ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

世の中逆走しているの?

2018-08-10 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 日本医科大学の女性差別は本当に許せないと思います。いつの時代か・・・という人もいるけど、「昭和」を差別の時代だと思って欲しくないです。

最初から減点されて入学しているから女医が少ないのか、外科などを担当する女医が少ないのかそれはわかりません。「戦う」事も女性には必要なんじゃないか?と思います。

ドクターXはあくまで理想の話で、彼女は独身だしフリーランスだから出来るという事で、しかも半分外国育ちだしね。日本の女医さんもそういう形でアメリカあたりから逆輸入されれば功績も認められるんでしょうか。

っていうか、日本の医学界の閉鎖的な事は事務員だって知っていることで、山根氏への「おもてなし」があれこれいわれてますが、私が勤めていた病院でも同じ薬剤なのに先生の好みによって会社が違うとか回診の時に椅子を用意するとか・・・やたら細かい指令があってナースは大変そうでした。

勉強しか出来ない男は女性を下に見る傾向があるよね だから時代錯誤な事が堂々と行われていたのですが、発覚が文科省の裏口入学に端を発したという所がかなしい。もしこれが事件にならなかったら永遠にわからなかったかも。

でも女性も進んで外科を選ぶとか脳外を選ぶとかそういうのがあまりないかも。皮膚科・眼科・内科・美容外科等は多いけど。それってやっぱり家事・育児との両立と、男並に頑張れない事情ってのがあるよね。

「ER」などのドラマでは医師同士で結婚したら、どこまでも分担だし病院の保育室があるからわりと恵まれていると思いました。「クリミナルマインド」「BONES」などでは女優が妊娠するとそれに合わせてストーリーが書き換えられているような気がします。日本は逆に隠そうとするけど。

でも本当に女性だから減点とかやめて欲しい。一体何様なんだよ。

さて山根氏の話ですけど。新潮も文春も彼の「血と骨」について詳しく書いています。

 山根氏の母は釜山出身の在日朝鮮人で神戸育ちのお嬢さん。

 父親もどうやら同じ在日朝鮮人のよう

 6歳の時に母は子供達を連れて釜山に帰った。

 山根氏は10歳の時に密航して日本に来て収容所送り。2度目の密航の時に父親の人脈で松田竹千代という国会議員に救われて定住。

 帰化して40年。中山正暉という衆議院議員に保証人になってもらった。

 現在の奥さんも帰化人。日本語がたどたどしく、韓国クラブを経営。

 長男・昌守氏の母は最初の妻。

 昌守氏は自動車販売で成功し、父親にロレックスに車、マンションに生活費、全ての綿でサポート。

 彼がよくいう「俺は歴史の男だから」とかいう自分に酔っている風のセリフは韓ドラでよくみるシーンだし、辞任も「妻が言うので」というのもまさに言い訳。

韓国では暴力を背景にした金と権力があれば何でも許されてしまうという時代が本当に長かったと思います。ゆえに自ら暴力団との付き合いを公表しても何とも思わないわけ。頭の中が昔の韓国で止まっているんじゃないの?

 でも一番悪いのは吉森とかいう理事他、山根氏にくっついて「忖度」しまくっていた集団。「人間関係で勝敗が決まる」というのは想像がつかないけど、そういう世界があるのは事実でしょ。ヒエラルキーの度合いが強い土地柄程、そういうのがあるんじゃないかな。

どこぞの歌劇団もそうであってほしくないとは思うけど、残念ながら人間関係とお金で買えるトップの座である事は確かのようだし、音楽学校への入学から成績まで買おうと思えば買えます。最近抜擢されたあの娘役でも実は・・・なんて言われているようですし、うそーー?と信じたくない(だったら信じなきゃいいんだけど)けどね。

ヅカにおける「金と権力」の持ち主は理事長?と思うけど、創業者一族は今や斜陽で、どちらかというとチケットを買い、人事に口出しできる「おばさま」の方らしい。何が本当かわからないけど2番手なのにスライドさせられた人とかねーー色々人間関係が実力とは別にあるようです。

 だから山根氏のセリフを違和感なく聞ける人もいるという事でしょ。それが理事会の何人なんだかわかりませんが。

でもやっぱり何でもっと早く解決できなかったか。「選手が人質に取られているようで」という気持ちもわかります。でも何年も不正が続けば精神的被害は広がる一方ではないのでしょうか?

日大チア部のパワハラもひどい。でもあの女性監督って頭おかしいんじゃない?

訴えても訴えても聞いてもらえない世界もあるんですね。

ボクシングの件だって何度も政治家などに相談したけど「自浄能力に任せるしか」って言われたみたいだし、日大もアメフトの件がなかったら進展しなかったかも。

どうしてこうも真っ当なことがが通らないのか。「正しくしちゃいけない」

名言になっちゃった。

 

ジャンル:
速報
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« 皇后陛下に申し上げたい・・... | トップ | 悠仁殿下 広島へ »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ミロ)
2018-08-10 08:18:32
おはようございます。

今回話題になっている私立の医大は東京医科大学です。
西新宿のあたりにあります。
確か以前ビートたけしさんが交通事故(バイク)を起こした時に東京医大のチームで手術をしたかと。

日本医大は文京区の根津神社の近くにありますよね。

私立の医大も学費がすごく高額になってくるあたりの大学だと、いわゆる裏口入学とかあるのかなと思っていましたが、東京医大クラスでもあるんだなと今回思いました。
東京女子医大という女子しかいない学校もあるのだから、女子にはハードル高くするというのなら、大学の方針として明言していたらと思います。
昔のおじさま?たちは、自分たちの縄張りを確保維持するための策なんでしょうか。
自分たちと同じような権力(人事権とか、その他たくさん)を持った女医のライバルを出したくない。そのために入試のときから潰してしまえ。みたいな。
Unknown (ミロ)
2018-08-10 08:31:05
連続コメント失礼します。

ボクシングの吉森副会長という方、東大出の弁護士さんで世田谷区で事務所を開業されている方なんですね。
知りませんでした。
今回のボクシング連盟はアマチュアなんだそうですが、
プロの方に苦情がいっているとか。

山根さん、見た目があからさまにあやしいですもんね。
女子レスリングとか日大アメフト部とかで、告発もしやすくなっているのでしょうか。
それにしても、鈴木大地長官、任期が長い気がします。
現役時代や結婚話など知っている自分は懐かしいです。
長官のポスト、狙っている方多いでしょうね。
ヤブと名医 (しまき)
2018-08-10 12:06:23
今回のことで一つ学んだことがあります。

「女医にヤブはいない」

何しろ男子学生よりもかなり優秀じゃないと入学すらできないのですから。
自分の主治医には女医さんを選択するのが正しいかもですよ。
医大入試差別とアメリカ大学入試 (イヌスカヤ)
2018-08-10 16:13:32
医大の入試においての、女性、浪人差別。
まずは、ムカつきました。
不公平だと。
同じ高校生が、一生懸命勉強し入試に臨んでいるのに、女性というだけで減点。
(加点が少ないという事は、減点と同じですよね。)
その理由が、女医ばかりになったら、外科医が少なくなる。
う〜ん、事実かも。
でも、そうなってしまわざるを得ない環境を作ってしまった原因は、医療の世界にも一部あると思います。
女性が働きやすい環境(妊娠・出産は、女性にしか出来ません)、子育てに優しい環境(保育所や、男女ともに育休や病児休暇が取りやすい環境)などを作ってこなかった医療の世界。
もっとも、この問題は、医療の世界に限った事ではありませんがね。
ただ、西川女史が言う様に、体力勝負の現場も一部ありますし、理想は6:4、現実は7:3位が妥当なのでしょうか?
ただ、現実の世界はともかく、入試においては、公明正大に、公平にして欲しかった、努力が正当に報われて欲しかった。

と考えていて、ふと、アメリカの大学入試を思い出しました。
Affirmative Actionという政策。
辞書には、積極的差別是正措置とあり、雇用・教育などで従来差別されてきた女性・少数民族などに対する積極的優遇措置、とあります。
アメリカでの政策で、辞書にはイギリス(英語)では、Positive Discriminationと言うそうです。
イギリスにこう言う政策名があるのか知りませんが、ポジティブな差別って、なんとまあ直接的な表現と言うか、分かりやすいと言うか。
要は、アメリカの大学において、人種・性別が偏りすぎない様にするという事と、差別されてきた人たちにもチャンスをと言う事です。
私がアメリカの大学に入学した30年近く前にはあった政策。
その考え方は、脈々と引き継がれ、今、入試において、割に合わない思いをしているのは、普通の家庭の白人男子でしょう。
アメリカの大学(特に私立)は、同窓生や多額の寄付者の子弟を優遇しています。
貧乏なマイノリティーには、Affirmative Actionがあります。
家族を食べさせ、暖かい寝床を提供し、慎ましく家族を養っている、でも学校に多額の寄付なんてできない、そんな多くの家庭出身の白人男子には、加点がありません。
さらにここに来て、自分は犠牲にしても子供の教育をと言うアジア人の大躍進で、大学の人種構造にも大きな変化があり、優秀な学校や学部にはアジア人しかいない、なんて事も出てきています。
人種的多様性を求めてきたアメリカ社会、そして、根底には、(大きな声では言えないけど)やっぱり社会を動かすマジョリティーは白人男性であって欲しいという思い、やはり、教育や雇用で、人為的操作をしていくのか?

考えさせられた問題でした。
Unknown (ワルキューレ)
2018-08-10 20:04:31
在阪局の某アナウンサーがラジオで「成績順で取ったら女子ばかりになるんですよ。」と数年前に言っていました。学校としても国家試験の合格率を考えると優秀な女子を取りたい、でもそれでは現場が困るという苦渋の選択だったのかもしれません。それに女医の働きやすい環境を整えた結果、患者の自己負担額が増えてしまうのは困ります。高給なんだから、堂々とメイドさんを雇えばいいのにと思いました。
不正は許せません (まゆゆファンMM)
2018-08-11 04:43:57
ふぶき様、そして皆様、失礼致します。

今や第一線で任務に就く護衛艦の艦長や護衛艦数隻を束ねる護衛隊司令さえも女性が立派に重責を担っている時代です。女性に外科医が務まらないとは私には思えません。

テレビで見たのですが、女性には手術に立ち会わせない等、女性には外科医として成長させないように男性陣が画策しているみたいですね。

医学界の女性差別は酷いですが、同時にこれは患者軽視に他なりません。優秀な女性が不合格になり、実力もない人間が医者としてのさばるようでは、患者にとっても不幸でしかありません。

官僚や卒業生の馬鹿息子をお金で入学・卒業させる一方で、優秀な女性やこつこつと努力してきた男性が排除されるのは納得出来ません。何浪もしたといっても、実際には大学の都合で弾かれた人間かも知れません。

駄文につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
Unknown (百合)
2018-08-11 16:16:07
東京医科大学は中堅の医学部ですよね。
学費が6年間で3000万円近いですね。
裏口入学のニュ-スを聞いた時、正直あまり優秀ではない息子さん?て印象受けました。
女子の点数を減点したのはインチキで駄目ですね。
実際医者としとて使いものになるのは、西川先生の仰有る通り男性医師だと思います。
ope室で10時間立ちっぱなしなんて体力勝負の場合もあるようです。患者が急変すれば夜中でも呼び出され男性医師でもクタクタになるようですので、やっぱり男性医師のほうが、ずっと多く必用だと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ・ワイドショー」カテゴリの最新記事