公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

できることはやってみよう!

2006-11-30 18:07:00 | 競馬

北海道新聞より

「ばんえい存続を」 生産者の有志が帯広市に嘆願書 【写真】  2006/11/30 08:40

 【足寄】ばんえい競馬の廃止決定を受けて、ばん馬の生産者の有志が二十九日、十勝管内足寄町の消防庁舎で緊急集会を開き、来賓として招いた帯広市幹部に存続を求める嘆願書を提出した。

 集会は、ばん馬の生産が盛んな足寄と近隣の同管内陸別、本別両町の若手生産者の三団体が共同で主催。生産者による大規模な反対運動は初めてで、地域の生産者約八十人が出席した。

 出席者は、帯広市の西田譲農務部長らを前に「経営の仕方ひとつで収益は上がる。世界で唯一の文化をなくさないでほしい」「帯広一市での存続の道をもう一度模索して」などと訴えた。

 嘆願書を受け取った西田部長は「皆さんの気持ちを市長に伝えます」と答えた。

<写真:「ばんえい競馬の灯を消さないで」と、緊急集会で訴える生産者>

それと、こんな記事もあった。

十勝毎日新聞より

存続に最低1億円寄付 馬主協会

馬主協会が市に提示へ
 帯広、岩見沢両市が撤退を表明したばんえい競馬問題で、競馬関係者から帯広市に存続を要望する声が強まっている。29日には同競馬馬主協会(大野清二会長)が市に財政支援として最低1億円を寄付する方針を決定した。帯広存続への「具体的」支援が示されたのは初めて。道内のばんえい関係者の組織、馬産地の足寄、本別、陸別3町の生産者らも市に要望書を提出するなど、「(単独開催の)具体的な話に聞く耳を持つ」と語る砂川敏文市長に関係者の期待が集まっている。

帯広単独開催に期待をつなぎ砂川市長に請願書を提出する伊藤政光輓用馬振興対策協議会会長
 馬主協会は29日午後、旭川市内で理事会を開催、大野会長ら3役、理事10人の計13人の全員一致で、保有財産を崩し、約1億円を帯広市に寄付する方針を決めた。今後会員や有志にさらなる支援増を呼び掛ける考え。

 大野会長は「砂川市長は民間からの想定を超える支援を検討すると言ってくれた。望みがあるなら財産を投げ出してでも支援したい」と話した。

 同協会は12月2日の帯広開催初日に、砂川市長に請願書を提出し、寄付を伝える予定。

 30日午前10時には、道内各地の生産者、馬主、調教師・騎手らで組織する「北海道輓用馬振興対策協議会」(伊藤政光会長)の13人が市役所を訪れ、砂川敏文市長に存続の請願書を提出した。

 協議は非公開で行われ、終了後、伊藤会長は「1市開催に一縷(る)でも望みがあるなら最後まで努力していただきたい」と述べた。

 29日午後6時からは、3町の馬産振興会・協議会青年部が緊急集会を開催。約100人が集まり、存続の思いを訴えた。「一筋の光をつかむ思いで参加した。世界に1つのばんえい競馬を残す猶予を与えて」など、心からの叫びが会場に響き渡った。

 帯広市の西田譲農務部長に嘆願書を手渡し、署名活動の展開を決めた。受け付けは12月9日まで。十勝馬事振興会事務局(0155・24・2180、ファクス0155・25・4680、ホームページアドレスはhttp://www.nokyoren.or.jp/)へ。
(小林祐己、丸山一樹)

急に存続への動きが高まってきたな。いいムードだ。

また、明日、帯広市内で街頭署名も行われる。

まるで真珠湾攻撃のごとく、全廃をつきつけられたわけだから、今度は時間の許す限り、「粘り強く」、存続を支援してやろうではないか。

コメント (2)

ついにはこんなものまで出たな

2006-11-30 10:44:16 | 競馬


 

つづけよう!ばんえい競馬

ばんば宣伝隊長の矢野吉彦氏他、ばんえい情報局の面々がたまらんとばかりに特設サイトを作った。

 

ばんえい競馬が瀬戸際に立たされています。

 旭川、北見、岩見沢はすでに撤退を表明していて、残された可能性は、現時点では帯広での単独開催しかありません。

 もし、帯広市が存続を断念するようなことになると、世界で北海道でしか行われていないばんえい競馬がこの世から消えてしまいます。

 来シーズンも帯広でばんえい競馬をつづけるには、赤字を出してはならないというのが絶対条件になると思われます。

 残された時間はわずかですが、私たちは、ばんえい競馬が赤字を出さないためにはどんな方法があるか、皆さんから案を出していただき、それをとりまとめて帯広市に提案をしていこうと考えています。

 売上げは、馬券のほかにも、以下のようなものが考えられます。具体的にどのような方法があるか、皆様から
専用掲示板に提案をいただきたいと思います。

そうだねぇ。

まずこれは掲示板にも書いたけど、通年開催など当然「ご法度」。というか、帯広単独開催となったらとてもできないだろうけど。

ということで「春秋」2シーズン制(とはいっても真夏や真冬の時期もあるが)

・春季・・・概ね5月3日~8月15日。ま、週の開催ベースは土日月でいいだろう。

・秋季・・・概ね10月3連休初日~1月2日。

(ところで、非開催時にはもちろん、地方各地の「競馬」を発売してあげる)

・重賞は、帯広記念(5月3日)、ばんえいグランプリ(8月15日)、ばんえい記念(1月2日)の3つのみで、あとは全廃。

・優勝戦方式を導入して、特別競走も大幅削減。

1日のレース数は10まで。1レースの始まりもできたら11:30以降がいい。

・ばんばの予想は何といっても専門紙が欠かせないので、帯広市街地にあるコンビニには必ず馬とブックを置いてもらうようにすること(ローソンだったらポイント溜まるし・・・)

・専門紙の値段をせめて中央競馬並みとはいかずとも、450円ぐらいにできないものか(現在は500円)。

・スポーツ紙に(せめて道新スポーツだけでも)、ホッカイドウ競馬並みのスペース(スポニチ北海道版では、なんとホッカイドウ競馬は2面に亘って掲載されている)を割いてもらえるように働きかけること。

・とにかく、帯広はばんばの街であるといった目印が何もない。駅はもちろん、六花亭や藤丸百貨店、さらには帯広空港に、

「ばんばやってます!」

とPRすること。

・帯広競馬場内にある「豚丼」は安くて(確か550円)でうまい。そのあたりもPRに出来ないものか。

・前日の出馬表を帯広市内にあるホテル、さらにはコンビニ、駅前などに設置すること(競艇がそうしたことをやっている)。

・それと一番肝心なことだが、岩見沢、北見、旭川にはせめて場外として残ってもらう。

・関東、関西、九州には馬もブックもあるんだから、ばんば版もこの際、そういったところでも売ってもらうこと。

・あるいは、オッズパーク加入者に対しては、全レース完全無料予想をすること。

・そうしたことをやった上で、全国各地に売り込みに行き、売上げ拡大策を図ること。

・最悪、園田での開催も考えること。

他にも色々とありそうだが、まずはこんなところか。

とにかく、ばんばは情報源を全く生かしていない。情報がないとばんばは買うことさえできない。

しかし上記の情報源さえあれば、ばんばは別に北海道にいなくとも「買える」。

そして詳細は分からないのでなんともいえないが、

・ばんば従事者の大量首切り及び、給料大幅カット。必要最小限の人員で行うようにする。

というのも、当然大事だろうね。


怒りの声

2006-11-30 04:00:23 | 競馬


掲示板において、名無しさんより頂いたURLをもとに、ばんえいのトップジョッキーである鈴木勝提騎手のコメントを紹介してみることにする。

http://www.gracom.net/minnanokoe.html

ばんえい競馬騎手部会会長をしている鈴木勝堤という者です。我々はばんえい競馬の存続を願い、自らの生活の赤字を覚悟してまで、来年度の40%減の予算に賛同し、未来に向かっている矢先に、何の猶予も無く、廃止にされ大きな憤りを感じています。

今年度までの現行の組合の、達成不可能な予算での経営で、当然の赤字を積み重ねてきました。

今回、これまでの経営陣(組合)を廃止し、先ほど述べたように我々も生活苦を覚悟して来年度を迎えるつもりであります。そうして色々な努力をし、頑張って、それでも赤字となるならば、廃止もやむをえないという気持ちではあります。

しかし、猶予も与えられず、さらに、道新に見られるように、決定発表もされていないうちから、いかにも廃止したかのような報道ばかりが流されていることには、はなはだ失望させられました。

これまで、大きな実績を残した馬たち現役競走馬600頭余り、そしてこれから大きな期待を込められてデビューを待つ400頭以上の子馬たちも、廃止後の用途は食肉用しかありません。我々も家族もろとも路頭に迷います。

生産者の思い、馬主の期待、騎手の努力、厩務員の願い、調教師、関係者、そしてレースを楽しむファンの皆さんの気持ちが置き去りにされています。

どれだけの人が存続を願っているか、また、ばんえい競馬が、どれだけ4市に貢献してきたか。現に、ばんえい競馬が発足してからの売り上げ全額から比べれば、今のこの累積赤字は補ってなお、有り余るものでした。

その事実は一般の人々にはまったく伝わってないのではないのでしょうか?このばんえい競馬が魅力に乏しいとはまったく思いません。魅力が伝わらなかったのではなく、伝えることをしなかったのだと思います。

自分は騎手という職を失うことを恐れているわけではありません。ばんえい競馬を愛する一個人として、この競馬を失うことは許されないと思うのです。

ファンを始め、世の中の人達がこの競馬を失うことを本当に、望んでいるのでしょうか??

意味はよーく分かる。

しかし一方で、ばんばの廃止はもう、どうしもうないという声も少なくないのも「事実」。

北海道新聞より

ばんえい競馬 北見シリーズ終了 最終レースに1160人 【写真】  2006/11/28 06:54

 【北見】ばんえい競馬の北見シリーズが二十七日、終了した。五十三年前、市営として始まった北見のばんえい競馬は、多くのファンが別れを惜しむ中、その歴史に幕を下ろした。

 十月七日から十一月二十七日まで、延べ二十四日間開かれた北見開催の入場者総数は、前年並みの約二万一千人だったものの、悪天候の影響もあって馬券発売額は約十九億七千万円と前年より14%減と大きく落ち込んだ。

 この日、地元では最後となる馬の雄姿を見届けようと、平日にもかかわらず、通常の二倍の千百六十人が入場した。

 最終レースを見守った北見市の三原豊さん(70)は「赤字続きで廃止は仕方ないのかもしれないが、馬文化が消えるのは忍びない」と複雑な表情だった。

 帯広シリーズは十二月二日から帯広競馬場で開幕する。

<写真:北見でのばんえい競馬を締めくくる最終レース。ゴール直前、ファンの声援に後押しされ最後の力を振り絞る馬たち=27日午後4時41分、北見競馬場(茂忠信撮影)> 

毎日新聞北海道ニュースより

◇「寂しい」「思い出」「仕方ない」

 ばんえい競馬の廃止が確実になった26日、北見シリーズが行われている北見競馬場には、同シリーズ最多の2199人が駆け付けた。同競馬場のレコードの9910人(80年)には及ばないものの、廃止を惜しむファンの思いを見せつけた。

 北見市の元国鉄職員、浜田明さん(79)は、25歳ごろに農耕馬による「草ばん馬」で馬券を買うようになり、60歳ごろまで「ばん馬」で遊んだ。その後もたまに競馬場に足を運んでいたが、「ばんえいがなくなる」と聞き、約15年ぶりに2人の息子と来場。1~12の全レースの馬券を買って記念にしたという。浜田さんは「20年以上も前、競馬場での抽選で乗用車が当たった。私がばん馬を始めたころ、重賞レースを甲馬と呼び、バンコウハやヤスヒラが強かったね」と思い出を語り、「長年のイベントだから、(廃止は)寂しいね」とため息をついた。

 網走管内佐呂間町の田宮勝利さん(67)は「今年で終わりなので、特別な思いで来た。寂しいけど、赤字続きというから仕方ないんだろうね」と話した。

 駐車場には1492台の車であふれた。駐車場の整理員をしていた神田正一さん(79)は「こんなに車が多いのは初めて」と、驚いた様子。神田さんは20代で馬券を買うようになり、80年ごろに馬の生産を始めた。現在も3頭を肉用と繁殖用に飼育中。「今まで15頭ぐらいは出走させた」と話す。ばんえいがなくなるのは寂しいが、「馬の生産には今後も頑張るよ」と、やる気を見せた。【高橋正博】

 

寂しいが「仕方ない」といった声が割りと多い。

また以前ばんばをやってたけど、たまたまなくなるからといって久しぶりに来たというファンも少なくない。

つまるところ、ばんばにもう、魅力を感じなくなった人が多いということ。

そのあたりを履き違えてはならない。

私自身、ばんばを見出したこと自体、つい最近のことであり、実際に現場へ行ったのも3回しかないけど、積極的にインターネット投票で買おうという思いにもなかなかなれない部分ってのはあるね。

そもそも、前にも書いたが、とにかく、予想紙がないとどうしようもない。それがないと、とても当てることさえ難しいだろう。

確かに、ばんえい記念のレースのように、虚々実々の駆け引きがあって、いつどの馬が先に仕掛けるのか、といった探りあいに魅力を感じることもある。

また、競馬のハンデ戦以上の激戦レースになることもある。見るだけでも、確かに面白いことは面白い。しかし。

ばんばの特性というのか、例えば現在休養中ではあるが、ばんえい記念史上初の4連覇を達成したスーパーペガサスにしても、連戦連勝というわけでもない。特別戦を案外取りこぼすケースも少なくない。

普通、強い馬だったら勝ちっぱなしとなるのでは、となるのが筋だと思うが、ばんばはそうならない。

そうならないからこそ面白いともいえるのかもしれないが、そう思っているのは案外少数派ではないか。

逆に、昔のばんばのレースを見たり聞いたりしたことがないから分からないが、恐らく帯広競馬場の銅像にもなっているキンタローなどは、それこそ勝って当たり前ということになってたんじゃないかな。

人は強いものにあこがれる。強いものは絶対に強くなくてはならない。

さらに、これも掲示板で浦さんがこんなことを言ってくれている。

要は、競馬関係者の立場に立って考えたら、この事業は終わりです。いかにファンに興奮させ、熱くさせ、「次のレースで取り返そう」と思える環境にもっていくか。

レジャーの多様化で色んな選択肢がある中、地方競馬もただ単に知名度のない馬を走らせて、「馬券をこうて~~」じゃ~駄目です。

まさにその通りだろうね。

思うに、ばんばの調教師・騎手だけではないが、往々にして地方競馬の関係者が「満足」すれば客も自ずとついてくるみたいに思っているふしがあるようなきがしてならない。

しかしはっきり言わせてもらうならば、そういった考え方はある意味、「思い上がり」といえることなのかもしれないよ。

同じ「負ける」にしても、

「こんな展開で負けるなんて!」

と思われたらダメ。

「これじゃ仕方ないな」

と思わせないと。

ところが現場サイドは、2つの「違う負け方」を同じように思っているんじゃないか?

そこが浦さんのいう、

「競馬関係者の立場に立ったら」

ということに繋がるんじゃないか。

でも、今更言ってももう遅いのか?


もしかして

2006-11-30 02:41:20 | 競馬

八○長?

29日行われた園田競馬8レースにおいて、田中学騎手騎乗の4・フューチュリズムが3~4角にかけて持ったままの状態で先頭を伺う手ごたえ。4角では早くも先頭に立ち、そのまま押し切るとみられたが、G寸前で田中騎手が手綱を緩めたという見え方がされ、ついにはハナ差、10番人気の2・シングルウイナーに交わされた。ちなみにフューチュリズムは1.2倍と断然の1番人気。

なお、レースの模様は11月29日、8レースをご覧ください。

http://www.trw.co.jp/asp/sonodahimeji/tv/index.htm

確かに、シングルウイナーに勢いはあったが、リプレイを見る限り、田中騎手が手綱を緩めたために「負けた」としか思えない。ちなみに田中騎手は実効8日間の騎乗停止処分となったんだとか。

ところで、ひょっとすると同じ「田中姓」のあのヨッチャンも、フューチュリズムについては、

「これはな!負けるわけあらへん!」

とかいって鉄板にしていたかもしれない。

一方で、

「園田はいっつもこんなんあったで」

という客もいたのかも。でも昔だったら「暴動」ものか?

コメント (2)