SV1000Sとシモベの旅日記

~夢のガレージ建設完了~

乗ってきた。

2020-11-10 00:16:14 | バイク
こんばんわ。そしてお久しぶりの一年ぶりです。
今さらですが、世間は大変なことになりましたね。

とはいえ、現時点ではデータが真実かどうかはともかく
感染は拡大の兆候を示しつつもお金バラマキによって大日本帝国は感染をも恐れぬ強国へと進化しましたね。


ってかマジゴトーさん安いっす!
感染は避けなきゃいけないけどゴトーさんの恩恵はすさまじい。

gotoしている場合でもない気がするけど、観光業、飲食業のダメージを考えると政府もやめられないでしょうね。



それはさておき、10月のことですが、久々に乗ってきました。
最近、チョイノリの時は加茂農道からの矢作ダム往復ルートが定番化しつつあり、
さらにもうちょっと遠出の時は御嶽を回ってくるというのがこれまた定番化してきました。


愛知にきてもう10年もたって、近隣の著名な観光地は一通り行ったかと思います。(素通り含む。笑)

そうなると、バイクに乗る時間もあまり確保できない昨今も相まって、
まぁとくに停車するところもなく、走りっぱなしになります。

でも山はめっきり寒いですね。ほぼ真冬装備だったけどちょうどいいか寒いくらい。

それ自体はいいのだが、トイレストップがたまらない。。。

下山のサークルケー(ファミマだったっけ?)、矢作ダム、R256とR19の交わるガソリンスタンド
そして道の駅飛騨たかね工房までトイレ休憩でつなぎつつ、ひたすら爆走。

御嶽付近はすすきがきれいでしたね。真っ白でふわーっと幻想的。
紅葉もさることながら一面のすすきもなかなかいい。

あと、ここでちょいひやっと。

道中、季節柄落ち葉がい多いんですが、途中下り坂で、リアブレーキかけつつゆっくりシフトダウン・・・
リアがツツツツツ・・・音もなく滑っていきます。
そんなにスピードも出てなかったので慌てるでもないですが、
このままだと山に突っ込む。

じんわりとクラッチを戻しつつ、リアブレーキもリリースして無事グリップ。


しかし、バイクって本当にこういう時は経験が大事。
どうすれば無事に避けられるか、というのを判断間違うと転倒ですからね。



さて、ここまでヘルメット一切取らずの半日でした。
まぁ夏じゃないので水分補給しなくても大丈夫なのでね。
水分リリースはヘルメットとらずにできる。

下山サークルケー含めトイレが分離しているのはヘルメットを脱がずに行けるからいいね。
(ヘルメットのままトイレは合法かどうかはグレーかもしれないが。)

さすがに店の中にはフルフェイスではいけないっす。

さて、飛騨たかね工房では串を一本つまんですぐ出立。

秋神温泉方向に折れて、鈴蘭高原に向かいます。。。




が、鈴蘭高原方面は通行止め。
通り抜けはできるようだけど、しばらく脇道にそれます。
なんかおいしいところをだいぶ持っていかれてしまった感はあるが、、、
途中未舗装路もありドキドキしながら鈴蘭高原の通りに合流。

R41方面に向かい、R41は素通りして県道88へ。
そのまま金山ダムへ向かいます。

ここらに来るときはいつもあららぎ公園のほうに向かうんだけども、、
あそこは毎回通行止めなんだよね。
いつ通行可能なんだ。。。

今回はあきらめてもとから県道98はスルーで金山ダムに行きます。

あららぎ公園のすすきもきれいでよかったんだけどなー。なかなか行けない。


午後になるとだいぶトイレストップレスで行ける。
こぶし街道を抜けていくが、、、今度はガソリンがない。。。

R41に合流してからしばらく行くも、あまりここってガソリンスタンドないのね。
名古屋高速に乗る直前にようやく一個ありガソリン補給。
220キロくらい給油なしだったのでちょっとドキドキ。

そのあとは名古屋高速を使って帰路につきました。

もうさすがに、名古屋市内を走る気力はないです。


さて、今回のツーリングはここまで。
次回はとあるニュースが!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょい乗りしてきた

2019-10-22 23:32:16 | バイク
こんばんわ。

カンバです。ご無沙汰してます。

自身もすっかり時間が無くなって、ブログ更新なんて何のことやらですが、
改めて見ると以前、よく訪れていた皆々様のブログも更新がほぼされてなくて、
何かこう、時代の流れというか、もの悲しいものを感じますね。


きっと今のご時世だからTwitterとかFacebookとかに移行されているんでしょうね。


かくいう自分は常にネットにつながるなんてのは気持ち悪くて仕方がないのでそういうのは一切やってないのですが。


某鳩さんのブログはなかなかの更新率を維持されていて素晴らしいです。。。





さて、実は先日、初めて自分でSVのオイル交換をしました。
いや、今まで2りんかんのオイル会員で無料でオイル代などモノのコストだけ負担でできてたので、
わざわざ工具の購入、廃油の管理なんてする価値ないと思って、しなかったんです。


ところが最近?システムが変わって、オイル会員になるにも年会費がかかってくるようになったので、
いよいよ1年に1回もないようなオイル交換に年会費払うのもばかばかしいなとなり、自分でやってみました。
(前はそれこそ年3,4回オイル交換してたから元が取れたけどね・・・遠い目)



まぁ作業自体は割愛しますが、今回交換したのはパノリンレースの10W-50
前にパノリンSynth?だったかな?は試したことあったけど、可もなく不可もなくで遠ざかってました。

今回ネットで割安で手に入ったので久々に手を伸ばしてみました。



で、その時は時間がなかったのでとりあえず交換だけして、、、昨日走ってきました!

台風が思いのほか早く雨雲を連れてきたので、ほんの2-3時間しか乗れなかったけど、、、いい!!


わがSVってこんな動力性能持ってたのね!?と再発見してしまうほどに素晴らしい加速!
2速で全開カマスと、"バーーーーーン"という気持ちいい吹け上り音ともにあっという間に3桁に突入します。
最近乗り慣れてないのもあるだろうけど、正直怖いくらいの加速です。


ふけ上りも非常に気持ちいい。あっというまに8千回転前後まで上がっていきます。

っと、それ以上はさすがに自粛。


2速なのもポイント。
さすがにSVで1速ではあまり伸びないし、エンブレきついし、
3速ではこんな加速してたら本当に危険です。

というわけで2速でしか遊べない。まぁそれはそれでいいけど。


あらためて、SVっていいバイクだな、と再認識しました。

買い替えるならMT-09SPかストリートトリプルかなんて考えてましたが、
まだこのままでもいいかなと思いなおすほど。


それでは、さよなら、さよなら、さよなら!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車検'19

2019-08-13 22:40:21 | バイク
こんばんわ。カンバです。
本当にお久しぶりです。

扶養家族が一人増えドタバタしておりますが何とか生きております。



っていうかね。
つい今週の頭まで今月はSVの車検だってこと忘れてたよ!

え、やばくね?去年やってないはずだから今年じゃね?

と焦って車検証を確認、8/26まで・・・


いきなり車検を外に出すほどの時間的余裕もお金もないわけで、即決でユーザ車検です。

慌てて記憶を呼び戻して、バイクのメンテ。
雨だと作業が進まないので、雨じゃなかったのはいいが・・・暑すぎる。

エンジンオイルはいずれ交換するとして
在庫のあったブレーキ、クラッチフルードは交換。
その他は残量などなどが十分なことを確認してOK!


使用頻度がめっきり減ったのと、ガレージ保管なことが効いているんだろうけど、

ブレーキ/クラッチフルードがすんごいきれいなんだよね。
交換する必要ないんじゃない?ってくらい。

とくにクラッチ側なんて真っ黒になるイメージなんだが。

正直色の変化はよくわからない(暑さのせいでそんな細かいこと見てられない。)ので、
一通り液が交換されたらOKでしょ、と。

ってか交換したフルードも2年前に買ったやつなんだけどね。(たぶん。)
前回の車検以来一度も開けていないフルードもきれいな色してました。



マフラーの付け替えも終わって一段落しようかというころ、
SV車検で一番の不安ごとと言ったら・・・そう、ホーン。


恐る恐るボタンを
押してみるが、、、やっぱりならない


うんともすんとも言わない。
いや、パコン、とだけ言う。


・・・


電圧を計ってみると低めではあるが11Vくらいは出ているので、
少なくとも全く電源が供給されていないわけではなさそう。



ふむ。
子供とプールで遊びながらこれからの方針を考える。ホーンを交換か?
遊び終えてからネットをポチポチしていると、ホーンは意外と安そう。
さらに実車を改めて見ると、あら、超簡単にホーンて外せるじゃないの、と。なので、これは交換してみるか?

となり急ぎ2りんかんへ。


・・・


小一時間で戻り、さっそく取り付け。
まずはコネクタだけ接続して、、、鳴った!!


なんだ、こんなに簡単に治るんだったらさっさとホーン交換しておけばよかった!

で、そのまま固定してもう一度トライ


・・・







・・・・・・







鳴らない




しかも、小さく、"パコン"って音がする。
これってホーン交換前と同じじゃないか!まさかホーンは悪者ではなかった?

安定化電源ほしいですね。直結してホーンが正常か試したかった。

バッテリーでもいいんだけど、わざわざシート外してバッテリにアクセスするまでもないし。



ん~~

とすると悪者は・・・


電圧が低い?


でも"パコン"っておとはホーンが一度は動いた音のような気がするから、
そこで吹鳴しないということはやっぱりホーンが悪い?

でも2個のホーンで同じ現象ということはやはりホーンは悪者でない気がする。。。



となるとあとは電源が弱ってて十分に電流を供給できてない可能性。
電流不十分でホーンの接点開放にまで至らず、吹鳴しない、、、か?


やっぱり安定化電源が欲しいけど、ないものはしょうがないので、
とりあえず充電しましょうと。

とりあえずその場はそのままガレージにSVをしまいます。

8/12のことじゃった。
8/13午後に予約した車検場に間に合うのか!?


翌8/13
昼前に確固たる自信をもって23号線を巡行往復してバッテリを充電します。

道中人気がいないところでホーンボタンを押すと、、、鳴った!


よしよし。


家に帰って、エンジン止めてもう一度押すが、やっぱり鳴る。
よし、これで車検はいける。

腹ごしらえをして午後一第3ラウンドに向けて西三河車検場に行きます。

少し念入りに充電したせい&子供と戯れていたせいで出発が遅れてしまった・・・

結局到着したのは13時ごろ。すでに第3ラウンド検査は開始しています。

まずは自賠責。前回と値段は全く一緒。

そのあと手前の建屋で書類をひっかき集めて、奥の建屋で整備簿をコピーして(事前に印刷してくればよかった・・・)
適当に必要な項目を書いて(あ、オドメータ見てくるの忘れた、後で行こう)
収入印紙を購入。


オドメータを見てから再び手前の棟に。

しかし、ユーザ車検の受付だけバカゴミです。
書類に記入するテーブルも常に埋まっています。

自分は他の棟で書いてきたので総走行距離だけ記入して後は書類チェック&並べ替えして受付へポイッ!


が、その前がそこそこいたらしくなかなか待たされた。15分~20分くらいは待ったかな?


一部名前を書き忘れたところを指摘されたが受け取ってすでに13時45分くらい。
第3ラウンドは14時15分までなので、まぁまにあったかな。



張り紙にもあったのと、受付のおっちゃんが教えてくれたけど、
8月中は熱中症予防ということでバイクは4輪の列に並ばずに前に進んでいいよとのこと!
建屋の庇のところに入れてくれていいよと。


おっしゃ!
確かに炎天下で待たされると死ねるからね。


だからといって先に検査するわけじゃないからね、と注意書きにはあったが、
まぁそれはそれとして車列が動くたびにバイクを動かして、また日陰のない場所に待ちぼうけされて、の繰り返しがないだけでもだいぶましだ。
グッジョブ。



で車列を横目にするするとバイク用の検査レーンへ。
どこまで進んでいいものかと思ってたら、4輪を検査していた人が、中に入っていいよと。

おぉありがたい。なんと2輪フレンドリーなんだ。

少し待って車両の点検。
4輪の車列に並んでいるより圧倒的に早かった気がするが、それは気にしない方向で。


自身の前には男性に付き添われた女性がユーザ車検を受けている様子。
操作などのアドバイスを受けながら少しずつ検査を進めてました。

それを見ていると自分もユーザ車検になれたもんだなと

2年に一回ではあるけど、ここ最近は一発検査OKだからね。


で、検査員の方がやたらと一生懸命にみている。

ん?なんだ?

でちょっと待ってくださいね。とどっか行った。

もう一人の検査員を連れて戻ってきて、
"あ、ここにある"

あ、型式か何かを探していたわけね。

一度見た気がしたから、もうそれはチェック済みかと思ってノーマークだった。。。


ホーンも問題なく鳴って問題なし。



で、ブレーキ、スピードメータ、ヘッドライト、排ガス検査。


今回も一発検査OK

かつては鬼門だった光軸/光量検査も特に問題なしです。

えてして結局第3ラウンドの時間内の14時ごろには検査完了、書類をもらって帰途につきます。


しかし暑い!

まだアクセラだったときは
免許更新
アクセラ車検
SV車検
すべて8月で、一度だけすべてが同じ年に重なったことがあってうんざりしたけど、
車検月ってずらせるといいのにね。

まじでバイク車検8月って鬼だから。人殺しだから。
メンテも検査も暑くてたまらん。




帰ってからエンジン止めて試しにクラクション鳴らしてみたら、






鳴らねーーー!!


もう知らない。
この問題からはまだまだ解放されないのね。
次回車検があるかどうかはわからないけど。



ちなみに3時間くらい放置した後、もう一回エンジンかけずにクラクション鳴らしたら、鳴りました。

バッテリ状態はそう変わらないはずだから、そうするとやはり温度?

バッテリ?ホーン?その他?
・・・その他はないと信じたいけど、
バッテリもホーンもそれぞれ過去交換しているからそれ自体が悪いわけではなさそうなんだよね。。。

うーーん
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

迎春

2019-02-01 00:34:15 | 日記
皆様、あけましておめでとうございます。

いかがお過ごしでしょうか。

寒い時期のバイクお散歩といえば知多半島しかない今日この頃ですが
というか寒い時期にバイクに乗るのも年一回くらいか?とかさみしい限りなんですが、
年明けに乗ってきました。

大府~阿久比~味覚の道 で常滑ルートが快適に走れて気持ちいいです。

知多半島も海側は車もいるし信号もそこそこあるのであまり快適ではないです。
半田市は混むしね。

というわけでこのルートが冬の定番お散歩ルートになりそうな感じです。

でもせっかくだからもっと知多半島の先っぽまで道を開拓してみようかな。


で、味覚の道の終点付近にはとある常滑の人気卵屋さんがあるんです。
何度か見かけてはいたものの、せっかくだからなんか買って帰ろかなと、
シートバッグ積んで行ったのですが、

まさか第1第2駐車場満車、第3は止まれそうだけど、、、
いや、バイクは第2に止めていいよと言われたんだけど、
そんな激混みの店に行く気にならず、残念ながら?そのままバイクを降りることなく駐車場素通りして
またも味覚の道を通り帰路につきました。


なんであんなに混んでるんだ。。。

ちょうど正月休み明けの初めの営業日、かつ週末かつ昼時だったのがいけなかったのか。(カフェ併設)

そこのプリンを食べてみたかっただけなんだけど。
駐車場案内のおっちゃんに、プリンはもうないかもよーといきなり言われたし、
バイク乗り→プリンを買いに来る、は定番コースなのか??

味覚の道自体はいいのでまたリベンジするかね。

正月休み明けでも昼時でもない普通の週末に。



さて、新しい仲間が増えました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次期型候補

2018-09-10 00:03:32 | バイク
こんばんわ。カンバです。

バイクにあまり乗れていないと妄想ばかり進んでしょうがないです。

ちなみに盆栽的に無駄にパーツを買ったり、メンテ用品を買ったりしますが、
その時期はすでに過ぎ去りました。


もうSVも初年度登録からは15年が過ぎ、
自分が乗り始めてからは14年くらい?


乗り換える予定はまだないのですが、
まぁ正直いつその時が来るのかはわからないと言えばそう。

先日はイグニッションキー変えてますし、
お盆に乗ったときは、というか前から感じていましたが、
リアタイヤを浮かせて手で回すとコッコッコッと音がする。

んーーハブかチェーン周りか・・・
あまり大ごとになってくるとさすがにいよいよ、ということもある。

でもまあ去年の車検時にサスのオーバーホールをしたので
少なくとも次回車検、もしくはその次くらいまではその点ではOKです。

でももう一回サスのオーバーホールをするかと問われると正直悩ましいです。



ってわけで何気なく日本4大バイクメーカのウェブサイト訪ねてみました。
気になるバイクは・・・

オンロード大型だと、
スズキのGSX-S750
ヤマハのMT-09
かな。
SV650は現状では、排気量ダウンは受け入れられない気がするのでアウト。

GSX-Sは750というミドルクラスの排気量がいいかなと思っているところに
マッチしているのがノミネートされた大きな理由。

MT-09はなんといっても3気筒というところが大きな魅力
MT-10のほうがR1譲りのエンジンに始まり絶対的な性能としては上なんだろうけど、
結局は4気筒のハイスペック車両。
ハイスペックなこと以外にあまり魅力を感じない。

まぁ試乗したわけでもないし、試乗したら面白いんだろうけど。

で3気筒というのはかなり昔になりますが、デイトナ675に乗ったんですね。
まぁあれは完全にレーサー向けなので、動力性能はもちろんですが、
あまり回さないときのエンジンの鼓動感、回した時のレーシングサウンドと
2気筒、4気筒のいいとこどりみたいなところにはまってしまったわけです。

肝心の動力性能ももちろん大事なのでそれは試乗してみないことにはわからないけど、
MT-09SPとかコスパ的にかなり魅力高い。
MT-10は排気量だけでいうとたった10%UPなのに、値段的には倍近く上がっているとかコスパ悪いっす。
まぁ性能至上主義でいえばコスパが犠牲になるのは仕方ないんだろうけど
限りある資源の中では選択肢としてはなかなかきついのは事実。


まぁもともとお金の準備ができているかってーと、そんなわけでもないんですがね。




とりあえず買い替える予定はないのですが、
今度暇見つけて試乗でも行ってこよーっと。







どうでもいいけど、このブログを開設してからもう10年以上たつのですが、
今時ブログってどうなんでしょうかね?

媒体としてはもともと期待していないスタイルなのでいいのですが、
gooブログのシステム自体ももうかれこれ長いこと何もアップデートされていない気がする。
サポート対象外?

だいぶ初期のころに絵文字が追加されて、
そのあと写真アップデート機能とかが更新された気がするけど、
それ以降は特に主だったことはないはず。


もう、運営側も完全放置プレイですかね?

せめて、絵文字とかはもう少し充実されるといいんだけどな。
毎回同じ絵文字ばかりになって少しつまらないなと。
絵文字とか拡充してもらえないもんですかね!?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続々・さよならヘルメット

2018-05-20 23:28:22 | バイク
というわけで、いよいよ最後のツーリングが幕を閉じました。

ヘルメットX-11との最後のツーリングね


思えばX-11を購入したのはいつだったか。。。
とか思い出そうとすると、いろいろ購入履歴をつけていると便利。

記録によると購入したのは2009年末のことだったらしいです。
つまり約9年弱使ったことになりますね。

とっくにヘルメットとしての賞味期限は切れているが。。。

まだ外装はきれいなんだけど。



写真だけなら新品みたい。
表面のコーティングが優秀なのか、まったく色あせた感がありません。
まぁ大概の時間は屋内で過ごすのでバイクの外装なんかと比べるときれいなのは当たり前なんだけどね。




で、改めて振り返ると
1代目のヘルメットははアライのアストロTRハッカー
2004年にSVと同時に購入してスモークのミラーシールド買って
夜があまりにも見にくいことを学んだり、ミラーの表面を清掃する際に削ってしまって傷つけてげんなりしたり
若かったあの頃です。


およそ5年間使用して、
口元のエアインテークがぽろっと取れて、
接着剤でくっつけたりしながらだましだまし使っていたけども、結局さよなら。


2代目はX-11玉やんモデル(先の写真)。
2009年末に実家に帰った際にライコランドで在庫処分で40000万円で売られていた格安品
araiからshoeiに変えて、ヘルメットの静音性に感動したものです。
araiのは風切り音がすごくてたまらんかった。
今はインカムとかでの会話がかなり普及しているけども、
アライユーザーの人はなかなか声が聞こえなくてしんどいんじゃないか?

あれから大きく構造も変わっていないので、きっと静音性は厳しいのでしょう。


X-11は耐久性も素晴らしく、9年も使い続けて特に不具合なし。

現品限りのモデルだったためMサイズしかなく、Lサイズな自分には長時間被るにはサイズが小さく、
頭痛がして来るためとても長距離は乗ることができなかったのも懐かしい。
結局はヘッド部のパッドを緩いものに買いなおすことで丸く収まったんだけど。


で、今回、耐久的な問題が発生。

ツーリングから帰って、いつもの通りヘルメットにファブリーズして
シールドの虫を取って、などしていると、何やらごみくずがついてくるのが気になる。。。


で、よくよく見ると天頂部のパッドのスポンジが寿命を迎えておりました・・・

クッションの裏にあるスポンジがボロボロになって剥がれ落ちてきている状態。

取り外してみると、スポンジの半分はヘルメット側に残り、
残り半分がパッド側にくっついてくるとか絶望的な状態。

もちろんそのままかぶればはたから見ればヘルメットをかぶっているように見えるので、
継続して使用もできるのだけども、さすがに、年数的にも継続使用する気にはなれず。

いや、でもデザインもいいし、外見もきれいだし、なんとももったいないんだけどね。


内装だけ一式買いなおしてまだまだ使うという選択肢も一瞬頭をよぎったのだけども、
ここはやはり安全第一で値段は張るけども買い替えましょう。



というわけで早々に次なる3代目のヘルメットを物色。

まぁお値段はそこそこ、レース用のハイエンドモデルは要らない。
ツーリングでの快適性が一番かな。

というわけで目に付いたのは
内側にサンバイザーが付いたモデル。少し前から流行りですよね。

OGKのKAMUIかshoeiのGT-Airの2択

かぶってみんとわからん、というわけで早速先週2りんかんへ。

あ、あともう一個変えたい理由は
イヤホンを耳元に仕込んでいるんですけど、
最近のモデルはそれを仕込めるように耳部分をくりぬいてあるんですね。
(使わない場合はもともとイヤーパッドがあるのでそれで埋めておけばいい。)

うまい位置に固定しないと耳に当たって、長時間乗っていると耳が痛くなるんですよね。
なのでそういった改善がされているものが選択肢かなと。



まずOGK
性能とコスパがとっても魅力。


かぶってみて、、、ない。


フィット感があまりにもない。
安さはこういうところの作りこみの差なのだろう。
顔の形によっては当然会う人もいるのだろうけど、
がちっとホールドされたほうが安心感も高まるし、
何より、ガソリンスタンド→ガソリンスタンド的な乗り方をする自分からすると、
相性が合わないのはしんどいです。
ヘルメットに起因する疲れやらなんやらで休憩とかしたくないとです。
OGKは早々に却下。


とするとやはりshoei
サンバイザーつきのGT-Airか、なしのZ-7

値段的には大差はないので、やはりここは多少の重さは犠牲にしても
サンバイザーを優先か。

かぶってみると、、確かにネットインプレにあったように
サンバイザーの境界部分が視界のすぐ近くにあるのでちょっと気になる。

とはいえ、太陽光がまぶしい時にだけ使うものと割り切れば、
それでもいいのかもしれない。

じゃあZ-7は・・・といろいろ物色している中で、
もう一つ大きな違いに気づいた。

あごひも。


Z-7は従来型のDリングだけども、
GT-Airはツーリング向けということもあってラチェットロック的な代物。

で、実際につけてはめてみると。。。

これが首に当たってとても気になる・・・


慣れればあるいは?とも思うけど、首を動かすとやっぱり気になる。

こんなに当たっていると長距離ツーリング後に首の皮が擦って痛くなりそう。
散々迷ったけどやっぱり長距離での快適性が一番。

入るかどうかもわからない朝日、夕日のためよりも確実に犠牲になる首の擦りを考慮して
GT-Airも敗退。

粘って、店の人にDリングに変更できないかも聞いてみたけど当然だめ


というわけで勝ち残ったのはZ-7
サンバイザーは名残惜しいけど、
今までもともとなかったといえば割り切れる気がするし、
そもそもコストも安く、軽量なので、それもまた割り切れるかと。




あとはデザイン。

全開が白赤系だったので今回はまたブルー系に戻ろうかなと。

ドミナンスのブルーなんかはかっこいいのだけども
とっくに販売中止で在庫は当然なし。

というわけで今回はフラガーになりました。



ついでにミラーシールドなんかも買ってみたりして。

X-11の白ベースのカラーに比べると、差し色があるとはいえマット色ベースになって
だいぶ重い感じになるかな??

あと、これはピンロックシールドが標準装備。
ただ、口コミなどを見るとミラーシールドとピンロックシールドは相性が悪いらしく、
映り込みが発生して見づらいらしい。

そこらへんは今後走ってみて確認ですね。

ピンロックシールドは冬の装着必需品なので外せない。
今のミラーシールドに相性が悪ければ、元のクリアのシールドに取り付けて、
前と同じように、冬仕様、夏仕様でシールドを使い分けることにするかなと。

逆に使いまわそうとすると、ピンロックシールドをシーズンごとにつけ外しする必要があるので、それもどうかなと。

夏もピンロックシールドをつけっぱなしにするのも考えたけど、
やっぱり快適性が一番なので、不要なものはできるだけつけないのがいいですよね


ちなみに内装のチークパッドはやっぱりきついので要交換ですね。


さらにマット色だとお手入れも大変そうだけど・・・
とりあえず、少し調べてバリアスコートが有効みたいなのでそれはやっておきました。


再来週くらいには一度被って試走できるかな?


あ、チークパッド交換しないと。(手配中)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

続 さよならヘルメット

2018-05-16 01:23:01 | バイク
こんばんわ。すっかり今回の記事のタイトルの意味を忘れてたカンバです。
まぁそういうこともある。

さて二日目、諏訪湖畔、ホテルの朝。
普段はろくに起きない私もこの日ばかりは早起き。
とはいえ、6時くらいに目が覚め、ぼーっとテレビを見ながら朝ごはんを待つ。
7時に朝ごはんを食べに行き8時前には出立です。

まだ、連休さなかの諏訪市内をのんびりと走り出します。


諏訪湖畔を走りながら、
昨日きた国道152を戻ろうかとも考えたけど、それでは面白くない。
ということで県道50で山越え。

そこに行きつくまでの道を間違えたけどまぁあまり気にしない。

ちょろっと山道を抜け、休みの中仕事に向かうような車たちとともに辰野へ。

少しだけ国道に合流した後、国道西側の農道に抜けます。

ここは前に走ったことはあるけど、
まぁ信号はなくていいけど、単調な道かつ、そこそこ交通量もあり
まぁあまり走って面白い道でもない。

しばらく南下した後、国道361で中央アルプス越え。

やっぱり寒くてトンネルの中は凍え死にそう。
このあとさらに御嶽のほうに向かってソフトクリーム屋さんによろうかと思ったけども、
さすがに寒くてそんな気になれず。

ってかまだ10時前だし店も開いてなかった。

そのまま走り抜け飛騨朝日村で一休み。

そのあと混雑しそうな高山市街は避けるため県道に入り国道41号へ。

また山籠もりする前にそろそろガソリンを入れておかないと危険な状態なのでスタンドを探すけども、、、ない。

前にも言ったが、東海圏は日曜日にガソリンスタンド休みすぎだっての。

結局少し北上したところでスタンドを発見。少し遠回りになってしまった。
今日は家族サービスの建前3時に帰らねばならんので、巻きで行かねば。この後ノンストップか??

あららぎ湖脇を抜けていこうとしたけども、またも通行止め。前来た時もそうだったけど、、、

秋口に来たときはススキがきれいだったんですけどね。

残念。


国道41に戻り南下。

下呂手前から間瀬のほうに抜けて金山ダムへ。

ここはいいですね。自然と右手がワイドオープンになってしまう。

そのあと、県道86から85に入ったんだけど、、、この道はいまいちだったかな。
素直に国道に出て、また県道58に入ったほうが良かったね。
以前、委員長に教えてもらった道だけど、さすが、正解ですね。


結局県道85から294を経由して58へ。

そのあと県道64から97に行ったけど、これもいまいち。

県道58で回っていったほうがいいね。


結局県道97から国道41のバイパスではないほうに出て、
養老軒に立ち寄りフルーツ大福購入。

ドライアイスはたっぷり2時間分もらって、シートバッグに詰め込んだら
後は高速を使って帰ります!

あまりここらの高速は使い慣れていないので不安だったけど、
なぜか大府ICで降りた後で道に迷ったけどそこはご愛敬。

結局目標の3時から誤差2分以内で家に到着したけど、家はひっそりと寝静まっておりました。

まぁ色々片付けしたかったからいいんだけどね。



さて、そこでヘルメットにへばりついた虫などをきれいにしていると、驚愕の事実が!

次回に続く!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さよならヘルメット

2018-05-15 02:33:30 | バイク
こんばんわ。
カンバです。
およそ半年もの間があいた当ブログです。
もう誰もがこのブログは閉鎖したんだと思っていたでしょう。
(いやそもそも誰も覚えていないか・・・)


一応これでも心の隅には更新しようかなっと思っているんですよ。
そもそも何のために更新しているのかはもはや忘れてしまいましたが。笑


ところで、
どっかの歌手は引退したときに足元にマイクを置いたそうですが、
バイク乗りが引退するときはやっぱりヘルメットを置くんですかね?

うーん、ヘルメットだったらみんな置いているしな。
なんなら表彰台入りしたGPライダーは全員置いている。うん、即引退。

じゃあ鍵か?



ゴールデンウィーク中ですが、計画間延びしていた泊りがけツーリングですが、
一年超し?くらいで実現してきました!

とはいえ、そもそもツーリングすら最近まともに行けていないのに、
いきなり長距離での泊りツーリングはいろんな意味でなんかあってはいけない
ということで、なんとなく直感で諏訪湖周辺に空き宿を思い付きで予約。

なんとなく見たら、なんとなく空きがあって、なんとなく安かったからつい。


というわけで既成事実を突きつけて(どこに?)泊りでツーリングしてきました。

とはいってもゴールデンウィーク中
下手な観光地に行くと渋滞にはまる可能性があるので、マイナーなコース狙いで。

朝起きが苦手なもので、結局出発したのは10時ごろ。
ゴールデンウィーク、寒かったですね。
メッシュジャケットを選んだものの寒そうだったので、
内側は長そで。さらにユニクロのコンパクトにまとまるウィンドブレーカーを一枚持って。

まずは奥三河に入り、下山のサークルケー。
そこですでに寒さ全開、さっそくウィンドブレーカーを着用。
結局このツーリングでそれを脱ぐことは一度もありませんでした・・・


本宮山経由で南下してオレンジロード。
オレンジロードってわかりにくいよね。

結局今回も途中合流で、いまだに起点にたどり着けない。


でも地図で確認すると今回は知ったルートは意外と成功なのかも。


そのあと東栄町の151と473の交差点当たりのファミマで休憩。

・・・と、ここですでに昼はとっくに過ぎている。
今宵の宿泊地は諏訪なのにまだ静岡県との県境あたり。。。先を急がねば。

というわけで国道152をただひたすらひたすら北上。
久々に通ってみたかったんですよ。
新東名もできて、一部道が変わってるかも?とか、
2005年のツーリングマップルで挑んだけど、結局大きくは変わってなかった。


まぁそれはそれとして、なかなかいい道ですよね。
日本の林道をつないでいるのは相変わらずだけども、
その道も時々細いけど、ニーズはあるようで全く車とすれ違わなかった!
ということはなさそうです。

まぁもちろん交通量は多くない。



二本目の林道の途中。バンパーへこませて停車している車と
側溝にはまって止まっているバイク。


正面衝突したのか・・・?

もう警察も出動済みなので特にすることもないけども。
そのあとレッカーともすれ違ったけど、バイク引き上げのため?


しかし、谷底に落とされなくて何よりでした。


個人的には北側の林道のほうが好きかな。
標高もそこそこ上がっているようだし、
南アルプスと中央アルプスが時折見渡せる景色はなかなか良い。

また登山したいな。



そんなこんなで5時過ぎだったかな?
ようやくまともな人里である茅野市に到着。

人はともかくガソリンスタンドがあってほっと一息。


と思ったものの意外と茅野市諏訪市内走っててもガソリンスタンドが見つからない…
スマホで探していってみてもすでにつぶれてるんだかで跡形もない状態が2店連続。

スマホで探すのも疲れて適当にくるくる回っていたらようやく営業死しているGSに到着。

そのあと上諏訪駅近くのビジネスホテルに到着。

久しぶりに一人で外泊。
急いでとった割には宿も喫煙部屋らしいがそこまでにおいもきつくなく、よかった。

硫黄臭たっぷりの温泉もありましたしね。


とりあえず昼はドーナツ一個だったので腹減ったと徘徊。
焼き鳥がいいなと、ホテル裏手の居酒屋へ。

なかなか繁盛していて一人だから何とかは入れたものの、
席は満席状態。

鳥をメインにビールと焼酎して一日目終了。

つづく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高山

2017-11-15 23:37:57 | バイク
こんばんわ。自分のブログにログインするのもままならないカンバです。
いや、パスワード覚えるのってマジしんどくない?

指紋認証とかにしてほしいっす。


前回の車検依頼ですが、乗ってきました。

いや、厳密にいうと間にブレーキメンテしてから動作確認のために乗っていましたが。

いや、数年ぶりにブレーキメンテしたんですが、
まぁやっちまいましたよ。
フルード交換していたんですが、
ブレーキフルードがリザーバタンクからなくなった状態で
必死にレバーにぎにぎ・・・


ん??




やっちまった。エアかみまくり

慌ててフルード補充したけど、まあ時すでに遅し。
ブレーキレバーには何の手ごたえもなく
あっさりハンドルにヒット。

ブレーキが利かなくなるやつです。


というわけでそこからあれやこれやしながらひたすらエア抜き。

盆栽メンテは危険ですね。

とりあえず、当初の効きも戻って問題なしになりましたが。


で、久々のツーリング。高山まで行ってきました。


ルートはまずは加茂農道を通って、どんぐり方面へ。

この時期危険な足助は絶対に近寄らないようにしながら。


しかし、、寒くなりましたな。

午前中は10℃いかないくらいで、
途中、高山はやっぱりあきらめて帰ろうかと何度心が折れたことか・・・


途中どんぐりの先の交差点が大渋滞。
まさか茶臼山??
と思ったけど、それよりはるか近くに紅葉まつりが開催されていたようです。

反対側に向かったのでそこまで激しくは渋滞に巻き込まれずでしたが危なかった。。。


中津川へ。

途中、そういえばあそこに栗きんとん売ってたな、と和菓子屋さんへ立ち寄り。

駐車場は満車、お客さんも5組以上いてなかなかな繁盛っぷりでした。

オミヤをゲットして、また山籠もりする前に一度コンビニによって一休み。
11時近くなってきましたが、一応平地に入ったのと、日が上って時間もたったことで
だいぶあったかくなってきました。

これなら高山まで行けるかなと。


19号を北上して開田高原。
思ったより落ち葉も少なく快適に流しながら快走。
紅葉っていいですよね。春の新緑ってのも悪くないけど、やっぱり紅葉のほうがビビッドでいい。

ただ寒いけど。


飛騨たかね工房で今回の目標のうまっからをゲット。
これおいしいんですよ。
個人的には納豆に混ぜて食べるのがおすすめ。
他、いろいろあいます。

2本くらい買っていこうかとも思ったけど、
まぁまた来ようと。


そこからは41号をまたいであららぎ湖方面から南下しようと思ったけど通行止め。

この時期はまだ雪の心配はないけど、台風とかの爪痕で通行止めがあるのよね。。。

まぁ理由はわからんけど、とりあえず意気消沈したのと
だんだん日が傾いて寒くなってきそうだったのでひたすら41号で南下

美濃加茂から東海環状に乗って帰りました。

美濃加茂につく頃には日も暮れてきて
家に着くころにはもうすっかり夜。

この時期はツーリングを楽しめる時間も短くてなかなか制限されるね~。

帰りは名古屋やらを突っ切る体力もなかったので素直に高速です。
時間を買う大人ライフです。
意外と2000円以上もしたのにはびっくりしたけど。


途中でばてるかなーと思ったけど寒さで無駄に力が入ってしまう気温だった割には
400キロくらい走りきれたのは少し意外だった。
まだまだいけるやんかー。


でもやっぱ、春先くらい薄手のジャケットグローブなどで走り回れる時期がいいね。
今回はネックウォーマーも使ったけど、
あれすると首動かすのがストレスになるんだよね。
目視確認がおろそかになる。

かといってネックウォーマーしたからって冷気を完全シャットアウトできるわけでもないし。
フルウェイスとネックウォーマーって相性悪いよね。

かぶりやすくて、すき間風も入りにくいネックウォーマーが欲しいっす。

ではまた次回!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017車検

2017-08-20 09:57:46 | バイク
こんばんわ、カンバです。

今朝がた、某赤男爵の新聞折込広告を見ていたら、2歳の息子にこんなこと言われました。

「父さんにこれ買ってやる。」

と、言いながら指さしていたのはCBR1000RR SP

上目線なのは納得いかないが、録音したぞ。(もう一回ビデオ回しながら言わせた。笑)
息子よ、買ってもらうからな。
そんな待ってられないからな。

しかし、最近、やたらブルジョワなスーパースポーツが流行っているというか、
1000クラスは顕著だし、250クラスもかなり高い

まぁホンダがRC213V-Sを市販(市販?)したあたりからおかしい。
ドカティのスーパーレッジェーラとか、ビーエムのHP4 raceとか
2000万はしないまでも1000万円級のバイクがぞろぞろ。

そうでなくとも、R1Mとか、GSX-R1000Rとか、200万円を超えるバイクが多い。
前だと200万円越えなんて普通に行けばドカティかそこらかくらいだったのに。


カワサキのH2Rなんてある意味、番外編みたいなやつもいるし。

まぁ2輪業界がにぎわっている分には何の文句もないけど。
問題なのは手持ちのお金がないことだけだ。





さて、本題に戻って、盆栽ライダーでも確実にやってくる車検です。

いや、本当の盆栽はそんなの関係ないから、
なんちゃって盆栽ライダー(実際はちょっと乗る)にも、確実にやってくるもの。
ですね。


何はともあれ、2年に一回の恒例行事を済ませてきました。

過去2回はともにショップにお任せしていましたが、
今回は家も買ったり、車も買ったりなので、自主規制的にユーザー車検です。

基本的には2011年ユーザ車検の際にブログに書いた通りなのですが、
違いがあった点の公開備忘録!

①自賠責が安くなった。
 ユーザー車検とは関係ないけど。

②申請書類は窓口で購入する、だったのだけど、勝手に持っていけ!になっていた!
 当たり前に購入するもんだと思っていたので、
 前回と同じく、まずは奥の建屋に行って購入した窓口に行ったが
 システムが変わったようで、自分で必要な紙を持っていくようになったらしい。

 余計にわかりにくくなった。。。

 手前の建屋の8番窓口の前に必要な書類があります。
 一応、その前のテーブルにこの紙をまとめて出せ、
 みたいなのがあるから、それを見ながら一枚ずつ引っこ抜いていけばなんとか。
 
 ただ、過去にやったことあるから何とか、ってだけで、
 初めて来た人はどの紙が必要か全然わからんだろうな。(自分もかなりギリギリ。)

 というわけで書類代の35円?だったかは不要になった。
 その分手間は増えた。

③上と同じなんだが、前は勝手についてきた点検記録簿だけど、
 これも自分でかき集める。

 が、8番窓口前にはなくて、サンプルの紙があるのみ。
 これをどこかでコピーしろと書いてある。

 さて、コピー機はどっかにあったな。。。
 となんかのゲームみたいに思考を巡らせ、隣の建屋に。

 あった!入口から左に行ったところに発見。

 で、そこにコピー用の点検記録簿が置いてあった。
 8番窓口前のやつはデカデカと"サンプル"と書いてあったが、
 こちらにおいてあったやつはその文字なし。

 そこらへんは不親切なお役所ですな。
 (実際、西三河の人たちはとても親切ですが。)

 それを10円でこぴって、準備完了。

 あとは記入なり、収入印紙なり。



といったところが主な変化点。

あとは、変化点ではないけどもお盆明けに行ったせいか、激ごみ。
今までは再試験の懸念から後枠がたっぷりある第1ラウンドに行っていたけど、
今回は天候の懸念もあり第3ラウンドを選択。
そのせいもあるのか?

書類手続きが終わった後、検査の車列に並ぶこと30分くらい。
待たされてようやく自分の番。夏の車検はやっぱりしんどいっす。

次回はやっぱりなんとかお盆前に来よう。


外観検査を受けている際に検査員に聞いたけど
もしも検査NGで再検査の場合も同じようにまた並ばなきゃいけないとのこと。

まじか、、、

あの並んでるのはおもに外観検査待ちなんだからそこがすでにOKな場合は
パスさせてくれてもいいのでは。。。

再検査の場合は間違いなく第4ラウンド突入を覚悟だな。




で、検査自体は一発OK!
懸念のホーンもちょっと心もとない音だったけど鳴ったし、
ヘッドライトも問題なし。
最初回転数あげるのを忘れてて少しあせったけど間に合って問題なし。


最初はいろいろ時間がかかるけど、検査が終わってしまえばあとはあっという間。
すぐに内容確認してもらってそのまま事務所?に戻り車検証発行。完了。


無事に2017車検完了。
費用は17000円くらいでした。


家に帰ってさっそくマフラーを換装。笑
マフラーのボルトが一本だけ山が痛んできている・・・交換すべきかな。

後はブレーキフルード交換して、ブレーキ周りメンテして、
残るは鬼門のサスペンションです。。。

先日オイル交換した際に発覚したのですがフロントフォークからオイル漏れ。
OHが必要だ…

とりあえず暑いのは嫌なので
秋になったら奥村さんに預けに行こうと思います。

ツーリングに行きたい!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加