学園側との交渉についての記載や、「特例」などの文言が複数箇所でなくなったり、変わったりしている。複数の関係者によると、問題発覚後に書き換えられた疑いがあるという。

【写真】国会議員らに開示された、森友学園との国有地取引の際に財務省が作成した決裁文書(個人情報にモザイクをかけています)

 内容が変わっているのは、2015~16年に学園と土地取引した際、同省近畿財務局の管財部門が局内の決裁を受けるために作った文書。1枚目に決裁の完了日や局幹部の決裁印が押され、2枚目以降に交渉経緯や取引の内容などが記されている。

 朝日新聞は文書を確認。契約当時の文書と、国会議員らに開示した文書は起案日、決裁完了日、番号が同じで、ともに決裁印が押されている。契約当時の文書には学園とどのようなやり取りをしてきたのかを時系列で書いた部分や、学園の要請にどう対応したかを記述した部分があるが、開示文書ではそれらが項目ごとなくなったり、一部消えたりしている。







羽生結弦に国民栄誉賞:それにしても、国民栄誉賞を乱発しすぎじゃないか

2018-03-02 18:58:37 | スポーツ
安倍が二度目の首相になって以降、国民栄誉賞が乱発されている。




2018/3/2 10:14

 菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子で2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)に国民栄誉賞を授与することを検討すると発表した。昨年11月に右足首を痛めて一時は平昌五輪出場も危ぶまれながらも、同種目で66年ぶりとなる2連覇を達成した点を評価した。


安倍晋三首相が同日、検討を指示した。有識者の意見を聞いたうえで決定する。菅氏は「羽生氏の今回の快挙は国民に大きな感動と勇気、社会に明るい夢と希望を与え、東日本大震災の復興への力強いメッセージとなる」と述べた。


ケチをつけるわけではないが、囲碁七冠の井山裕太は一度も世界一になったことがないのに、国民栄誉賞を受賞した。

遡れば、松井秀喜の国民栄誉賞も「?」がつく。

欧米ならば、日本の文化勲章や紫綬褒章にあたる勲章が最高名誉とされているだけに、違和感を覚えるね。

牧原秀樹:「全面テレビ公開で、公開リンチのようにやる」

2018-03-02 18:58:21 | 政治経済問題
自民党の奴らって、自分とは意見を異にする奴の意見を聞く耳を持たないのか?

それじゃ、政治家失格だろ。

政治家は色んな人間の話を聞いて、それを行動に生かす仕事だからね。

つまりは、自由民主党っていう政党は、政治団体として「不適格」ということで『よろしいのかな』?




2018年3月1日 17時44分 朝日新聞デジタル

働き方改革関連法案を巡る不適切データ問題で、野党6党が厚生労働省の担当者を呼んで説明を求めているヒアリングについて、牧原秀樹厚労副大臣が「全面テレビ公開で、公開リンチのようにやる」と批判した。

 同法案の事前審査をする1日の自民党厚労部会で発言した。

 部会では、安倍晋三首相が裁量労働制の対象拡大を法案から削除する方針を決めたことについて議論していた。牧原氏は厚労省の担当職員が野党議員からの追及を受ける中で、職員がその場で資料を出せないと、「『そうやって隠すのか』と一部の人が大騒ぎをして大変なことになる。ほぼ帰ってない職員がいる」とも述べた。

 牧原氏はその後、発言を撤回。「野党の皆さんが議論するのは正当な権利。こちら(厚労省)に落ち度があったことは事実で、大変申し訳なく思っている。適切ではなかった」と述べた。

 さらに、牧原氏は同日夕、厚労省内で報道陣の取材に応じ、職員から業務報告を受けた際に「みんなの前でいろんなプレッシャーを受けている、と聞いたような気がする」と述べ、発言内容は自身の考えではないと強調。「部下の状況を思うがあまり、非常に不適切な表現をした」と弁明した。


大企業の労働分配率わずか43.9%

2018-03-02 18:58:00 | 政治経済問題
裁量労働制よりも、まずはこちらのほうを先に改善しろ。




2018/3/1 16:00

 企業の利益のうち労働者の取り分を示す「労働分配率」がなかなか上がらない。財務省が1日発表した10~12月期の法人企業統計調査によると、資本金10億円以上の大企業の分配率は43.9%だった。人手不足を背景に人件費は増えているものの、業績の改善ぶりに比べると分配のペースは緩やかなまま。賃上げの余力はなお残っている。

 労働分配率は、付加価値額に対する賃金などの割合で表す。付加価値額は人件費や経常利益、減価償却費、支払利息等を合計した。季節性をならすために過去4四半期の平均をとった。

 大企業の労働分配率は7~9月期の43.8%から0.1ポイント上昇どまりでほぼ横ばいだった。高度経済成長期だった1971年以来、約46年ぶりの低水準である43%台から抜け出していない。資本金10億円未満の中堅・中小企業は70.1%と前期から0.5ポイント改善した。

 人手不足を背景に、企業が払う人件費は増えている。賃上げを含めた処遇改善がなければ人材流出にもつながるためだ。大企業は10~12月に人件費を前年同期から8.5%増やした。非製造業が14.5%増と伸びが大きい。中堅・中小企業は1.8%増で、14年7~9月以来プラスが続く。

 ただ、企業収益の改善ぶりと比べると、賃上げのペースには物足りなさが残る。10~12月期の経常利益は全規模で6四半期連続のプラス。統計を比較できる1954年以降、四半期ベースで17年4~6月期に次ぐ過去2番目の水準となっている。内部留保も12月末で400兆円を超え過去最高の水準にある。

 企業が恒常的な負担増につながる賃上げに対して、なお慎重な姿勢を崩していない状況を映す。3月14日に集中回答日を迎える今春の労使交渉が焦点になりそうだ。

 10~12月期の設備投資は前年同期比4.3%増となり、5四半期連続でプラスとなった。同結果は8日に発表がある10~12月の国内総生産(GDP)改定値の設備投資に反映される。速報値では実質で前期比0.7%増だった。


「裁量労働制」の下、出世する『社員』とは:「ゴマスリ」「横取り」「押しつけ」ができること

2018-03-02 18:57:37 | 安倍晋三関連記事
これ、森永卓郎が以前、マイあさラジオで言っていた話だ。

アメリカで裁量労働制を取った企業の「出世する社員」の特徴は、


・上司にうまくゴマがすれること

・人の成果を「横取り」できること

・自分の失敗を他人に押しつけることができること


だったとか。


こういう企業は、不祥事や大事故等に見舞われると、会社そのものが吹っ飛ぶことだろう。


また、管理会計の観点に立つと、時間で管理することは重要だ。




2018/3/1 23:00

 政府・与党は今国会で裁量労働制の導入を図る法案の成立を断念するものの、労働時間ではなく成果で賃金を払う「脱時間給」や正規と非正規で処遇をそろえる「同一労働同一賃金」などは当初想定通りに議論したい考えだ。ただ野党は脱時間給を「残業代ゼロ」と批判し、徹底抗戦の構えを崩していない。6月20日までの今国会の会期内成立は綱渡りの状況だ。

 自民党の森山裕国会対策委員長は1日、国会内で立憲民主党の辻元清美国対委員長と会い、「法案から裁量労働制を切り離す」と正式に伝えた。

 裁量労働制をめぐっては、安倍晋三首相が1月29日の衆院予算委員会で「一般労働者よりも労働時間が短いというデータもある」と答弁。根拠とした厚労省の調査データが不適切と判明し、首相は2月14日に答弁を撤回、謝罪に追い込まれた。

 その後も次々とデータの異常が明らかになり、厚労省は調査やり直しの検討に入った。裁量労働制で働く人の労働時間を調べ直すのには相当な時間がかかるとみられる。調査の手法や終了の時期などにメドはたっておらず、拡大論議は当面棚上げの公算が大きい。

 裁量労働制はあらかじめ労使で決めた「みなし労働時間」をもとに賃金を支払う。労使でみなし労働時間を9時間と決めれば、働いたのが8時間でも9時間分の賃金が払われる。逆に10時間かかっても9時間分しか払われない。拡大が遅れると、長い時間働けばその分収入が増えるという慣行は変わらず、短時間で成果を出せる人も長く働くしかない。

 一方、野党の追及の矛先は脱時間給に向き始めた。立憲民主党の枝野幸男代表は1日の記者会見で「裁量労働制と同じ問題は脱時間給にもある」と強調した。立憲民主、希望、民進、共産、自由、社民の野党6党の国対委員長は脱時間給も切り離すべきだと確認した。

 3月下旬に2018年度予算案が成立した後は、働き方法案が最大の焦点となる。野党は十分な審議時間の確保を求める構えだ。民進、希望両党は合同で働き方改革法案への対案をまとめる方針で、政府に揺さぶりをかける動きが広がる。

 中小企業への配慮も焦点になる。労務管理の体制が弱い中小にどこまで準備期間を設けるかがポイント。自民党が強く主張しており、大企業が中小に人件費の負担を付け替えたりしないか監視する必要があるとみる。

 厚生労働省は残業時間の上限規制や同一労働同一賃金を当初方針から1年延期する。残業規制は20年4月、同一賃金は21年4月とする。同一賃金は大企業も20年4月に延ばすが、残業規制は19年4月に据え置く。施行の1年延期を検討した脱時間給は、19年4月のままにする見通しだ。



3/1 アペルドールン世界選手権2日目:男子ケイリンで河端朋之が銀メダル獲得!

2018-03-02 16:51:50 | スポーツ
競輪選手が世界選でメダルを獲得するのは、1993年の吉岡稔真(男子ケイリン・3位)以来のこと。

また、不思議なことに、世界選におけるケイリン(プロ時代含む)において、日本はこれまで銀メダルを獲得したことがなく、河端が初めてのケースとなった。


男子ケイリンで河端朋之が銀 自転車世界選手権:日本経済新聞

2018/3/2 8:52

 【アペルドールン(オランダ)=共同】自転車トラック種目の世界選手権第2日は1日、オランダのアペルドールンで行われ、男子ケイリンで河端朋之(日本競輪選手会)が銀メダルを獲得した。日本自転車競技連盟によると、男子ケイリンでの日本勢の表彰台は1993年に銅メダルを獲得した吉岡稔真以来で25年ぶり。6選手による決勝は最終周回で後方から順位を上げ、最後の直線で2位に入った。

 河端は各組1着が準決勝に進める1回戦は4組2着。敗者復活戦で4組1位となって準決勝へ勝ち上がると、2組3位で決勝に進出した。

 今季のワールドカップ(W杯)第4戦優勝の脇本雄太(日本競輪選手会)は準決勝1組で5位にとどまり、7~12位決定戦で9位となった。新田祐大(同)は1回戦と敗者復活戦で敗れた。

 女子スプリントの小林優香(同)と前田佳代乃(京都府連盟)はともに1回戦で敗退。フライングスタートの200メートルタイムトライアルで争う予選は小林が22位、前田が28位で通過していた。



関連記事:2/28~3/4 トラック世界選手権 in アペルドールン

関連記事:2/28 アペルドールン世界選手権初日

関連記事:3/2 アペルドールン世界選手権3日目

関連記事:3/3 アペルドールン世界選手権4日目

関連記事:3/4 アペルドールン世界選手権最終日


UCI 2018 TRACK CYCLING WORLD CHAMPIONSHIPS(全種目エントリー・結果)


Competition Schedule(3/1スケジュール表)

・決勝種目

男子団体追抜

男子スクラッチレース

男子ケイリン


女子団体追抜


男子

ケイリン

予選

脇本雄太 1組4着 → 敗者復活戦へ

新田祐大 2組3着 → 敗者復活戦へ

河端朋之 4組2着 → 敗者復活戦へ

敗者復活戦

河端 4組1着 → 準決勝へ

脇本 5組1着 → 準決勝へ

新田 6組3着。ここで終了。

準決勝

脇本 1組5着 → 7~12位決定戦へ

河端 2組3着 → 決勝へ

決勝、順位決定戦

優勝:ファビアン・エルナンド・プエルタス・サパタ(コロンビア)

2位:河端朋之(日本)

3位:マキシミリアン・レヴィ(ドイツ)


9位:脇本雄太

19位:新田祐大

団体追抜

決勝、3決

優勝:イギリス(エドワード・クランシー、キアン・エマディ、イーサン・ヘイター、チャーリー・タンフィールド) 3分53秒389

2位:デンマーク(ニクラス・ラーセン、ユリウス・ヨハンセン、フレデリック・マードセン、カスパー・フォン・フォルザック) 3分55秒232

3位:イタリア(シモーネ・コンソンニ、リアム・ベルタッツォ、フィリッポ・ガンナ、フランチェスコ・ラーモン) 3分54秒606


9位:日本

スクラッチ

優勝:ヤウヘニ・カラリオク(ベラルーシ)

2位:ミケーレ・スカルテッツィーニ(イタリア)

3位:カラム・スコットソン(オーストラリア)



女子

団体追抜

1回戦

決勝、3決

優勝:アメリカ合衆国(ジェニファー・ヴァレンテ、ケリー・キャトリン、クロエ・ダイガート、キンバリー・ガイスト) 4分15秒669

2位:イギリス(ケイティ・アーチバルド、エリノア・バーカー、ローラ・ケニー、エミリー・ネルソン) 4分16秒980

3位:イタリア(エリーザ・バルサーモ、レティツィア・パテルノステル、シルヴィア・バルセッキ、タティアナ・グデルツォ) 4分20秒202


9位:日本

スプリント

予選

小林優香 22位(11秒248) → 1/16決勝へ

前田佳代乃 28位(11秒446) → 1/16決勝へ

1/16決勝

前田は李慧詩(香港)に敗退。ここで終了。

小林はロリーヌ・ファン・リーセン(オランダ)に敗退。ここで終了。

1/8決勝

準々決勝

週明けに伊調馨、栄和人強化本部長の双方に聞き取り実施へ

2018-03-02 16:12:50 | スポーツ
この問題は、栄強化本部長に権限を集中させたことに原因があると見られる。

よって、栄強化本部長の任務を軽減させる手段を取るしかないだろう。




2018/3/2 10:20

 女子レスリングで五輪4連覇を果たした伊調馨選手が日本協会の栄和人強化本部長からパワーハラスメントを繰り返し受けたとして、レスリング関係者から内閣府の公益認定等委員会に告発状が出された問題で、林芳正文部科学相は2日、週明けに協会が伊調選手と栄氏から聞き取りを行うと明らかにした。


協会関係者によると、聞き取りは倫理委員会で行う。林氏は「われわれとしても協会の対応を注視したい。事実関係を明らかにしていただくことが大事だ」と述べた。

 伊調選手は1日に所属するALSOKを通じて「告発状については一切関わっておりません」とのコメントを発表したが、パワハラとされる事実の有無については言及しなかった。協会は同日「当協会が伊調選手の練習環境を不当に妨げ、制限した事実はない」とする文書を発表した。

 告発状は、栄氏が伊調選手のコーチを務める強化委員の男性に指導をやめるよう命じ、従わなかった男性を脅したと主張。同選手が練習場所としていた警視庁の施設に出入りできないよう圧力をかけたとしている。〔共同〕


3/1 欧米主要株式・為替・商品・債券 各指数

2018-03-02 13:42:18 | 政治経済問題



【 米国株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*ダウ30種平均 24608.98 -420.22   -1.68% 25185.35 24442.56   4   26
*ナスダック   7180.56  -92.45   -1.27%  7307.85  7117.66  989 1382
*S&P500      2677.67  -36.16   -1.33%  2730.89  2659.65  121  384
*SOX指数     1340.14  -21.88   -1.61%
*225先物     21180 大証比 -460   -2.13%

【 為替 】               前日比       高値    安値
*ドル・円     106.25   -0.43   -0.40%   107.20   106.16
*ユーロ・ドル   1.2266 +0.0072   +0.59%   1.2273   1.2155
*ユーロ・円    130.32   +0.24   +0.18%   130.79   129.76
*ドル指数      90.29   -0.32   -0.35%   90.93   90.22

【 債券 】           前日比       高値    安値
* 2年債利回り    2.21   -0.04      2.27    2.20
*10年債利回り    2.81   -0.05      2.87    2.79
*30年債利回り    3.09   -0.03      3.14    3.08
*日米金利差     2.76   -0.10

【 商品/先物 】           前日比       高値    安値
*原油先物      60.99   -0.65   -1.05%   61.83   60.18
*金先物       1305.2   -12.7   -0.96%   1322.3   1303.6
*銅先物       312.5   -0.8   -0.26%   314.8   309.8
*CRB商品指数   193.95   +0.00   -0.00%   194.16   192.19

【 欧州株式 】             前日比       高値    安値   ↑ / ↓
*英FT100     7175.64  -56.27   -0.78%  7231.91  7153.39   14   87
*独DAX     12190.94  -244.91  -1.96% 12387.88 12143.14   0   30
*仏CAC40     5262.56  -57.93   -1.09%  5315.77  5242.87   3   37






ダウ平均は一時586ドル安 保護主義への警戒感も加わる=米国株概況 #klugfxnews_418747

配信日時 2018年3月2日(金)06:24:00 掲載日時 2018年3月2日(金)06:34:00

NY株式1日(NY時間16:23)
ダウ平均   24608.98(-420.22 -1.68%)
S&P500    2677.67(-36.16 -1.33%)
ナスダック   7180.56(-92.45 -1.27%)
CME日経平均先物 21125(大証終比:-515 -2.43%)

 きょうのNY株式市場は戻り売りが加速し、ダウ平均は3日続落。年内4回の利上げ期待が高まる中、株式市場は再び調整の動きを強めている。ダウ平均の下げ幅は一時586ドル安まで下落。

 この日のパウエルFRB議長の下院での議会証言は、「いまのところ景気過熱の証拠ない」と述べるなど火曜日の上院での証言よりはトーンが慎重な雰囲気もあった。株式市場も買戻しが入りダウ平均もプラスに転じていたものの、ダドリーNY連銀総裁が年4回の利上げでも漸進的と述べるなど利上げへの警戒感が根強く上値が重い。

 その後、トランプ大統領が鉄鋼、アルミへの関税賦課を正式に表明したことで保護主義への警戒感も高まり、株式市場は一転下げを加速させた。VIXも23台まで上昇しており、市場は再び不安定な展開になっている。

 ダウ採用銘柄ではボーイングが下げを先導したほか、ユナイテッドテクノロジーズやインテルが下落。キャタピラー、シスコ、ファイザーも下落した。

 ナスダックも続落。アップルやアマゾン、エヌビディア、アルファベット、フェイスブックなどIT・ハイテク株は揃って下落。

 AKスチールやUSスチールなど鉄鋼株が上昇。米商務省が提案している鉄鋼・アルミ輸入に対する関税措置案に関して、トランプ大統領が最も厳しい関税を賦課したい意向が伝わっていたが、関税賦課を正式に表明している。輸入鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す方向。

 家電販売のベストバイが上昇。11-1月期の決算を発表しており、既存店売上高が予想を大きく上回ったほか、売上高も予想を上回った。

 3Dプリンター製造の3Dシステムズが大幅高。年次報告書の提出を3月14日に延期すると発表した。売上高と製品保証に関連するコストの会計に関連した措置としている。ただ、10-12月期の暫定決算も公表しており、1株利益は予想を上回ったことが好感されている模様。

 家具など家庭用品の製造販売を手掛けるニューウェル・ブランズが上昇。ニューヨーク・ポスト紙が関係者の話として、著名投資家のアイカーン氏が同社の株式を積極的に購入したと報じたことが思惑を呼んでいる。


AKスチール 5.65(+0.49 +9.50%)
USスチール 46.01(+2.50 +5.75%)
3Dシステムズ 10.74(+1.24 +13.05%)
ニューウェル・ブランズ 26.50(+0.81 +3.15%)
ベストバイ 75.30(+2.86 +3.95%)

アルファベット(C) 1069.52(-35.21 -3.19%)
フェイスブック 175.94(-2.38 -1.33%)
ツイッター 32.24(+0.38 +1.19%)
テスラ 330.93(-12.13 -3.54%)
アマゾン 1493.45(-19.00 -1.26%)
エヌビディア 232.21(-9.79 -4.05%)

ダウ採用銘柄
J&J       127.28(-2.60 -2.00%)
P&G       78.70(+0.18 +0.23%)
ダウ・デュポン     68.76(-1.54 -2.19%)
ボーイング    349.69(-12.52 -3.46%) 
キャタピラー   150.23(-4.40 -2.85%) 
ユナイテッド   130.30(-4.44 -3.30%) 
ビザ     120.40(-2.54 -2.07%) 
ナイキ        66.32(-0.71 -1.06%)
GE        14.02(-0.09 -0.64%) 
3M        231.34(-4.17 -1.77%) 
エクソンモビル  75.20(-0.54 -0.71%) 
シェブロン    112.04(+0.12 +0.11%) 
コカコーラ    43.43(+0.21 +0.49%) 
ディズニー    102.57(-0.59 -0.57%) 
マクドナルド   155.70(-2.04 -1.29%) 
ウォルマート  89.08(-0.93 -1.03%)
ホームデポ   179.64(-2.63 -1.44%)
JPモルガン   113.43(-2.07 -1.79%)
トラベラーズ     138.97(-0.03 -0.02%)
ゴールドマン     256.78(-6.15 -2.34%)
アメックス    95.14(-2.37 -2.43%) 
Uヘルス     224.45(-1.71 -0.76%)
IBM      153.81(-2.02 -1.30%)
アップル      175.00(-3.12 -1.75%)
ベライゾン   47.96(+0.22 +0.46%)
マイクロソフト  92.85(-0.92 -0.98%)
インテル     47.84(-1.45 -2.94%)
ファイザー   35.63(-0.68 -1.87%)
メルク      53.70(-0.52 -0.96%)
シスコ      43.80(-0.98 -2.19%)


米国株式市場=主要指数は1%超下落、鉄鋼・アルミ関税に懸念

[ニューヨーク 1日 ロイター] -
 終値 前日比 % 始値 高値 安値
ダウ工業株30種 24608.98 -420.22 -1.68 25024.04 25185.35 24442.56 前営業日終値 25029.20
ナスダック総合 7180.56 -92.45 -1.27 7274.75 7307.85 7117.66 前営業日終値 7273.01
S&P総合500種 2677.67 -36.16 -1.33 2715.22 2730.89 2659.65 前営業日終値 2713.83
ダウ輸送株20種 10330.72 -51.27 -0.49
ダウ公共株15種 668.75 -0.06 -0.01
フィラデルフィア半導体 1340.14 -21.88 -1.61
VIX指数 22.47 +2.62 +13.20
S&P一般消費財 818.88 -8.47 -1.02
S&P素材 369.05 -3.87 -1.04
S&P工業 630.39 -12.37 -1.92
S&P主要消費財 547.07 -1.91 -0.35
S&P金融 470.02 -8.86 -1.85
S&P不動産 184.94 -1.04 -0.56
S&Pエネルギー 489.87 -0.80 -0.16
S&Pヘルスケア 956.83 -15.05 -1.55
S&P電気通信サービス 152.93 -0.43 -0.28
S&P情報技術 1168.35 -20.20 -1.70
S&P公益事業 247.55 -0.15 -0.06
NYSE出来高 10.36億株

シカゴ日経先物3月限 ドル建て 21120 - 520 大阪比
シカゴ日経先物3月限 円建て 21120 - 520 大阪比

米国株式市場でS&P総合500種は1%超下落し、3日続落となった。トランプ大
統領が鉄鋼輸入品に対し25%、アルミニウム製品には10%の関税を課す方針を来週発
表することを明らかにし、価格上昇や貿易戦争への懸念が広がった。


ダウ平均株価

・アメリカ合衆国

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

ナスダック 運輸株指数
5,101.63 -30.30 -0.59% -1.19% +15.40% 7:16

S&P 小型株600種
917.14 -4.20 -0.46% -4.85% +6.38% 6:46

ラッセル2000種指数
1,507.39 -5.06 -0.33% -2.58% +8.00% 6:30

ナスダック バイオテクノロジー株指数
3,366.41 -31.54 -0.93% -4.60% +7.39% 7:16

NYダウ 工業株30種
24,608.98 -420.22 -1.68% -6.02% +16.54% 6:46

ナスダック 銀行株指数
4,070.56 +10.53 +0.26% -2.32% +4.50% 7:16

ブルームバーグ REIT指数
256.43 -0.75 -0.29% -4.88% -9.52% 6:00

NYSE 総合指数
12,518.73 -133.82 -1.06% -4.33% +8.14% 9:14

ナスダック 100指数
6,750.54 -103.87 -1.52% -0.14% +25.87% 7:16

ナスダック 金融株指数
7,891.45 -77.20 -0.97% -2.93% +16.73% 7:16

ナスダック 保険株指数
8,331.49 -91.47 -1.09% -4.51% -1.94% 7:16

NYダウ 輸送株20種
10,330.72 -51.27 -0.49% -3.34% +9.44% 6:46

ナスダック 通信株指数
360.97 -4.13 -1.13% +2.18% +15.53% 7:16

S&P 500種
2,677.67 -36.16 -1.33% -3.06% +12.42% 6:46

ナスダック 総合指数
7,180.56 -92.45 -1.27% -0.83% +22.51% 7:16

NYダウ 公共株15種
668.75 -0.06 -0.01% -2.30% -4.62% 6:46

KBW銀行株指数
111.19 -1.51 -1.34% -2.80% +14.31% 7:16

ラッセル1000種指数
1,482.41 -18.82 -1.25% -3.00% +12.24% 6:30

ナスダック 金融100指数
4,586.46 -33.33 -0.72% -2.69% +11.24% 7:16

ラッセル3000種指数
1,581.17 -18.98 -1.19% -2.97% +11.92% 6:30

ナスダック コンピューター株指数
4,255.89 -73.20 -1.69% +1.34% +31.84% 7:16

ナスダック 工業株指数
5,791.66 -56.08 -0.96% -2.07% +20.97% 7:16


今日の世界株価指数

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

アルゼンチン メルバル指数
32,013.03 -997.87 -3.02% -1.84% +68.79% 5:35

ブラジル ボベスパ指数
85,377.79 +24.20 +0.03% +1.59% +29.65% 6:21

S&P/BMV IPC指数
47,599.42 +161.49 +0.34% -5.55% +0.66% 6:16

S&P トロント総合指数
15,393.95 -48.73 -0.32% -2.94% -1.32% 6:57


欧州株価指数


ロンドン株1日 3日続落、56.27ポイント安、WPP安い:日本経済新聞

2018/3/2 1:52

【NQNロンドン】1日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は3日続落した。前日の2月28日の終値に比べ56.27ポイント安の7175.64で引けた。構成銘柄の9割近くが下落した。

 鉱業株と広告のWPPグループの下げが株価指数の下落に大きく影響した。この日も決算が相次ぎ、一部企業の株安が目立った。配当権利落ちの銘柄の下げも大きかった。

 WPPグループは8%超の下落。通期決算で減収となったほか、2018年も横ばいとの見通しを示したことが嫌気された。銅と金の価格下落を背景に、フレスニージョなど鉱業株が安くなった。原油安で、石油のBPとロイヤル・ダッチ・シェルも売られた。

 通期決算を発表した害虫駆除のレントキル・イニシャルも9%超下がった。前日に低調な決算発表で下落したメディアのITVは、複数のアナリストが投資判断と株価目標を引き下げたことなどが響いて、この日も売られた。

 鉱業のリオ・ティントと航空のイージージェット、住宅建設のバークリー・グループは、配当権利落ちで下がった。建機・産業機器レンタルのアシュテッド・グループと金融サービスのハーグリーブス・ランズダウンの下げも目立った。

 半面、ロシアの鉄鋼大手エブラズは、通期決算で市場予想を上回る大幅増益を発表し約5%高。通期増益を発表した建設資材のCRHも堅調だった。

 アナリストが株価目標を引き上げた保険のアドミラル・グループも上昇。ファッションのバーバリー・グループと医薬品のシャイアーの上げも大きくなった。



FTSE100イギリス
▼0.78%
7,175.64
H:7,231.91
L:7,153.39
-56.27
03/01


ドイツ株1日 3日続落、DAX244ポイント安の12190:日本経済新聞

2018/3/2 2:03

【NQNロンドン】1日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は3日続落した。終値は前日の2月28日と比べて244.91ポイント(1.97%)安の12190.94だった。全銘柄が下落した。午後に下げ幅を拡大した。

 日用品のバイヤースドルフは4%超下がった。接着剤の売り上げの伸びが今年鈍化するとの予想を理由に、通期業績見通しに慎重な見方を示したことが嫌気された。アナリストが株価目標を引き下げた医療機器のフレゼニウスも安くなった。アディダスと医薬・化学大手の独メルクの下げも目立った。

 欧州の主要株式市場では、フランスの株価指数CAC40の終値が前日に比べて1%、スペインのIBEX35も1%、それぞれ下落した。



DAXドイツ
▼1.97%
12,190.94
H:12,387.88
L:12,143.14
-244.91
01:35

CAC40フランス
▼1.09%
5,262.56
H:5,315.77
L:5,243.45
-57.93
01:40

SMIスイス
▼1.28%
8,792.38
H:8,890.38
L:8,774.96
-114.00
01:36

FTSE MIBイタリア
▼0.70%
22,448.38
H:22,592.69
L:22,344.20
-159.23
01:40

IBEX35スペイン
▼1.03%
9,738.60
H:9,808.90
L:9,715.20
-101.70
01:36

AEXオランダ
▼1.10%
529.52
H:533.40
L:526.78
-5.90
01:40

BEL20ベルギー
▼1.27%
3,943.85
H:3,999.18
L:3,940.63
-50.60
03/01

ATXオーストリア
▼0.79%
3,448.50
H:3,475.69
L:3,435.19
-27.54
03/01

PSI20ポルトガル
▼1.68%
5,376.33
H:5,454.90
L:5,342.11
-91.87
03/01

OMXS30スウェーデン
▼1.44%
1,560.56
H:1,583.23
L:1,560.56
-22.83
03/01

OBXノルウェー
▼1.21%
742.24
H:751.13
L:737.86
-9.08
03/01

OMXC20デンマーク
▼1.49%
996.77
H:1,011.16
L:994.38
-15.04
03/01

RTSロシア
▼0.88%
1,274.18
H:1,283.30
L:1,266.51
-11.29
00:51

ISE100トルコ
▼1.11%
117,632.07
H:119,114.52
L:117,398.69
-1318.69
00:10

AllShr南アフリカ
▼0.69%
57,923.16
H:58,452.39
L:57,918.61
-401.93
03/01

ユーロ・ストックス50
▼1.16%
3,399.16
H:3,435.28
L:3,387.02
-39.80
03/01

BDI(バルチック)指数
▲0.34%
1,196.00
+4
03/01


欧州市場サマリー

[1日 ロイター] -
<為替> 欧州終盤 アジア市場終盤
ユーロ/ドル    1.2214 1.2198
ドル/円 106.89 106.79
ユーロ/円 130.57 130.30

<株式指数> 終値 前日比 % 前営業日終値
STOXX欧州600種 374.86 -4.77 -1.26 379.63
FTSEユーロファースト300種 1468.47 -18.73 -1.26 1487.20 
DJユーロSTOXX50種 3399.16 -39.80 -1.16 3438.96
FT100種 7175.64 -56.27 -0.78 7231.91
クセトラDAX 12190.94 -244.91 -1.97 12435.85
CAC40種 5262.56 -57.93 -1.09 5320.49

<金現物> 午後 前営業日
値決め 1307.75 1317.85

<金利・債券>

米東部時間14時8分

*先物 清算値 前日比 前営業日終盤
3カ月物ユーロ 100.33 0.00 100.33
独連邦債2年物 112.00 +0.03 111.97
独連邦債5年物 131.13 +0.09 131.04
独連邦債10年物 159.70 +0.26 159.44
独連邦債30年物 162.08 +0.54 161.54

*現物利回り 現在値 前日比 前営業日終盤
独連邦債2年物 -0.612 -0.012 -0.600
独連邦債5年物 -0.094 -0.008 -0.086
独連邦債10年物 0.642 -0.016 0.658
独連邦債30年物 1.294 -0.014 1.308


<ロンドン株式市場> 

続落。軟調な決算を発表した広告代理店大手WPPが売られたほか、2月の英製造業購買担当者景気指数(PMI)が8カ月ぶりの低水準となったことで市場心理が悪化した。

そのほか、英国の欧州連合(EU)離脱による激変緩和期間をめぐり、英国とEUが合意に至らないとの見方も相場の重しとなった。

17年の決算が金融危機以来の軟調な売り上げとなったWPPは8.2%下落し、17年8月以来の大幅安となった。14億ポンドの時価総額が吹き飛んだ。消費財関連の大手顧客が広告費を減らしたほか、米アルファベット傘下のインターネット検索大手グーグルと米インターネット交流サイト(SNS)大手フェイスブック、米コンサルティング大手アクセンチュアが広告事業に参画していることが逆風となった。

<欧州株式市場> 

続落。軟調な決算を発表した銘柄が重しとなった。

フランスの小売り大手カルフールは6.0%下落した。配当を下げたほか、2018年の利益見通しに慎重な見方を示したことが嫌気された。

ドイツの衣料ネット通販大手ザランドは6.1%下落した。新たに2つの市場に進出する計画を発表し、投資規模の大きさが不安視された。

床製品の小売りで英最大手のカーペットライトは22.9%急落。1月末に利益見通しを引き下げた同社はこの日、資産強化に向けた協議を銀行と進めていると発言した。

<ユーロ圏債券> 

米欧の金融政策見通しがかい離するなか、米国とドイツの2年債利回り差が一時281ベーシスポイント(bp)と、1997年4月以来20年強ぶりの水準に拡大した。

1700GMT(日本時間2日午前2時)時点で、利回り差は279bp程度にまで縮小した。

米国は完全雇用状態に近く、トランプ政権の大型インフラ投資に伴い、FRBが想定以上のペースで金融政策の引き締めを強いられるとの見方が残る公算が大きい。

2月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)速報値は前年比1.2%の上昇にとどまり、欧州中央銀行(ECB)の刺激策引き揚げを阻害すると多くの市場関係者が指摘する。

米国とドイツの10年債利回り差は221bpで、約1年ぶりの高水準近辺だ。

2月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値が58.6と、1月の59.6から低下し、域内債券利回りを圧迫した。

ドイツ10年債利回りは一時、3bp低下して1カ月ぶり水準(0.62%)をつけた。その後、0.64%まで下げ幅を縮小した。

2年債利回りは2週間ぶり低水準を記録した。



NY為替・1日=円全面高、トランプ米政権の関税導入を嫌気

NYタイムの為替市場のドル円は、トランプ米大統領による鉄鋼とアルミニウムに対する関税導入を受けて、107.20円から106.16円まで下落した。NY午前までは、米2月ISM製造業景況指数が60.8となり1月の59.1を上回り、米1月PCEデフレーターは予想通りの前年比+1.7%だったものの、米新規失業保険申請件数が21.0万件に減少したことで、ドル円は107.20円まで上昇した。しかしながら、パウエルFRB議長が上院銀行委員会での証言で、下院同様に「さらなる漸進的利上げ」に言及したものの、賃金インフレが加速している兆候はないとハト派的な見解を述べたこと、株式市場の支援となる「パウエル・プット」を否定したことなども、ドルの重しとなった。

 ユーロドルは、週末のドイツとイタリアの政治イベントへの警戒感から1.2155ドルまで下落した。しかし、ユンケル欧州委員長が「欧州は米国の鉄鋼関税に対して強い姿勢で対応する」と述べたことで強含み、ドル売りの流れのなか1.2273ドルまで反発した。ユーロ円は130.79円から昨年9月11日以来の安値129.76円まで下落した。
 ポンドドルは、EU離脱交渉が難航する懸念で1.3712ドルまで下落後、1.3785ドルまで反発した。ポンド円は、ロンドンフィックス前につけた高値147.49円から146.01円まで下落した。
 ドル/スイスフラン(CHF)は、0.9491CHFから0.9410CHFまでCHF高に推移、スイスフラン(CHF)円は113.23円を頭に112.38円まで下落した。

 豪ドル/ドルは0.7770ドルまで強含み、豪ドル円は82.13円まで弱含み。NZドル/ドルは0.7264ドルまで強含み、NZドル円は76.84円前後まで弱含みに推移した。
 ドル/加ドルは、NY原油先物が60.18ドルまで下落し、カナダ2月マークイット製造業PMIが55.6となり1月の55.9から低下したことなどで、昨年12月19日以来のドル高値1.2895加ドルまで加ドル安に推移した。しかし、トランプ大統領による関税導入を受けた米加通商戦争への警戒感から1.2809加ドルまで加ドルに推移した。加ドル円は83.65円から82.51円まで下落した。
 南ア・ランド(ZAR)は、南アフリカの格下げ懸念で続落、対円で8.91円、対ドルで11.95ZARまでZAR安に推移した。

 6時3分現在、ドル円は106.21円、ユーロドルは1.2265ドル、ユーロ円は130.28円で推移。



為替市場の四本値(ドル円・ユーロドル・ユーロ円)

    ドル円  ユーロドル  ユーロ円
始値  106.68  1.2194  130.08
高値  107.20  1.2273  130.79
安値  106.16  1.2155  129.76
終値  106.24  1.2267  130.32

為替市場の四本値(ポンド円・豪ドル円・カナダ円)

   ポンド円   豪ドル円  カナダドル円
始値  146.78  82.80  83.14
高値  147.49  83.18  83.65
安値  146.01  82.13  82.51
終値  146.36  82.40  82.76

世界各国通貨に対する円

                  現在値    前日比       %   前日終値
*ドル・円           106.26円   -0.42円    -0.39%   106.68円
*ユーロ・円         130.33円   +0.25円    +0.19%   130.08円
*ポンド・円         146.38円   -0.40円    -0.27%   146.78円
*スイス・円         112.83円   -0.11円    -0.10%   112.94円
*豪ドル・円          82.42円   -0.38円    -0.46%   82.80円
*NZドル・円         77.06円   +0.14円    +0.18%   76.92円
*カナダ・円          82.79円   -0.34円    -0.41%   83.14円
*南アランド・円        8.96円   -0.08円    -0.91%    9.04円
*メキシコペソ・円       5.64円   -0.02円    -0.38%    5.66円
*トルコリラ・円       27.90円   -0.17円    -0.61%   28.07円
*韓国ウォン・円        9.82円   -0.01円    -0.12%    9.83円
*台湾ドル・円         3.62円   -0.02円    -0.52%    3.64円
*シンガポールドル・円   80.31円   -0.21円    -0.26%   80.52円
*香港ドル・円         13.58円   -0.06円    -0.41%   13.63円
*ロシアルーブル・円     1.87円   -0.02円    -1.17%    1.89円
*ブラジルレアル・円     32.68円   -0.18円    -0.55%   32.86円
*タイバーツ・円        3.37円   -0.02円    -0.46%    3.39円
              年初来騰落率 過去1年間での高値/安値 昨年末終値
*ドル・円            -5.71%   115.51円   105.55円   112.69円
*ユーロ・円           -3.66%   137.50円   114.85円   135.28円
*ポンド・円           -3.84%   156.61円   135.60円   152.23円
*スイス・円           -2.47%   118.61円   107.69円   115.68円
*豪ドル・円           -6.37%   90.31円   81.49円   88.03円
*NZドル・円         -3.60%   83.91円   75.68円   79.94円
*カナダ・円           -7.66%   91.64円   80.57円   89.66円
*南アランド・円        -0.75%    9.29円    7.77円    9.03円
*メキシコペソ・円       -1.47%    6.43円    5.62円    5.73円
*トルコリラ・円        -5.96%   32.39円   27.82円   29.66円
*韓国ウォン・円        -7.04%   10.68円    9.46円   10.56円
*台湾ドル・円         -4.37%    3.84円    3.56円    3.79円
*シンガポールドル・円    -4.73%   85.50円   77.55円   84.30円
*香港ドル・円         -5.72%   14.87円   13.50円   14.40円
*ロシアルーブル・円     -4.29%    2.02円    1.81円    1.95円
*ブラジルレアル・円     -3.93%   36.78円   32.32円   34.02円
*タイバーツ・円        -2.55%    3.52円    3.15円    3.46円


ビットコイン アルトコイン

Bitcoin BTC/JPY
1,165,027
H:1,173,000
L:1,097,016
▲5.27%
+58323
06:49

Bitcoin BTC/USD
11,001.00
H:11,080.000
L:10,201.124
▲6.58%
+678.933
06:49

Ethereum ETH/JPY
93,346.25
H:93,672.31
L:91,234.80
▲1.58%
+1450.42
06:48

Ripple XRP/JPY
98.15
H:100.00
L:95.00
▲2.45%
+2.35
06:49

Litecoin LTC/JPY
24,185.72
H:24,883.51
L:24,098.50
▲4.31%
+999.66
06:49

Ethereum Classic ETC/JPY
3,834.08
H:4,033.45
L:3,778.01
▲0.54%
+20.63
06:49

DASH DASH/JPY
70,177.23
H:71,223.90
L:68,445.22
▲5.02%
+3353.09
06:49

Bitshares BTS/JPY
27.35
H:28.45
L:25.81
▲8.10%
+2.05
06:49

Monero XMR/JPY
35,238.14
H:35,337.82
L:34,029.48
▲8.19%
+2666.40
06:49

NEM XEM/JPY
41.91
H:43.10
L:41.00
▲0.17%
+0.07
06:48

Zcash ZEC/JPY
45,468.16
H:46,776.51
L:45,069.43
▲4.02%
+1759.07
06:49

Bitcoin Cash BCH/JPY
137,999.76
H:138,939.95
L:128,959.62
▲0.51%
+706.10
06:42

Bitcoin Gold BTG/JPY
13,021.17
H:13,793.71
L:12,933.94
▲3.89%
+487.21
06:49

Monacoin MONA/JPY
585.60
H:594.00
L:578.00
▲0.46%
+2.70
06:49

Lisk LSK/JPY
2,318.89
H:2,514.52
L:2,105.82
▲10.94%
+228.71
06:49

為替 ドル円
106.26
H:107.20
L:106.16
▼0.38%
-0.41
06:48

ビットコインUSD先物 CME
11,030.00
H:11,100.00
L:10,220.00
▲3.62%
+385.00
06:37



米金融・債券市場=利回り低下、トランプ大統領輸入制限発動方針受け

[ニューヨーク 1日 ロイター] -
米東部時間 価格 利回り
30年債(指標銘柄) 15時50分 98*08.00 3.0899% 前営業日終値 97*17.00 3.1280%
10年債(指標銘柄) 15時50分 99*15.50 2.8096% 前営業日終値 98*31.50 2.8680%
5年債(指標銘柄) 15時50分 100*06.25 2.5830% 前営業日終値 99*28.25 2.6500%
2年債(指標銘柄) 15時49分 100*02.00 2.2178% 前営業日終値 99*31.25 2.2620%

清算値 前日終値
Tボンド先物3月限 145*11.00 144*14.00
Tノート先物3月限 121*06.50 120*21.00

米債券・金融市場では、トランプ米大統領が鉄鋼とアルミニウムに輸入制限を発動する方針を表明したこと受け国債利回りが低下した。

トランプ大統領は鉄鋼に25%、アルミニウムに10%の関税を課す方針を来週発表すると表明。オスターウエイス・キャピタル・マネジメント(サンフランシスコ)のポートフォリオ・マネジャー、カール・カウフマン氏は、トランプ氏の輸入制限発動方針表明について「多くの人が強い懸念を感じている」と指摘。ただ貿易戦争に発展するリスクは小さいとの見方を示した。

この日はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が上院銀行委員会で証言し、米経済が過熱している兆候はなく、労働市場には依然、改善の余地があり得るとの認識を表明。市場では2日前に同議長が下院金融サービス委員会で行った証言の内容ほど前向きではなかったとの見方が出ている。

終盤の取引で10年債利回りは2.811%と、前日終盤から約6ベーシスポイント(bp)低下。一時は2週間ぶりの低水準となる2.795%まで下げた。

2年債利回りは2.218%と、約2週間ぶり低水準を付けた。

トレードウエブによると、5年債と30年債の利回り格差は51.0bpと、前日終盤の48.2bpから拡大した。


<ドル・スワップ・スプレッド>
DOLLAR SWAP SPREADS
Last (bps) Net Change (bps)
U.S. 2-year dollar swap spread 25.75 -2.25
U.S. 3-year dollar swap spread 21.75 -2.50
U.S. 5-year dollar swap spread 10.00 -0.75
U.S. 10-year dollar swap spread 0.50 -0.75
U.S. 30-year dollar swap spread -19.75 -1.50


NY商品、原油が続落 需給緩和の観測続く、株下落も重荷 金は2カ月ぶり安値:日本経済新聞

2018/3/2 5:34

【NQNニューヨーク=横内理恵】1日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で原油先物相場は3日続落した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の4月物は前日比0.65ドル安の1バレル60.99ドルで取引を終えた。前日発表の米エネルギー情報局(EIA)の週間の石油在庫統計で広がった需給緩和の見方が、1日も相場の重荷となった。午後に米株相場が下げ幅を広げると、原油先物でもリスク資産を手じまう動きが広がった。

 朝方から売りが優勢だった。EIAの統計では原油在庫が増加し、米国の増産基調も確認された。シェール企業の生産拡大で需給が改善しにくい環境が続くとの見方が相場の重荷となった。

 午後にトランプ政権が鉄鋼とアルミニウムの輸入に追加関税を課す方針を表明した。米経済の先行き懸念から米株の下げが膨らむと、原油相場もつれ安した。

 ガソリンとヒーティングオイルは下落した。

 ニューヨーク金先物相場は3日続落した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心である4月物は前日比12.7ドル安の1トロイオンス1305.2ドルで取引を終えた。外国為替市場でドルが買われた場面で、ドルの代替資産として逆の動きをしやすい金が売られた。一時は1303.6ドルまで下げ、昨年12月末以来、約2カ月ぶりの安値を付けた。

 通常取引終了後、金先物は下げ渋った。米政権が鉄鋼関税を引き上げる方針を発表すると、株が下げ幅を拡大。投資家のリスク回避姿勢が強まり、投資資金の受け皿になりやすい金が買われた。

 銀は続落、プラチナは反落した。



・各国10年債
ドイツ  0.644(-0.012)
英 国  1.467(-0.034)
カナダ  2.180(-0.055)
豪 州  2.752(-0.056)
日 本  0.043(-0.010)

・NY原油・金 時間外取引

NY原油先物4月限(WTI)(NY時間15:19)
1バレル=61.45(-0.19 -0.31%)
NY金先物4月限(COMEX)(NY時間15:09)
1オンス=1317.30(-0.60 -0.05%)

3/2 広島・ガールズケイリン初日

2018-03-02 13:41:12 | 競輪
あさのレース/オッズパーク杯 初日  

全レース成績

第6R ガールズ予選

発走時間 10:45

  1 1 田仲 敦子 104 熊本 5
  2 2 藤原亜衣里 102 新潟 7
▲ 3 3 宮地 寧々 110 岐阜 4
△ 4 4 小坂 知子 104 岐阜 2
〇 5 5 中川 諒子 102 熊本 3
  6 6 高橋 知里 112 兵庫 6
◎ 6 7 梅川 風子 112 東京 1
 
1 7 梅川 風子 27 東 京 112 L1 12.9 逃げ HB
2 4 小坂 知子 32 岐 阜 104 L1 1 車身 12.8 マーク
3 5 中川 諒子 33 熊 本 102 L1 1/2車身 13.0
4 3 宮地 寧々 22 岐 阜 110 L1 1/2車身 12.8
5 1 田仲 敦子 33 熊 本 104 L1 3/4車輪 12.9
6 6 高橋 知里 38 兵 庫 112 L1 大差 13.6
7 2 藤原 亜衣里 37 新 潟 102 L1 3/4車身 14.1

■ 払戻金

2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 4=7 490円 (3)
2車単 7-4 620円 (3)
3連複 4=5=7 670円 (3)
3連単 7-4-5 1,760円 (7)
ワイド
4=7 200円 (3)
5=7 100円 (1)
4=5 350円 (6)


第7R ガールズ予選

発走時間 11:08

◎ 1 1 石井 寛子 104 東京 1
▲ 2 2 戸田みよ子 102 広島 2
  3 3 高橋 智香 112 愛知 4
  4 4 吉原 菜那 112 佐賀 6
  5 5 蓑田 真璃 110 千葉 5
△ 6 6 土屋 珠里 110 栃木 7
〇 6 7 亀川 史華 110 兵庫 3
 
1 1 石井 寛子 32 東 京 104 L1 12.8 捲り
2 2 戸田 みよ子 28 広 島 102 L1 4 車身 13.0 マーク
3 7 亀川 史華 26 兵 庫 110 L1 1/2車輪 13.1
4 3 高橋 智香 20 愛 知 112 L1 1/2車身 12.9
5 5 蓑田 真璃 26 千 葉 110 L1 1/2車身 13.0
6 4 吉原 菜那 20 佐 賀 112 L1 3/4車身 12.9
7 6 土屋 珠里 21 栃 木 110 L1 4 車身 13.7 HB

■ 払戻金

2枠複 【未発売】
2枠単 【未発売】
2車複 1=2 190円 (1)
2車単 1-2 200円 (1)
3連複 1=2=7 250円 (1)
3連単 1-2-7 510円 (1)
ワイド
1=2 150円 (2)
1=7 160円 (3)
2=7 350円 (4)

レーガン政権時代の「愚」を繰り返すつもりか?トランプ政権

2018-03-02 12:01:09 | 政治経済問題
確かに、中国の鉄鋼の「投げ売り」は目に余るものがあるとはいえ、高関税による輸入制限を行ったところで、アメリカの鉄鋼産業が「復活する」保証はどこにもない。

1980年代、レーガン政権が、日本車に対する強烈な「ダンピング制裁」に加え、プラザ合意に伴う急激な円高ドル安政策を講じたものの、見事に「大失敗」しているが、その愚をトランプはやるつもりなのかね?




2018/3/2 10:12

 【ワシントン=鳳山太成】トランプ米大統領は1日、鉄鋼とアルミニウムの輸入増が安全保障上の脅威になっているとして輸入制限を発動する方針を表明した。鉄鋼に25%、アルミに10%の高い関税を課す。詳細は来週決定する。中国が主な標的とみられるが、日本も対象に含まれる可能性がある。中国や欧州などが報復措置に動き、世界的な貿易戦争に発展する恐れがある。

 今回の措置は安保を理由にした輸入制限の実施を認める通商拡大法232条に基づく。輸入制限の発動はリビア産の原油輸入を禁じた1982年以来36年ぶりとなり、極めて異例の措置となる。

 トランプ氏はホワイトハウスで1日開いた鉄鋼・アルミ業界経営者との会合で「鉄鋼・アルミ産業は再び成長する」と述べ、輸入制限を発動すると表明した。発動期間は「無期限だ」と語った。来週に輸入制限の発動を命じる文書に正式に署名するという。関税の対象から外れる輸入相手国があれば、その際に発表するとみられる。

 米商務省は2月、鉄鋼とアルミの輸入増で国内産業が弱り、防衛装備品の調達など安保上の脅威になっていると認めた調査報告書を公表した。対策として、それぞれ3つの輸入制限案をトランプ氏に勧告。実際にどのような輸入制限を発動するかは同氏の最終判断に委ねられていた。

 商務省の提案には、すべての国からの鉄鋼輸入に最低24%、アルミに最低7.7%の関税をかける案があった。トランプ氏の判断は提案を上回る水準となる。米国の鉄鋼輸入はカナダやブラジル、韓国が多いが、日本も全体の5%を占める。

 トランプ氏が強硬策を打ち出す背景には、2018年秋の中間選挙を見据えて保護主義的な貿易政策を打ち出し、雇用創出を支持者にアピールする狙いがある。1月にも太陽光パネルと洗濯機でセーフガード(緊急輸入制限)を発動するなど強硬姿勢に傾いている。

 関係国の反発は必至で、通商摩擦が激しくなるのは避けられない。世界貿易機関(WTO)協定は一方的な輸入制限を禁じるが、安全保障が理由であれば「例外扱い」できる。ただ安易な乱用につながるため各国は適用を控えてきた。ロス米商務長官は「WTOでも認められた措置だ」と指摘しつつも「他国から提訴されても驚かない」と強気の構えを示している。

 トランプ政権は鉄鋼では中国の過剰生産を問題視してきた。これまで中国品には反ダンピング(不当廉売)関税を課しており、米国の輸入品に占めるシェアは2%にとどまる。反ダンピング関税は特定の国からの限られた製品に課すため、第三国を迂回した輸入には効果が限られるとして、幅広い国からの輸入制限を探ってきた。


3/2 日本・アジア主要株式指数

2018-03-02 11:31:11 | 政治経済問題
日経平均は542円安と大幅に3日続落、米国株安・円高でリスク回避が先行、全33業種が下落=2日後場/2018/03/02 15:17

2日の日経平均株価は前日比542円83銭安の2万1181円64銭と大幅に3日続落。米国の保護貿易主義的な政策が懸念され1日の米国株式が大幅続落した流れを受け、リスク回避の動きが先行した。円高・ドル安も嫌気され、下げ幅を拡大し、前場終盤には一時2万1088円96銭(前日比635円51銭安)まで下落した。後場は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに買い戻しや押し目買いが入り、下げ渋る場面もあったが、戻りは限定され、大引けにかけて再び軟化した。円高がさらに進むとともにポジション調整売りに傾いた。

 東証1部の出来高は16億100万株、売買代金は3兆235億円。騰落銘柄数は値上がり237銘柄、値下がり1791銘柄、変わらず41銘柄。

 市場からは「2月14日と同様に200日移動平均線を守った格好だ。これで2番底形成となれば問題はないが、戻っても下向きの25日移動平均線などが頭を抑えるラインになり、需給がすっきりするまで日柄調整が必要ではないか」(準大手証券)との声が聞かれた。

 東証業種別株価指数は全33業種が値下がり。業種別では、オリンパス<7733>、ニコン<7731>などの精密株や、新日鉄住金<5401>、JFE<5411>、神戸鋼<5406>などの鉄鋼株が下落。ブリヂス<5108>、浜ゴム<5101>などのゴム製品株や、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>などの輸送用機器株も売られた。住友鉱<5713>、フジクラ<5803>などの非鉄金属株も安い。

 個別では、伊藤園<2593>、RSTECH<3445>、アイビーシー<3920>、Eギャランテ<8771>などが値下がり率上位。半面、アグロカネシ<4955>、サイバーL<3683>、日東精<5957>、インプレス<9479>などの上げが目立った。

提供:モーニングスター社



明日の戦略 3/2 17:00 大幅安も200日線で下げ一服、来週は材料満載で波乱相場が継続か

東証1部の騰落銘柄数は値上がり237/値下がり1791と売りが優勢。大型株を手がけづらい地合いの中、上場3日目のJテクコーポが商いを伴って大幅上昇。1Q大幅増益の巴工業や、2月の月次が好調だった松屋が強い動きを見せた。大日本印刷とのライセンス契約締結が好感された図研エルミックはストップ高。一方、伊藤園は下方修正が失望を誘って急落。中外製薬やコスモエネルギーが証券会社のリポートを材料に大きく売られた。トランプ発言への警戒から新日鉄住金やJFEなど鉄鋼株が売りに押され、円高進行を受けてホンダやマツダなど自動車株が軟調となった。

 日経平均は後場に戻したとはいえ500円を超える下落。一応、200日線がサポートとはなった格好だが、鋭角的に切り返したわけではなく、基本的には手がけづらい地合いが続くと予想する。ただ3月が、優待・配当の権利取りへの注目が高まる時期であることを考えると、優待に手厚い銘柄や、高配当銘柄狙いの投資家からすれば、バーゲンセール到来とも言える。株式市場が早期にリバウンドすれば、値上がり益が取れるし、戻りに時間がかかったとしても、過熱感のないところで銘柄を仕込むことができ、じっくり持って優待や配当の果実を享受すれば良い。実際、きょうも優待銘柄の筆頭格ともいえるOLCは、後場にプラスに浮上した。来週、こういった実需の買いが多く見られれば、全体も底堅さを増すと期待できる。

【来週の見通し】 波乱含みか。当面は米国株の落ち着きを待つしかないといった状況だが、トランプ大統領が保護主義色の強い政策を押し出してくるなど、新たなリスク要素も出てきており、世界的に不安定な地合いが続くと予想する。長期金利の動向も警戒材料としてくすぶる中、米国では、週末に2月の雇用統計が控えている。1月雇用統計が米株の急落を招いただけに、思惑が入り交じり、荒れる展開も想定される。週中にも米1月製造業受注などの経済指標の発表やベージュブックなどがあり、欧州ではECB理事会がある。国内でも日銀金融政策決定会合があって、週末はメジャーSQと、相場をかく乱しそうな材料が多い。下への警戒を払いつつも、値幅で一気に調整して戻す可能性もあることから、上げに浮かれず、下げにおびえずのスタンスで臨みたい局面だ。

【今週を振り返る】 大幅安となった。週前半は米国株高を好感して戻りを強めたものの、注目のパウエルFRB議長の議会証言が米国株の売り材料となったことから失速。その後に米国株が下げ足を速めたことから、日本株も連れ安した。国内は国会で「働き方改革」を巡ってお粗末な論議が続き、川崎重工などの企業不祥事も相変わらず出てくる中、積極的な買い手が不在で、消去法的に中小型株の一角が物色された。そのような中、トランプ大統領が追加輸入関税の導入を発表したことから一段安。日経平均は2月28日から3月2日までの3日間で終値ベースで1200円超下落するなど、調整色を強めた。日経平均は週間では約711円の下落となり、週足では2週連続で陰線を形成した。



来週の日本株の読み筋=イベント多くメジャーSQ控え揺れる可能性も/2018/03/02 18:03

 来週(5-9日)の東京株式市場は、外部要因の影響を受けやすく、週末9日の日経平均先物・オプション3月限のメジャーSQ(特別清算指数)算出を控え、先物売買で揺れる可能性がある。

 イタリアで4日に投開票される総選挙は混戦が予想され、金融市場に波乱をもたらすリスクがある。仮に無事に通過しても、この週はイベントが多くボラティリティー(価格変動性)が高まるなか、不安材料に敏感に反応するとみられる。特に米国では、5日に2月ISM(米サプライマネジメント協会)非製造業景況指数、7日に2月ADP(オートマチック・データ・プロセッシング)雇用統計、9日に2月雇用統計が発表される。想定以上の好内容となれば、米長期金利の上昇につながり、株安を招く恐れがある。

 欧州では8日にECB(欧州中央銀行)理事会が予定され、テーパリング(緩和縮小)をめぐる金融政策の見直しの有無が焦点となる。中国では5日から全国人民代表大会が始まり、8日には2月貿易収支が発表される。統計結果によっては、米中間の貿易問題が改めて意識されよう。

 一方、国内では8-9日に日銀金融政策決定会合が開催されるが、5日には衆院で日銀副総裁候補の雨宮日銀理事と若田部早稲田大学教授の所信聴取があり、発言に注目が集まる。7日に1月景気動向指数、8日に2月景気ウォッチャー調査などがあり、これら内容を見極めながらの展開になろう。

 2日の日経平均株価は大幅に3日続落し、2万1181円(前日比542円安)引け。米国の保護貿易主義的な政策が懸念され1日の米国株式が大幅続落した流れを受け、リスク回避の動きが強まり、下げ幅は一時635円に達した。チャート上では、下値支持線として意識される200日移動平均線2万1179円を死守した格好だが、目先は同線を保てるかがポイントになる。

提供:モーニングスター社



日本・アジア 株式指数

・日本

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

TOPIX 500 INDEX (東証)
1,310.36 -25.12 -1.88% -6.43% +8.65% 2018/03/02

TOPIX 100 INDEX (東証)
1,075.12 -19.96 -1.82% -6.32% +8.01% 2018/03/02

日経平均株価
21,181.64 -542.83 -2.50% -6.62% +8.80% 2018/03/02

日経500平均
2,121.67 -34.91 -1.62% -4.80% +18.79% 2018/03/02

TOPIX (東証株価指数)
1,708.34 -31.86 -1.83% -6.33% +9.65% 2018/03/02

日経300指数
335.08 -6.55 -1.92% -6.58% +7.79% 2018/03/02

東証REIT指数
1,674.26 -7.36 -0.44% -2.81% -7.24% 2018/03/02

JASDAQ インデックス
179.42 -1.82 -1.00% -2.54% +34.14% 2018/03/02

TOPIX CORE 30 IDX (東証)
772.87 -14.07 -1.79% -6.32% +5.38% 2018/03/02

東証マザーズ指数
1,213.65 -18.72 -1.52% -5.83% +13.02% 2018/03/02

TOPIX SMALL INDEX (東証)
2,299.35 -33.25 -1.43% -5.52% +18.47% 2018/03/02

TOPIX MID 400 INDX (東証)
1,945.81 -39.44 -1.99% -6.62% +9.85% 2018/03/02

日経ジャスダック平均
4,066.56 -44.60 -1.08% -2.46% +34.45% 2018/03/02

東証2部 株価指数
7,250.35 -97.44 -1.33% -3.43% +26.34% 2018/03/02

TOPIX LARGE 70 IDX (東証)
1,707.97 -32.45 -1.86% -6.33% +11.23% 2018/03/02


アジア株 全面安、米国株の急落を受けて #klugfxnews_418918

配信日時 2018年3月2日(金)18:12:00 掲載日時 2018年3月2日(金)18:22:00

東京時間18:12現在
香港ハンセン指数   30583.45(-460.80 -1.48%)
中国上海総合指数  3254.53(-19.23 -0.59%)
台湾加権指数     10698.17(-87.62 -0.81%)
韓国総合株価指数  2402.16(-25.20 -1.04%)
豪ASX200指数    5928.90(-44.45 -0.74%)
インドSENSEX30種  34046.94(休場)

 2日のアジア株は全面安。トランプ大統領が鉄鋼、アルミへの関税賦課を表明したことを受けて米国株が急落しており、アジア株も全面安となっている。インド市場は休場。
   
 上海総合指数は反落。素材、エネルギー、金融の下げが目立った。保険大手の中国平安保険、石油大手の中国石油天然気(ペトロチャイナ)、鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄、酒造会社の貴州茅臺酒、セメントメーカーのコンチセメントが売られた。
   
 香港ハンセン指数は反発。銀行大手の中国建設銀行、通信サービスのテンセント・ホールディングス、保険会社のAIAグループ、世界的金融グループのHSBCホールディングス、光学機器メーカーの舜宇光学科技(サニー・オプティカル・テクノロジー)が売られた。
  
 豪ASX200指数は続落。電気通信サービス、情報技術、資本財・サービス中心に売られた。通信会社のテルストラ・コーポレーション、通信会社のTPGテレコム、ソフトウェアサービスのコンピュータシェア、ソフトウェア会社のテクノロジー・ワン、航空会社のカンタス航空が売られた。



2日の中国本土市場概況:上海総合0.6%安で反落、鉄鋼セクター急落[FISCO] #klugfxnews_418915

配信日時 2018年3月2日(金)17:21:02 掲載日時 2018年3月2日(金)17:31:02

2日の中国本土市場は値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比19.23ポイント(0.59%)安の3254.53ポイントと反落した。上海A株指数も下落し、20.17ポイント(0.59%)安の3408.60ポイントで取引を終えた。米中間の貿易摩擦が警戒される流れ。トランプ大統領は1日、鉄鋼・アルミ輸入に高率の関税を課す計画を明らかにし、来週にも輸入制限を発動することを表明した。「最大の標的」とみられる中国では反発の声が高まっており、業界団体の中国鋼鉄工業協会は「愚かな貿易保護措置」などとするコメントを発表している。なお、習国家主席の側近、劉鶴氏が率いる中国代表団は2月27日から5日間の日程で米国を訪問中。その間に、米国のムニューシン財務長官などと貿易問題で協議する予定となっている。業種別では、鉄鋼関連が急落。新余鋼鉄(600782/SH)が6.4%安、南京鋼鉄(600282/SH)が6.3%安、宝山鋼鉄(600019/SH)が3.9%安で引けた。中国アルミ(601600/SH)は2.0%安と5日続落(累計の下落率は34%)。昨年7月以来の安値を切り下げた。原油相場の続落を嫌気し、エネルギー関連株も売られる。時価総額上位の金融株もさえない。ゼネコンや建材のインフラ関連株、不動産株、空運株なども値下りした。半面、ディフェンシブ性の高い公益株はしっかり。発電の華能国際電力(600011/SH)が3.8%、華電国際電力(600027/SH)が2.5%ずつ上昇した。一方、外貨建てB株の相場は反落。上海B株指数が0.94ポイント(0.29%)安の328.33ポイント、深センB株指数が1.64ポイント(0.14%)安の1164.15ポイントで終了した。



アジア・コモディティ騰落率ランキング=03/02営業日時点= #klugfxnews_418894

配信日時 2018年3月2日(金)16:38:00 掲載日時 2018年3月2日(金)16:48:00

アジア・コモディティ騰落率ランキング=03/02営業日時点=
大連とうもろこし 0.43%
大連ポリエチレン 0.36%
上海重油 0%
上海銅 -0.26%
上海ゴム -0.61%
上海異形鉄筋 -0.66%

*数値は前日比%



・中国

名称 値 前日比 前日比(%) 1ヶ月利回り変化幅 年間利回り変化幅 更新日時 (JST)

中国 上海総合指数
3,254.53 -19.23 -0.59% -6.68% +1.13% 2018/03/02

中国 上海A株指数
3,408.60 -20.16 -0.59% -6.69% +1.15% 2018/03/02

中国 深センA株指数
1,905.48 -12.37 -0.64% +0.89% -9.01% 2018/03/02

中国 深セン成分指数
10,856.25 -86.88 -0.79% +0.18% +4.42% 2018/03/02

中国 上海B株指数
328.33 -0.94 -0.29% -2.99% -5.34% 2018/03/02

中国 深センB株指数
1,164.15 -1.64 -0.14% -1.31% +1.07% 2018/03/02

中国 上海50A株指数
2,864.18 -27.11 -0.94% -9.97% +22.03% 2018/03/02

中国 上海180A株指数
8,597.54 -71.44 -0.82% -8.18% +14.94% 2018/03/02

中国 上海新総合指数(G株)
2,748.26 -16.26 -0.59% -6.69% +1.15% 2018/03/02

中国 創業板指数
1,772.01 -17.84 -1.00% +4.96% -8.10% 2018/03/02

上海/シンセン CSI300指数
4,016.46 -32.63 -0.81% -6.03% +17.17% 2018/03/02

中国 深セン総合指数
1,822.22 -11.80 -0.64% +0.88% -8.98% 2018/03/02


2日の香港市場概況:ハンセン1.5%安で反落、鉄鋼セクターに売り[FISCO] #klugfxnews_418917

配信日時 2018年3月2日(金)18:07:20 掲載日時 2018年3月2日(金)18:17:20

2日の香港市場は値下がり。主要51銘柄で構成されるハンセン指数が前日比460.80ポイント(1.48%)安の30583.45ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が224.97ポイント(1.81%)安の12203.91ポイントとそろって反落した。売買代金は1260億3600万香港ドルとなっている(1日の売買代金は1144億7400万香港ドル)。トランプ米政権の保護的な貿易政策を警戒。トランプ大統領は1日、鉄鋼・アルミ輸入に高率の関税を課す計画を打ち出し、来週にも輸入制限を発動することを表明している。輸出国の中国などが対抗措置を打ち出すとの懸念も強まり、経済活動に悪影響を及ぼすとの不安が広がった。時価総額上位の大手銀行株が下げを主導。中国建設銀行(939/HK)が2.7%安、中国工商銀行(1398/HK)が2.1%安、中国農業銀行(1288/HK)が2.0%安で引けた。鉄鋼セクターも急落。馬鞍山鋼鉄(323/HK)が4.8%安、重慶鋼鉄(1053/HK)が4.3%安、鞍鋼(347/HK)が2.4%安で取引を終えている。傘下に鉄鋼会社を持つ民営コングロマリットの復星国際(656/HK)も3.9%安と下げた。そのほか、アルミニウム中国最大手の中国アルミ(チャルコ:2600/HK)は2.5%安と続落。今年1月に付けた年初来高値からの下落率は26%を超えた。中国の自動車セクターも安い。華晨中国汽車HD(ブリリアンス・チャイナ:1114/HK)が3.9%、広州汽車集団(2238/HK)が2.4%、東風汽車集団(489/HK)が2.7%、吉利汽車HD(175/HK)が2.0%ずつ下落した。本土市場も反落。主要指標の上海総合指数は、前日比0.59%安の3254.53ポイントで取引を終えた。鉄鋼株が安い。エネルギー関連株、金融株、インフラ関連株、不動産株、空運株なども売られた。



香港 ハンセン指数 30,583.45 -460.80 -1.48% -5.15% +29.85% 2018/03/02

ハンセン中国企業株指数(H株) 12,203.91 -224.97 -1.81% -9.47% +20.30% 2018/03/02

ハンセン中国レッドチップ指数 4,455.64 -52.80 -1.17% -6.87% +15.68% 2018/03/02

韓国総合株価指数 2,402.16 -25.20 -1.04% -3.60% +15.56% 2018/03/02

S&P・BSEセンセックス 34,046.94 -137.10 -0.40% -2.91% +18.06% 2018/03/01

インドCNX NIFTY指数 10,458.35 -34.50 -0.33% -2.81% +17.51% 2018/03/01

NZX50種グロス指数 8,288.42 -54.29 -0.65% +0.57% +15.75% 2018/03/02

加権指数 10,698.17 -87.62 -0.81% -2.27% +10.88% 2018/03/02

S&P/ASX200指数 5,928.90 -44.45 -0.74% -1.62% +3.48% 2018/03/02

FTSEブルサマレーシアKLCIインデックス 1,856.07 -4.79 -0.26% +0.16% +8.65% 2018/03/02

ジャカルタ 総合指数 6,582.32 -23.74 -0.36% -0.11% +22.09% 2018/03/02

シンガポール ST指数 3,479.20 -34.65 -0.99% -0.11% +11.43% 2018/03/02

タイ SET指数 1,811.98 -18.15 -0.99% +0.09% +15.69% 2018/03/02

ベトナム VN指数 1,121.21 +5.42 +0.49% +6.91% +57.34% 2018/03/02

フィリピン 総合指数 8,458.57 -7.20 -0.09% -1.83% +16.72% 2018/03/02


日経平均

現在値 21,181.64↑ (18/03/02 15:15)
前日比 -542.83 (-2.50%)
始値 21,339.98 (09:00) 前日終値 21,724.47 (18/03/01)
高値 21,366.09 (09:02) 年初来高値 24,129.34 (18/01/23)
安値 21,088.96 (11:04) 年初来安値 20,950.15 (18/02/14)


日経平均寄与度

日経平均 値上がり銘柄数 3

日経平均 変わらず銘柄数 0

日経平均 値下がり銘柄数 222






TOPIX

現在値 1,708.34↑ (18/03/02 15:00)
前日比 -31.86 (-1.83%)
始値 1,711.46 (09:00) 前日終値 1,740.20 (18/03/01)
高値 1,714.78 (14:43) 年初来高値 1,911.31 (18/01/23)
安値 1,700.65 (12:30) 年初来安値 1,691.65 (18/02/14)


東証業種別ランキング:33業種全てが下落[FISCO] #klugfxnews_418900

配信日時 2018年3月2日(金)16:41:12 掲載日時 2018年3月2日(金)16:51:12

33業種全てが下落。精密機器が3%を超える下げとなったほか、鉄鋼、ゴム製品、輸送用機器、非鉄金属、倉庫運輸、機械、医薬品、電気機器が下落率上位に。精密機器は全般軟調な中、ニコン、オリンパス、トプコンなどの弱さが目立った。鉄鋼はトランプ大統領が鉄鋼とアルミニウムに商務省の提言を上回る25%と10%の輸入関税を賦課する計画を明らかにしたことが嫌気された。一方で、その他製品は小幅な下げにとどまっているが、任天堂が下支え。


業種別(東証株価指数33業種)

指数名 始値 高値 安値 現在値 前日比

水産・農林業 526.56 529.36 525.44 527.14 -6.29 -1.18 %
鉱業 356.18 357.94 352.41 356.07 -6.14 -1.70 %
建設業 1,285.49 1,293.25 1,284.69 1,287.17 -20.80 -1.59 %
食料品 1,868.58 1,870.88 1,854.88 1,863.06 -27.85 -1.47 %
繊維製品 768.94 773.74 767.01 770.35 -13.19 -1.68 %
パルプ・紙 579.74 584.14 579.00 581.84 -7.42 -1.26 %
化学 2,039.14 2,050.01 2,032.11 2,041.92 -36.11 -1.74 %
医薬品 2,857.74 2,869.09 2,830.79 2,839.91 -59.21 -2.04 %
石油・石炭製品 1,409.61 1,421.24 1,402.60 1,413.21 -16.39 -1.15 %
ゴム製品 3,514.71 3,515.77 3,464.98 3,475.62 -97.78 -2.74 %
ガラス・土石製品 1,231.48 1,235.91 1,221.04 1,229.39 -24.95 -1.99 %
鉄鋼 559.25 559.36 550.08 553.31 -16.38 -2.88 %
非鉄金属 1,174.70 1,176.84 1,160.17 1,165.57 -29.24 -2.45 %
金属製品 1,409.16 1,416.90 1,402.37 1,410.13 -25.74 -1.79 %
機械 2,009.78 2,013.39 1,992.69 2,002.85 -44.41 -2.17 %
電気機器 2,528.56 2,535.77 2,506.88 2,522.87 -52.03 -2.02 %
輸送用機器 3,096.00 3,100.73 3,061.33 3,071.11 -80.00 -2.54 %
精密機器 5,772.32 5,777.19 5,678.91 5,690.17 -185.79 -3.16 %
その他製品 2,953.42 3,004.22 2,940.05 2,994.51 -7.30 -0.24 %
電気・ガス業 408.73 410.13 404.42 406.34 -8.31 -2.00 %
陸運業 2,057.89 2,059.32 2,031.47 2,041.77 -41.15 -1.98 %
海運業 335.78 337.10 331.36 335.50 -6.27 -1.83 %
空運業 347.51 348.32 344.40 345.22 -5.97 -1.70 %
倉庫・運輸関連業 1,603.90 1,606.45 1,593.26 1,595.62 -38.20 -2.34 %
情報・通信業 3,427.86 3,432.05 3,404.98 3,414.27 -62.94 -1.81 %
卸売業 1,548.04 1,552.47 1,540.56 1,546.54 -27.31 -1.74 %
小売業 1,266.49 1,273.00 1,259.91 1,269.33 -14.06 -1.10 %
銀行業 185.50 186.64 184.88 186.38 -2.13 -1.13 %
証券、商品先物取引業 425.65 426.53 423.04 424.41 -8.24 -1.90 %
保険業 953.90 957.75 945.82 955.10 -17.13 -1.76 %
その他金融業 649.20 653.07 647.19 650.72 -11.05 -1.67 %
不動産業 1,424.19 1,433.52 1,415.25 1,425.52 -24.80 -1.71 %
サービス業 1,979.44 1,985.61 1,968.35 1,977.77 -34.11 -1.70 %


JPX日経インデックス400

現在値 15,079.73↑ (18/03/02 15:00)
前日比 -290.33 (-1.89%)
始値 15,116.39 (09:00) 前日終値 15,370.06 (18/03/01)
高値 15,145.23 (09:02) 年初来高値 16,940.79 (18/01/23)
安値 15,009.50 (12:30) 年初来安値 14,998.61 (18/02/14)


JASDAQ平均

現在値 4,066.56↓ (18/03/02 15:00)
前日比 -44.60 (-1.08%)
始値 4,065.25 (09:00) 前日終値 4,111.16 (18/03/01)
高値 4,072.73 (14:47) 年初来高値 4,317.21 (18/01/29)
安値 4,043.43 (09:10) 年初来安値 3,778.94 (18/02/06)


JASDAQ平均は続落、米株の大幅安を受けて売り優勢に[FISCO] #klugfxnews_418901

配信日時 2018年3月2日(金)16:46:57 掲載日時 2018年3月2日(金)16:56:57

[JASDAQ市況]JASDAQ平均   4066.56  -44.60/出来高 1億1517万株/売買代金 854億円J-Stock Index 3659.65  -39.43 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均は続落し、JASDAQ-TOP20、J-Stock Indexはともに3日続落した。値上がり銘柄数は115(スタンダード106、グロース9)、値下がり銘柄数は533(スタンダード504、グロース29)、変わらずは49(スタンダード47、グロース2)。

1日の米国株式市場は、トランプ米大統領による保護主義政策発言から、貿易摩擦の激化など世界景気の悪影響などが警戒され、NYダウは大幅続落。この流れを受けて東京市場全体で投資家心理が悪化。ただ、JASDAQ市場では、日替わり的に材料が蒸し返されるなど、外部環境に左右されにくい銘柄などには押し目買いも入っていたようだ。 

個別では、短期間に25%超上昇したフジタコーポが利食いに押され、5日移動平均線を下回ったことから調整ムードが広がったテクノホライゾンHDも値を下げた。また、デジタル教科書関連で賑わったチエルも前日比102円(-5.66%)安の1700円と大幅に続落した。このほか、日本一S、エスプール、ニュートンFCなどが値下がり率上位となった。 

一方、上昇率トップは29.30%高のシーズメン。引き続き業務提携効果への期待感から連日のストップ高と。値動きの軽さが材料視されたナビタスが17.70%高、INESTは9.73%高と上昇した。ソフトウェア開発者向けサイト「Github」が過去最大規模と見られるDDoS攻撃を受けたことを明らかにし、セキュアヴェイルなどサイバーセキュリテイ関連の一角にも物色が見られた。また、好業績見通しが蒸し返されたグリムス、再生医療関連としてセルシードなども注目を集めた。このほか、NFK-HD、APAMANなどが値上がり率上位にランクイン。 JASDAQ-TOP20では、5G関連で注目を集めていたメイコーが利食われ、アイサンテクノ、セリア、ザインなどが下落した。



マザーズ指数

現在値 1,213.65↓ (18/03/02 15:00)
前日比 -18.72 (-1.52%)
始値 1,209.76 (09:00) 前日終値 1,232.37 (18/03/01)
高値 1,217.79 (13:37) 年初来高値 1,367.86 (18/01/24)
安値 1,200.93 (09:05) 年初来安値 1,118.84 (18/02/14)


マザーズ指数は続落、リスク回避の売り先行、IPOのSERIOHDは初値持ち越し[FISCO] #klugfxnews_418902

配信日時 2018年3月2日(金)16:53:03 掲載日時 2018年3月2日(金)17:03:03

 本日のマザーズ市場では、主力株を中心に売りが先行する展開となった。米国市場でNYダウが連日の大幅安となり、「恐怖指数」とされるVIX指数が上昇したことなどから、個人投資家にもリスク回避ムードが広がった。ただ、直近IPO銘柄や材料株、テーマ株の一角には買いが入り、マザーズ指数は下げ渋る展開となった。

なお、マザーズ指数は続落、売買代金は概算で1254.12億円。騰落数は、値上がり46銘柄、値下がり181銘柄、変わらず14銘柄となった。 

個別では、SOSEI、GNI、総医研、マネーフォワード、ミクシィなどが軟調。直近IPO銘柄でもMマートは換金売りがかさみ、下げが目立った。また、メドピアがマザーズ下落率トップとなった。

一方、上場3日目のジェイテックコーポレーションがマザーズ売買代金トップで大幅高。前日の初値形成後も人気が続いている。イグニスは連日の大幅高となり、来期の業績観測が報じられたテックポイントはストップ高水準まで買われた。その他ではメドレックスやGMOTECHなどが上昇した。 なお、本日マザーズ市場へ新規上場したSERIOHDは買い気配のまま初値が付かなかった。



東証REIT指数

現在値 1,674.26↑ (18/03/02 15:00)
前日比 -7.36 (-0.44%)
始値 1,676.19 (09:00) 前日終値 1,681.62 (18/03/01)
高値 1,683.37 (14:01) 年初来高値 1,777.61 (18/01/25)
安値 1,667.79 (12:30) 年初来安値 1,637.94 (18/02/15)


日経平均VI

現在値 26.88↑ (18/03/02 15:20)
前日比 +2.29 (+9.31%)
始値 27.64 (09:00) 前日終値 24.59 (18/03/01)
高値 28.72 (11:06) 年初来高値 38.31 (18/02/09)
安値 26.10 (14:44) 年初来安値 14.56 (18/01/16)


東証2部指数

現在値 7,250.35↓ (18/03/02 15:00)
前日比 -97.44 (-1.33%)
始値 7,257.82 (09:00) 前日終値 7,347.79 (18/03/01)
高値 7,265.35 (14:56) 年初来高値 7,754.51 (18/01/23)
安値 7,230.75 (11:29) 年初来安値 6,962.41 (18/02/06)


日経平均先物

現在値 21,180.00↑ (18/03/02 05:30)
前日比 -460.00 (-2.13%)
高値 21,740.00 (00:36) 始値 21,700.00 (16:30)
安値 21,030.00 (05:03) 前日終値 21,640.00 (18/03/01)


TOPIX先物

現在値 1,702.50↑ (18/03/02 05:30)
前日比 -31.00 (-1.79%)
高値 1,743.50 (00:35) 始値 1,738.00 (16:30)
安値 1,692.00 (05:04) 前日終値 1,733.50 (18/03/01)


JPX日経400先物

現在値 15,025.00↑ (18/03/02 05:30)
前日比 -280.00 (-1.83%)
高値 15,400.00 (00:35) 始値 15,350.00 (16:30)
安値 14,945.00 (05:04) 前日終値 15,305.00 (18/03/01)


東証マザーズ指数先物

現在値 1,190.00↓ (18/03/02 05:30)
前日比 -27.00 (-2.22%)
高値 1,223.00 (00:37) 始値 1,220.00 (16:30)
安値 1,189.00 (05:04) 前日終値 1,217.00 (18/03/01)


NYダウ先物 円建

現在値 24,790.00↑ (18/03/02 05:30)
前日比 -180.00 (-0.72%)
高値 25,170.00 (00:36) 始値 25,053.00 (16:30)
安値 24,431.00 (04:14) 前日終値 24,970.00 (18/03/01)


CME日経平均先物 円建

現在値 21,125.00↑ (18/03/01 14:47 CST)
前日比 -785.00 (-3.58%)
高値 21,965.00 始値 21,900.00
安値 21,030.00 前日終値 21,910.00 (18/02/28)


SGX日経平均先物

現在値 21,110.00↑ (18/03/02 04:44 SGT)
前日比 -555.00 (-2.56%)
高値 21,740.00 始値 21,660.00
安値 21,030.00 前日終値 21,665.00 (18/03/01)


長期国債先物

現在値 151.010↓ (18/03/02 05:24)
前日比 +0.060 (+0.04%)
高値 151.030 (03:57) 始値 150.940 (15:30)
安値 150.930 (16:27) 前日終値 150.950 (18/03/01)


2日の日本国債市場概況:債券先物は150円71銭で終了[FISCO] #klugfxnews_418925

配信日時 2018年3月2日(金)18:43:20 掲載日時 2018年3月2日(金)18:53:20

<円債市場>

長期国債先物2018年3月限寄付151円05銭 高値151円15銭 安値150円55銭 引け150円71銭売買高総計55756枚

2年 385回 -0.160%5年 134回 -0.115%10年 349回  0.050%20年 163回  0.540%

債券先物3月限は、151円05銭で取引を開始。トランプ米政権が鉄鋼・アルミの輸入制限措置発動を決める方針を表明したこと受けて、円高・株安となったことから買いが先行し、151円15銭まで上昇した。しかし、その後、黒田日銀総裁が国会で「19年度ごろに出口を検討していることは間違いない」と述べたことを受けて売りに転じ、150円55銭まで急落した。現物の取引では、5年債、10年債、20年債が売られ、2年債はもみ合いになった。

<米国債概況>2年債は2.22%、10年債は2.81%、30年債は3.09%近辺で推移。債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>ドイツ国債は0.61%、英国債は1.44%で推移、オーストラリア10年債は2.73%、NZ10年債は2.91%。(気配値)



日本国債3年

年利回り -0.135 (18/03/02 03:05)
前日比 +0.001


日本国債5年

年利回り -0.110 (18/03/02 03:05)
前日比 0.000


日本国債10年

年利回り 0.056 (18/03/02 03:05)
前日比 -0.004


中国 上海総合指数 アジア株価 リアルタイムチャート

上海総合指数 中国
▼0.59%
3,254.53
H:3,269.94
L:3,242.27
-19.23
03/02

CSI300指数 中国
▼0.81%
4,016.46
H:4,044.42
L:4,006.94
-32.63
16:01

上海B株 中国
▼0.29%
328.33
H:328.73
L:327.57
-0.94
03/02

深センB株 中国
▼0.14%
1,164.15
H:1,164.85
L:1,157.94
-1.64
03/02

上海A株 中国
▼0.59%
3,408.60
H:3,424.78
L:3,395.73
-20.17
03/02

深センA株 中国
▼0.64%
1,905.48
H:1,920.04
L:1,901.97
-12.37
03/02

HangSeng 香港
▼1.48%
30,583.45
H:30,670.94
L:30,477.95
-460.80
03/02

H株指数 香港
▼1.81%
12,203.91
H:12,254.46
L:12,130.60
-224.97
03/02

レッドチップ指数 香港
▼1.17%
4,455.64
H:4,470.97
L:4,429.81
-52.80
03/02

AORD オーストラリア
▼0.74%
5,928.90
H:5,973.30
L:5,902.20
-44.40
03/02

KOSPI 韓国
▼1.04%
2,402.16
H:2,410.34
L:2,387.25
-25.20
03/02

STI シンガポール
▼0.99%
3,479.20
H:3,491.53
L:3,470.87
-34.65
18:10

加権 台湾
▼0.81%
10,698.17
H:10,719.29
L:10,638.98
-87.62
03/02

KLSE マレーシア
▼0.26%
1,856.07
H:1,860.64
L:1,854.25
-4.79
03/02

PSEi フィリピン
▼0.09%
8,458.57
H:8,458.57
L:8,337.69
-7.20
03/02

JKSE インドネシア
▼0.36%
6,582.32
H:6,597.71
L:6,561.04
-23.74
03/02

VN ベトナム
▲0.49%
1,121.21
H:1,121.91
L:1,103.16
+5.42
03/02

SET タイ
▼0.99%
1,811.98
H:1,825.63
L:1,806.84
-18.15
03/02

女子レスリングに「内紛勃発」か?:伊調馨が栄強化本部長を「パワハラ」で訴えた

2018-03-02 10:00:21 | スポーツ



3/1(木) 5:30配信

レスリング女子で史上初の五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞を受賞した伊調馨(33=ALSOK)が日本レスリング協会の栄和人強化本部長(57)から繰り返しパワーハラスメントを受けたとして、レスリング関係者が1月に代理人弁護士を通じて、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出していたことが28日、明らかになった。平昌五輪の日本選手団の活躍で沸いた日本スポーツ界にとって、大きなダメージとなる可能性もある。

 平昌五輪での日本選手団の大活躍に続き、20年東京五輪マスコットも決定。機運が高まりつつあるタイミングで、指導者とアスリートの軋轢(あつれき)が発覚した。レスリング関係者が五輪4連覇の伊調に対するパワハラに関し、伊調の恩師である栄強化本部長を告発したのは1月のことだった。

 告発状によると、スタート地点は、04年アテネ、08年北京と伊調が五輪連覇を達成したあと。姉の千春さんとともに、一度は現役引退も示唆した伊調はカナダへ留学。帰国後は練習拠点を愛知県大府市の至学館大から東京へと移したが、これに栄氏が激怒したとしている。

 東京に拠点を移したあとの伊調は、近隣の大学や自衛隊への出稽古のほか、男子の合宿にも参加。当時、男子の強化スタッフだった田南部力コーチに指導を仰ぐ形で技術を磨いた。当時、女子強化委員長だった栄氏は、田南部コーチに対し伊調への指導をやめるように忠告。そんな状況でも、伊調は12年ロンドン五輪で3連覇を達成した。

 しかし、ロンドン五輪後、栄氏は3スタイル(フリー、グレコローマン、女子)全てを統括する強化本部長に就任。その後、伊調が男子の全日本合宿に参加することを禁じ、田南部氏が指導拠点としていた警視庁への出入りも禁止したという。希望通りの練習ができない中で、伊調は16年リオデジャネイロ五輪で女性アスリートとして世界初の五輪4連覇を達成し、国民栄誉賞も受賞したのは周知の事実だ。

 日本協会関係者は「告発状に関して内閣府からの問い合わせなどはない」としたが、内容が確かなら“アスリートファースト”をうたう20年東京五輪に向け、由々しき事態といえる。一方で、栄強化本部長はスポニチ本紙の取材に対し「伊調から何かを言われたこともない。五輪4連覇に向け、しっかり見守ってきたつもり。伊調がこんなことを言うとはとても思えない」と話し「ちゃんと皆さんにお話しする機会を改めてつくりたい」と話した。

3/1 名古屋記念初日:コンドルヒント付

2018-03-02 09:59:40 | 競輪
第1R 一予選

発走時間 10:48

1 1 高久保雄介 100 京都 3/1 一予選 3着
2 2 國村  洋 80 山口 3/1 一予選 2着

3 3 上原  龍 95 長野
4 4 北川 紋部 78 福井 3/1 一予選 4着
4 5 掛水 泰範 98 高知
5 6 中村  淳 69 栃木
5 7 鷲田 佳史 88 福井 3/1 一予選 1着
6 8 石田 洋秀 64 広島
6 9 尾崎  剛 79 埼玉

1 7 鷲田 佳史 34 福 井 88 S2 12.0 差し
2 2 國村 洋 40 山 口 80 S2 1/4車輪 11.6 差し
3 1 高久保 雄介 31 京 都 100 S2 1 車輪 12.2 HB
4 4 北川 紋部 43 福 井 78 S2 1/2車輪 11.9
5 8 石田 洋秀 48 広 島 64 S2 1 車輪 11.5
6 9 尾崎 剛 41 埼 玉 79 S2 1 車身 11.4
7 5 掛水 泰範 34 高 知 98 S2 1 車輪 11.9
8 6 中村 淳 46 栃 木 69 S2 3/4車身 11.4
9 3 上原 龍 32 長 野 95 S2 1/2車輪 11.6

■ 払戻金

2枠複 2=5 1,130円 (4)
2枠単 5-2 2,360円 (7)
2車複 2=7 1,000円 (3)
2車単 7-2 2,000円 (7)
3連複 1=2=7 700円 (1)
3連単 7-2-1 5,610円 (13)
ワイド
2=7 290円 (3)
1=7 180円 (1)
1=2 380円 (4)


第2R 一予選

発走時間 11:13

1 1 鈴木謙太郎 90 茨城 3/1 一予選 3着
2 2 猪俣 康一 99 愛知 3/1 一予選 1着

3 3 増田 鉄男 74 徳島
4 4 篠原 龍馬 89 高知
4 5 宗景 祐樹 84 栃木
5 6 疋田  敏 59 愛知
5 7 中川 貴徳 91 栃木 3/1 一予選 4着
6 8 高田 健一 61 徳島
6 9 谷口 遼平 103 三重 3/1 一予選 2着

1 2 猪俣 康一 41 愛 知 99 S2 11.8 差し
2 9 谷口 遼平 24 三 重 103 S2 1/2車輪 12.0 捲り
3 1 鈴木 謙太郎 33 茨 城 90 S2 3/4車輪 11.6
4 7 中川 貴徳 33 栃 木 91 S2 1/2車身 11.5
5 8 高田 健一 50 徳 島 61 S2 3 車身 12.2
6 6 疋田 敏 50 愛 知 59 S2 1 車身 12.0
7 3 増田 鉄男 43 徳 島 74 S2 1/4車輪 12.4
8 4 篠原 龍馬 36 高 知 89 S2 1 車輪 12.6 HB
9 5 宗景 祐樹 42 栃 木 84 S2 3/4車輪 11.8

■ 払戻金

2枠複 2=6 600円 (3)
2枠単 2-6 710円 (2)
2車複 2=9 610円 (3)
2車単 2-9 880円 (3)
3連複 1=2=9 680円 (3)
3連単 2-9-1 3,380円 (7)
ワイド
2=9 300円 (4)
1=2 180円 (1)
1=9 400円 (5)


第3R 一予選

発走時間 11:39

1 1 光岡 義洋 73 愛知
2 2 伊藤 勝太 95 福島 3/1 一予選 2着
3 3 山口 貴嗣 82 福岡 3/1 一予選 4着

4 4 下岡 優季 105 愛知
4 5 山信田 学 83 埼玉
5 6 宮越 孝治 82 富山
5 7 吉本 卓仁 89 福岡 3/1 一予選 1着
6 8 高木 竜司 82 熊本
6 9 伊藤 大志 86 青森 3/1 一予選 3着

1 7 吉本 卓仁 34 福 岡 89 S1 11.5 差し
2 2 伊藤 勝太 29 福 島 95 S2 3/4車輪 11.8 捲り
3 9 伊藤 大志 38 青 森 86 S1 1 車身 11.8
4 3 山口 貴嗣 39 福 岡 82 S2 1/2車身 11.6
5 8 高木 竜司 41 熊 本 82 S2 1車身1/2 11.5
6 6 宮越 孝治 39 富 山 82 S2 1/4車輪 11.4
7 5 山信田 学 41 埼 玉 83 S2 3 車身 11.7
8 4 下岡 優季 28 愛 知 105 S2 1 車身 12.6 HB
9 1 光岡 義洋 44 愛 知 73 S2 6 車身 12.7

■ 払戻金

2枠複 2=5 740円 (3)
2枠単 5-2 1,410円 (4)
2車複 2=7 800円 (3)
2車単 7-2 1,250円 (4)
3連複 2=7=9 1,030円 (2)
3連単 7-2-9 3,720円 (10)
ワイド
2=7 270円 (2)
7=9 490円 (5)
2=9 320円 (4)


第4R 一予選

発走時間 12:05

1 1 八谷 誠賢 77 福岡 3/1 一予選 2着
2 2 白岩 大助 84 埼玉
3 3 荻原 尚人 89 宮城
4 4 野本 翔太 91 高知
4 5 加藤 圭一 85 神奈 3/1 一予選 3着
5 6 荒井 春樹 99 長野
5 7 小野 俊之 77 大分 3/1 一予選 1着
6 8 森田 康嗣 89 北海
6 9 小林 則之 85 静岡 3/1 一予選 4着

1 7 小野 俊之 41 大 分 77 S2 12.2 差し
2 1 八谷 誠賢 42 福 岡 77 S2 1/4車輪 12.3 逃げ HB
3 5 加藤 圭一 39 神奈川 85 S2 1 車輪 11.8
4 9 小林 則之 42 静 岡 85 S2 1/8車輪 11.9
5 8 森田 康嗣 36 北海道 89 S2 1/2車輪 11.4
6 4 野本 翔太 33 高 知 91 S2 1/2車輪 12.1
7 2 白岩 大助 38 埼 玉 84 S2 タイヤ差 11.7
8 3 荻原 尚人 34 宮 城 89 S2 3 車身 11.8
9 6 荒井 春樹 31 長 野 99 S2 3 車身 11.9

■ 払戻金

2枠複 1=5 730円 (2)
2枠単 5-1 1,510円 (5)
2車複 1=7 800円 (2)
2車単 7-1 1,560円 (5)
3連複 1=5=7 2,270円 (7)
3連単 7-1-5 8,660円 (22)
ワイド
1=7 460円 (4)
5=7 480円 (5)
1=5 710円 (9)


第5R 一予選

発走時間 12:33

1 1 山本 健也 89 千葉 3/1 一予選 2着
2 2 山下 一輝 96 山口 3/1 一予選 3着

3 3 高間 悠平 95 福井
4 4 米澤 大輔 73 徳島
4 5 鈴木  裕 92 千葉 3/1 一予選 1着
5 6 渡辺 航平 79 福井
5 7 田中 孝彦 91 静岡 3/1 一予選 4着
6 8 大石 崇晴 109 京都
6 9 木村 隆弘 91 徳島

1 5 鈴木 裕 33 千 葉 92 S1 12.0 差し
2 1 山本 健也 36 千 葉 89 S2 1 車身 12.0 マーク
3 2 山下 一輝 28 山 口 96 S2 1/8車輪 11.7
4 7 田中 孝彦 31 静 岡 91 S2 1/2車輪 11.9
5 9 木村 隆弘 31 徳 島 91 S2 3/4車輪 11.7
6 3 高間 悠平 30 福 井 95 S2 1 車身 12.6
7 8 大石 崇晴 25 京 都 109 S2 1 車身 12.9 HB
8 6 渡辺 航平 40 福 井 79 S2 1/8車輪 12.6
9 4 米澤 大輔 43 徳 島 73 S2 1/4車輪 11.8

■ 払戻金

2枠複 1=4 260円 (1)
2枠単 4-1 510円 (1)
2車複 1=5 260円 (1)
2車単 5-1 500円 (1)
3連複 1=2=5 1,960円 (5)
3連単 5-1-2 5,610円 (9)
ワイド
1=5 170円 (1)
2=5 870円 (13)
1=2 800円 (12)


第6R 一予選

発走時間 13:03

1 1 石丸 寛之 76 岡山
2 2 鈴木  誠 84 福島 3/1 一予選 1着
3 3 酒井 拳蔵 109 大阪 3/1 一予選 4着
4 4 冨尾 享平 101 大阪
4 5 小松 剛之 79 宮城 3/1 一予選 3着
5 6 小林 弘和 91 佐賀
5 7 根本 哲吏 97 秋田 3/1 一予選 2着
6 8 山崎  翼 95 大分 3/1 一予選 4着
6 9 戸田 洋平 92 岡山

1 2 鈴木 誠 41 福 島 84 S2 11.7 差し
2 7 根本 哲吏 32 秋 田 97 S1 1/8車輪 11.8 逃げ HB
3 5 小松 剛之 43 宮 城 79 S2 1 車身 11.6
4 3 酒井 拳蔵 22 大 阪 109 S2 微差 11.8
4 8 山崎 翼 29 大 分 95 S2 微差 11.5
6 4 冨尾 享平 32 大 阪 101 S2 1/4車輪 11.6
7 6 小林 弘和 34 佐 賀 91 S2 1 車輪 11.4
8 1 石丸 寛之 43 岡 山 76 S2 1/4車輪 11.2
9 9 戸田 洋平 34 岡 山 92 S2 3/4車身 11.1

■ 払戻金

2枠複 2=5 280円 (1)
2枠単 2-5 830円 (2)
2車複 2=7 290円 (1)
2車単 2-7 810円 (2)
3連複 2=5=7 570円 (1)
3連単 2-7-5 2,040円 (4)
ワイド
2=7 180円 (1)
2=5 440円 (7)
5=7 440円 (6)


第7R 一予選

発走時間 13:33

1 1 田中 雅史 79 愛知
2 2 池田 勇人 90 埼玉 3/1 一予選 1着
3 3 田中  誠 89 福岡 3/1 一予選 3着
4 4 成松 春樹 93 佐賀 3/1 一予選 4着

4 5 桜井 雄太 100 愛知
5 6 中村 健志 96 熊本
5 7 兵藤 一也 82 群馬 3/1 一予選 2着
6 8 濱口 健二 60 高知
6 9 木村 貴宏 80 茨城

1 2 池田 勇人 32 埼 玉 90 S1 11.6 捲り B
2 7 兵藤 一也 39 群 馬 82 S2 1 車身 11.6 マーク
3 3 田中 誠 34 福 岡 89 S2 5 車身 12.1
4 4 成松 春樹 31 佐 賀 93 S2 1/8車輪 12.2
5 9 木村 貴宏 40 茨 城 80 S2 1車身1/2 12.0
6 8 濱口 健二 50 高 知 60 S2 1 車身 12.0
7 1 田中 雅史 41 愛 知 79 S2 4 車身 12.2
8 6 中村 健志 32 熊 本 96 S2 タイヤ差 12.3
9 5 桜井 雄太 26 愛 知 100 S2 2 車身 12.9 H

■ 払戻金

2枠複 2=5 190円 (1)
2枠単 2-5 260円 (1)
2車複 2=7 190円 (1)
2車単 2-7 280円 (1)
3連複 2=3=7 500円 (1)
3連単 2-7-3 880円 (2)
ワイド
2=7 130円 (1)
2=3 180円 (2)
3=7 360円 (5)


第8R 一予選

発走時間 14:06

1 1 佐藤 一伸 94 福島
2 2 西岡 拓朗 97 広島 3/1 一予選 1着
3 3 長尾 拳太 103 岐阜
4 4 藤原  誠 69 岐阜 3/1 一予選 3着
4 5 須藤  誠 92 千葉
5 6 泉  慶輔 99 宮城
5 7 久米 康平 100 徳島 3/1 一予選 3着
6 8 吉川  誠 86 神奈
6 9 前反祐一郎 81 広島 3/1 一予選 2着

1 2 西岡 拓朗 34 広 島 97 S2 11.9 差し
2 9 前反 祐一郎 44 広 島 81 S2 1/8車輪 12.1 差し
3 4 藤原 誠 45 岐 阜 69 S2 1/2車身 11.7
3 7 久米 康平 26 徳 島 100 S1 1/2車身 12.3 HB
5 3 長尾 拳太 24 岐 阜 103 S2 1/2車輪 11.9
6 8 吉川 誠 36 神奈川 86 S2 1/8車輪 11.3
7 1 佐藤 一伸 30 福 島 94 S2 1/4車輪 11.6
8 6 泉 慶輔 27 宮 城 99 S2 1 車身 11.6
9 5 須藤 誠 33 千 葉 92 S2 1/2車輪 11.3

■ 払戻金

2枠複 2=6 2,250円 (9)
2枠単 2-6 10,050円 (26)
2車複 2=9 2,690円 (10)
2車単 2-9 8,710円 (32)
3連複
2=4=9 8,320円 (54)
2=7=9 310円 (1)
3連単
2-9-4 67,360円 (290)
2-9-7 8,350円 (40)
ワイド
2=9 300円 (5)
2=4 1,660円 (35)
2=7 250円 (3)
4=9 710円 (21)
7=9 120円 (1)


第9R 一予選

発走時間 14:40

1 1 前田 拓也 71 大阪
2 2 山本 紳貴 107 千葉 3/1 一予選 3着
3 3 浦川 尊明 80 茨城
4 4 土屋  仁 84 茨城 3/1 一予選 4着
4 5 野原 雅也 103 福井 3/1 一予選 1着

5 6 馬場 和広 98 埼玉
5 7 成田 健児 75 神奈 3/1 一予選 2着
6 8 棟方 次郎 73 青森
6 9 伊藤 健詞 68 石川

1 5 野原 雅也 24 福 井 103 S1 12.2 逃げ B
2 7 成田 健児 43 神奈川 75 S1 4 車身 12.0 差し
3 2 山本 紳貴 33 千 葉 107 S2 1/2車輪 12.1 H
4 4 土屋 仁 43 茨 城 84 S2 1 車身 12.0
5 8 棟方 次郎 44 青 森 73 S2 1/2車身 11.8
6 1 前田 拓也 44 大 阪 71 S1 2 車身 12.2
7 9 伊藤 健詞 47 石 川 68 S2 2 車身 12.5
8 3 浦川 尊明 41 茨 城 80 S2 2 車身 12.6
9 6 馬場 和広 27 埼 玉 98 S2 9 車身 13.7

■ 払戻金

2枠複 4=5 1,330円 (5)
2枠単 4-5 1,880円 (6)
2車複 5=7 1,910円 (8)
2車単 5-7 2,110円 (7)
3連複 2=5=7 1,350円 (5)
3連単 5-7-2 6,240円 (15)
ワイド
5=7 520円 (7)
2=5 380円 (2)
2=7 460円 (6)


第10R 初特選

発走時間 15:17

1 1 吉田 敏洋 85 愛知 3/1 初特選 2着
2 2 諸橋  愛 79 新潟 3/1 初特選 5着
3 3 成清 貴之 73 千葉 3/1 初特選 3着
4 4 川村 晃司 85 京都 3/1 初特選 8着
4 5 横山 尚則 100 茨城 3/1 初特選 6着
5 6 新井 秀明 85 熊本 3/1 初特選 7着
5 7 竹内 雄作 99 岐阜 3/1 初特選 9着
6 8 松川 高大 94 熊本 3/1 初特選 4着
6 9 菅田 壱道 91 宮城 3/1 初特選 1着


1 9 菅田 壱道 31 宮 城 91 S1 11.6 捲り B
2 1 吉田 敏洋 38 愛 知 85 S1 1 車輪 11.6 差し
3 3 成清 貴之 44 千 葉 73 S1 タイヤ差 11.5
4 8 松川 高大 29 熊 本 94 S1 1/2車輪 11.3
5 2 諸橋 愛 40 新 潟 79 SS 1 車身 11.5
6 5 横山 尚則 26 茨 城 100 S1 2 車身 11.8
7 6 新井 秀明 37 熊 本 85 S1 1/4車輪 11.5
8 4 川村 晃司 41 京 都 85 S1 1 車身 12.1
9 7 竹内 雄作 30 岐 阜 99 S1 大差 13.7 H

■ 払戻金

2枠複 1=6 1,030円 (5)
2枠単 6-1 2,780円 (12)
2車複 1=9 2,090円 (8)
2車単 9-1 4,330円 (19)
3連複 1=3=9 3,910円 (17)
3連単 9-1-3 22,860円 (73)
ワイド
1=9 820円 (9)
3=9 920円 (14)
1=3 860円 (13)


第11R 初特選

発走時間 15:54

1 1 村上 義弘 73 京都 3/1 初特選 2着
2 2 佐々木則幸 79 高知 3/1 初特選 5着
3 3 平原 康多 87 埼玉 3/1 初特選 1着
4 4 高橋 和也 91 愛知 3/1 初特選 6着
4 5 武田 憲祐 93 神奈 3/1 初特選 7着
5 6 近藤 龍徳 101 愛知 3/1 初特選 落棄
5 7 芦澤 大輔 90 茨城 3/1 初特選 4着
6 8 山本 伸一 101 京都 3/1 初特選 3着
6 9 阿竹 智史 90 徳島 3/1 初特選 落棄


1 3 平原 康多 35 埼 玉 87 SS 11.1 捲り
2 1 村上 義弘 43 京 都 73 S1 3 車身 11.4 差し
3 8 山本 伸一 35 京 都 101 S1 1 車身 11.7 HB
4 7 芦澤 大輔 35 茨 城 90 S1 1/4車輪 11.3
5 2 佐々木 則幸 41 高 知 79 S1 1 車身 11.1
6 4 高橋 和也 31 愛 知 91 S1 8 車身 12.3
7 5 武田 憲祐 34 神奈川 93 S1 3 車身 12.6 事故入
  6 近藤 龍徳 27 愛 知 101 S1 落車棄権
  9 阿竹 智史 35 徳 島 90 S1 落車棄権

■ 払戻金

2枠複 1=3 250円 (1)
2枠単 3-1 370円 (2)
2車複 1=3 240円 (1)
2車単 3-1 370円 (2)
3連複 1=3=8 1,680円 (5)
3連単 3-1-8 3,810円 (12)
ワイド
1=3 160円 (1)
3=8 890円 (12)
1=8 820円 (10)


第12R 初特選

発走時間 16:35

1 1 浅井 康太 90 三重 3/1 初特選 1着 
2 2 菊地 圭尚 89 北海 3/1 初特選 7着
3 3 桑原 大志 80 山口 3/1 初特選 4着
4 4 新山 響平 107 青森 3/1 初特選 9着
4 5 和田健太郎 87 千葉 3/1 初特選 5着
5 6 小林 大介 79 群馬 3/1 初特選 2着
5 7 松浦 悠士 98 広島 3/1 初特選 6着
6 8 山内 卓也 77 愛知 3/1 初特選 3着
6 9 和田真久留 99 神奈 3/1 初特選 8着


1 1 浅井 康太 33 三 重 90 SS 11.4 差し
2 6 小林 大介 40 群 馬 79 S1 1 車身 11.7 差し
3 8 山内 卓也 41 愛 知 77 S1 タイヤ差 11.5
4 3 桑原 大志 42 山 口 80 SS 1/8車輪 11.8
5 5 和田 健太郎 36 千 葉 87 S1 1/8車輪 11.6
6 7 松浦 悠士 27 広 島 98 S1 1 車身 12.0
7 2 菊地 圭尚 37 北海道 89 S1 3/4車輪 12.0
8 9 和田 真久留 26 神奈川 99 S1 1車身1/2 11.9
9 4 新山 響平 24 青 森 107 S1 8 車身 13.1 HB

■ 払戻金

2枠複 1=5 1,750円 (9)
2枠単 1-5 1,850円 (10)
2車複 1=6 4,650円 (17)
2車単 1-6 5,800円 (22)
3連複 1=6=8 6,570円 (23)
3連単 1-6-8 33,270円 (106)
ワイド
1=6 850円 (12)
1=8 360円 (2)
6=8 1,440円 (20)



平成30年2月28日

今回の名古屋記念は前週の奈良記念が53億を割った事で、本心は55億にしたとの事、奈良には超大物が居なかったけど、今回は輪界を代表するスター平原康多・浅井康太・村上義弘が居り、S・Sの諸橋愛に桑原大志。そして地元地区から吉田敏洋・竹内雄作の実力者。若手では新山響平を筆頭に野原雅也・久米康平の若手が大いに盛り上げるのを番組がしっかり料理すれば55億は可能じゃないかと思ってますがどうでしょうか。そして肝腎なのは奈良みたいにファンが疑心暗鬼と成る審判の判定を絶対にやらない事も条件に成ります。

名古屋記念の初日、取材した中でのヒントを少々。
1R 上原龍。
2R 谷口遼平
3R 下岡優季
4R 荻原尚人
5R 木村隆弘
6R 岡山コンビ
7R 田中誠
8R 北日本コンビ
9R 山本紳貴
10R 川村晃司
11R 平原康多
12R 菊地圭尚



「そして肝腎なのは奈良みたいにファンが疑心暗鬼と成る審判の判定を絶対にやらない事も条件に成ります。」


審判の判定通りだったけど。


金鯱賞争奪戦・楽天カップ 初日  

全レース成績

3/2 国内主要商品指数 & ADR主要銘柄

2018-03-02 06:08:10 | 政治経済問題
ADR主要銘柄(日本)-全面安、住友鉱山、東京ガス、MS&ADが大幅下落

3月1日※「ADR引値」は1ドル106.25円で円換算した値です。

コード 銘柄名 国内引値 ADR引値 国内対比 騰落率 出来高
1605 国際石油開発帝石 1,273.0 1,232.5 -40.5 -3.18% 25,524
1878 大東建託 17,830.0 17,539.8 -290.3 -1.63% 2,569
1925 大和ハウス工業 3,873.0 3,781.4 -91.6 -2.36% 22,823
1928 積水ハウス 1,868.0 1,827.0 -41.0 -2.20% 8,822
2503 キリンホールディ 2,739.0 2,689.7 -49.3 -1.80% 5,966
2802 味の素 1,930.0 1,890.2 -39.8 -2.06% 769
2914 日本たばこ産業 3,003.0 2,970.8 -32.3 -1.07% 12,906
3382 セブン&アイ・ホ 4,381.0 4,303.1 -77.9 -1.78% 23,931
3402 東レ 1,063.5 1,040.2 -23.3 -2.19% 92,748
3407 旭化成 1,346.0 1,304.5 -41.5 -3.08% 29,128
3938 LINE 4,285.0 4,168.2 -116.8 -2.73% 183,278
4063 信越化学工業 10,955.0 10,614.4 -340.6 -3.11% 4,997
4452 花王 7,759.0 7,637.3 -121.8 -1.57% 14,753
4502 武田薬品工業 6,020.0 5,887.3 -132.7 -2.20% 14,801
4503 アステラス製薬 1,544.5 1,517.8 -26.7 -1.73% 63,542
4523 エーザイ 5,653.0 5,531.4 -121.6 -2.15% 2,101
4528 小野薬品工業 3,145.0 3,066.4 -78.6 -2.50% 1,065
4568 第一三共 3,683.0 3,602.4 -80.6 -2.19% 6,044
4578 大塚ホールディン 5,320.0 5,259.4 -60.6 -1.14% 13,835
4689 ヤフー 504.0 490.1 -13.9 -2.76% 21,498
4704 トレンドマイクロ 6,100.0 5,981.9 -118.1 -1.94% 1,849
4755 楽天 952.4 946.2 -6.2 -0.66% 10,028
4901 富士フイルムホー 4,404.0 4,289.3 -114.7 -2.60% 20,196
4911 資生堂 6,333.0 6,227.8 -105.2 -1.66% 17,904
5108 ブリヂストン 4,704.0 4,586.8 -117.2 -2.49% 11,991
5401 新日鐵住金 2,517.0 2,438.4 -78.6 -3.12% 923
5713 住友金属鉱山 4,812.0 4,611.3 -200.8 -4.17% 587
5802 住友電気工業 1,686.5 出来ず - - 出来ず
6273 SMC 43,800.0 42,553.1-1,246.9 -2.85% 1,442
6301 小松製作所 3,763.0 3,652.9 -110.1 -2.93% 98,110
6326 クボタ 1,909.5 1,853.4 -56.1 -2.94% 56,730
6367 ダイキン工業 12,130.0 11,858.3 -271.7 -2.24% 4,710
6501 日立製作所 820.3 794.5 -25.8 -3.14% 143,230
6502 東芝 310.0 302.8 -7.2 -2.32% 18,336
6503 三菱電機 1,793.5 1,743.8 -49.7 -2.77% 44,072
6594 日本電産 16,975.0 16,526.1 -448.9 -2.64% 5,100
6702 富士通 638.3 622.9 -15.4 -2.41% 706,315
6752 パナソニック 1,651.0 1,603.3 -47.7 -2.89% 210,344
6758 ソニー 5,302.0 5,176.5 -125.5 -2.37% 1,187,515
6762 TDK 9,610.0 9,567.8 -42.2 -0.44% 4,698
6861 キーエンス 63,870.0 62,799.1-1,070.9 -1.68% 883
6902 デンソー 6,176.0 6,002.1 -173.9 -2.82% 5,033
6954 ファナック 27,000.0 26,169.4 -830.6 -3.08% 30,673
6971 京セラ 6,223.0 6,040.3 -182.7 -2.94% 39,562
6981 村田製作所 14,860.0 14,471.3 -388.8 -2.62% 4,903
6988 日東電工 8,784.0 8,515.9 -268.1 -3.05% 1,086
7186 コンコルディア・ 609.0 出来ず - - 出来ず
7201 日産自動車 1,120.5 1,094.4 -26.1 -2.33% 166,896
7202 いすゞ自動車 1,620.5 1,569.3 -51.2 -3.16% 3,979
7203 トヨタ自動車 7,084.0 6,927.0 -157.0 -2.22% 888,312
7261 マツダ 1,474.5 1,432.3 -42.3 -2.87% 30,927
7267 本田技研工業 3,831.0 3,731.5 -99.5 -2.60% 1,110,873
7270 SUBARU 3,727.0 3,623.1 -103.9 -2.79% 8,997
7733 オリンパス 4,245.0 4,162.9 -82.1 -1.93% 5,188
7741 HOYA 5,539.0 5,409.2 -129.8 -2.34% 9,438
7751 キヤノン 4,021.0 3,939.8 -81.3 -2.02% 460,163
7974 任天堂 48,190.0 47,005.0-1,185.0 -2.46% 37,841
8001 伊藤忠商事 2,051.5 1,988.5 -63.0 -3.07% 31,572
8002 丸紅 801.0 784.6 -16.5 -2.05% 3,120
8031 三井物産 1,927.5 1,875.1 -52.4 -2.72% 14,800
8035 東京エレクトロン 20,810.0 20,159.9 -650.1 -3.12% 7,425
8053 住友商事 1,859.5 1,814.2 -45.3 -2.44% 3,632
8058 三菱商事 2,974.5 2,890.3 -84.2 -2.83% 10,124
8113 ユニ・チャーム 2,925.0 2,898.0 -27.0 -0.92% 5,047
8267 イオン 1,779.5 1,741.4 -38.1 -2.14% 330
8306 三菱UFJフィナ 746.4 726.8 -19.7 -2.63% 2,437,950
8309 三井住友トラスト 4,320.0 4,244.7 -75.3 -1.74% 3,846
8316 三井住友フィナン 4,612.0 4,499.7 -112.3 -2.44% 299,490
8411 みずほフィナンシ 197.7 193.9 -3.8 -1.92% 415,794
8572 アコム 484.0 出来ず - - 出来ず
8591 オリックス 1,885.5 1,839.6 -45.9 -2.43% 291,090
8601 大和証券グループ 709.3 692.8 -16.6 -2.33% 31,462
8604 野村ホールディン 651.8 634.3 -17.5 -2.68% 318,399
8725 MS&ADインシ 3,295.0 3,185.4 -109.6 -3.33% 127,481
8766 東京海上ホールデ 4,874.0 4,762.7 -111.3 -2.28% 12,085
8795 T&Dホールディ 1,739.0 1,695.5 -43.5 -2.50% 89
8802 三菱地所 1,851.0 1,793.0 -58.0 -3.14% 69,344
9020 東日本旅客鉄道 9,895.0 9,661.3 -233.7 -2.36% 4,335
9021 西日本旅客鉄道 7,392.0 7,225.5 -166.5 -2.25% 1,224
9022 東海旅客鉄道 19,685.0 19,194.1 -490.9 -2.49% 693
9201 日本航空 4,267.0 4,205.4 -61.6 -1.44% 15,784
9432 日本電信電話 4,945.0 4,889.6 -55.4 -1.12% 34,536
9433 KDDI 2,606.5 2,538.3 -68.2 -2.62% 1,499,486
9437 NTTドコモ 2,723.0 2,677.5 -45.5 -1.67% 235,250
9531 東京瓦斯 2,690.5 2,594.6 -95.9 -3.56% 168
9735 セコム 7,724.0 7,524.6 -199.4 -2.58% 16,262
9983 ファーストリテイ 42,080.0 40,800.0-1,280.0 -3.04% 1,823
9984 ソフトバンクグル 8,797.0 8,539.3 -257.7 -2.93% 256,931


2018年3月2日 05時35分 現在

取引日:2018年3月2日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 4,502 4,509 4,511 4,475 4,507 +5 167
2018/06 4,508 4,511 4,513 4,478 4,505 -3 1,651
2018/08 4,504 4,510 4,511 4,474 4,506 +2 474
2018/10 4,504 4,507 4,509 4,469 4,495 -9 1,571
2018/12 4,502 4,505 4,507 4,466 4,501 -1 5,953
2019/02 4,498 4,501 4,504 4,463 4,499 +1 29,108


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

4,503 4,515 4,518 4,479 4,515 +12 10,523




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 57.2 55.3 55.3 55.3 55.3 -1.9 3
2018/06 56.7 56.0 56.0 56.0 56.0 -0.7 2
2018/08 57.1 55.5 55.5 55.5 55.5 -1.6 1
2018/10 56.9
2018/12 55.9 56.0 56.0 55.3 55.4 -0.5 64
2019/02 56.1 56.1 56.2 55.5 55.9 -0.2 74

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 3,359 3,361 3,361 3,285 3,285 -74 14
2018/06 3,358 3,350 3,350 3,286 3,286 -72 61
2018/08 3,355 3,355 3,360 3,289 3,289 -66 96
2018/10 3,356 3,356 3,359 3,280 3,307 -49 1,050
2018/12 3,357 3,357 3,362 3,279 3,307 -50 2,478
2019/02 3,356 3,359 3,363 3,278 3,305 -51 9,923


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

3,360 3,390 3,396 3,312 3,344 -16 6,305


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 3,639 3,559 3,559 3,448 3,504 -135 3
2018/06 3,662 3,505 3,505 3,505 3,505 -157 1
2018/08 3,655 3,626 3,626 3,505 3,505 -150 13
2018/10 3,621 3,610 3,610 3,470 3,470 -151 16
2018/12 3,556 3,550 3,550 3,376 3,386 -170 187
2019/02 3,533 3,532 3,532 3,330 3,343 -190 233

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 55,470 55,660 55,660 54,730 54,730 -740 49
2018/05 56,100 56,200 56,200 55,330 55,440 -660 46
2018/06 56,420 56,540 56,560 55,600 55,700 -720 69
2018/07 56,290 56,380 56,390 55,400 55,800 -490 126
2018/08 56,080 56,070 56,120 55,150 55,630 -450 349
2018/09 55,540 55,580 55,620 54,570 55,100 -440 1,487


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 60,620 60,570 60,570 59,960 60,030 -590 8
2018/05 57,420 57,390 57,420 56,560 57,030 -390 37
2018/06 55,960 55,850 55,850 55,240 55,500 -460 30
2018/07 55,660 55,560 55,560 55,070 55,070 -590 29
2018/08 55,300 55,430 55,430 54,480 55,020 -280 55
2018/09 55,770 55,760 55,960 54,940 55,500 -270 138

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/03 41,360 41,450 41,520 40,440 40,440 -920 41
2018/04 41,120 41,220 41,270 40,190 40,190 -930 99
2018/05 40,850 40,950 41,000 39,960 40,030 -820 113
2018/06 40,500 40,610 40,690 39,590 39,960 -540 458
2018/07 40,150 40,270 40,410 39,250 39,720 -430 3,948
2018/08 39,900 39,980 40,100 39,000 39,450 -450 3,378


東商取原油先物ドル換算価格および世界の原油先物価格

米ドル/バレル

限月 始値 高値 安値 現在値 前日比

2018/03 61.71 61.77 60.43 60.43 -1.38
2018/04 61.38 61.42 60.05 60.05 -1.39
2018/05 60.97 61.01 59.46 59.69 -1.22
2018/06 60.45 60.56 59.17 59.75 -0.81
2018/07 59.94 60.13 58.68 59.40 -0.64
2018/08 59.50 59.68 58.28 58.98 -0.69

世界の原油先物価格 (3/1)

(米ドル/バレル)

東商取・原油 61.20 (3/1 4月限帳入値段)

ICE Futures Europe IPEブレント原油 65.78 (2/28 4月限)

NYMEX・WTI原油 61.64 (2/28 4月限)


ゴム

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/03 181.5 182.8 183.6 182.6 183.1 +1.6 25
2018/04 186.9 185.8 186.7 185.7 185.7 -1.2 35
2018/05 189.8 189.4 189.5 188.5 188.5 -1.3 35
2018/06 192.5 192.0 192.7 191.5 191.7 -0.8 102
2018/07 193.4 193.2 193.7 192.1 192.5 -0.9 561
2018/08 192.5 192.8 193.3 191.5 192.0 -0.5 876


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/05 22,730 22,670 22,670 22,550 22,550 -180 3
2018/07 22,190 22,200 22,210 22,140 22,140 -50 13
2018/09 22,350 22,390 22,400 22,270 22,370 +20 4
2018/11 22,810 22,860 22,890 22,720 22,720 -90 23
2019/01 22,730 22,730 22,770 22,670 22,760 +30 50
2019/03 22,780 22,780 22,840 22,680 22,830 +50 211


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/04 49,000
2018/06 47,840
2018/08 48,440
2018/10 48,000 48,000 48,000 48,000 48,000 +0 1
2018/12 48,600 48,600 48,600 48,030 48,190 -410 4
2019/02 48,100 48,100 48,100 48,000 48,000 -100 2

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高

2018/03 13,060
2018/04 13,560
2018/05 13,560 13,560 13,580 13,550 13,580 +20 3
2018/06 13,630 13,630 13,630 13,630 13,630 +0 1
2018/07 13,600 13,650 13,660 13,560 13,640 +40 9
2018/08 13,420 13,420 13,470 13,410 13,470 +50 6


コメ先物相場情報









2018年3月2日 16時3分 現在

取引日:2018年3月2日



金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 4,502 4,493 4,499 4,482 4,484 -18 131 4,484
2018/06 4,508 4,497 4,504 4,485 4,486 -22 1,065 4,486
2018/08 4,504 4,492 4,501 4,482 4,482 -22 315 4,482
2018/10 4,504 4,490 4,496 4,478 4,478 -26 664 4,478
2018/12 4,502 4,490 4,495 4,475 4,475 -27 3,883 4,475
2019/02 4,498 4,485 4,492 4,473 4,474 -24 15,635 4,474


ゴールドスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

4,503 4,497 4,507 4,486 4,486 -17 16,043 4,486




単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 57.2 56.1 56.1 56.1 56.1 -1.1 1 56.1
2018/06 56.7 55.5 55.5 55.5 55.5 -1.2 1 55.5
2018/08 57.1  -  -  -  -  -1.6  -  55.5
2018/10 56.9 55.9 55.9 55.6 55.6 -1.3 4 55.6
2018/12 55.9 56.0 56.0 55.8 55.8 -0.1 9 55.8
2019/02 56.1 56.1 56.1 55.9 55.9 -0.2 22 55.9

白金(標準取引)

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 3,359 3,300 3,316 3,295 3,295 -64 24 3,295
2018/06 3,358 3,302 3,316 3,296 3,298 -60 76 3,298
2018/08 3,355 3,302 3,313 3,289 3,289 -66 113 3,289
2018/10 3,356 3,303 3,321 3,286 3,286 -70 1,034 3,286
2018/12 3,357 3,301 3,316 3,286 3,287 -70 3,670 3,287
2019/02 3,356 3,302 3,314 3,285 3,287 -69 7,277 3,287


プラチナスポット

単位:円(1グラムあたり)

前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

3,360 3,340 3,350 3,318 3,319 -64 9,201 3,296


パラジウム

単位:円(1グラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 3,639  -  -  -  -  -135  -  3,504
2018/06 3,662 3,508 3,509 3,473 3,499 -163 6 3,499
2018/08 3,655 3,488 3,488 3,480 3,480 -175 4 3,480
2018/10 3,621 3,456 3,479 3,456 3,461 -160 3 3,461
2018/12 3,556 3,377 3,403 3,359 3,359 -197 53 3,359
2019/02 3,533 3,365 3,376 3,330 3,330 -203 109 3,330

バージガソリン

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 55,470 55,160 55,160 54,700 54,710 -760 45 54,710
2018/05 56,100 55,650 55,650 55,100 55,100 -1,000 69 55,100
2018/06 56,420 55,950 55,950 55,440 55,440 -980 78 55,440
2018/07 56,290 55,800 55,800 55,160 55,200 -1,090 145 55,200
2018/08 56,080 55,530 55,580 54,930 55,050 -1,030 261 55,050
2018/09 55,540 55,030 55,030 54,390 54,510 -1,030 676 54,510


バージ灯油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 60,620 60,000 60,050 59,650 59,790 -830 83 59,790
2018/05 57,420 57,020 57,020 56,390 56,490 -930 32 56,490
2018/06 55,960 55,490 55,490 55,050 55,100 -860 40 55,100
2018/07 55,660 55,070 55,200 54,640 54,690 -970 61 54,690
2018/08 55,300 54,790 54,910 54,220 54,400 -900 270 54,400
2018/09 55,770 55,270 55,390 54,560 54,800 -970 407 54,800

プラッツドバイ原油

単位:円(1キロリットルあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/03 41,360 40,850 40,850 40,370 40,370 -990 89 40,370
2018/04 41,120 40,460 40,510 40,100 40,110 -1,010 91 40,110
2018/05 40,850 40,200 40,260 39,930 39,930 -920 77 39,930
2018/06 40,500 39,940 39,950 39,570 39,600 -900 370 39,600
2018/07 40,150 39,580 39,660 39,290 39,320 -830 2,759 39,320
2018/08 39,900 39,320 39,380 39,000 39,020 -880 3,217 39,020


ゴム

単位:円(1キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/03 181.5 182.6 184.5 178.2 184.1 +2.6 50 184.1
2018/04 186.9 182.5 185.9 181.4 185.2 -1.7 34 185.2
2018/05 189.8 186.8 188.7 185.0 187.6 -2.2 101 187.6
2018/06 192.5 189.9 191.6 188.0 191.4 -1.1 602 191.4
2018/07 193.4 190.9 192.5 188.6 192.2 -1.2 4,222 192.2
2018/08 192.5 190.5 191.8 187.6 191.5 -1.0 6,406 191.5


とうもろこし

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/05 22,730 22,620 22,880 22,620 22,880 +150 33 22,880
2018/07 22,190 22,140 22,260 22,140 22,260 +70 8 22,260
2018/09 22,350 22,310 22,380 22,300 22,360 +10 32 22,360
2018/11 22,810 22,790 22,900 22,790 22,850 +40 23 22,850
2019/01 22,730 22,710 22,760 22,710 22,740 +10 44 22,740
2019/03 22,780 22,790 22,810 22,760 22,770 -10 115 22,770


一般大豆

単位:円(1,000キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/04 49,000  -  -  -  -  +0  -  49,000
2018/06 47,840  -  -  -  -  +0  -  47,840
2018/08 48,440  -  -  -  -  +0  -  48,440
2018/10 48,000 48,200 48,300 48,000 48,000 +0 3 48,000
2018/12 48,600  -  -  -  -  -410  -  48,190
2019/02 48,100 48,090 48,520 48,090 48,520 +420 6 48,520

小豆

単位:円(30キログラムあたり)

限月 前日帳入値段 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高 帳入値

2018/03 13,060  -  -  -  -  +0  -  13,060
2018/04 13,560 13,460 13,460 13,460 13,460 -100 1 13,460
2018/05 13,560 13,580 13,600 13,580 13,590 +30 3 13,590
2018/06 13,630 13,630 13,630 13,530 13,560 -70 8 13,560
2018/07 13,600 13,680 13,680 13,480 13,500 -100 21 13,500
2018/08 13,420 13,460 13,470 13,260 13,290 -130 14 13,290


問屋仲間相場・鉄鋼(特記なき限り円/トン)