より一層の知識と光を求めて・・・・

時に末日聖徒/モルモン教への私見含むメモ帳にて御座候 ほな毎度どんもにて 御きげんよろしゅうで御座候

ニムロデとは??? その3

2013-12-10 21:19:03 | 聖文から・・・・

ニムロデとは??? その2  2012-08-31 12:25:06  
ニムロデとは???      2012-08-29 09:24:29 
先週の・・・   エステル記 その3   2013-12-06 12:09:54 


先週、""’モルデカイ’の意味は、’マルドゥクに従う者’、’マルドゥクを礼拝する者’""等、書いたところの、このバビロンの守護神マルドゥク神なんですが、たまWEB的には、マルドゥクは、ニムロデ・ニムロドにつながると言う見方が、無難かなと。

「マルドゥクはバビロンの主要な神。バビロンの55の寺院で祭られています。マルドゥクはバビロンの都市の創立者であると考えられています。それゆえにニムロデを神格化したものと言われています。
バビロンの一年は,3月の春分のころに始まり、新年の祭り(11日続いた)はマルドゥクの崇拝を特色としていました。
バビロンの支配者たちは、マルドゥク像の黄金の手をつかむことにより王に就任したと言われています。この儀式は、毎年新年の祭りで繰り返されました。       LOUVRE Bible in Hand ルーブル美術館 聖書を片手に見学順路 ...

       http://www10.plala.or.jp/louvre/R-1_Ori.html

         マルドゥク  ニムロデ
         http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%82%AF%E3%80%80%E3%80%80%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%87&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

         アブラハム ニムロデ
         http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%82%A2%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%8F%E3%83%A0+%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%87&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&fr=top_ga1_sa&x=wrt

んで、創世記のニムロデの所(10章)なんだけど、ジョセフ・スミス霊感訳では、ちょいと違ってましてね、

「10:8 クシの子はニムロデであって、このニムロデは世の権力者となった最初の人である。

10:9 彼は主の前に力ある狩猟者であった。これから『主の前に力ある狩猟者ニムロデのごとし』ということわざが起った。」

8節は、同じで、9節の”主の前に”は、無しで、代わりに、”国中で”(国の中で、国土の中で、支配した陸地の中で)となってるんです。

訳文としては、”彼は国の中で力ある狩猟者であった。これから「国の中で力ある狩猟者ニムロデのごとし」ということわざが起った。”となるかな。

ということは、主との関わり、関係性といったことが全くなかったんだと、少なくとも力ある狩猟者になったことでは。”主の御前で”、”主のおかげで”、”主に面と向かって”、”主に逆らって”みたいなのは、誰かが付加したものに基づいてて、どれも誤りということに。 ヘブライ語の旧約でも、”主の前に”といった語句が入ってますな。  

はたして、その語句を入れたことに、どんな意図・陰謀が???・・・・うぅぅんんと、専制君主というのが主の御心にかなうものなんだみたいになっては、あかんですよと・・・・

英文魚拓
9. He was a mighty hunter before the Lord: wherefore it is said, Even as Nimrod the mighty hunter before the Lord.  (欽定訳)

He was a mighty hunter in the land. Wherefore, it is said; Even as Nimrod, the mighty hunter in the land.
(ジョセフ・スミス霊感訳)

ニムロデ  ”新世界秩序”
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%8B%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%87%E3%80%80%E3%80%80%E2%80%9D%E6%96%B0%E4%B8%96%E7%95%8C%E7%A7%A9%E5%BA%8F%E2%80%9D&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

主のおかげで、力ある猟師
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%B8%BB%E3%81%AE%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%92%E3%81%A7%E3%80%81%E5%8A%9B%E3%81%82%E3%82%8B%E7%8C%9F%E5%B8%AB&search.x=1&fr=top_ga1_sa&tid=top_ga1_sa&ei=UTF-8&aq=&oq=

""世界で最初の専制君主は、ニムロド・ニムロデであったわけですが、それでは、この新世界秩序の、いわば、世の終わりに出てくる専制君主は??となれば、同じく、ニムロデの再来ということで、ハムの血筋に繋がるような人物ではないかと・・・・""なんて、書いてましたかぁ・・・・
         ヨハネの黙示録から  その7   2012-11-24 10:12:22 |

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 祈り  その2 | トップ | 新世界秩序での統一宗教 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

聖文から・・・・」カテゴリの最新記事