ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

日本一強い妃 皇嗣妃殿下の肖像 2

2020-02-10 07:00:00 | 日本一強い女 皇嗣妃殿下の肖像

 1989年9月1日 買い物帰り

 1989年9月3日 礼宮とテニス

 女性自身 1989年9月19日号

いまだから語れる殿下愛の秘話!礼宮さま大ゲンカ!「キコはボクのものだ!」恋敵の学友を紀子さんを巡って2度も!!殿下とキコちゃん3年間の愛!目白の喫茶店シュークリームデート地図・川嶋家3LDKのライフお嫁入道具1500万円の心配・反対だらけの礼宮さまの結婚陰の演出家は美智子さまだった」

 FLASH1989年9月12日号

「礼宮さまの婚約者川嶋紀子さんの貴重発掘写真」

 週刊明星1989年9月12日号

「ご婚約おめでとう!礼宮殿下皇室に新しい風を吹き込まれたプリンス・川嶋紀子さんいつもいつも笑顔を絶やさぬプリンセス」

 週刊テーミス1989年9月13日号

紀子さんを送り出す川嶋家への「拍手」と「やっかみ」

 FRIDAY 1989年9月15日号

「礼宮さまと紀子さんの4年越しの純愛」

 女性セブン 1989年9月21日号

礼宮さま紀子さん「愛の日々」独占公開!フジテレビディレクターの克明メモ・緊急連載週刊日誌・これが川嶋家の「新・お嬢様教育法」特写!紀子さん、嫁ぐ日へ走る」

 1989年9月9日 婚約内定発表前に目白駅の飯島写真館で家族写真

 目白の行きつけの「オード・アトリエ」で髪を整える紀子さん

 趣味のチターの会へ出席

 ご婚約祝いで友人たちが開いてくれたフェリー船上パーティで花束を渡された礼宮と紀子さん。

 美智子さまから貰った花かごを手に赤坂御所から帰宅する紀子さん

 1989年9月12日 礼宮殿下と川嶋紀子さんの結婚に関する皇室会議「可決」

 

発表する藤森宮内庁長官

 皇室会議後、自宅を出る紀子さん

 記者会見に臨むお二人

 記念絵馬

--このたびは、ご婚約決定、おめでとうございます。

 礼宮さま「どうも、ありがとうございます

 --質問に移らせていただきます。お2人は皇室会議で正式にご婚約決定となりましたが、現在のご心境をお聞きしたいと思います。

 礼宮さま「皇室会議で承認していただきまして、いま、ホッとしているというか、そういう気持ちです」

 紀子さん「私も、礼宮さまと同じく、私どもの結婚に皆さまのお認めをいただき、まことにうれしく存じます」

 ◆ひかれた点 プロポーズ

 --お互い、どんな点にひかれたのでしょうか。

 礼宮さま「以前にもお話ししたことがございましたが、話をしていて楽しい人。また、どことなく愛きょうがあるというか……

 紀子さん「生物、例えば御所内で飼ってらっしゃるナマズやアヒルなどをかわいがっておられるお姿や、熱心に魚類を研究しているお姿に強くひかれました。タイのお酒、メコンに誘われるまま、先生やお友達と語り合い、またギターを弾かれたりするご様子、そんなところにひかれました

 礼宮さま「付け加えると、(紀子さんは)非常に話題が豊富な方じゃないかと思っております

 --ご結婚を決意されたのは、いつごろでしたか。礼宮さまからのプロポーズのお言葉と、紀子さんのご返事は。

 礼宮さま「決意は、だんだん、徐々に、そういう方向に固まっていったというところでしょうか」

 紀子さん「私も礼宮さまと同じく、徐々に気持ちを整理して参りました

 礼宮さま「プロポーズは……そうですね、確か昭和61年の6月26日だったと思いますけれども、『私と一緒になってくれませんか』と話した記憶があります」

 紀子さん「私は『よく考えさせていただけませんか』と申し上げました」

 --先ほど、お2人は両陛下のところにごあいさつされたと思います。その時、両陛下はどんなことをおっしゃいましたでしょうか。

 礼宮さま「このたびの婚約をうれしく思います。いままで2人が培ってきたものをさらに伸ばし、また、お互いに補いあい、よい家庭といいますか、よき宮家を築いていくことを期待しているとのお言葉でございました

 紀子さん「同じようなお言葉をたまわりました」

 --現在、(昭和天皇の)喪中で、ご自身も留学中のお立場ですが、そういう時のご婚約決定をどうお考えになりますか。両陛下から反対はございませんでしたか。

 礼宮さま「現在、留学中、喪中ということでもありますが、ここ一、2年の間に川嶋家の方にいろいろ問い合わせ等が多くなって、私としても責任のあることですので、早い時期に公にしたいと判断いたしました。そうなりますためには、本日もございました皇室会議を経なければいけないわけですが、それにつきましては宮内庁としても特に異議はありませんでしたし、両陛下から反対もありませんでした

 ◆結婚の抱負 新家庭像は

 --ご結婚の儀式はいつごろと考えていらっしゃいますか。新婚旅行のご希望は。

 礼宮さま「現在は喪中ですので、明年1月の喪明けを待ち、それから考えていきたいと思っています。新婚旅行などは、今のところまだ考えておりません。結婚の後は、伊勢神宮とか神武天皇陵などの参拝もございます。また、昭和天皇のご生前にお耳に入れることができませんでしたので、武蔵野陵に参り、ご報告したいと思っています」

 --ご結婚されると、独立され、宮家を営まれるわけですが、今後のご自身のあり方、抱負というものがございましたら、うかがいたいと思います。

 礼宮さま「新しい経験となるわけですけれども、いろいろな方からお導きいただきながら、2人でいい家庭を築けたら幸いと思っております。皇族としての抱負といたしましては、天皇をお助けする立場でございますし、与えられた皇族としての仕事をひとつひとつ、大切に果たしていくつもりでおります」

 --皇太子さまより先に結婚が決まりましたが、ご感想は。宮内庁は皇太子さまのご結婚をできるだけ早くと考えているようですが、お近くにいてどのような雰囲気でしょうか。

 礼宮さま「兄の皇太子が早く決まればそれに越したことはなかったわけですし、私もそのことを強く望んでいましたが、先ほども申したような事情もございまして、私の方が先になってしまったということでございます。雰囲気? 以前に30歳までにできれば上出来というふうに申しましたけれども、やはり30歳までにできれば上出来なのではないかと私は思っております」

 --暗い見通しですね。

 礼宮さま「暗いと言いますか……。私もわかりませんけれども

 --紀子さんは一般の家庭から皇室に嫁ぐことになりますが、これから皇族の一員になられるお気持ちは。

 紀子さん「私は礼宮さまと4年にわたり親しくさせていただき、礼宮さまのお人柄、お考えから多くのことを学ばせていただきました。また両陛下、東宮殿下、それから紀宮さまが、明るい中にも責任あるお立場をご自覚になり、ご生活なさっているお姿を拝見させていただきました。ありがたく、まことに心強いことでございました。皆さまのお教えを賜りながら一つ一つ学んでいきたいと思っております」

 --紀子さんにお尋ねいたします。ご結婚されたら、どんな家庭を築いてゆきたいとお考えでしょうか。また、お子さまは何人ぐらい、お望みでしょうか。

 紀子さん「礼宮さまとご一緒にのんびりと明るく、和やかな家庭を築けたらと思っております。後の質問についてでございますが、それについても、これからゆっくりと考えていきたいと思っています

 --初めて結婚の話が出た時、(紀子さんの)ご両親は何とおっしゃっていましたか。

 紀子さん「父は『自分の人生は自分の責任や判断で決めることが望ましい。よく考え、よく悩んだ上で、結論を大切にしなさい』と申しておりました。また、母は『紀子ちゃん、よく考えてみましょうね』と申しまして、そのあとで『はたち前半のころは豊かな経験をすると同時に、よく勉強し、ライフワークの基礎を作る重要な時期ですよ』と申しておりました

 ◆勉学の見通し 今後の計画

 --これから結婚の日まで、学業など日々の生活についてどのように考えていらっしゃいますか。

 紀子さん「私は現在、大学院生でございますが、礼宮さまは大変ご理解があるようで、そのご理解のもとに、時間の許す限り勉強を続けたいと思っております」

 礼宮さま「私も、まだイギリスの方でやりたい仕事、研究と申しますか、たくさんありますので、このことが一段落つきましたら、できるだけ早い機会にイギリスへ参りまして、前と同じような研究生活に戻れればと考えております」

 --(11日の)誕生日に礼宮さまから何かプレゼントがあったとうかがっておりますが。

 礼宮さま「私からお答えさせていただきますと、何というか、写真立てみたいなものなんですね。ちょうど2人の人が入るような、そんなものをプレゼントいたしました

 --中に写真は入っていたのでしょうか。

 紀子さん「これから思い出深い写真を入れて、飾っておきたいと思います」

 --どこで求められたものなんですか。

 礼宮さま「日本で」

 --紀子さんはご結婚後、大学院での勉強をどうなさいますか。

 紀子さん「今後どんな生活を送るか、ちょっと分かりませんけれども、時間が許す限り勉強はずっと……一生続けたいと思っております

 --失礼な質問ですが、お2人は長い交際を続けていらっしゃいますが、けんかなどというのはなさったことはございますか。

 礼宮さま「けんかの度合いにもよりますが、双方、からかったり、そんなことはいたしましたけれども

 --涙を流したようなことはございましたか。

 紀子さん「みなさん、ご存じだと思いますが、(礼宮さまが)英国にいらっしゃった日でございます」

 --プロポーズの場所はどこだったのでしょうか。

 礼宮さま「場所は目白近辺。夕方、集まりがありまして、私が(紀子さんを)送って帰る途中、ちょうど横断歩道のところで信号待ちをしている間に、ついつい長話になって、その時に」

 --結婚までにお2人でタイへ出かけるとか、イギリスへお連れになるというお考えは。

 礼宮さま「まだ、そういうことにつきましては全然考えておりません

 --先ほどのプロポーズの話ですが、紀子さんは「よく考えさせていただきます」と答えられ、そのあとはどんな展開だったのでしょうか。

 紀子さん「先ほど申しあげたように、徐々に気持ちを確かめあいながら、きょうになりました

 --紀子さんは礼宮さまが初恋の人ですか。

 紀子さん「そうでございます」

 --(学習院大構内の)本屋で最初の出会いがあったとお聞きしていますが、その時の第一印象は。

 礼宮さま「こちらのお父さまを前から存じ上げていたんですが、非常にお父さまの話し方と似ているなと思いました」

 紀子さん「私はお友達と話してらっしゃるお姿を拝見して、思ったより気さくな方という印象を受けました」

 --ご婚約に至るまでに障害のようなものは感じられませんでしたか。

 礼宮さま「私といたしましては、ほかからの反対は一切なかったと思っております」

 --皇太子さまの方から祝福のようなお言葉はございましたでしょうか。

 礼宮さま「おめでとうということですね」

 --前回、イギリスに礼宮さまが行かれた時、涙を流されたということですが、また礼宮さまはイギリスに戻られます。ご婚約が決まられたことで気持ちはだいぶ楽になりますか。

 紀子さん「これからは以前よりも親しくさせていただくことができるとうれしく思っておりますが、やはり、心に通じ合うものがございましても、距離が離れますと寂しいものでございます。おたちになる日はしんみりと涙を流すことになるのではないかと思いながらも、笑顔でご出発を送りたいと思っておりますが

 --きょうはありがとうございました。お幸せに。

 紀子さんのワンピースはお母さまのご友人が仕立てたもの。こういう所が皇室にふわしいと思うんです。3LDKに住んでいても趣味も教養も極上のお嬢様で礼宮と価値観が同じだったのです。

 ここには書かれていない部分があります。

礼宮「また、どことなく愛きょうがあるというか……」の後に「可愛い」とおっしゃってます。

「礼宮さまは初恋ですか?」の質問の時に、紀子さんはそっと「お答えしてもよろしゅうございますか?」と聞いています。

さらに「お子様は何人?」と聞かれて礼宮が「何人にしましょうか」と聞き、紀子さんがはにかんで笑ってしまうシーンがありましたが、これがまたはたから見ててもラブラブでほっこり感がすごかったです。「それも・・・殿下とよく相談して・・」でみんな笑っていました。

 25年後、紀子妃はこの時海外への留学を考えていたことがわかりますが、礼宮との結婚を選び回り道をしながらもコツコツとお勉強なさっていたのですね。

 荒らしがよく「昭和天皇の喪中に」と悪口を書き立てますが、早く発表させたのは天皇と皇后であった事をお忘れなく。昭和天皇の皇女・順宮の先例にならっていたことがわかります。

記者会見を終えた二人。

今見ても素晴らしいワンピースですよね。


コメント (23)   この記事についてブログを書く
« 皇室ウイークリー | トップ | 新章 天皇の母  9 »
最新の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あの日の感動を思い出しました (RM)
2020-02-10 07:14:49
なつかしく、愛らしい当時の記事をあげていただきありがとうございます。
今時、こんなにもおしとやかなお嬢様がいらっしゃったのか…と驚いたのはなつかしい思い出です。
やはり皇室へ嫁ぐ方はこうなのだと、また、お二人が初恋同士で愛を育まれてきたことにも感動しました。
紀子さまのワンピースも素敵でしたが、お母さまもさすが!だと思いました。
何を着ていいのかわからず、皆さま訪問着でお茶を濁してしまうところですが、ご自身もその場にふさわしいお召し物をきちんと用意することができることにも、素晴らしいの一言しかありません。
Unknown (パタシュ)
2020-02-10 08:53:43
多くの写真と記事、ありがとうございます。
お二人とも受け答えが素晴らしく新ためて感服しました。

記事の週刊誌に、拍手とヤッカミの見出しがありましたけど
徐々にヤッカミ、次々にサゲの引きずり落としが強まって行って今に至っているのでしょうか。
敵の敵は味方、獅子身中の虫、アゲとサゲなど何処の世界のことなのかと思う。

公人であれば、会見で受け答えしなければならないケースも多いでしょうに、はじめから「会見拒否」など考えられず、連想がそこに行くのはナゼかと思う。
Unknown (味彩)
2020-02-10 09:17:03
懐かしい会見の様子が蘇りました。紀子さんが留学を考えていたので、礼宮様が逆に焦ったのかなと思いますね。紀子様は、外国語になるとハキハキ話されるとか。さすが真の帰国子女。
質問に対して100点の受け答えだったと記憶しています。
3LDKについては亡き殿下が苦言を呈され~今ではそういう発言力のある方が必要なのだと納得します。残念です。
宮家を持つ予定でしたから、周りも緩やかに対応できた時代で、まさか自分たちが皇嗣になるなんて予測不能。春の行事に対応されながら、頑張り過ぎない様にして頂きたいものです。
テーミス! (しまき)
2020-02-10 10:39:21
実は、「テーミス」なる本を写真ででも見たのが今回が初めてでして、ありがとうございます。
一般書店ではなかなか入手できない本ですよね。
私はこのタイトルの「川嶋家への「拍手」と「やっかみ」(会員制結婚や英会話教育)」の中身が知りたくなってしまいました。会員制結婚というのは、川嶋のご両親話でしょうか。それにしても、テーミスって、売り上げが少なそうなのに、結構古くからある雑誌だったんだなぁ~と、これは認識を新たにしました。

紀子妃殿下は本当にお気の毒だと思います。
お強く生きていこうと思われて、入内なさったのではないのに。50歳を超えられた今、何でこんな嵐の中のかじとりをせねばならなくなったのでしょう。
最新号の女性セブンをつい見てしまい、「もう娘の結婚を認めようか」という発言をなさったのどうのこうの。
あ~~~なんでこんなことに~~(涙)
Unknown (はらちゃん)
2020-02-10 10:57:34
そうです、そうです。
当時の記事をありがとうございます。

紀子様サゲの方は「昭和天皇の喪中に」と悪口を書きたてますが、早く発表せざるを得ない事情(マスコミが紀子様を追い回すからでしょ)があり、発表を許可したのは陛下と美智子様で、しかも先例もあったからですね。
納采の儀も式も、当たり前ですが喪が明けてから。
そこを知らずか、知っていて「喪中」と言いたてるのか、後者でしょうが、、しかも昭和天皇が反対していたとか、ないことないこと、言い散らかすのですから…
昭和天皇が反対していたのはチッソの孫で3代遡れない雅子様、元警察庁長官の後藤田氏も「むしろ旗が立つ」と。
「喪中」以外にサゲる材料として、紀子様は「同和」とか言い出したり。 「差別だ」とか言って家系を調べるのをやめさせたのはどなただったかしら…


この会見、よく覚えてますよー
お若いのにしっかりして、しかも可愛らしい〜
このときの記者会見に限らず、いつも秋篠宮様紀子様はペーパーに頼らずお話になっておられますが、口に出すほんの僅かの間に頭の中で整理されてキチンとお答えになっています。感心いたします。
要らないことを付け加えたり、ダラダラと意味がない言葉の羅列では、見ているほうが、あらら〜と失笑です。

紀子様はこのときに「時間の許す限り、勉強はずっと、一生続けたい」とおっしゃった言葉通り、いまも地道に続けておられますね。
Unknown (オムライス)
2020-02-10 16:32:34
ふぶき様、

可愛い紀子ちゃんの写真のアップ、ありがとうございます。いつ見ても心がなごみます。

礼宮様が婚約発表を急がれたのは、マスコミが追い回すから、という理由もあったのでしょうが、紀子ちゃんが皇太子妃に、と言われていたからだとも聞いて居ます。

浜尾侍従(当時はもう侍従ではなかったかな?)が、「紀子さんは素晴らしい女性だがひとつだけ欠点がある。それは皇太子様を選ばなかったことだ」と言ったという話を聞いたことがあります。

礼宮様にしたら、自分が留学している間に、周りがお膳立てをして紀子さんを皇太子に取られてしまうことが恐かったのではないでしょうか。

真偽のほどはわかりませんが、当時の皇太子妃選びの難航、紀子さんのかわいらしさ、上品さを思うと、ありそうな話だと思えます。今、紀子さまが皇后だったとしたら皇室はすばらしいものになっていたでしょうが、やはり、紀子さまにはナルではなく、秋篠宮様がお似合いだと思います。
Unknown (青色)
2020-02-10 21:16:19
昭和天皇の喪中に何故急いだのか、と当初から気にかけておりましたが、なるほど、留学と皇太子妃候補ということなら、納得がいきます。
魅力的なかたですし、両陛下も紀宮様も喜ばれたでしょう。だからこそ、礼宮様が急がれたのでしょうね。

この頃は宮内庁関係も身辺調査をしっかりされていたのでしょう。
何故に御自分の娘にはそうさせなかったのか、疑問ですね。
Unknown (れいこ)
2020-02-10 22:02:44
本当に素晴らしいワンピースですね。高級感があり、上品で清楚です。当時、中学生だった私は、上品で可愛らしい紀子様にたいそう憧れ、理想の女性像となりました。今思えば、多感な時期に、紀子様という女性を知ることができ、本当に良かったと思ってます。

紀子様は、内面の美しさはさることながら、素材の美しさが根本にあります。整ったお顔、色白のきれいな素肌、艶やかで豊かな髪、すらりと伸びた脚など、着飾ったり濃いメイクなどでは手に入らない素の美しさです。眞子様、佳子様も美しい髪、肌、スタイルの持ち主です。紀子様譲りなのでしょうね。
お美しい・・ (千菊丸)
2020-02-10 22:03:25
紀子様、お美しい・・やはり華麗なる方はファッションや立ち居振る舞いも洗練されていらっしゃいますね。
Unknown (パタシュ)
2020-02-10 22:23:13
記事にありました礼宮さま「皇室会議で承認して頂きまして、今ホッとしているといいますか、そういう気持ちです」

かなりの抵抗勢力の存在を思い起こさせます。
その一つの証言にナルかも知れないですが、浜口侍従が「紀子さまは素晴らしい女性ですが、
ただ一つの欠点は、皇太子を、選ばれなかったということです」
大きな抵抗勢力のバックがあったことを、思わせるのに充分です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本一強い女 皇嗣妃殿下の肖像」カテゴリの最新記事