公営競技はどこへ行く

元気溢れる公営競技にしていきたい、その一心で思ったことを書き綴っていきます。

村上ファンド、「八百長の疑い」?

2006-06-02 07:47:35 | 政治経済問題

本日付の日経新聞に、東京地検が村上ファンドを捜査しているとの記事が一面に掲載されていた。

疑いは昨年渦中をにぎわせたライブドアのニッポン放送株大量取得問題について。

既にニッポン放送株を相当数取得していた村上ファンドは、渦中の最中に高値で売り抜け、その行為はライブドア関係者などから事前に公表された疑いがあるのではないかということ。もしそうならば「インサイダー取引」。つまり、

「八百長」行為である。

村上ファンドといえば現在、45%ほど取得している阪神電鉄株を阪急ホールディングスにTOBで売却するかしないかという話でも渦中にあるが、もし村上ファンドが「御用」なんてことになったらそのシナリオが根底から崩される恐れがある。

果たして今後の成り行きはどうなるのか?一番気が気でないのは阪神電鉄か?

<追記>

Yahooニュースより

 「村上ファンド」のニッポン放送株売買を巡る証券取引法違反(インサイダー取引)疑惑で、東京地検特捜部が近く、同ファンドを率いる村上世彰氏(46)から任意で事情を聞く方針であることが分かった。

 特捜部は、売買経緯の全容把握には、村上氏本人からの聴取が不可欠と判断したとみられる。一方、捜査の動きが2日明るみに出たのを受け、阪神電気鉄道など同ファンドが大株主になっている銘柄が値を下げるなど市場に影響が出始めたが、阪神電気鉄道との経営統合を目指す阪急ホールディングスは株式公開買い付け(TOB)の続行を表明した。阪神も統合に向けた協議を続ける構えだ。

 特捜部は、昨年2月にニッポン放送株を大量に買い占めたライブドアの前取締役・宮内亮治(38)、前代表取締役・熊谷史人(28)両被告らからも、同株の売買経緯を聴取した。これらの供述などから、村上ファンドがライブドアによる買い占め情報を事前に入手し、同株を購入したのではないかとのインサイダー取引疑惑が浮上したとみられる。

(読売新聞) - 6月2日14時36分更新

大量落車WEEKLY Vol.17

2006-06-02 04:06:33 | 競輪大量落車

♪今日もどこかで大量落車、今日もどこかで、大量落車!♪

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!

●5月27日

高松1レース

4名落車。

http://www.shikoku-keirin.jp/liveset_takamatsu/replay.php?day=1&race=01

和歌山9レース

3名落車(内、1名失格)、1名車体故障。

http://www.orangebank.tv/liveset_orange/replay.php?day=1&race=09&band=bb

●5月28日

取手10レース

1名失格、4名落車。

http://meta.hitpops.jp/toride/D_BB/d02d10r.asx

千葉11レース

4名落車。

http://meta.hitpops.jp/chiba/B_BB/b03d11r.asx

高知8レース

4名落車。

http://www.shikoku-keirin.jp/liveset_kochi/replay.php?day=2&race=08

高知10レース

1名失格、3名落車。

http://www.shikoku-keirin.jp/liveset_kochi/replay.php?day=2&race=10

●5月30日

花月園7レース

1名失格、3名落車。

http://meta.hitpops.jp/CP10001140/D_BB/d03d07r.asx

花月園8レース

5名落車(内1名失格)。

http://meta.hitpops.jp/CP10001140/D_BB/d03d08r.asx

●6月1日

びわこG1・高松宮記念杯。12レース

1名失格、3名落車。

mms://wm6.digi-c.com/kishiwada/h060601_12.wmv

掲示板では諸般の事情によりやらなくなった競輪大量落車コーナーだが、当ブログではしっかり毎週やっていく。

ついに取手でも大量落車があったな。

しかもこのレース、スーパールーキー、北津留翼が武井大介のオーバーアクションとしか思えないけん制行為により転倒。動画を見る限り鎖骨を折ったように思ったが、鼻骨骨折の疑いにとどまった模様。しかし武井の行為がなければ北津留は完全に捲りきっていただろう。

それと、連続大量落車ってのも2件あったな。

一番たちの悪い「連鎖反応」ってやつだ。 ところで当コーナーで大量落車を取り上げていない競輪場ってどこがあるんだろう? 向日町、福井、小倉あたりか?

今後も発生しないことを祈る。

でも、

♪今日もどこかで大量落車、今日もどこかで、客離れ!♪

来週もお送りできそうです!


ダービーがいっぱい

2006-06-02 00:11:24 | 競馬

かつては、中央勢との真っ向対決となる「統一グレード競走」が売りだった地方競馬だが、廃止する場が相次いでいるばかりか、笠松のように、経営問題により統一グレード競走そのものから撤退したところもあり、ましてや、ほとんどのレースにおいて中央勢の「草刈場」と化している現状ばかりか、レースそのものの質の低下も懸念されてきており、売り上げのほうも年々冴えない状況となってきている。

したがって地方競馬側とすれば、新しい矛先を見つけねばならないわけで、それが4日から11日までの間に6つの「ダービー」が行われる、

「ダービーWeek」

なるものへと繋がっていった。

ダービーウイークの日程だが。

4日・・・佐賀・九州ダービー栄城賞

6日・・・札幌・札幌ダービー北斗盃

7日・・・大井・東京ダービー

8日・・・園田・兵庫ダービー

9日・・・名古屋・東海ダービー

11日・・・水沢・岩手ダービーダイヤモンドカップ

となっている。

このイベントには、フサイチネットが全面的に協賛し、優勝杯などを授与するそうだ。

また、オッズパークも特設Webを配信中

また、東京ダービーの上位1・2着馬には7月12日、大井で行われる統一G1競走・ジャパンダートダービーへの優先出走権が与えられ、他の5ダービー優勝馬についても出走がしやすくなるというメリットもあるらしい。

丁度、アメリカのケンタッキーダービーがこういったシステムを取っているが、どうやら地方競馬側も、主催者が各地バラバラで、なおかつ各地に存在する「ダービー」というものを利用して、ジャパンダートダービーをダート3歳王者決定戦として盛り立てていこうという意図もあるようだ。

したがって、以上6ダービーは交流戦ではなくその地域限定競走。

ま、昔の地方競馬といえばこれが「常識」であり、その地区における王者を選定するという意味合いのレースは、各地で大いに盛り上がったもの。

それが今やこういったダービーも、すっかりただの重賞という意味合いでしかなくなっていた。

そういった「昔の」輝きをここで取り戻そうというわけだな。趣旨としては大いに結構。ま、できる限りこちらも参加させていただきたい。

一方、北斗盃って、元から「ダービー」だっけ?「北海優駿」のほうがそれにあたるのでは?

それと岩手ダービーもそう。岩手といえば、ダービーにあたるのは「不来方賞」だったはずだが・・・

あと、どうして高知の「黒潮ダービー(南国優駿。4日開催)」が今回のダービーウイークに入らないのか?も疑問なんだが。

いろいろと突っ込みたくなることがある今回のダービーウイークだが、1週間、丸々「ダービー」ってのは確かに面白い。

丁度中央競馬も安田記念が終われば「夏競馬」にあたり、宝塚記念を除けばすっかり「オフシーズン」と化すし、タイミングも丁度いいね。

コメント (2)