yopikoの、たなばた日記

フクロウグッズ・書・風景・植物や日々の出来事など、写真で気ままに綴っています♪

本蒔絵根付

2006-11-30 19:34:57 | 【フクロウ】キーホルダー・ストラップ
 京都・嵯峨の大覚寺で買った、本蒔絵京漆器の手造り根付け。
高さ3.5センチ、横幅2.5センチの根付け。

 綺麗だったので友達とおそろで買った 

 11月も今日で終わり。 今年も早いもので、あと1ヶ月でおしまい。
写真の整理や、年賀状の作成、忘年会  、大掃除など用事がいっぱい。

 次から次へと用事があるので、ノンビリ屋の私はどんどん片付けないと来年になってしまう   
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嵯峨野白ふくろう

2006-11-29 20:14:34 | 【フクロウ】焼き物(材質)
 このふくろうも、ありがとうふくろうと同じお店で買いました。
幸せの白ふくろう。 2羽、寄り添って木に止まっています。

小さいけれど、幸せなふくろうです。 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

これもありがとう!

2006-11-28 15:42:07 | 【フクロウ】焼き物(材質)
 先日出かけた京都・嵯峨野で買いました。
今回も旅の記念に何かふくろうが欲しかったので、小さいし(身長3.5センチ)
ありがた~~いありがとうふくろうなので、買っちゃいました。

 ふくろうの値段って大きさに比例している気がします。
(何でもそうです・・・ね  )

 夫はどうせ買うなら5000円から10000円くらい、といいますが。
私は2000円以下かな。(大きいと重いしがさばるし)結構ケチかも  

 今日はお休みの日なので、用事を済ませて、美味しいビーフシチューを作っておいて、これから幼馴染の友達と飲み会で~す。
最近お酒を飲むと頭痛がするようになってきたので、量を控えようと思っています。

 そろそろ忘年会シーズンですね。 飲んだら乗るな!乗るなら飲むな!でしたかしら? 飲酒運転   だけは絶対しないようにしましょうね  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

新しいケータイ

2006-11-26 15:31:52 | 日々の出来事
 昨日ついに、家の近くのヤ○ダでんきで、夫と私はケータイ  を買いました 
 ド○モのSH903i です。2年以上使ったムーバからFOMAへの契約変更です。
本当は1円のがよかったけど、そしてちょっと奮発してドルチェでもよかったのだけど、 結局最新型を買いました。ド○モとヤ○ダのポイントを利用してかなり安くゲット

 いつも夫と同じ機種にしています。トリセツを読んでもわからないときなど教えてもらえるし、ボタンの位置も同じなので、車で帰省する時など替わりにメールを送ったり出来るし便利なのです。

 いつもは夫と違う色にしています。もちろんストラップが着いているから間違えないけど。 
 しかし今回は同じ色です。黒とエンジと青と白があり、白以外は結構濃い色でメールを打つときなど目がチカチカしそうだから、白にしました。

 私は銀行でもらったミッキーのストラップ 
夫はかわいい小学生の女の子からもらったたこ焼きストラップ 

 新しいケータイはminiSD ではなくて、microSDカードなんですね。
 今日ヤ○ダでんきにマイクロSDメモリーカードを買いに行きました。
このお店は来店ポイントが貯められるのですが、いつも100ポイントなのです。
100ポイントしか出ないようになっているのではないかと、ずっと疑っていました。
 
ところが、    
今日はなんと! 1000 ポイントが出ました。 1000 ポイントなのだから、音楽が鳴るとか、鐘が鳴るとか、「おめでとう!大当たり!」なんて声がするとか・・・なんて、何もなかったです。
「当たり!1000ポイント」と画面に出ただけでした。

 でも、うれし~~い  (こういう事がうれしい小市民でス・・・)

実は、長くなりますが、昨日午前中にデパートにお歳暮を頼みに行きました。
今日までに頼むとガラポン抽選会が出来るので行ったわけです。
1等10,000円、2等1000円、3等500円の商品券なのですが、9回まわしたのに全部はずれだったので、悔しい思いをした訳なのです。
 
 ですから、今日は何倍も嬉しかった~~~ということで~~す  
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の京都⑩終・大河内山荘

2006-11-25 16:34:36 | 帰省&旅行記 ♪
 結構寒くなってきた。小倉池のそばにある人形作家のアトリエで食事。
友達二人は日頃の鍛え方が違うのか、私だけ少々疲れてきた。

 食後は大河内山荘。 小倉山の南面約2万平米の荒地に、時代劇の名優大河内傳次郎(1898-1962)が、創り上げた庭園である。
34歳から64歳で逝去するまで30年の歳月にわたって映画の出演料の大半を注ぎ込んで作ったそうで、傳次郎の生命を掛けた創造の場だったのだ。(パンフ引用)

  
 山の紅葉が目に飛び込んでくる

     

  
 遠く比叡山などの山が見える。 お抹茶席でお茶とお菓子をいただいた。(入園料にお茶代が含まれる) 
 すばらしい自然を堪能したあとは、竹林をぬけて渡月橋へ。竹林辺りから人人人で、渡月橋まで人の波が続いた。橋の上も人人人。
 たぶん今週はさらに人が多くなるだろう。

 嵐山から京福嵐山線に乗った。路面電車は子供の時都電に乗ったきりだから、とても懐かしい感じがした。 雨も結構降ってきたのでそのまま京都駅へ。
6時半の新幹線で東京へ帰ってきた。車内ではずっと寝ていた。

 疲れたけれど、京都の秋を満喫し、楽しい旅が出来てよかった 
また京都に行ってみたいと思う。   おわり 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の京都⑨・二尊院、常寂光寺

2006-11-25 15:25:34 | 帰省&旅行記 ♪
 お昼になっていたが、もう少し回ろうということで次は二尊院。
本尊に釈迦如来と阿弥陀如来の二尊を祀るため二尊院と呼ぶ。
 参道は紅葉の馬場といわれているようにみごとな紅葉だった。

  

  

 せっかく来たのだからと長い階段を登り山の方へ。
曇っていたが市内が一望出来て絶景だった。
「ばんつま」のお墓にも参拝した。

 そのあと常寂光寺へ。こちらのお寺も二尊院のように階段を登っていく。

  
 やはり山が近いので紅葉も綺麗だった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の京都⑧・壇林寺

2006-11-25 14:35:33 | 帰省&旅行記 ♪
 続いて、壇林寺へ。こちらはあまり人がいなかった。
入り口でおじさんが手書きの説明書を見せながら解説してくれた。
 このお寺は平安時代の初めに嵯峨天皇の皇后橘嘉智子が創立した由緒深い寺である。
  
  
 本堂の屋根。一番上に瑞鳥がとまっていて、天空に向い経文を唱えているそうだ。(後ろの樹木でよく見えないが・・・)
 屋根の形がめずらしいのでパチリ!

  
 庭園は小さいながら綺麗だった。
境内のひょうたん池に森青蛙が生息し、6月から7月には樹上に産卵が見られるそうだが、訪れた時には池の水があまりない状態だった。

 こちらのお寺には宝物館があり、数々の美術品や観音様などがあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の京都⑦・祇王寺

2006-11-24 19:11:25 | 帰省&旅行記 ♪
 次はまた少し歩いて、清涼寺。ここは外から見ただけ。

すぐ隣の宝筐院へ。平安時代に白河天皇によって建立された。
 このお寺は白砂・青苔と多くの楓や四季折々の花木からなる回遊式の庭園が広がり、紅葉もきれいだった。

 そのあとは祇王寺へ。祇王寺(尼寺)は小倉山麓、竹と楓に囲まれたささやかな草庵である。
  
  
 苔むす庭園はなかなか風情があった。

  
 おもしろいものを見つけた。瓢箪の形をしている。クマガイソウと書かれた立札があった。栽培中のようである。

  
 その右手には竹やぶがあった。
竹やぶを進むと、祇王寺にある苔の標本が10種類くらい置いてあった。
苔と一口に言ってもずいぶんいろいろあるのだと思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鍵が見つからない・・・

2006-11-24 18:49:48 | 仕事雑感、おやじギャグ語録
  今朝の出来事。
 
 朝は夫と一緒に  を出るが、今朝は可燃ゴミと缶を出す日で(私の住んでいる市は個別収集なので、玄関先に出す)バタバタし、おまけに忘れ物をしたので一度家の中に戻った。
 その時、家の鍵とチャリの鍵をどこかに置いてしまった。

 もういつもの  に間に合いそうもないので夫には先に行ってもらった。

 さあ~~落ち着いて探したら、玄関マットの上に置いてあった。
模様に同化してて気がつかなかった。どうかしてたんだわ  

 早速夫に メールをいれた。
   「あった!玄関マットの上。焦ってわからなかった。心配かけてごめんね。m(__)m 次の急行で行きます。 頭使いすぎたのかな? (夕べパソコンを夢中でいじっていたので、今朝は頭痛がしたから・・・)」

 「よかった!マットの上とは! マット良く捜せばよかった! 」

   「朝から冴えてるね!採用決定!」

という事で、ブログ公開となった訳 
  ※( は原文のまま載せました)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紅葉の京都⑥・大覚寺

2006-11-23 11:40:54 | 帰省&旅行記 ♪
 翌日は曇り。少し寒かった。
2日目は嵯峨方面へ。最初は大覚寺。
 
 正式名称は「旧嵯峨御所大覚寺門跡」という。門跡寺院とは、天皇または皇族が住職に就かれた寺院のこと。平安の昔、嵯峨天皇の離宮嵯峨院が建立され、孫にあたる恒寂法親王が初代の住職に就いた。
 
 中はとても広く、寝室やお産室などいろいろなお部屋があり、なかで迷子になりそう。きゅっ!きゅっ!と鳴る曲がりくねった廊下を十二単の着物の裾を引きずりながらたくさんの女性達が通ったのだろうと、しばしタイムスリップして想像の世界を楽しんだ。

   
大沢池を眺めながら、ゆったりとお抹茶をいただいた。

   
ここにはあちこちに嵯峨菊があった。
これで満開の花。色とりどりで綺麗だが、すっと上に伸びているのでたくさん集まっても豪華な感じはしない。 でもお寺には合っているのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

☆ 御覧いただいてありがとうございます ☆ 

☆フクロウコレクションをアップ中~現在の数【776】 ☆11日は鉄写同好会、25日は雑草倶楽部、6・16・26日はむし倶楽部、9・19・29日は空倶楽部に参加中~  ☆使用カメラ CanonEOSkissX6i・レンズ50mm、10-18mm、18-135mm、TAMRON90mm、18-270mm。    NikonD750・レンズ24-120mm、TAMRON90mm、150-600mm。 コンデジ CanonPowerShotS120、ネオ一 FUJIFILM FinePix S1