SORA KAZE 

日々の暮らしでのデキゴトを綴ります。
女子大生満喫中の娘と高校球児な息子。
仕事と趣味と。そんなつれづれブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オリンピック終わりましたね。熱い戦いありがと~~~

2008-08-25 23:00:28 | Weblog
オリンピックが終わってしまいました。
毎日見るのが楽しみだったのでもうみられないとおもうと残念。

私が一番感銘をうけたのは、女子ソフト!!
チームみんなのそして、エース上野さんのあの熱い気持ち。あれに感動しない日本人はいないでしょう!
優勝したい、ここで優勝するために私たちは苦しい練習に耐え、つきすすんできたんだ!という「本当の気合」をテレビ越しでもひしひしと感じることができました。
本当に優勝してよかった!!おめでとう!!ありがとう!という気持ちです。

次が、北島康介の100m平と400mリレーの朝原さんかなぁ~
これはどっちかにきめられん!北島のガッツポーズもよかったけど、朝原さんのバトンを思いっきり上になげ、仲間に抱きつく姿。よかったですねぇ・・
長く苦しい道のりを自分を信じて歩んできているアスリートは本当に
素晴らしい。ここまで自分を高めるための努力を続けられるのはどうしてなんだろう・・
そんな人々をテレビで見られるのでオリンピックは大好きです。

他によかったのは、
なでしこジャパン。沢さんは男の中の男だ!って女だけど・・・
上野さんもだよねぇ・・・男より男らしいよ~~あまりに力強く
頼れて、惚れ惚れしました。
なでしこジャパンの戦術はサッカー界でこれからの中心になっていくでしょうという解説をしって、ますます感動。

あと、よかったのはフェンシングの銀メダルの・・ごめんなさい名前がでてこない・・初めてみたフェンシング。フットワークのよさにかなりの練習量がいると見ました(当たり前すぎる感想だ・・)真っ暗な中で銀色に光る選手。かっこいい~~
それから、卓球の女子の準々決勝の香港戦。キャプテン平野さんの気迫。
なぜ卓球選手なのに色黒なの?!なぜ口をそこですぼめるの~~と思わず突っ込んじゃいましたが、本当にいい試合でした。テレビにかじりついてみてしまいました。
中学時代卓球部だったことを周りの数人に思わずもらしてしまったほど感動しました!!

あと、他にも、バドのスエマエちゃんのあの世界1の中国ペアを破った試合、
浜口京子ちゃんのすがすがしい銅(金メダルとらせてあげたかったなぁ~)なんかが私の感動名場面!です。

また4年・・こんどはロンドンオリンピックかぁ・・時差は何時間??
ゆっぴい高1、しゅるるん小6。すごい遠い日だ・・・・
今年の夏はゆっぴいのバスケとオリンピックの夏。
次はしゅるるんの野球とオリンピックの夏になるのかな~~~



コメント

興奮しました・・・ソフトボール

2008-08-21 18:05:51 | Weblog
オリンピックの正式種目としては今回で最後と言われているソフトボール。
ページシステムという変わった決勝トーナメントですが、
きのうは、午前中準決勝でアメリカと対戦。
おしくも延長で負けてしまいました。しかし気を取り直し
午後にはオーストラリアと再び準決勝・・というか3位決定戦(まければ3位決定、勝てば再度決勝へ進めるという!)。

ピッチャーは同日に2度登板の上野選手。
さぁ、あと1人で2対1で勝利だ!2ストライクだしランナーいないし、
安心、と思ったところで、なんとホームランを浴びるとは・・・。

そこからの延長戦がなんていうか、もう、・・言葉にできない。
ノーアウト2塁から始める方式。点がはいって当然でしょう?と思ってしまうのですが、これが日本は上野の力投で押さえる!
よし!いける!と思って裏の攻撃にはいるのですが、つきがないというか、
好機をいかせないというか・・・・
「あ”ーっ!!」と声をだしてしまうものばかり。
そして延長戦も3回だか4回すぎたあたりにとうとうオーストラリアに1点とられてしまい・・・もうだめだ・・と思ったその裏。
あぁ・・フライで終わりじゃん、とおもいきやなんとポロッ。
エラーなのかラッキーな位置にとんだのか微妙な打球でともかく1点ゲットで同点!
そのあとももうだめだぁ・・というところでオーストラリアにエラーで生き延びるも、三振・・。また延長ですか???
ピッチャー上野さん、とうとう300球を越えてしまいました。
かわいそうすぎます・・
早く助けてあげてくれ~~~

そしてやっと!やっと!!!!タイムリーがでてさよならしました。
いや~~~
嬉しかった。けれど、延長戦、どう考えても余裕で2,3点さっさと取れそうな場面が目白押しでした。
これで負けたらほんとに悔しい負けだったので、まずは良かった良かった。
315球だったかな、投げきった上野投手に金メダルをあげたい!!!

今晩は、なでしこジャパンの銅メダルへの決戦と、ソフトボールの決勝。
ううむ・・・チャンネルをかえつつ観戦しなくては。

それにしてもこの2つの女子の気合というか迫力というかガッツというか。
すごい。
最高の結果をみたいなぁ~
コメント

夏休みの工作

2008-08-19 18:44:22 | Weblog
しゅるるんは、粘土が結構上手です。
大きなかたまりをこねこねして、ひょいひょいつまんで、特徴を捉えて恐竜をつくります。
夏休み、前の学校は発明工夫工作、というものでしたが、
引越ししてきたこちらの学校は、普通の工作でオッケー!

ということで粘土で恐竜をつくってみました。
ほとんど応援いらず!
(応援したのは、材料を買いにいったとき、草になりそうなものを探してあげたことくらいかなぁ)

うまいもんだなぁと思ったので写真とってみました。
コメント (5)

ほんとうにすごい。すごい。すごい!北島!!!!

2008-08-14 19:14:35 | Weblog
北島康介のオリンピック2冠2連覇。
本当にすごいことです。
一度金メダルをとって、そのあとの4年間。
不振におちいり、プレッシャーもかかり、けがもして・・。
それでも諦めず不屈の精神でたちあがり、今回の金メダル。100は世界新記録。

なんて素晴らしいんでしょう!!!!!!
どんな精神を持っているのでしょう~~
どれほど人に見えない努力をしているのでしょう~・・・

感動しました。感動をありがとう~~~


それから、体操個人総合もすごいものがありました・・・
ライブでみていたのですが、
冨田の落下!内村だってあんばで、落馬2度。
それでも2人ともあきらめず、それからの種目にかけ、
必死の追い上げ。
他の国の選手もミスがありました。

映像から、各選手の凍りそうな緊張との闘いが感じられました。
気を失っちゃいそうなプレッシャーなんだろうなぁ~~~~・・・・

そんな中銀メダルまで追い上げた内村。もう少しで銅メダルまでとどきそうだった冨田。
ふたりともかっこよかった!(内村くんはかわいかった)
フェンシングの準決勝もみてみました。
ルールはよくわからないのですが、みなぎる緊迫感が感じられました。世界で戦う人々。
どうやってここまできたのか、直接お話してみたいなぁ・・・・
ピンリックは商業化されていて批判も多いけれど、
ここまできた選手やコーチ、家族の人々にはほんとうに感動をあたえてくれてありがとう、といいたいです。
コメント (3)

東北電力旗大会終了!

2008-08-14 19:05:45 | Weblog
ゆっぴい、東北電力旗大会で無事試合をしてきました。

東北各県2チームずつ。宮城県のみ開催地特典で4チームの出場です。
初戦は山形のチームにまけてしまいましたが、敗者同士あたる試合では秋田のチームに勝利をおさめることができました(^^)
翌日、今度は弘前のチームとあたりました。それは接戦でおしくも負け。
結果、1勝しかできませんでしたが、大きな1勝をゲットできました。

まだまだ強いチームがいっぱいいるんだなぁと実感。
それとともにこの場にたって試合ができた娘によかったねぇと心の底から祝福をおくりたい!

まだ娘のミニバスはつづきます。母も応援がんばります!
コメント

北京オリンピックの開会式

2008-08-09 02:24:34 | Weblog
開会式、みました??いや~長かったですねぇ。ゆっぴいも頑張って起きてみてましたが、選手入場でさすがにリタイア。
私もテレビつけっぱなしで仕事モードに。
でも最後の聖火のところは生でみせてあげたかったなぁ~~花火すごかったし。

はじめのマスゲームというか、人海戦術はすごい!さすが人口世界ナンバー1の国(でしたよね?)だけありますね・・・
しゅるるんは、これ日本でやったら日本の人はみんなでることになるんでしょう?と聞いてきましたからね(^^;)

あの漢字が浮き出てくる動き。まさかこの箱にまで人がはいっているとは・・・
さすが中国。
ここまでできるのは世界の中で中国と北朝鮮しかないのでは、と思われる団体演技!
そしてさすがに中国雑技団をかかえる国。あの地球を横にはしる人々・・・見ました??合成?のわけないですよね、ライブだもの・・・
あれってどうやっているの????
靴に超強力磁石をつけてるとしかおもえな~い!というくらいアクロバティック。
最後の聖火ランナーのおじさんも。ずっと片手で聖火をもちあげ、あの高さであの距離をつりさげられながら、走る(演技)。すごい・・・とても人間業とはおもえませんでした。
最近のオリンピックの中で、今回の開会式はかなり印象にのこりました。

でもこれでもか~っていうくらいの中国の宣伝・・・オリンピックだし、このために数年数多くの犠牲をはらっているわけだから当然なのかな、すごい宣伝でしたね~・・・・

花火もいっぱいでてきたし、ライトアップもとってもキラキラしていて、我が家では部屋の電気を消してみていました。とっても素敵でした。
あれだけの花火をあんな町の中でやっても大丈夫なんでしょうか??
すごい音というか地鳴りなんだろうなぁ~~

と、いうことではじまりましたね、オリンピック。
毎日テレビをみるのが楽しい日々がはじまり嬉しいです(^^)
コメント (1)

愛読書 ハリーポッター

2008-08-04 20:32:28 | Weblog
とうとう・・・終わってしまいました、ハリーポッター。
1巻「ハリーポッターと賢者の石」は、本を読まずに映画から入りました。
友人が面白いのよ、と本を貸してくれて、(そのときはたしか2巻まで出ていたかな)、すっかりはまり、手元に置きたくて自分も購入することに。
悔しいのは、先に映画をみてしまったので、ハリーもロンもハーマイオニーもダンブルドアもスネイプもハグリッドも・・・ホグワーツもイメージが固定されてしまったことです。
映画を見る前に本をよんでいたら、どんなイメージだったのかなぁ~と・・。
あ、でも、映画のこれらの主要人物には異存はないのよ、みんな大好きです(^^)

2,3巻までは1冊ずつでしたが、4巻からは上下巻セットとなり、本棚をどんどん占めていきます。
3巻「ハリーポッターとアズカバンの囚人」はとてもコンパクトながら、よい展開、驚きの展開、納得の展開でお気に入りでした。4巻「~と炎のゴブレット」は上下巻であるので長くて、また、ホグワーツ以外の場面が多すぎて、なんだかあんまり面白くなくて。ロンとハリーの仲違いが長いのも嫌いな原因のひとつ。
5巻「~と不死鳥の騎士団」はおもしろいんだけど、アンブリッジという最悪なやつがでてくるのがどうも・・。そしてハリーが信じているキャラである私も好きだったシリウスに悲劇がおきてしまうし(涙)。ハリーは思春期でイライラしてるし。でもこれも上下巻ですが、一気に読みました。ロンのパパがここで死ななくてほんとうによかった。6巻「~と謎のプリンス」も上下巻。いよいよハリーとヴォルデモードの対決も佳境にはいってきます。ハリーや読者みんなの心の支え?!のダンブルドアが死んで終わってしまうなんて、このあとあと1巻でちゃんと終われるの?と疑問&ショック。そして、6巻から2年待ちました、ようやく最終巻の7巻「~と死の秘宝」。
仕事がいっぱいあって、なかなか時間がとれなかったけれど、この前、読破しました!

ああ~~~・・とうとうハリーポッター終わっちゃった・・・
今までの謎とか、どういうこと?と思っていたことがすべてすっきり。
これでもう新しいハリーには会えないんだなぁと思うと、さびしいです。

訳者の訳し方によって、結構、意味がかわったり、深いところが違って見えることもあるようなので、原書でよんでみたかった!
でもそんなの無理無理無理。。。。。。。。。。。

大人になって映画とのコラボで、指輪物語もはまりました。
でもやっぱりハリーポッターが一番かな。
児童書というジャンルにしておくのはもったいないです。
友人にひとりはまってる友達がいて、語り合うのが大好きですが、かなり離れているので(こちら宮城あちら新潟)、電話代が・・・。
でも、なかなか近くにハリーポッターを読み込んでいる人がいません。
おもしろいのよ~~~映画だけみたことある人もぜひ本を読んでみてください。
ハードカバーで、全11巻。すごい場所とお金がかかりますが、損はさせないと思いますっ。いまはハンディサイズもでてるみたいですね。

だれか私といろいろ語り合いましょう!
ニワトコの杖のこととか、キングスクロスでの出来事、スネイプのこと・・!!!

読書っていいなぁ♪
コメント (8)