ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

雪組 ONCE UPON A TIME IN AMERICA

2020-03-24 07:00:00 | 宝塚コラム

千秋楽に劇場に入れた人はいいなあ。本当に羨ましいです。

映画館で見たかったかも・・・でもスカステで生中継してくれただけでも感謝しないとね。庶民は。

ええっと。感想です。

今回は・・・正直、好きな話ではありません。元々ギャング物とか禁酒法時代の話とか好きじゃないし。アメリカの暗い話は嫌いだなと。

同じような時代を扱った望海風斗の作品には原田諒の「アル・カポネ」がありますが、こっちの方が人間味があって好きかな。アル・カポネには妻も子もいて守るという大義名分の元にあれこれやってたわけで。

でも、今回の話は恋愛はいつも一方通行でストーカーばりのしつこさ。相手役のデボラも清純そうな顔をして結構、あっちこっちと渡り歩いている。

真彩希帆の場合、スターのデボラはものすごく魅力的なんだけど、プライベートになった途端に、意味不明になる印象。もう少し野心家で、だからヌードルスとは恋愛出来ないって言ってくれたらいいのに、誘われるままに行ってあれだけのことして貰ってあっさり振るってよくわからない。

ヌードルスも内心いい人なんだと思います。だけどそれとギャングとしての顔が一致しないというか。

本来は彩風咲奈の方が主役っぽと思うんです。頭がよくて切れ者で残酷な面も持っている。まさにギャングだなあと。だけどヌードルスはどこまで行っても「いい人」っぽさが抜けないというか、どっちつかずだなあと。

はっきりいって、セットも話も振付も衣装も演技力も完璧。でも好きになれない・・といった所です。

小池修一郎の弱点である「人の描き方が浅薄」というのが出ちゃった1作かな。「オーシャンズ11」のような作品ならそれでいいんだけど、今回は、ものすごく登場人物の内面が問題なわけですしね。

2度3度見たら愛着も沸くかもしれませんがこれきりですしね。

 

今回退団した舞咲りん

最初に見たのは何だったかな。「アンナ・カレーニナ」だったかな。正直「美人じゃない」と思いました。「ホップスコッチ」の時もそう思いました。でも、年齢を重ねる間にどんどん成長して、「ファントム」のカルロッタは歴史に残る名演だと思っています。

コメディでも時代物でも端役でも何でも存在感を示すすごい娘役でした。何で専科で残ってくれなかったかな。この先の雪組が心配。

早花まこセルゲーヌさん・・・一時は路線に乗りそうな雰囲気でしたけど結果的には脇の重要な娘役を全うしました。でも私には「JURIのどんだけGOGO5」の彩吹真央編で「僕は宝塚歌劇団に入りたいんです!」とめちゃくちゃ本気で叫んでいた可愛い娘役の印象が抜けません。

お二方とも幸せになって下さい。

 

今回、色々な考えがあって千秋楽に幕を開けた宝塚。

星組にしても雪組にしても1作を中途半端な形で終わらせた事は痛恨の極みだと思っています。ファンにしても気が気じゃないし。早くこんな災いが終息することを祈っています。

五輪問題もあり、スポーツの事ばかり心配しているように見える日本。でもエンターティメントだって絶対に必要不可欠のものだもの。まして舞台役者の苦労はわかります。宝塚のように在籍している限り守られるのとは違い、他の劇場などでは毎日が飢えとの戦いだったりしますから。

また、こんな時期に退団して新しい世界に飛び込むのも心配な感じがするのですが、ただただよい方向へ向かって行ってほしいと思います。

 


コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 愛子内親王高校卒業 | トップ | 都知事の「首都封鎖」発言に... »
最新の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しく・・(´艸`*) (スザンナ)
2020-03-24 08:56:28
ふぶき様と意見が一致?しましたね。(;^_^A
残念ながら 好きには成れませんでした。

このお話し~マックスが もっと「悪者」じゃないと・・・
彩風さん~熱演していましたが、徹底した悪いヤツには見えませんでした。

デボラも もっと強かな女じゃないと描かれ方が浅い?

好きにはなれない~にも関わらず
組子さん達の気迫やら 熱気やら
「伝説」を今 見てるんだな~~と思いましたし、
無事 千秋楽を終わせて気が緩んだのか?
退団者が笑い出す程 泣いてる望海さんに
「トップの責任&孤独?」を感じました。

舞咲さん、早花さん、ご卒業 オメデトウゴザイマス!

首都封鎖・・なんて事態が起きないよう祈るばかりです。( * ̄)m 〔十〕
エリオットネスフアンでした (シュガーレス)
2020-03-24 13:27:47
禁酒法で大儲けしたアルカポネでしたが、今のコロナで外出出来ない老人を狙った訪問盗のサギグループが出てきてしまいました。
金に困れば色々出てくるけど、政府は考えているのでしょうか?
車中泊して車も心配ですが勘ぐれない。
Unknown (ゆうこ)
2020-03-24 15:31:02
まだ録画見てません(泣)時間がなくて・・のわりに同じ日曜日に録画してあった琥珀色の雨に濡れての初演を見ました。
物凄く良いですね。宝塚ファンの欲しいものがギッシリ詰まってます。
暖かい人柄の高汐巴、格好良くてクールだけとほんとは誠実な大浦みずき、そして今の娘役に全然足らない色気のとろけそうな若葉ひろみ。
演出助手が正塚さん、音楽が高橋城先生。
衣装の懲り具合お金かけてます。デザインも当時の流行を行ってます。ポールポアレみたいなトロンとしたデザイン。
歌下手なのが気になりません(笑)惜しむらくはフランソワの娘役がもっと清楚な美人だったらな(笑)と思いました。

正塚先生は大和悠河の退団作品バラに降る雨にこんな雰囲気を求めていたのか(笑)知らなかったな。主演の二人に色気ないから違う人に踊らせてカバーしたんだね(笑)
それにしても大浦みずきのスターオーラの凄さ完璧です。
少し暇になったら録画見てみます。チケット代金返してください。(笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宝塚コラム」カテゴリの最新記事