月10冊のビジネス書を読む理学療法士のBlog

アウトプット目的に綴っていきます。
王道ですが、勝間和代さん、本田直之さんの著作、推薦本をよく読んでいます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

筋膜シンポジウム。

2009-03-02 | 理学療法
関節疾患理学療法研究会の筋膜のシンポジウム行ってきました。
場所は名古屋の名城大学。
なんと、大学の水まで売ってました、110円也。

今まで、なんとなくのなんとなくしか理解できなかった筋膜。
ということで、500人のキャパの講演でしたが、
石井慎一郎先生の講義は絶対一番前で聞いてみたいと思ったので、
一番先生に近い席に陣取り、聞いてきました!
まさか、少し質問をされるとは思いませんでしたが。
非常にわかりやすく、かなり筋膜が好きになってしまいそうです。
Tensegrity理論のところでは、身体全体を評価する必要があるということを
再確認するきっかけにもなりました。

といっても、やはり偏りすぎないこと・常に自分で疑問を探すという姿勢が
一番大切なんだなと思わせてくれるシンポジウムでした。


NEXT LEVELのPTになれるよう、努めてまいります。



Comment   この記事についてブログを書く
« 昨日は・・・ | TOP | セレンディピティ。 »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | 理学療法