非才無才の雄叫び

つぶやくこと、叫ぶこと、すべてボケ防止だ!

相次ぐ台風・豪雨災害の惨状は後進国並みだ! 安倍首相は恥を知れ!!

2019-10-26 13:50:48 | 日記
台風19号一過の千葉県の豪雨災害で
死亡された9人の方々のご冥福をお祈りします。
また行方不明の方の一刻も早い救出と発見を祈ります。


今朝のネットのニュース
温暖化前提に河川整備=降雨増踏まえ、基本方針改定へ-国交省

何を今更

地球温暖化が叫ばれて、何年建つんだよ

これから「温暖化対策」

国民のためのお金を出し渋ってきた自民党政権のつけが、近年の台風等の豪雨災害だ。

安倍首相よ、恥を知れ

他党に「悪夢のようだ」といえるか

西日本豪雨災害、今回の台風19号と、その後の豪雨災害

これこそが「悪夢だ」

後進国並の惨状。恥を知れ


安倍政権は台風19号の被災を教訓に国土の強靭化に早急に取り組め!

2019-10-16 22:03:45 | 日記
今回の台風19号の被災で亡くなられた方々のご冥福をお祈り
いたしますと同時に行方不明の方々の一刻も早い救出と発見を
願い、被災された皆様にお見舞い申し上げます。

災害に遭うたびに「日本は災害が多すぎ」ないかと思う。
勿論、地理的な問題や地球温暖化の問題もあるだろうが、
災害の惨状のニュースをよく見てみると、「人災」の部分が
かなりあるのではないかとさえ思う。

たとえば広島豪雨災害。
2014年に死者行方不明者74人。
2018年は死者行方不明者114人。
そして今回の台風は関東から東北に向けて約90人の方々の
死亡または行方不明。

特に広島の被災の映像は今も目に残っている。
2014年の時のニュースを見ると、山の裾野に住宅が林立し
ているではないか。
目を疑った。
あれではまた起こる。
案の定、去年2018年の広島は、もっとひどかった。
不動産や建築に関わる者としては、山の裾野に分譲住宅が
あるなどということは、およそ考えられない。
住宅を建てる場所がないなら、
「山を削れ」だ

たとえば東京の多摩ニュータウンは、丘や小高い山を削って
広大なニュータウンにした。

少し急峻でも山を削って、ニュータウンにしろ!
命が大事だろ
だから、広島豪雨災害は「人災」だと言いたい

広島県や国土交通省は、山の裾野に住宅の建設の許可を出す
べきではないのだ。

今回の台風災害も、「人災」の部分がないわけではないと
考える。

話は横道にそれるが
最近、安倍首相は「民主党の時代は悪夢のようだった」など
と発言して物議を醸したが、立憲民主党の岡田克也議員は
激怒して「取り消しなさい」
首相は「取り消しません」
なんと不毛な問答だ

翌日、立憲民主党に電話して
「岡田さんに伝えてください。感情的にならずに『どこが
悪夢だったのか』聞くのです。答えを聞いたうえで、自民
党政権下で起こった水俣病はじめいろいろな公害病、薬害
エイズ問題、サリドマイド事件。そして何より国民一人当
たりの借金約900万円。これが『悪夢』でなくてなんですか?
そう追及すべきだった」

日本政府は永いことODAなど海外援助に力を入れてきた。
昔は「ひも付き」と言って、海外の援助の条件に、当該プロ
ジェクトの日本企業への発注が条件で、今、中国がそれをや
っている。
海外援助と言っても、当初は日本企業の活動を支えるためだった。
それがやがて、世界のひんしゅくを買うことになり、改めて
行ったがそれでもなお「存在感を示す」と言って海外援助を
続けている。
ODAの日本の支援金額は年約114億ドル、円換算で約1兆
2400億円規模。

一方、国内では狭い日本に80以上の空港があるなど、箱物の
無駄遣いで国民の血税を湯水のごとく使ってきた。

半面、政府は国民のために使うお金を惜しんできた。水俣病
などの公害病や薬害エイズ、サリドマイド事件がその象徴で、
しかし「企業活動を損なう」として企業擁護を行い、被害者
の救援に及び腰で、救済を遅らせた。
このように弱者である国民の生活を守ろうという意識が
極めて低い。

国内の自然災害の惨状も、その現れではないか?
21年前の平成9年に「河川整備基本方針・河川整備計画」を
立ち上げたものの、その進捗状況は、どうだったんだろう。
阿武隈川等の今回の氾濫をみても、改修工事のレベルに疑問
が残る。
33年前の1986年の災害の反省から約800億円かけて
阿武隈川流域の河川の整備がなされたはずなのに、この大災害だ。
堤防の嵩上げは、どうも1mちょっとという日本らしいケチった
やり方だったようだ。ここにも国民の生活を守る意思が低く、
義務程度の費用の捻出が招いた結果だ。もっと大胆に3m
くらいのかさ上げをやるべきだった。気象庁の知見が生か
されたとは、とても思えない。

これらの計画は、実際に気象庁の知見を得て将来の気象
状況を鑑みて策定されたはず。その証拠に二子玉川では
国土交通省は「100年に一度の豪雨対策」と住民を説得
しようとしたが、「景観を損なう」と反対運動を起こして
裁判までやって着工を遅らせた「二子玉川の環境と安全を
考える会」の責任は重いが、2009年の時点で政府は気
象庁の知見を得て「100年に一度の豪雨」を予知してい
たのに、その取り組みが一部に留まっていたのは、どうい
うことだろうか?

つまり日本政府はアドバルーンを上げたものの本気で防災
対策をやる気がなかったというわけだ。国民を守るための
お金を出し渋った結果が今回の台風19号の爪痕であり、
惨状だ。
政権党である自民党の二階俊博幹事長の台風19号の被害
についての発言「まずまずで収まったという感じだ」が、
それを物語っている

ODAに使う資金の半分を国土の強靭化に回すべきだ。
このままでは国民は相次ぐ災害に疲れ果て、
働く意欲を失くしてしまい
災害に備えるために財布の紐がますます固くなって
しまうだろう。


最後にボランティアに参加している皆さんに
心からお礼を申し上げます。







Hello! Trampoline American New President. Do you know Japanese minicars?

2017-01-26 18:13:57 | 日記
Congratulations on president inauguration
I am trying hard to increase the employment of American citizens. It is respectable.

Its momentum is directed towards the Japanese automobile industry, the Japanese government and the Japanese government
The automobile industry is unable to hide upset.

"Mr. Trump said about Japan," When we sell cars in Japan, they
It makes sales difficult, but Japan is a big ship that I have never seen before.
Hundreds of thousands of vehicles are exported to the United States and are on sale. This is not fair, "
I condemned it. "

I heard the news.

All the Japanese people who saw this news are bitteringly smiling.

As for Japan import trucks, zero tariffs, environmental regulations are strict, but that is
Both Japanese and European cars are the same.

Since I pointed out where the American car is hard to sell
Say it!

American cars are not popular and can not be sold
First of all American cars may be slightly different now, but 4500 cc
High octane specification with displacement of 6000 cc.
Neither interior nor instrument panel is good. Face and other styles are bad
Making is complicated. And surely the left handle etr ...
Image is bad now.

For example, a company in the United States always mails in English only. Email
Since the end of the address is "JP", I know that the other party is Japan
Although it should be supposed to be sent in Japanese sentences never.
In the same way, American car makers have "home-grown cars"
Just press it!

American car makers are making efforts for car making and selling efforts as well
It's not there

Look at BMW and Mercedes sold in Japan!
It also sells right-hand drive spec cars tailored to the Japanese roads and runs
I have it. Popularity is fine.


And first, gasoline prices are too different.

America has 1 gallon (3.8 L) and 99 cents

When 1 liter is converted into Japanese yen, 1 liter is 29.96 yen,
About one quarter of the gasoline price in Japan
Is not it cheaply cheap?
I am envious of American citizens.

Trampoline!
Do you know that there are minicars in Japan?
About 4 people can ride at 660 cc.
Over half of new car sales in Japan, it is selling.

It's cheaper to buy gasoline at the same price as the US
Will you export crude to Japan?


Then the Japanese will also have Mustang and Cadillac 6000 cc
I think I will buy enough American cars.

No, it is impossible.
Design is bad, interior is not good, instrument panel is not good.

Tell the American automaker!

With European car makers and Japanese manufacturers
Same " Effort .

やあ! トランポリンアメリカ新大統領さん。日本の軽自動車って知っているかい?

2017-01-24 23:10:56 | 日記
大統領就任、おめでとう

アメリカ国民の雇用を増やそうと、頑張っているね。ご立派です。

その勢いが日本の自動車業界に向けられて、日本政府はじめ日本の
自動車業界は動揺を隠せないでいる。

「トランプ氏は日本について、『我々が日本で車を売る場合、彼らは
販売を難しくしているが、日本は見たこともないような大きな船で
何十万台も米国に輸出し、販売している。これは公平ではない』と
非難した。」

のニュースを耳にした。

このニュースを見た日本人は皆、苦笑している。

日本は輸入車に関しては関税ゼロ、環境規制は厳しいが、それは
日本車も欧州車も同じ。

どこにアメリカ車の販売を難しくしているか、それを指摘してから
言い給え!

アメリカ車は人気がないから売れないんだよ
まずアメリカ車は今はすこし違っているかもしれないが、4500cc
とか6000ccの排気量でハイオク仕様。
内装もインパネもいまいち。フェイスをはじめスタイルが悪いし
作りが雑。そして必ず左ハンドルetr・・・
今やイメージが悪いのだよ。

たとえばアメリカの会社はメールはいつも英文ばかり。メール
アドレスの末尾が「JP」だから相手が日本国であることはわかる
はずなのに日本文でよこしたことはない。
それと同じで、アメリカの自動車メーカーは「本国仕様車」を
押し付けるだけ!

アメリカの自動車メーカーは車づくりの努力も販売の努力も足り
ないのだよ

日本で売っているBMWやベンツを見てごらん!
日本の道路に合わせた右ハンドル仕様車も売っているし走って
いるよ。人気は結構いいよ。


そして第一、ガソリン価格が違いすぎるじゃないか。

アメリカは1ガロン(3.8L)で99セントだって

1リッターを日本円に換算すると1リッター29.96円と、
日本のガソリン価格のなんと約4分の1
とんでもなく安いじゃないか。
アメリカ国民がうらやましいよ。

トランポリンちゃん!
日本には軽自動車ってのがあるの知っている?
660ccで4人くらい乗れる。
日本の新車販売の半分以上、売れている。

ガソリンをアメリカと同じ価格で買えるよう安くアメリカの
原油を日本に輸出してくれないか。


そうすれば日本人もムスタングやキャデラックの6000cc
くらいのアメリカ車を結構、買うと思うよ。

いや無理かな。
デザインが悪い、内装がいまいち、インパネもいまいち。

アメリカ自動車メーカーに言い給え!

ヨーロッパ自動車メーカーや日本メーカーと
同じ「努力をしろ」と。














Hillary Clinton's! More sharply.

2016-09-27 23:07:19 | 日記
Dear Hillary Clinton's!

Discussion with Mr. Trump seems to have been overwhelming victory winning margin of Mr. Hillary, but
The following discussion, will not the case.
Suggestions for.
1. the CD for each theme the past remarks of Mr. Trump, you are referred to as "do not say,
Here, another look for everyone to play this CD, please suggested that if ".
2. Do know that Japan is the burden of the year 189 billion yen to the base of the US military, the United States
Please ask and what you know is that you have made a law to protect When you are attacked.
3. are you stationed in Japan is not only to protect Japan, Asia, the Middle East, in order to protect the world
It is stationed. That is not all. If you have not stationed in Japan, maybe Japan's runaway
Because it may. The Pearl Harbor we can not forget.
To say that, it stifles Mr. Trump.

Than Japan's crazy.

It advised to the United States presidential candidate Hillary Clinton dear.

2016-06-06 23:23:37 | 日記
DEAR SIRS
Hillary Clinton dono

In the United States of the poll it seems to be reversed to Mr. Trump, but Is it true?
Although it seems there is a jinx that there is no example of the Democratic Party government to achieve a third term, How are you?

Clinton said in Japan has spread voice that fear and do not not win to Mr. Trump.

Therefore, we proposed to Mr. Clinton.
However only for remarks about Trump's defense of Japan, but ....

We cry out in the following manner to Trump's remarks against Japan.
"Trump Mr.'m an amateur does not know anything.
We're not you're stationed to defend Japan.
In order to keep down the Kubinekko of Japan that time do not know what to runaway, they are stationed in Japan.
We are never to not be able to forget Pearl Harbor, forget I should not be. "When

Of course, Japan stationed in Asia, but it is clear it is for peace and stability in the world, more than an ally
That it must abide by Japan, Japan and protect the US When the United States attacked the Japanese government has decided
It should be stated.

Then, Mr. When you Saunders to vice-presidential candidate, it is recommended that you desired in the presidential election.

Aimed at the United States's first female president Dear Mr. Hillary Clinton.

Than Mr. balloon.

Hillary Clinton dono the Dear America presidential election fight with Mr. Trump

2016-05-29 21:59:37 | 日記
DEAR SIRS
Hillary Clinton dono

Congratulations breakthrough of the presidential primaries. Nearly hands the Democratic Party nomination
But has been reported as in, the eyes of the FBI Secretary of State era come here
Although the news was flowing that listening in Lumpur problem, okay.

By the way the Republican Party is also determined to nominate candidates for the Republican early before Mr. Trump is a party convention
This waiting was like circumstances, and in the United States of poll slightly Mr. Trump
It seems there are also reports that exceeds in, but it is worried.
Vs. Trump operations in the final round, I guess the thing that has been naturally conceived.
However, in the debate of in the nomination fight of the Republican Party, the other, including Mr. Cruise
Discussion of ideas were those completely lackluster.

Of course, Clinton said even Sanders also much mentioned in Trump's remarks
There is also the fact that is not, but not good enough does not clean.
But Hillary Clinton is, know so was in the center of the selfish regime
But such is not there is that or not is did not dare mention.

It is not obliged to defend Japan is the United States be Mr. Trump is "the United States attack.
Departure, such as This is inequality, "So" to pay all expenses stationing of US forces. "
It is saying, but the candidate who is anyone does not refute. However, this Trump
We have a critical lack of awareness is at the root of his remarks.

One is of course the Abe administration two years ago, exercise acceptance cabinet decision of the right to collective self-defense
And that it does not recognize all that the was, conservatives of the Liberal Democratic Party, hawk
It is that do not understand the faction of the deep.

To begin with, the United States even though the Cold War has ended, why the military in Japan
Does it have to be stationed?
Of course, the post-war process pairs from Japan stationed in the warp and a pair communist nation the Korean War of
As a bridge head coercive to 峙 of Japan, in particular base of Okinawa UN forces and the United States of the request
Thing that was, but it by've survived splendidly the Cold War era.
And that in order to maintain the stability of Asia, including the Korean Peninsula is now
There would be just cause of Japan stationed.
Trump says, in its general tone only the grounds, showing off the bombast, rice
It seems to be the going got your country national acclaim.

But military strategy scan of the new conservatives, who is said to be the United States of conservative and neo-conservative
Intent of the specialists our Japan stationed, does not seem to be a tricky.
Japan should be the biggest ally in Asia signed a security treaty, but the United States of
The military experts and conservatives of the deep distrust feeling and sense of vigilance against Japan Pearl Harbor
Since the attack, I think we do not never wiped.
Why not? US military experts situation in the world, Japan not only the situation in Asia
And also of the political trend analysis, the presence of US forces in the way in Asia
Decision to have.
An analysis of the Japanese political developments in that, Kubinekko of Japan stationed in Japan
If you do not hold down the, the Japan someday be sure to runaway again Asia and,
It should lead to the conclusion that destabilize the world.

Japan's Liberal Democratic Party most of the post-war has been responsible for the administration, but of the Liberal Democratic Party
Conservatives are Sekiri with Yoshio Kodama, etc. right wing deep, still the relationship is pulse
It seems to have followed as people. There is a shrine to one of its contact
I. In former Prime Minister Junichiro Koizumi, for example, there does not appear to be a relationship with the right-wing
Even, also forced the visit to the Yasukuni Shrine five degrees affect the US military presence
It is said to have given. This means that the United States and the balancer in Europe
And as in the United Kingdom and Germany, which plays the role of Asia in Japan,
In particular, we were expecting as a balancer in East Asia, beautifully
To have been forced to change of the military presence because you've betrayed by
It is said.

US guarding as authoritatively the principle of separation of church and state, such as Arlington National Cemetery
The, Japanese politicians of Yasukuni Shrine in incomprehensible strange phenomenon, Japan
But, when conservative swing and politics to emperor worship is not tricky or continue to slope
You'll be.
In fact Japan in the political arena the "legislators of the meeting to worship at Yasukuni Shrine in everyone."
It has formed the ruling and opposition parties across the.
For example, the details of the Wikipedia
" Liberal Democratic Party, the Democratic Progressive Party, Osaka meeting of the Meiji Restoration, Japan
Party to cherish the heart, life of the party and Taro Yamamoto and his friends of the 5 party
To be composed of independent members of parliament.
···Overview
War that have been made in the past that have been enshrined in the "Yasukuni Shrine (Boshin-Nisshin game
The Spirit our remembrance, such as war, the Russo-Japanese War, Greater East Asia War), Member of Parliament Min
Was formed in the effect that stroked trying to worship "in 1981 (1981) 20
13 years (2013) in spring example festival on April 23 Diet total 168 lawmakers population
Worship (Member of the House of Representatives 139 people, a member of the House of Councilors 29 people. In another political party the Liberal Democratic Party
132 people, the Democratic Party five, 25 people Japan Restoration Party, Your Party three, the party of life
One, two independents)
Moreover, China and South Korea over the Yasukuni Shrine of new in storage Prime Minister Abe
With respect to conflict with, it has been condemned from all over the world. The following is Wikipedi
A is the article.
" Prime Minister Shinzo Abe is, 2013, from the second-order cabinet launched a full year
December 26 morning, and visits to the Yasukuni Shrine in Tokyo, Kudankita. The incumbent prime minister
That Yasukuni Shrine is San of former Prime Minister Junichiro Koizumi of August 15, 2006 (the end of the war of the day)
Since worship, 7 years 4 months the first time. The first-order also visits as prime minister of Mr Abe, the second-order
For the first time through the Cabinet. In contrast, China, South Korea, after the Second World War
Of the Far East so-called Class-A war criminals, et al. In the International Military Tribunal (Tokyo Trial) is enshrined
Abe of strong opposition was 013 on December 26, 2008 to the prime minister visits the Yasukuni Shrine, which is
The visit to the Yasukuni Shrine by Prime Minister Shinzo, Ambassador of the United States Embassy
And a prelude to the "Japan is an important ally friend", "the United States of Japan
Disappointed that the leaders took the action to exacerbate tensions with neighboring countries
And that "," Japan and the neighboring countries of regional peace and stability of our common goal
Finding a constructive way to promote cooperation among the promotion of
It is expected to "," Prime Minister expressed his regret to the past, Japan is peace
It issued a statement to the attention "to be reaffirmed and continue to be involved in.
In response to this, Asahi Shimbun, the US government has criticized the Yasukuni Shrine of Japan's prime minister
Was the was reported to be unusual. Spokesman of the State Department also embassies in Japan and the same content
Announced the discourse "

But US conservatives of concern, rather, Yasukuni of these Japanese politicians
The constitution of the Liberal Democratic Party hawks lurking at the root of worship problem, what is the trend
is.

Once Shintaro Ishihara of Seiran meeting of Liberal Democratic Party hawks a "pressing Constitution
Abolished should be established a voluntary Constitution was the head of the emperor "and still claim
doing. Moreover, Mr. is a nuclear-armed commentators.
Shintaro Ishihara's words and deeds in the following manner and try to follow in Wikipedia
It now has.

"About the Constitution of Japan
It has been with the theory voluntary constitutional theory. ... The emperor and head of state and the representation of Japan,
It is a view that should be noted and the head of the emperor in the Constitution. Of December 11, 2002
In Tokyo Metropolitan Assembly for the Japanese Constitution it is troublesome that I say "constitutional amendment procedure
Without, made a statement and I do, "the discarded resolution in the House of Representatives. interview
Even in such as, are the goal stated as "to change the Constitution."
For Military
Three Principles on Arms Exports and defense spending voluntary defense propulsion ... that "Takeo Miki made
The policy should change, "such as 1% frame, nuclear-armed, self-reliant defense establishment Theory
It is a person. In Asahi Shimbun dated July 19, 1971 "(nuclear weapons) If no,
It becomes more and more poor thing Japan's diplomacy. It is no longer right to speak. "
"So, I stand with only one shot. I do not know whether the Japanese is what
If there is an uneasy feeling that, the world would hear the matter referred to in Japan "
Remarks and was introduced. In the press conference of June 20, 2011, "Japan is nuclear
It is useless if you do not have the (weapons). Absolutely to a full-fledged as long as they do not have
Handled not, "" way to Japan to live is to make the military regime. So
If not made somewhere in the vassal state. Also stated that say "If you do conscription
It was. . In even a press conference on August 5, 2011, also Asahi also on April 5, 2013
"Japan in an interview with the newspaper did not become a powerful military state
Claiming Luo absolutely lose the sense of existence. " "

Or have the same idea to tune to claims of such Shintaro Ishihara
Lawmakers of the Liberal Democratic Party who are you up to quite a few.

Mr. Trump is, of assertion of presidential primaries and if made to the President of the United States
And as a "stationed expenses to pay all" and was closing in on Japan. Day
The present government is to will not hide the embarrassment, let's born and rebound. Country
The meeting will be equivalent dispute. Not between the people of Japan through the media
Safety and anger would swirling. A result, the media is to the people of the United States
You will want to stir up the rebound. Move the media in the shade, Gogo
Move the barrel opposite public opinion and to the United States stationed opposite, military buildup, nuclear armament
Of to rise awaiting joy in the shade is, a matter of fact, Makoto Ishihara
The Liberal Democratic Party hawks who, including Mr. Taro, you right-wing. And
The Security Treaty discarded or US forces withdraw a resolution on the basis of overwhelming public opinion on the country
When the resolution in the meeting, the withdrawal of US troops has become a reality, China is Rokujo
Become to be landed on the Senkaku Islands were transferred to finally execute the war plan
Award. Japan and the curtain of local war of China will be dropped off.

So Hillary Clinton is probably a little exciting in the American people
UGA, recognition of Mr. Trump for Japan pick up more of the situation
To point out the lack, to draw attention to the American people, "Trump President
You should measure the territory blocking ".

And, you to become the first US woman president.


拝啓 アメリカ大統領選をトランプ氏と闘うヒラリー・クリントン殿。

2016-05-07 09:58:59 | 日記
拝啓
ヒラリー・クリントン殿

大統領予備選の躍進おめでとうございます。ほぼ民主党指名候補を手中
にしたように報道されていますが、ここにきてFBIが国務長官時代のメ
ール問題で聴取するというニュースが流れましたが、大丈夫ですか。

ところで共和党はトランプ氏が党大会を前に早くも共和党の指名候補に決
まったような状況ですが、そして米国の世論調査ではトランプ氏がわずか
に上回っているとの報道もあるようですが、心配です。
本選での対トランプ作戦は、当然練られていることと察します。
しかし、共和党の指名候補争いの中での論戦で、クルーズ氏を含めた他
候補の議論は全く精彩を欠いたものでした。

もちろんクリントン氏もサンダース氏もトランプ氏の発言にあまり言及し
ていないということもありますが、いまひとつすっきりしません。
ただヒラリークリントン氏は、かって政権の中枢にいたので知っているは
ずなのに敢えて言及しなかったのではないかという点があります。

それはトランプ氏が「米国が攻撃されても日本は米国を守る義務はない。
これは不平等だ」だから「米軍の駐留経費を全額負担させる」といった発
言ですが、候補者たちは誰も反論していません。ところが、このトランプ
氏の発言の根底には決定的な認識不足があるのです。

一つはもちろん安倍政権が一昨年、集団的自衛権の行使容認閣議決定
をしたことを全く認識していないということと、自民党の保守派、タカ
派の深層を理解していないということです。

そもそも、米国は冷戦が終わったにも関わらず、なぜ軍隊を日本国内に
駐留させているのでしょうか?
もちろん戦後処理の日本駐留から朝鮮戦争を経て対共産主義国家に対
峙する橋頭保としての日本の、特に沖縄の基地化は国連軍・米国の要求
したものですが、それによって冷戦時代を見事に乗り切ってきました。
そして現在は朝鮮半島をはじめアジアの安定を維持するためというの
が日本駐留の大義名分でしょう。
トランプ氏は、その一般的な論調のみを根拠に、大言壮語を披露し、米
国国民の喝采を浴びたつもりのようです。

ところが米国の保守派やネオコンと言われる新保守主義者の軍事戦略ス
ペシャリストたちの日本駐留の意図は、一筋縄ではないようです。
日本は安保条約を結んだアジアで最大の同盟国のはずですが、米国の
軍事専門家や保守派の深層には日本に対する不信感や警戒感は真珠湾
攻撃以来、決して拭えていないのではないでしょうか。
なぜか?米国の軍事専門家は世界の情勢、アジアの情勢だけでなく日本
の政治動向も分析して、アジアに於ける米軍のプレゼンスのあり方を
決定しています。
その中で日本の政治動向を分析すると、日本に駐留して日本の首根っこ
を押さえていないと、日本はいつか必ず再び暴走してアジアを、そして
世界を不安定化させるという結論に至るはずです。

日本は戦後のほとんどを自民党が政権を担ってきましたが、自民党の
保守派は児玉誉士夫等右翼との関りは深く、依然としてその関係は脈
々として続いていると思われます。その接点の1つに靖国神社がある
のです。たとえば右翼との関係がないと思われる小泉純一郎元首相で
さえも、靖国神社参拝を5度も強行して米国の軍事プレゼンスに影響
を与えたといわれています。つまり米国はヨーロッパでバランサーと
しての役割を果たしているイギリスやドイツのように、日本にもアジア、
特に東アジアでのバランサーとして期待していたのですが、見事に
裏切られてしまったため軍事プレゼンスの変更を余儀なくされたと
いわれています。

アーリントン墓地など政教分離の原則を厳然として守っている米国
には、日本の政治家の靖国参拝は理解しがたい奇妙な現象で、日本
が、いつ右傾化し天皇崇拝へ政治が傾斜していくか油断がならない
ことでしょう。
現に日本の政界では「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」を
与野党横断的に結成しています。
たとえばウィキペディアの詳細では
自由民主党、民進党、おおさか維新の会、日本
のこころを大切にする党、生活の党と山本太郎となかまたちの5党
と無所属の国会議員から構成される。
・・・概要
「靖国神社に祀られている過去に行われた戦争(戊辰戦争・日清戦
争・日露戦争・大東亜戦争など)の英霊の御霊達を、国会議員みん
なで参拝しよう」という趣旨で1981年(昭和56年)に結成された20
13年(平成25年) 4月23日の春季例大祭に衆参合計168議員が集団
参拝(衆議院議員139人、参議院議員29人。政党別では自由民主党
132人、民主党5人、日本維新の会25人、みんなの党3人、生活の党
1人、無所属2人)

しかも記憶にあたらしい安倍首相の靖国参拝をめぐる中国と韓国
との軋轢に対し、世界中から非難されました。以下はウィキペディ
アの記事です。
安倍晋三首相は、第2次内閣発足から満1年となる2013年
12月26日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。現職首相によ
る靖国参拝は、2006年8月15日(終戦の日)の小泉純一郎元首相の参
拝以来、7年4カ月ぶり。安倍氏の首相としての参拝も第1次、第2次
内閣を通じて初めて。これに対し、中国、韓国は、第2次世界大戦後
の極東国際軍事裁判(東京裁判)におけるいわゆるA級戦犯らが合祀
されている靖国神社への首相参拝に猛反発した013年12月26日の安倍
晋三首相による靖国神社参拝について、駐日アメリカ合衆国大使館は
「日本は大切な同盟国であり友人である」と前置きし、「米国は日本の
指導者が近隣諸国との緊張を悪化させる行動を取ったことに失望し
ている」、「日本と近隣諸国が地域の平和と安定の我々の共通の目標
を推進する中での協力を促進するための建設的な方法を見つける
ことを期待している」、「首相が過去への反省を表明し、日本が平和
に関与していくと再確認したことに注目する」とする声明を発表した。
これを受けて朝日新聞は、米政府が日本の首相の靖国参拝を批判し
たのは異例であると報じた。国務省の報道官も駐日大使館と同内容の
談話を発表した


しかし米国の保守派の懸念は、むしろ、これら日本の政治家の靖国
参拝問題の根底に潜む自民党タカ派の体質であり、その動向なの
です。

かつて自民党タカ派の晴嵐会の石原慎太郎氏は「押しつけ憲法を
廃止し天皇を元首とした自主憲法を制定すべきだ」といまだに主張
しています。しかも氏は核武装論者です。
石原慎太郎氏の言動をウィキペディアで辿ってみると以下のように
なっています。

日本国憲法について
自主憲法制定論を持論としている。・・・・天皇を日本国の元首と表現し、
憲法に天皇を元首と明記すべきとの見解である。2002年12月11日の
都議会で日本国憲法について「改憲手続きなんていう面倒なことは
せず、衆議院で破棄決議をすればいい」と発言した。インタビュー
などでも、目標を「憲法を変えること」と明言している。
軍事について
自主防衛推進・・・「三木武夫がつくった武器輸出三原則や防衛費
1%枠などの政策は変えるべきだ」とする、核武装・自主国防確立論
者である。1971年7月19日付の朝日新聞で「(核兵器が)なけりゃ、
日本の外交はいよいよ貧弱なものになってね。発言権はなくなる」
「だから、一発だけ持ってたっていい。日本人が何するかわからん
という不安感があれば、世界は日本のいい分をきくと思いますよ」
との発言が紹介された。2011年6月20日の記者会見では、「日本は核
(兵器)を持たなきゃだめですよ。持たない限り一人前には絶対
扱われない」「日本が生きていく道は軍事政権を作ること。そう
でなければどこかの属国になる。徴兵制もやったらいい」と発言し
た。。2011年8月5日にも記者会見で、また2013年4月5日にも朝日
新聞とのインタビューで「日本は強力な軍事国家にならなかった
ら絶対に存在感を失う」と主張している。


このような石原慎太郎氏の主張に同調するか同様の思想を持って
いる自民党の議員はかなりの数に上ります。

トランプ氏が、もし米国の大統領になって大統領予備選の主張の
ように「駐留費を全額負担させる」と日本に迫ったとします。日
本政府は困惑を隠せないでしょうし、反発も生まれましょう。国
会は相当紛糾するでしょう。メディアを通して日本国民の間に不
安と怒りが渦巻くでしょう。結果的にメディアは国民の米国への
反発を煽ることになるでしょう。陰でメディアを動かし、囂々
たる反対世論を米国駐留反対へと動かし、軍備増強、核武装論が
台頭するのを陰で喜び待ち受けているのは、何を隠そう、石原慎
太郎氏をはじめとした自民党タカ派であり、右翼なのです。そし
て安保条約破棄もしくは米軍撤退決議を圧倒的な世論のもとに国
会で決議し、米軍の撤退が現実のものとなったとき、中国は六場
戦争計画をいよいよ実行に移し尖閣諸島に上陸することになるで
しょう。日本と中国の局地戦争の幕が切って落とされます。

だからヒラリークリントン氏は米国民には少々刺激的でしょ
うが、以上の状況を取り上げトランプ氏の日本に対する認識
不足を指摘して、米国民に対して注意を喚起し「トランプ大統
領阻止」を謀るべきです。

そして、貴方が米国初の女性大統領になるのです。




曾野綾子氏、産経コラムの稚拙な表現が招いたアパルトヘイト騒動!

2015-02-21 12:26:13 | 日記
もうブログもほどほどにしようかなと迷っている時に
ネットのニュースに「曾野綾子氏移民問題で物議」とあったので
ネットを検索すると、「曾野綾子キーワード」が結構、賑っている。
曾野綾子氏がまたやってくれたと、内心小躍りした。

それは産経新聞のコラム「透明な歳月の光」に「労働力不足と移民」の
タイトルで、見出しは「『適度な距離』保ち受け入れを」となっている。
以下が全文だ。
最近の「イスラム国」の問題など見ていると、つくづく他民族の心
情や文化を理解するのはむずかしい、と思う。一方で若い世代の人口
比率が減るばかりの日本では、労働力の補充のためにも、労働移民を
認めなければならないという立場に追い込まれている。
特に高齢者の介護のための人手を補充する労働移民には、今よりもっ
と資格だの語学力だのといった分野のバリアは、取り除かねばならな
い。つまり高齢者の面倒を見るのに、ある程度の日本語ができなけれ
ばならないとか、衛生上の知識がなければならないとかいうことは全
くないのだ。
どの国にも、孫が祖母の面倒を見るという家族の構図はよくある。孫
には衛生上の専門的な知識もない。しかし優しければそれでいいのだ。
「おばあちゃん、これ食べるか?」
という程度の日本語なら、語学の訓練など全く受けていない外国人の
娘さんでも、2、3日で覚えられる。日本に出稼ぎに来たい、という
近隣国の若い女性たちに来てもらって、介護の分野の困難を緩和する
ことだ。
しかし同時に、移民としての法的身分は厳重に守るように制度を作ら
ねばならない。条件を納得の上で日本に出稼ぎに来た人たちに、その
契約を守らせることは、何ら非人道的なことではないのである。不法
滞在という状態を避けなければ、移民の受け入れも、結局のところは
長続きしない。
ここまで書いてきたことと矛盾するようだが、外国人を理解するため
に、居住を共にするということは至難の業だ。
もう20~30年も前に南アフリカ共和国の実情を知って以来、私は、
居住区だけは、白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方が
いい、と思うようになった。
南アのヨハネスブルクに一軒のマンションがあった。以前それは白人
だけが住んでいた集合住宅だったが、人種差別の廃止以来、黒人
も住むようになった。ところがこの共同生活はまもなく破綻した。
黒人は基本的に大家族主義だ。だから彼らは買ったマンションに
どんどん一族を呼び寄せた。白人やアジア人なら常識として夫婦と
子供2人くらいが住むはずの1区画に、20~30人が住みだした
のである住人がベッドではなく、床に寝てもそれは自由である。
しかしマンションの水は、一戸あたり常識的な人数の使う水量し
か確保されていない。間もなくそのマンションはいつでも水栓か
ら水のでない建物になった。それと同時に白人は逃げ出し、住み
続けているのは黒人だけになった。
爾来、私は言っている。
「人間は事業も研究も運動も何もかも一緒にやれる。しかし居住
だけは別にした方がいい

(産経新聞『曽野綾子の透明な歳月の光』、2015.2.11)

先ず、このコラムの書き出しから問題にしよう。
最近の「イスラム国」の問題など見ていると、つくづく他民族の心
情や文化を理解するのはむずかしい、と思う

あいも変わらず全くの駄文だ。曾野氏は熟慮することなく思いつきで
書いているように思うが、この部分の記述には二つの問題点がある。
 まず第一点は「『イスラム国』の問題・・・・他民族の心情や
文化」と並列に記述して、イスラム教過激派のテロ集団「イスラム
国」と、イスラム教の国々や民族を峻別することなく同一視した
表現になっているということだ。
「イスラム国」というのはイスラム教過激派の残忍なテロ集団なのに、
その彼らの「心情や文化を理解する」のが難しいという解釈や誤解を
派生させている。従って、テロ集団を理解する必要などないではないか
という反論を呼び起こしてしまうことになる
 第二点は、日本や欧米以外の国や民族に対する差別意識の表れで
ある。もっと狭義に解釈すると仏教やキリスト教を信奉する国々や
民族以外の民族に対する差別意識が根底にある。
「他民族の心情や文化を理解するのはむずかしい」のは当然だが、
その「他民族」である西洋文化を理解し近代化を進めて瞬く間に
列強に肩を並べたのが、我が明治政府だ。今日までどれほど多く
の青年たちが諸外国、曾野氏流に言い換えれば「他民族」の国々に
留学して我が国を発展させてきたか。従って曾野氏のいう「他民族」
とは仏教国のアジアやキリスト教国の欧米以外の「民族」を指すこ
とになってはいないか。
そもそも曾野氏のこのコラムは、論点が曖昧で、一体、何を言い
たいのか良く分からないのだが、強いて言えば先ず「労働移民は
必要ではあるが、受け入れるには『高度専門職の外国人』などと
ハードルを高くしないで、もっとフリーにして外国人労働者を確
保すべきだ。そのためには新たな移民法を設け厳格に管理すべき」
と云っているようにも受け取れるが、そうだとしたら「イスラム
国、他民族の心情、文化の理解は至難だ」などという文言は避ける
べきだろう。でも思わず書いてしまった・・・・。つまり曾野氏の
潜在意識の中に「イスラム教過激派のテロリスト」や彼らにシンパ
シィーを抱く人物が移民に紛れ込んで我が国に入国する危険性が
あるのではないかという危機感があるものと思う。それが冒頭の
記述になった。
 
  以前、当ブログで「曾野氏は社会性もないのに加え論理性もない」
し、今や「作家もどき」なのだから、余計なことに口出しせず、
クリスチャンの同胞への感謝等でも書いていたほうが良いと批判
したが、相変わらず懲りない御仁だ。自己の記述がどういうこと
を意味するか分からずに書いていて、思わぬ結果を招いてしまっ
た曾野氏の素っ頓狂な顔が眼に浮かぶ。主婦的な感覚で訳が分か
らないのに、したり顔で書くから混迷してしまってこの有様だ。

ところが、そのしたり顔の御仁が続けて曰く「特に高齢者の介護の
ための人手を補充する労働移民には、今よりもっと資格だの語
学力だのといった分野のバリアは、取り除かねばならない。

となかなかうるさい。そして「つまり高齢者の面倒を見るのに、
ある程度の日本語ができなければならないとか、衛生上の知識
がなければならないとかいうことは全くないのだ。
どの国にも、孫が祖母の面倒を見るという家族の構図はよくある。
孫には衛生上の専門的な知識もない。しかし優しければそれで
いいのだ。
「おばあちゃん、これ食べるか?」
という程度の日本語なら、語学の訓練など全く受けていない
外国人の娘さんでも、2、3日で覚えられる。日本に出稼ぎに
来たい、という近隣国の若い女性たちに来てもらって、介護の
分野の困難を緩和することだ
」真にご尤ものように聞こえは
するが、これも全く一面的な捉え方で主婦的な発想そのものだ。
そもそも曾野氏には介護等の専門職が国家資格となっている
所以がなんなのか理解がない。職業としての介護者には専門
的な介護技術の他に高度なコミュニケーション技術や能力が
要求される。曾野氏は『作家』なのにコミュニケーション能力の
欠落がどれほどのストレスを生み出すか、全く理解していない。
言葉はコミュニケーションの主要な要素の一つだが、職業とな
ると曾野氏の云うような簡単さはない。介護する側も介護され
る側も言葉が通じない時のストレスがどれほどのものか曾野氏
には全く理解がない、いや考えが及ばないと言ったほうがよい。
老人ホームや介護施設の職員による虐待の原因の一つに、「コ
ミュニケーション能力の欠落」も存在するというのに、曾野氏
は日本語が話せない外国の介護者が、どれほどのストレスを受
けるか理解していない。このストレスが非介護者への虐待へと
発展するのだ。
さらに追求すれば、移民に関するコラムを書くからには、政府
が昨年5月に可決した実質的な移民法といわれている「 出入国
管理及び難民認定法の 一部を改正する法律案」くらいは読んで
しかるべきだが、曾野氏はおそらく読んでもいないのだろう。
読んでいれば。この法律が在留資格を「高度専門職」としてい
るのはなぜかということを考えざるを得ないはずだ。確かに
当方も政府の介護等の「高度専門職」の在留資格は、もっと
レベルを下げたほうが良いのではないかと思ってはいるが、
ことはコミュニケーション能力の問題だけではない。人材の
レベルを下げると、どういう結果を招くか?
ここに政府には別の意図があるのではないかと当方は考える。
つまり人材のレベルを下げると、テロリストの侵入を防げな
いばかりか反社会的な影響を容易に受けやすい外国人が増え
るという危機感が政府にはあるのではないか。
従って曾野氏の言説「どの国にも、孫が祖母の面倒を見ると
いう家族の構図はよくある。孫には衛生上の専門的な知識も
ない。しかし優しければそれでいいのだ。
「おばあちゃん、これ食べるか?」
という程度の日本語なら、語学の訓練など全く受けていない
外国人の娘さんでも、2、3日で覚えられる
。」という安直
な曾野氏の言説は、あまりにも稚拙で論外と言わざるをえな
いのだ。
次の「前段の「・・・・・不法滞在という状態を避けなければ、
移民の受け入れも、結局のところは長続きしない
。」という箇
所は常識的な記述で異論はないが、「ここまで書いてきたことと
矛盾するようだが、外国人を理解するために、居住を共にする
ということは至難の業だ
。」と、ご自分でも認めているように、
急転直下ロジックもなにもあったものではなく、支離滅裂とな
って「アパルトヘイト」発言へ突入する。これで決定的に論旨が
ぼやけてしまった。「もう20~30年も前に南アフリカ共和国
の実情を知って以来、私は、居住区だけは、白人、アジア人、黒人
というふうに分けて住む方がいい、と思うようになった。」

アパルトヘイト発言を恥じない。そしてその理由を
黒人は基本的に大家族主義だ。だから彼らは買ったマンション
にどんどん一族を呼び寄せた。白人やアジア人なら常識として
夫婦と子供2人くらいが住むはずの1区画に、20~30人が
住みだしたのである。住人がベッドではなく、床に寝てもそれ
は自由である。しかしマンションの水は、一戸あたり常識的な
人数の使う水量しか確保されていない。
間もなくそのマンションはいつでも水栓から水のでない建物に
なった。それと同時に白人は逃げ出し、住み続けているのは
黒人だけになった
。」

以前から当方だけでなく、かなりのブロガーが指摘している
ように曾野氏は目先の事象だけに拘って、書いたり発言した
りするから「観方、考え方が浅薄で主婦的」だと批判される。
事象や現象の原因や状況を深く考えないから『作家もどき』
だと批判される。

「20~30年前」。ウィキペディアを見ると、マンデラが
大統領になってアパルトヘイト政策を廃止したのが1994
年。今から21年前。その時の状況をそのまま日本に適用し
て論じるなどナンセンスもいいところだ。アパルトヘイト政策
で極貧を強いられていた黒人は、そのほとんどが無教育のままで、
アパルトヘイト政策が撤廃されても、直ちに教育レベルが上がる
わけではない。昔の因習をそのまま残している場合がほとんど
だろう。でもあれから20年経った南アフリカの黒人たちは今
も「大家族主義」でマンションを独占しているのだろうか。
よしんばそうであったとしても、遠い日本へ出稼ぎに行ける人は、
ほとんどいないだろう。政府の移民の統計を見てもデータに
南アフリカの痕跡はない。日本に旅行に来れたとしても一部の
富裕層や知識階級くらいだろう。
それを前述のごとく「白人、アジア人、黒人というふうに分け
て住む方がいい、と思うようになった。・・・・間もなくそのマン
ションはいつでも水栓から水のでない建物になった。それと
同時に白人は逃げ出し、住み続けているのは黒人だけになった
」と、
この現象をそのまま現在の日本に適用して、日本でも同様の
現象が起きると危惧して、
白人、アジア人、黒人というふうに分けて住む方がいい」などと
アパルトヘイトそのものを提案してしまう。曾野氏は「そんなつも
りはない」と否定に躍起となっているようだが、どう弁解しようと
曾野氏の文言はアパルトヘイト提案の記述に間違いはない。
なにも考えないで書くからこういうことになる。
しかも曾野氏のコラムは「イスラム国」に始まって、終いには
「アパルトヘイト」になってしまった。
なにも考えないで書いても、普通はこういう風には書かないけど!


自分で書いたものが
どういうものか解らない
思考停止の
綾ちゃん
どんどん好きなように書きなさい
そして
世間から
批判され、笑われて
おおいに晩節を汚して
天に召されなさい





集団的自衛権行使と権威主義者「軍事評論家」田岡俊次氏の空疎な言説!Ⅱ

2014-11-16 22:28:17 | 日記
集団的自衛権行使容認に反対する権威主義者・田岡俊次氏
の珍妙な「論説」を読む限り、田岡氏は当方にとっては非常に捌き
やすい「軍事評論家」であることが分かった。
仕事の合間に思い出しては書き、読み返しては書いて、当方の
ボケ防止には、ちょうどいい素材だ。これから後半に「間抜けな」
言説が目白押しで、話はいよいよ「佳境」に入る。乞うご期待!
  ブログのⅠを公開した頃、安倍首相がAPEC参加のため中国へ
旅立った。中国の習近平国家主席と安倍首相との首脳会談の前に4
項目の合意文書が発表された。異例のことだという。
①日中の戦略的互恵関係を発展させていく
②歴史を直視し、両国関係に影響する政治的困難を克服することで
若干の認識の一致をみた
③尖閣諸島など東シナ海の海域で近年緊張状態が生じていることに
異なる見解を有していると認識し、対話と協議を通じて、危機管理
メカニズムを構築し、不測の事態を回避する
④政治・外交・安保対話を徐々に再開し、政治的相互信頼関係の
構築に努める。


 この合意文書の尖閣諸島に関する文言は、日本政府は「中国との
間に領土問題があるということを認めたものではない
」としているが
中国は尖閣諸島の「棚上げ」について長年、「領土問題がある」と
認めるよう日本に要求してきたが、今まで「文章化」されることは
なかった。どういう文言であれ、これを文章化させたことは「中国
の勝利」で「一歩前進した」と報じているという。この合意文書に
関する日本国内の論調の中には「APEC終了後、中国はますます厳し
い対応をしてくる」と警戒を呼びかけるものもある。果たして、ど
うなるのか。田岡俊次氏の論説を分析しながら考えるとしょう。

田岡氏の言説は後半も実に白々しいばかりで、読んでいても空虚に
聞こえる。「軍事評論家」としてしたり顔で述べるのであれば、先
ず文言の歪曲を排除して厳正に論説することが必要だろう。

「『年末にかけて日米防衛協力のための指針(ガイドラインズ)の
交渉が始まる。閣議決定を基に議論されることになり、そこが重要
になる。日米が秘密裏に話し合い、こう決まりましたと発表される
。一般国民には気付かれないことも多い
』と指摘する」
「『閣議決定の合意内容は法律でいえば前文。それゆえ、聞こえの良
い文言が並ぶ。そこに問題がある
』と田岡さんはみる」
実際の行動を左右するのはガイドラインズと今後改定される防衛
関連法令の条文だ。本当に今回の閣議決定を反映した限定的な条項
となるか。拡大解釈が可能になる条文になっていないか。そこが焦
点になる

 色眼鏡で見ているから、「日米が秘密裏に話し合い、こう決まり
ましたと発表される
」と悪意のある表現だ。そもそも二国間の防衛
協議内容を、その都度、公開しながら公表する国など世界中、どこ
を探してもないはずだ。防衛に関しては非公開が原則であろう。
日米のガイドラインの根幹を成すものは日米安全保障条約であり、
今回は集団的自衛権行使容認の閣議決定に沿ってガイドラインの
日米協議が行なわれる。しかも閣議決定は「安全保障法制整備に関
する与党協議会」で、それぞれの分科会でテーマごとに討論し全体
会議で議論を重ねた上で、その協議で出された結論を内閣総理大臣
に報告している。そして日米のガイドラインに関する協議は日米両
国の防衛・外務いわゆる「2+2」の日米安全保障会議と傘下の防衛
協力小委員会で協議を行なったうえで「中間報告」にまとめられて
おり、この中間報告はメディアによって国民に広く公開されている。
更に「中間報告」は米国の同盟国・韓国政府にも説明されていると
聞く。また新日米ガイドラインが成立した暁には韓国と中国に説明
を行なうことになっているようだ。従って「日米が秘密裏に話し合
い、こう決まりましたと発表される
」という田岡氏の言説は、あま
りにも意図的だ。

次は「■米中戦争の空論」となっているが、先述したのでここは
省略する。

その次の「■孤立招く危険
 沖縄・尖閣諸島の問題については、「米国からすればいい迷惑」
と分析する。日本の領土であることに疑いはないが、中国ともめ事
を起こさないでほしいという位置付け、とみる

「「中国は『棚上げ』すなわち日本の実効支配の黙認を言い、米国
も『現状維持』で一致している。なのに、中国の和解より対立の方
向に進む日本は米国にとってどう映るだろうか。米中の宴会の会場
へ銃を担いで助太刀に行こうとするようなもの
」と、一刀両断だ」
と実に馬鹿げている。ここでの最初の文言、「米国からすればいい
迷惑
」これでは日本が尖閣諸島問題で米国に迷惑を掛けていると云
わんばかりではないか。それと「中国ともめ事を起こさないでほし
いという位置付け
」何を間抜けなことを!「中国ともめ事を起こさ
ないでほしい
」という米国の本音は尖閣ではなく「靖国神社問題」
や「南京事件」等、歴史認識に関して「もめ事を起こさないでほし
」というものだ。尖閣に関しては「日本の施政下にあり、日米
安保条約第5条を適用する。力によるいかなる現状変更にも反対する

とヘーゲル国防長官や報道官が再三言明しているではないか。
そして「中国は『棚上げ』すなわち日本の実効支配の黙認を言い、
米国も『現状維持』で一致している
」何を馬鹿なことを!中国は「棚
上げ」論を認めるよう日本に要求しているのに、田岡氏は何を言う
のか。これでは中国の尖閣に対する「棚上げ論」を米国が認めてい
るかのような言い草ではないか。このような「(尖閣の)棚上げ」と
「(尖閣の)現状維持」で米中が暗黙の了解で一致しているかのような
言説は、ほとんど間抜けというほかない。
中国の和解より対立の方向に進む日本は米国にとってどう映るだ
ろうか。米中の宴会の会場へ銃を担いで助太刀に行こうとするよう
なもの
」なに?中国が和解を望んでいるのに、日本は中国と対立の
方向に向かっているというのか?先のブログのⅠでも述べたように
日本は間抜けにも、いまだに年間300億円の無償援助・技術援助を
続けているのは「和解より対立の方向に進む」でいる状況の証な
のか?また、先述したように尖閣の上空に防衛識別圏を設け、中国
空軍機が自衛隊機に異常接近をしたり海上自衛隊艦船に中国軍艦船
がミサイルレーダー照射をしたのは、どう説明するのか?そして云
うことに事欠いて「米中の宴会の会場へ銃を担いで助太刀に行こうと
するようなもの
」だと?「軍事評論家」たる者は、こういう極端な比喩
を使う場合、どういう状況がそれに当たるかということを事例を
もって示すべきで、何の説明も根拠も示さないこのような比喩は、
日本政府に対する単なる中傷か偏見でしかない。非常に「間抜け
な発言」だ。
そして次の言説も自らが「エセ軍事評論家」であることを証明して
みせた。
一方、中東に関してもオバマ大統領は一貫して慎重姿勢を崩して
いない。アフガニスタンについては早期の撤退を目指し、イラクの
内戦にも関与を避け、派遣する300人も情報収集と大使館警備が
目的だ
」これは今年の6月19日のオバマ大統領の発表だった
ようだが、8月15日、イラクのマリキ首相が退陣して新政権が発足し
て間もなく米国は「イスラム国」への空爆に踏み切った。そして現
在は米軍の地上軍派遣が取り沙汰されている。「軍事評論家」たる
者が、6月19日の時点で近い将来起こるであろうイラク情勢の変化を
予測もできないで、「米国が『テロとの戦い』に懲りた以上、『テ
ロとの戦争に巻き込まれる』という懸念は当たらない
」などと、し
たり顔で物申すのは、実に滑稽という他ない。そして「さらに米国
の親中政策を見れば、『米国の圧力で集団的自衛権行使を容認せざ
るを得なくなった』という見方も成り立たない
」「米国の親中政策?」
など見なくても「米国の圧力で集団的自衛権行使を容認せざるを
得なくなった
」などという見方の論調とも言えない、程度の低い言辞
に対しては、簡単に論破して排除するか、一笑に伏すのが「軍事評
論家」というものだ。
いまやテロとの戦争も中国との緊張も一昔前の話。外務省と安
倍首相は過去のアメリカに追随しようとし、今のアメリカにうとま
れている
」なんという粗末な言説!確かに米国に「疎まれている」だ
ろうが、中国と違うところは同盟国だということだ。「(米国の)テ
ロとの戦争も中国との緊張も、とっくに終わったことだ」と言いた
いのだろうが、テロは先述したとおり継続中で、「中国との緊張」
については田岡氏の認識の甘さだ。東シナ海の現下の状況を「一昔
前の話
」と片付ける「軍事評論家」田岡氏は自らが「一昔前の軍事
評論家」であることを図らずも露呈したことになった。

「今年4月、オバマ大統領は日米会談の場で安倍首相にこうとまで
注文を付けた。『(中国に対し)言葉遣いに気を付けろ、挑発的
行動を取るな。事態をエスカレートさせるのは根本的な過ちだ
』」
オバマ大統領はあえて共同記者会見の場で、会談でのこの内容を
明かした
」「田岡さんはこうみる。「これは中国に向け、日本寄り
でないことを示すためだろう
」。安倍首相に対し、「中国は大切で
米中関係は強固だ
」とまでオバマ大統領は述べたという」

確かにオバマ大統領の発言は田岡氏のいう中国向けのパフォーマン
スに近い側面があるだろうが、これはあくまで同盟国・日本に対し
て「中国に足を掬われないように、隙を見せない」ように忠告した
のが本音だろう。
冷戦後、各国が自国の利益を追求するいま、重要なのは相手の
国の立場に立って、何を欲し何を恐れるのかを多角的に読むことだ。
ワシントン、北京の側に立ってみて現実的、具体的に想像しなけれ
ばならない。これは難しいことかも知れないが、見誤れば見当外れ
の方向で進んでしまう。一歩間違えれば孤立だ


 いかにも正論のようで聞こえはいいが、まるで傍観者のようで
「軍事評論家」としての主体的観点は欠落している。そのような
言説を弄するならば田岡氏自らが、中国が「何を欲し何を恐れる
のか
」を先ず述べるべきであろう。またワシントンと北京の側に
立った時、現下の東シナ海の状況はどのように写るのかも述べる
べきだ。

「 田岡さんは指摘する。『国民一人一人もまた、イデオロギーや
感情を交えず、相手国の立場に立ってみて、自国の利益や得失を考
えるよう一歩成長しなければ、紛争回避の方策は見いだせない
』」

「軍事評論家」の看板を標榜している自覚がないのか、まるで学生
の議論のレベル。

次は「◆中国の軍事力増強は「数字トリック
 集団的自衛権の行使容認をめぐる議論で、容認派の一つの論拠と
なっているのが中国の「軍拡路線」だ。
 安倍政権は中国の軍事力増強を危機的と指摘するが、田岡さんは
「数字のトリックだ」と断じる。
 米中国交が正式樹立した1979年と2012年を比較すれば中
国の国防費は確かに30倍となっている。だが、「この30年余り
で中国のGDPは128倍に拡大した。GDP比で見れば国防費の
占める割合は5.5%から1.3%と縮小している。対して日本で
も高度成長期の1960年から85年の25年間に、防衛費は20
倍程度増えている。どの国でもGDPが拡大すれば国防費も増える」
と指摘。人件費だけでなく兵舎や装備、兵器の単価も飛躍的に高額
になるのが要因と田岡さんはみている
」と実に単細胞。

日本は以前から中国の軍事力増強は不透明な部分が多いと懸念を
示してきた。これは先の当ブログ「集団的自衛権行使と中国の暴走
と「戦争させない1000人委員会」の論議に潜む暴論と
!」でも記載した、
・・・・中国の2014年度の国防予算は8,082.3億元(対前年度比: 12.2
%増)円換算にすると約12兆9,317億円という。これには外国から の
兵器調達等の費用が含まれておらず、実際の国防費は公表額の約
1.3~2倍との指摘(米国防省報告書)があるらしい。従って日本の
2.7倍から、外国からの兵器調達等の費用を含めると3.37倍から
5.19倍となって、中国は今や米国に次ぐ軍事大国なのだ
」という
不透明さが中国軍事力の脅威論の論拠の一つで、もう一つは中国
人民解放軍が定める「第一列島線」「第二列島線」だ。ある軍事
評論家も指摘している。
日本にとって脅威となるのは、「第一列島線」「第二列島線」とい
う考え方です。これは中国政府が公式に言っているわけではあり
ませんが、軍の周辺の文書などで現れているものです。「第一列島
線の中は確実に守り、第二列島線のグアムぐらいまで進出できる
ようにする」と言っている。第一列島線のラインの中に、沖縄や南
西諸島も含まれます。中でも焦点が尖閣諸島です

更に「米国の太平洋軍の司令官が「中国は政治、経済では比較的
冷静だが、軍の考え方が非常に保守的」と言っていたことです。
政治と軍がアンバランスで、決して一枚岩ではない
」と指摘して
いるとおり、中国人民解放軍は江沢民の影響下にあり、人民解放軍
の幹部には習近平に公然と異論を唱える保守強硬派がいて、彼らが
尖閣諸島上空に中国の「防空識別圏」設置や自衛隊機に人民解放軍
空軍機の異常接近、自衛隊艦船に対する中国海軍の艦船によるミサ
イルレーダー照射等を主導しているものと思われる。米中が戦争す
ることはないと思うし、自衛隊も冷静に対応しているが、このよう
な中国人民解放軍による自衛隊機や自衛隊艦船に対する挑発は偶発
的な紛争を引き起こす危険性があり、日本政府はこれを危惧してい
る。以上のように「中国軍拡脅威論」の根底にあるのは、中国の軍
事費の増大が絶えず不透明な部分を伴っていることと相俟って日本の
領土上に「防空識別圏」を設置したことと、武力による現状変更の
試みにある。
現に中国は南シナ海では領土問題でベトナム、フィリピンと係争中
のいくつかの岩礁を強引に埋め立て滑走路を敷設していて、近い将
来、「防空識別圏」を設けるのではないかとベトナム、フィリピン
は懸念を示している。従って東シナ海よりも更に深刻なのが南シナ
海なのだ。このような南シナ海や東シナ海の状況を「エセ軍事評論
家」殿は、どのように説明するのか、お聞きしたいものだ。

米軍の中東での
軍事プレゼンスの変化も
予測できない
権威主義者で
エセ軍事評論家の
田岡俊次氏よ
東シナ海
南シナ海の
現下の状況を
述べよ