月10冊のビジネス書を読む理学療法士のBlog

アウトプット目的に綴っていきます。
王道ですが、勝間和代さん、本田直之さんの著作、推薦本をよく読んでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Bloggerへ移行します。

2009-03-12 | 日々の記録
いままでgooブログを使用してきましたが、 色々な都合のため、Googleに移行しました。 今度は、本名を名乗っております。 今後ともよろしくお願いします。 . . . Read more
Comments (5)

RADWIMPSと日々の思い。

2009-03-10 | 日々の記録
遂に「RADWIMPS/アルトコロニーの定理」ゲットしました。 いつもは、最寄り駅のモスやベックスで勉強してから 帰宅するのですが、あまりに早く聴きたくて直帰しました。 帰宅後からリピートです。 全国ツアーのチケットもゲットしたので、かなり気合いが入ってきました。 . . . Read more
Comment

WBC日本代表。

2009-03-07 | 読書記録
WBC日本代表の1回表の3連打を見て、 かなり感動してしまい泣きそうです…。 まだ試合は終わっていませんが…。 . . . Read more
Comments (2)

セレンディピティ。

2009-03-04 | 日々の記録
セレンディピティ(英: serendipity)とは、 何かを探している時に、探しているものとは 別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。 何かを発見したという「現象」ではなく、 何かを発見をする「能力」のことを指す。 . . . Read more
Comments (4)

筋膜シンポジウム。

2009-03-02 | 理学療法
関節疾患理学療法研究会の筋膜のシンポジウム行ってきました。 場所は名古屋の名城大学。 なんと、大学の水まで売ってました、110円也。 今まで、なんとなくのなんとなくしか理解できなかった筋膜。 ということで、500人のキャパの講演でしたが、 石井慎一郎先生の講義は絶対一番前で聞いてみたいと思ったので、 一番先生に近い席に陣取り、聞いてきました! まさか、少し質問をされるとは思いませんでしたが。 非常にわかりやすく、かなり筋膜が好きになってしまいそうです。 Tensegrity理論のところでは、身体全体を評価する必要があるということを 再確認するきっかけにもなりました。 といっても、やはり偏りすぎないこと・常に自分で疑問を探すという姿勢が 一番大切なんだなと思わせてくれるシンポジウムでした。 NEXT LEVELのPTになれるよう、努めてまいります。 . . . Read more
Comment