ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

そこまでいうなら子供に困らされてる親の立場への配慮は?

2019-12-06 07:00:00 | つれづれ日記

正直、改正児童福祉法も明記されるという「体罰禁止」の定義には疑問だらけです。

そもそも、「しつけ」と「虐待」の区別がつかない警察とか公務員の方がおかしいのではありませんか?

法制化して「〇〇に違反したから逮捕する」とやりたいんでしょうけど、それは間違っていると思います。

しつけのためだと親が思っても、身体に苦痛または不快感を引き起こす行為(罰)は、どんなに軽いものであっても体罰に該当し、法律で禁止される」

何これ?

子供がそんな甘い存在だと思っているんですか?

「口で3回注意したが言うことを聞かないので、ほおをたたく」

・「大切なものにいたずらをしたので、長時間正座させる」

・「宿題をしなかったので、夕ご飯を与えない」

これ、全部体罰で禁止なんですって。

子供達の「それ以上何かしたら虐待だって訴えてやる」という笑みが見えちゃう。

今時、宿題をしなかたから夕飯なしなんてことをする親がいるとは思えないけど、「朝ごはんなし」はいいのか?とか、思ってしまいません?

虐待かどうかは、そのしつこさにあると思うんです。

何度も何度も叩きつける、毎日夕飯を抜く、毎日故土場で意地悪する。

程度の問題で、法律でどうにかなるものではないでしょう。

それを一々ガイドラインがないと「体罰」「虐待」と認定出来ないなんておかしい。

だから学校が荒れるのではありませんか?

尾木ママはまたおかしなことを言っています。

劇場やホールなどで子供が「嫌だいやだ」と大泣きして駄々をこねたらどうしたらいいですか。

普通は即会場を出る。出す・・になると思うのですが、尾木ママいわく

そういう時は「嫌なのね」と言う。すると子供は「うん。だって〇〇だから嫌」と理由を言うでしょう。子供の気持ちに寄り添うのが必要」だそうです。

馬鹿じゃないの?(一瞬、スタジオもシーン・・・・・)

公共の場で騒ぐ子に「嫌なの?騒ぎたいの?」って聞く親がいたら、即係員を呼んで外に出して貰うわ。それが劇場ならなおさらね。チケット代いくらすると思ってるの。

 

この問題に欠けていることは

子供の行為がどんなに「子供」だったとしても、それが親や第三者に対して不愉快な思いをさせたり、悲しませたり悩ませたりした場合、それはしつけを要する」という1文です。

虐待する親と真面目に子育てしている親を一緒に考えないでほしいです。

いや、真面目に子育てしても虐待に至る親・・そこまで追い詰める子供の存在はどうなの?って話です。

発達障害等で、1日中抱いていないといけない、1秒目を話したら外にでちゃう。絶対に親の言う事を聞かずに自分の好き勝手やる・・こういう子供に対していくら口で言ってもわからない場合はありますよね。

「相談しなさい」と国はいうけど、相談って何をどう?

「大変ね」と共感されただけでは全然慰めにもならない場合があります。

そういう時、預かってくれたりするんですかね。

10代の子には説教してくれたり「君が勉強しないことは法的に言うとね」って説明してくれる人がいるのでしょうか。

この法改正は子供の権利ばかりを主張して、義務を考えていないと思います。

日本はいつからこんなガチガチに理解力がない国になったのでしょうか。

親を否定したり、親に暴力をふるったりする子供への罰則を強化して欲しい。


コメント (13)   この記事についてブログを書く
« メラニア夫人・・・・絶句 | トップ | 雑談 »
最新の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
親も (マグノリア姐さん)
2019-12-06 07:46:09
先日聞いた話です。
あるイベントでベビーカーについて、会場内は使用できずベビーカー置き場に置いてくださいとのお約束がありました。
試食や販売等があり、ベビーカーを使うとかなり通りにくくなるので、安全性を考えての措置でした。
案の定ベビーカーで会場を歩けないとは何事だ!と文句をつけカンカンになった男性がいたそうです。
生後2ヶ月の子を連れて。
常識的に、2ヶ月の子を人混みの中に連れて行く感覚が私にはわかりませんでした。
散々文句を言って首の据わっていない子を連れて見て回っていたそうですが、警備担当の職員がたくさん見守りにあたったそうです。

どんなにたくさんの人に迷惑をかけているかわからない親が増えています。
そんな親に育てられた子はとても気の毒です。
さらに国ではなんだかわからないこのような法律ができる始末。

日本に未来はない。
Unknown (ブッチャ)
2019-12-06 08:56:43
何でもマニュアル化は人間力の低下?

その子供の年齢、発達状況、健康状況等々ーーー
置かれた環境(経済状況、親兄弟、学校ーー)に大きく左右され
本文に書かれていることについても、読んだ人毎に
色んな感想をお持ちでしょう。
何でもマニュアル化してしまうのは、自分たちの方に火の粉が飛んで来ても
「マニュアルで教育しているのに!」と責任回避の言い訳にしているようで ある面、仕方ないのか。
突飛に思われるかも知れませんが こう思っています

万世一系じゃ無い 生き物はイルのか
命の連鎖 ディーエヌエー 遥か昔の 道のりの先端にいて
Unknown (百合)
2019-12-06 11:26:50
改正児童福祉法と言うことですので、対象は小学生までなのでしょうね。
1、ほおたたく

2、長時間正座させる

3、夕御飯を食べさせない

法で決めるのは如何なものかと思いますが、このような躾だか罰だかを与えなければならない子どもの背景を考えますと、それまでの子育てはどうだったのかなあと思いを巡らしてしまいました。

子育ては自分育てと言われますが、私は子育ての中で自分の欠点と向き合うことができたように思います。自分がどんな人間かを客観的に見つめる機会を子どもは与えてくれてるように思うのです。子は親の鏡、鏡の中に映る自分を反省したり褒めたりと、、。

長男が小学校高学年の時ですが、休みの日に3人の子どもを連れて遊びに行こうとしたら、長男が「僕は行かない。友達と遊ぶ。どっちも遊びなのに、なんで友達と遊んでちゃだめなの?」と言われ考えさせられました。本音を言えば私達親が、子ども達を連れて遊びに行きたかったのです。
今は昔、子育ては毎日の積み重ねで因果応報なのかもしれません。
Unknown (百合)
2019-12-06 11:47:04
スミマセン訂正です。
対象年齢→18歳未満(児童福祉法)
Unknown (林檎です。)
2019-12-06 15:44:23
ふぶき様
これが日本の現状なのですね。

元を辿れば、戦後のGHQ作戦が大成功というところでしょうか。
戦後、戦前の思想を誇持する大切な教師の方々12万人が追放されました。
1945年12月には、日教組が結成されました。
日教組が手本にしたのは、レーニンの妻が提唱していたソビエト教育学です。
その主張は
〜革命の邪魔になる家族の解体と、子供は国家集団で育てる〜というものです。
〜教師は生徒達の自主的学習を援助する、経験と知識に富んだ年長の友達に過ぎない。
〜子供中心主義を唱え、価値観の押し付けは良くないと、道徳教育も反対しました。
〜男女の肉体差はないと、ジェンダーフリーを推奨しました。

しかし、こんな教育を実践したソ連では、校内暴力、学級崩壊、青少年の犯罪で手が付けられなくなり、1920年後半に、レーニンの後継者ヨシフスターリンによって一掃されました。

つまり戦後、本家のソ連で崩壊した教育を、日教組と国立大学教育学部が、そっくり受け継いだのです。

戦争は悪だったと国旗国歌に転嫁して、事実を見ない歴史観を刷り込み国を軽んずる風潮が今も、増しています。

〜1977年、ゆとり教育が始まり、天皇についての理解と敬愛の念を深める次句が削除されました。

それでも国が滅びないのは、日本人が真面目で優秀だからだと思います。

誰のせいでもない。
現状を見据えて、気がつく時なんだと思います。
お花畑脳ではいられない。。
ふぶき様のブログのお陰様で、お花畑脳から脱出すべく、学ばせて頂いています。
いつもありがとうございます。
Unknown (ミステリーマニア)
2019-12-06 16:52:47
ミスマニはアウトですね(苦笑)
捕まっちゃうのかしら?間違えて持って帰ってきたって言い訳しましたけど、娘が友だちの人形のアクセサリーを隠し持っていたことがありました。問答無用でひっぱたきました。言い訳を聞くのはそれから。間違えて持って帰っただけだとしても、相手から見たら泥棒。過失だろうと故意だろうと容赦しません。親は舐められたら終わり。命の危険があること、人に迷惑をかけることをしたら一発ビンタ。我が家のルールは変わりません。親権に制限をかけたり剥奪出来るもんならやってみたらいい。
Unknown (sora)
2019-12-06 17:40:49
それがないと躾できないってのがわからない。
人様に暴力はダメなのに、親は子供に暴力?
それでどうやって「人様に暴力はダメ」って教えるのか知りたい。

自分が食事抜きという「躾」を受けたから我が子にも「躾」と称した何食もの食事抜きの虐待をしちゃうという循環に陥る人がいる現状を、だったらどうやって断ち切るのか知りたい。

問題の根本はやり過ぎてしまう人なんだろうけど、個別に対応してる間に何人も死んじゃいますよ。
つーか、それが現状で、だから一括管理になっちゃうんだろうな。
Unknown (百合)
2019-12-06 18:46:14
そう言えばこんな事がありました。我が家の水槽に子ども達が飼ってたザリガニを長男が4年生の頃、その脚をちぎってしまい、私は物凄く叱りつけました。生き物の手足をもぎとるとは何ごとだ!と口でこっぴどく叱った。横にいた夫が「叱るのはやめよう。俺達の問題かも知れない。振り返ってみよう。それ以上叱るな。俺達がそうさせているのかも知れない。よく考えてみよう」と言ったのがよみがえってきました。夫のその言葉に脱帽したと言うか、心から尊敬の念が込みあげてきました。子育ても難しい時期がありますよね。
Unknown (まりん)
2019-12-07 15:12:23
百合さまのおっしゃるようなこと、うちにもありました。
うちはフルの共働き夫婦ですので、じじばばに頼れる状況でもないので、子ども三人にはところどころで寂しい思いをさせたからか?と悩みもしました。

子どもが虐待だと思ったら虐待?
それって、セクハラだと思ったらセクハラ、を置き変えただけでしょうか。

子どもってそんな楽に育てられないですよ。
まして、男の子は突拍子もないことをしでかしたりします。
どこやらのひとりっこは、何十人というお付きがいても、不登校になりましたしね。
でも厳しくしつけられてないからか、今だに人前で自分の意見も聞いたことがないですね。
まあ、贅沢三昧の母から生まれた子なので、当たり前でしょうか。
Unknown (べいびー)
2019-12-07 17:57:18
この法律はっ!虐待が行われている家族に一歩踏み込んで関わるためだと思いたい~。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つれづれ日記」カテゴリの最新記事