SORA KAZE 

日々の暮らしでのデキゴトを綴ります。
女子大生満喫中の娘と高校球児な息子。
仕事と趣味と。そんなつれづれブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春高バレー 県決勝!

2014-10-31 08:59:31 | 日記
3年連続同一カードの 春高バレー県決勝。
高1のときから娘たちも全校応援3回目。

総体はお互い試合を他会場でする身だから応援にいくのはできないけれど、
選手権大会はこうやって応援できていいですね。

娘の高校は準決勝進出が全校応援のガイドライン。でもバレーボールは決勝進出を信じての
決勝からの全校応援でした。
(ちなみに準決勝には野球部だけが認められて行けたそうな、お礼応援ってやつですな)

ちなみに私も仕事がオフだったので
応援にいってきました。


甲子園でまとまっただけに応援も今年が一番まとまってた。超もりあがってた。

野球部の甲子園
サッカー部も国立目指した青春がこのまえ燃え尽き(←これも部活引退した友達と応援にいってた娘)

いよいよ部活動に青春を捧げてきた仲間の全校応援もこれで最後。


試合開始はリードしたものの徐々に拾われ打たれ、1、2セットとられる。

3セットにはいるまえ
大応援団から 栄光の架け橋 の歌のエールが始まる。

これがね


決して平らな道ではなかった
けれど確かに歩んできた道だ
あのとき思い描いた夢の途中にいまも
何度も何度も諦めかけた夢の途中
いくつもの日々を乗り越えて
たどり着いた今がある

全校生徒の8割が運動部に所属するという学校、
部活に本気で青春を捧げてきた子たちからの歌。
そしてスポーツクラスだけが部に入っているのではなく
普通クラスも分け隔てなく 部活動に所属し同じ練習、同じ授業を受けている仲間。
そばで努力してるのをみんながちゃんと知っている。
そんな生徒たちからの心の歌。
ものすごく 気持ちがこもってて
感動で鳥肌がたちました。

卒業式のような気持ち。。・゜゜(ノД`)

娘が帰ってきてから聞いてみたら、
『栄光の架け橋歌ってるとき
噛み締めながら
そうだったな 頑張ってきたなって しみじみみんな なんか自分のことを思い出しながら歌ってて すごく感動して、泣きそうになったよ』と。

やっぱり。伝わってきたよ、 その想い。


3セットめはすばらしい試合展開をみせましたが
力及ばず 敗戦。

全国制覇を狙ってる今年こそ 優勝をつかみとってきてほしい。


負けてしまったけれども
娘の友達も 仲間も
出し尽くしたという
清々しい表情をしていました。


青春を捧げてきた友達に囲まれて
娘の高校生活は熱い青春がおくれたなあ
ここにいられて娘は
幸せもんだなーと

スタンドの全校応援をみながら
毎日送迎してる私の労力も報われたような気がして、
しみじみと そして熱い青春のおすそわけをもらったのでありました。
コメント   この記事についてブログを書く
« お椀マトリョーシカ | トップ | 息子の進路 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事