公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

11月19日の優勝戦・重賞結果

2012-11-19 21:26:02 | 各日の公営競技
・競輪

京王閣

S級 金子貴志 111

A級 馬場喜泰 911

ガールズ 中村由香里 111

・競艇

戸田 後藤浩 1111321 

蒲郡 今村暢孝 1321111

びわこ 品田直樹 2432226311

1はF。

尼崎 向所浩二 1314221

丸亀 沖島広和 2311111

芦屋 鈴木賢一 1435111

「オリーブ構想」への布石か

2012-11-19 20:33:23 | 政治経済問題
亀井・山田両氏“新党を結成”(NHK)

亀井元郵政改革・金融担当大臣と、民主党に離党届を提出した山田元農林水産大臣は19日、国会内で記者会見し、来月の衆議院選挙に向けて、消費税率の引き上げ凍結やTPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加に反対することなどを掲げ、新党を結成する考えを示しました。

記者会見には、ことし4月に国民新党を離党した亀井元郵政改革・金融担当大臣と、民主党に離党届を提出した山田元農林水産大臣の2人が出席しました。この中で、山田氏は「TPP=環太平洋パートナーシップ協定の交渉参加に反対してきた私たちだけででも、新党を立ち上げたい」と述べ、来月の衆議院選挙に向けて新党を結成する考えを示しました。また、亀井氏は「党を立ち上げて、どうしても今度の選挙でいまの間違っている権力構造を変えたい。政治は、政策を死守するために行うものだ。そういう人たちと一緒に力を合わせてやりたい。メンバーはどんどん集まっている」と述べました。

そして、山田氏らは、新党の主要政策について、消費税率の引き上げ凍結やTPPの交渉参加への反対、それに脱原発の実現を主要な政策に掲げる考えを示しました。また、代表には山田氏が、幹事長には亀井氏が就任し、新党の名称は「反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党」とすることを明らかにしました。



維新が石原慎太郎を取り入れたことにより、これと連携を模索するみんなの党を含めたグループは要は「第二極」と考えるのが筋だろう。そして、国民の生活が第一、新党大地・真民主、みどりの風などに加え、上記の『反TPP・脱原発・消費増税凍結を実現する党』が、「反TPP、反消費税増税、脱原発」グループとして、いわゆる「第三極」の「オリーブ構想」グループを形成することになることが明確化してきた。

ま、「オリーブ構想」グループについては、恐らく大マスコミが取り上げることはほとんどあるまい。となると、支持層はネットユーザーが中心、ということになるだろう。

と考えた場合、大マスコミが垂れ流す「世論調査」では、恐らくオリーブ構想グループの面々はかなり支持率が低いだろうが、ネットでは逆に高支持率となる可能性が低くない。となれば、世論は大マスコミ派とネット派に二分されることになり、ま、はっきりいって、今度の選挙は蓋を開けてみないことには結果は分からない、てなことになるかも。


(特徴)

『第一極』・・・一応、自民、公明、民主(+ 国民新)。これらは支持母体が強力。よって、大マスコミも中心に報じる。しかし、自民と民主ははっきりいって「仲が悪く」、果たして一緒に連立を組めるかどうかは未知数。

『第二極』・・・石原、橋下の日本維新に、みんなの党が加わる、「TPP賛成、原発推進連合」。大マスコミの受けがいいので、テレビ等で取り上げられる回数も多い。しかし、政策の一致点は不明確で、要は「野合」ではないかとも言われている。

『第三極』・・・国民の生活が第一、新党大地・真民主に加え、「山田・亀井新党」が加わるはずの、「オリーブの木構想」と思われる面々。みどりの風、社民党も「反TPP、反消費税増税、脱原発」の3つについては共鳴できる点があり、連携する可能性もある。大マスコミに受けが悪い面々が揃ったため、いわゆる「世論調査」では泡沫政党扱いされているが、ネットユーザーの間では、とりわけ、「生活」の支持率はかなり高い。言い換えると、「親小沢一郎連合」ともいえそう。

極に属しない政党・・・日本共産党は上記第三極と一致する点が多いが、長年来敵視している小沢一郎色が濃い第三極を嫌い、独自路線を歩む。また、減税日本は日本維新との合流を目指したが失敗したため、極から外れた。新党改革は第一極と第二極との間を取り持ちたいと思っている。

コメント (2)

中村が3連続V!

2012-11-19 20:10:19 | 競輪
京王閣・ガールズケイリン決勝が19日行われ、最終ホームからカマして出た中村由香里がバック付近で先頭に立ち、そのまま押し切って完全優勝。これで3場所連続優勝となった。2着小林、3着篠崎。

ガールズケイリン、次回は23日開幕の平塚FI

中山麗敏の名前があるが出てこれるのか?

中村が、ガールズ初の4場所連続優勝に挑む。増茂、中川が追う。


松阪記念決勝

2012-11-19 19:09:29 | 競輪
2012/11/20(最終日)第11レース S級決勝2025m(5周)

1浅井 康太 初1, 優1, 準1

2村上 義弘 初7, 二1, 準1

3後閑 信一 初5, 二2, 準2

4桐山 敬太郎 初8, 二3, 準3

5合志 正臣 初6, 二1, 準3

6勝瀬 卓也 初6, 二3, 準3

7市田 佳寿浩 初5, 二3, 準1

8濱口 高彰 初2, 優3, 準2

9中村 淳 初3, 優8, 準2

児島・チャレンジカップ初日

2012-11-19 18:53:36 | 競艇
初日全カード

55.2%の2連対率モーターを引いた中辻崇人がトップモーター。

モーター抽選結果

美人レーサーが待望の初勝利

2012-11-19 18:13:31 | 競艇
まだ一勝もしていなかったにもかかわらず、競艇界においては抜群の知名度を誇る「美人レーサー」が待望の初勝利!

美女レーサー芦村幸香が初勝利/大村(日刊スポーツ)

元モデルの美女レーサー・芦村幸香(27=山口)が4日目7Rでデビュー初1着を挙げた。6コースから思い切りよく、まくってバックで抜け出すと、後続の追撃を抑えて、そのままゴールした。レース後には同県の先輩や同期の水神祭の祝福を受けた。「まだ実感がわきません。1Mで抜け出して、徳山でも同じようなことがあったので、今度は落ち着いていかないとと思って走りました」と笑顔で話した。

レースリプレイはこちら

芦村の「フォト集」はこちら

確か、恋のから騒ぎにも出たことがあるらしいが。

元モデルの“恋から”レーサー 芦村幸香(産経新聞)

山口県の高校を卒業後、モデルとして7年にわたり活動した。多くのファッション誌に登場し、ボートレース下関のキャンペーンガールを務めたことも。人気テレビ番組「恋のから騒ぎ」17期メンバーとして最前列で出演した。


ところで、競輪にも元モデルの選手がいるけど、果たしてそちらの初勝利はいつ?
コメント (2)

松阪記念に暗雲

2012-11-19 14:50:53 | 競輪
TOOL4より

平成24年11月19日

松阪記念の2日目は、雨こそ上ったのは嬉しい事でしたが、冷たい風が吹いた事もあって、レースの方は荒れ模様。最終レースにやっと、結果だけ見れば大本命で決まりましたが、内容はヒヤヒヤ。売り上げは、静岡FⅠの3日目が影響したのか、日曜日で15億3千757万3400円は大ショック。2日間で27億6879万6800円は土日ではブッ千切りの最低新記録。3日目・4日目はほゞ単独なので何とか盛り返して欲しいものですが、厳しいのは深刻。これが現在の競輪界なのかも。



昨日のコメントにおける「爆弾発言」に基づくと、密かに臨終カウントダウンが進行していると言われているらしい松阪競輪だが、今回の記念競輪の不振が確定すると、いよいよ表沙汰になるのかな?

福山競馬廃止へ

2012-11-19 14:15:05 | 競馬
中国地方唯一の地方競馬廃止へ(NHK)

中国地方で唯一の地方競馬である広島県福山市の福山市営競馬について、18億円もの累積赤字を抱え、売り上げの減少に歯止めがかからないとして、市が今年度で廃止する方向で調整を進めていることが分かりました。福山市営競馬は、戦後復興の財源確保のため、昭和24年に開設され、平成3年度にはおよそ345億円の売り上げを記録するなどしましたが、その後売り上げは減少を続け、昨年度末の累積赤字が8億6900万円に達したうえ、今年度上半期の決算も2100万円余りの赤字となりました。こうしたなか、福山市は、売り上げの減少に歯止めがかからず、今後も収支の改善が見込めないとして、市の幹部が来年度の競馬事業の予算編成が困難になったとする現状を競馬関係者に伝えるなど、今年度で廃止する方向で調整を進めていることが分かりました。福山市は、今月中にも最終的な判断を行う見通しです。福山市営競馬が廃止されると、中国地方で唯一残っていた地方競馬が姿を消すことになります。


かつての「アラブのメッカ」、福山競馬、ついに「臨終」へ。

ま、残念というか、可哀そうだね。

アラブを続けていてくれさえすれば・・・というのが、今でも競馬関係者の本意なのかも。

しかし、アラブが事実上絶滅した以上、サラの競馬を続けていても、もはや収益が向上する見込みはないだろうね。ま、今更寺銭上げても仕方ないだろうし。


小沢一郎さん、晴れて無罪!!

2012-11-19 11:49:40 | 政治経済問題
陸山会事件で検察官役指定弁護士が上告断念 小沢一郎氏無罪確定(FNNニュース)

陸山会事件で、検察官役指定弁護士が上告断念し、「国民の生活が第一」小沢一郎代表の無罪が確定した。

小沢一郎代表 無罪が確定(NHK)

国民の生活が第一の小沢一郎代表が強制的に起訴され、1審と2審で無罪が言い渡された裁判で、検察官役の指定弁護士が上告しない手続きを取り、小沢代表の無罪が確定しました。

国民の生活が第一の小沢一郎代表(70)は、平成16年と17年分の資金管理団体の収支報告書にうその記載をしたとして強制的に起訴されましたが、1審の東京地方裁判所はことし4月に無罪を言い渡し、検察官役の指定弁護士が控訴しました。
今月12日の2審の判決で、東京高等裁判所の小川正持裁判長は、「小沢代表は秘書から細かな説明を受けず、収支報告書の記載が正しいと考えていた可能性がある」と指摘し、1審に続いて無罪を言い渡していました。判決を受けて、指定弁護士は最高裁判所に上告するかどうかを検討していましたが、上告しない方針を決め、上告しない手続きを取りました。
この結果、小沢代表の無罪が確定しました。上告が認められるのは憲法違反などの場合に限られるため、上告理由を見いだすのは難しいと判断したとみられます。



ついに、小沢一郎さんの無罪が確定した。よかった!!

と喜んでばかりいられない。

是非とも、小沢さんには「逆襲」をしてもらいたい。CIA、検察(及び役人集団)、マスコミ(日刊ゲンダイ、週刊ポスト、週刊朝日、東京新聞、大阪日日新聞は除く)、民主党Bグループ(特に仙谷)、自民党、赤旗(共産党)・・・といろいろあるけど、とりあえず、「手の付けやすい」ところはどこだろう?
コメント (2)

浦和記念

2012-11-19 11:43:05 | 競馬
2012年11月21日(水) 浦 和 第10競走 ダート 2000m(左)15:25発走 農林水産大臣賞典 第33回 浦和記念JpnII

11月18日の優勝戦・重賞結果

2012-11-19 07:56:11 | 各日の公営競技
・中央競馬重賞

京都 マイルチャンピオンシップ(GI) サダムパテック

福島 福島記念(GIII) ダイワファルコン

4角で先頭に立ったダイワファルコンがそのまま押し切った。

・競輪

静岡

S級 シェーン パーキンス 111

A級 保科千春 331

玉野

A級 松尾透 131

A3 坂本修一 111

・競艇

桐生 安達裕樹 11111111

三国 スズキ・カープラザカップ(GIII) 芝田浩治 23122311111

福岡 三角哲男 1511321111

・オートレース

山陽 ライジングカップ(GII) 浜野淳 13521

残りあと3周あたりから、逃げる浜野、追う田中、岡部の競り合いが続いたが、浜野が押し切り、ほぼ8周逃げ切り。

・地方競馬重賞

水沢 南部駒賞 オグリタイム

トラックW杯・「クリス・ホイ・ヴェロドローム」開催最終日

2012-11-19 01:29:30 | スポーツ
男子スプリント予選、河端朋之は11位で、CCTの新田祐大は13位でそれぞれ通過したが、稲毛健太は30位に終わり落選。

男子スプリント1/8決勝、河端はルイスを破り準々決勝へ。新田はドミトリエフに敗れ、Bファイナル(負け戦)準々決勝へ。

男子スプリント準々決勝、河端はプエルタと対戦し、1本目は取ったが、2本目は降格、3本目も落として敗れ、5~8位決定戦へ。

男子スプリント5~8位決定戦、河端は8位。

男子スプリントBファイナル準々決勝、新田勝利。

男子スプリントBファイナル準決勝、新田敗戦。

男子スプリントBファイナル3位決定戦、新田はヒンデスを破った。最終順位は11位。

女子ケイリン予選、2組の前田佳代乃は6位。敗者復活戦へ。3組の加瀬加奈子は2着に入り、準決勝進出。

女子ケイリン敗者復活戦、前田は1組5位。ここで終了。

女子ケイリン準決勝、加瀬は4着。7~12位決定戦へ。

女子ケイリン7~12位決定戦、加瀬は12位。

ということで、日本選手関連はこれで全て終了。

京王閣・ガールズケイリン決勝

2012-11-19 00:54:31 | 競輪
2012/11/19(最終日)第10レース A級ガールズ決勝1625m(4周)先頭固定競走| 発走予定 19:28

1小林 莉子 予2, 予3

2篠崎 新純 予5, 予2

3中村 由香里 予1, 予1

4門脇 真由美 予2, 予3

5増茂 るるこ 予4, 予1

6三輪 梓乃 予3, 予2

7荒牧 聖未 予1, 予5


中村が3連覇に王手。増茂が対抗。小林、荒牧も差なく続く。

山健、ガールズを「叱る」!

2012-11-19 00:24:51 | 競輪
昨日、KEIRIN.JPストリームで京王閣の中継(ガールズだけ)を見ていたところ、この日解説の山口健治がガールズの2レースが終わった直後、

『2レースともレース内容が単調。』

『前へ行った選手がそのまま逃げる格好になり、誰も抑えに行かない。』

『こんな内容ではダメです!』


というようなコメントを発した。

これまで、「ガールズ批判」をする解説者は多分いなかったと思うが、ま、山健の言う通りだろう。

というのは、ガールズもそろそろ半年が経とうとしているが、「強弱」がはっきりしつつあり、「弱い選手」はただ追走するのみ、といった内容になりつつあるような気がする。これがつい2か月ほど前だったら、「弱いと思われる選手」であっても、とにかく、先手を取りに行こうとしていたもんな。

だからではないかもしれないが、売り上げも確かに下降線をたどっているな。

ま、決勝戦はどの開催もそれなりに面白さがあるんだけど、予選や負け戦は確かに単調だ。

しかしながら、JKAもそのあたりを見越して手を打っており、来年1月から外国人選手が入る予定だとか。