ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

ティアラ・ティアラ5

2018-05-22 07:00:00 | 日本人なら絶対に知っておきたい皇室

 ティアラ特集は以前にもやりましたけど、おさらいで。

過去記事 秩父宮妃のティアラが皇后陛下に?

 

秩父宮妃のティアラが皇后陛下に?2

 

秩父宮妃のティアラが皇后陛下に3

 

ティアラ・ティアラ4  ティアラ・ティアラ3 ティアラ・ティアラ2

ティアラ・ティアラ1

今回、多少以前の記事とダブる部分もありますが「VOGUE」に紹介されたティアラを中心に紹介します。

ガールズオブグレートブリテンアンドアイルランドティアラ

 ジョージ5世妃(左)の結婚祝いとして贈られたティアラが孫であるエリザベス女王に受け継がれた。

 ジョージ4世ステイトダイアデムティアラ

 

1821年、ジョージ4世戴冠式の為に制作、その後、ヴィクトリア女王→メアリー王妃 → エリザベス女王の戴冠式で着用。

 

バーミーズルビーティアラ

1947年、エリザベス女王の結婚祝いとしてミャンマーから贈られた100個のルビーを1973年にティアラとして完成。

 

ヘイロウティアラ

1936年ジョージ6世が妻に贈ったカルティエのヘイロウティアラでキャサリン妃が結婚式で着用。エリザベス女王の妹、マーガレットもしばしば着用。

 

オリエンタルサークレット

ヴィクトリア女王の夫、アルバートが妻の為に贈ったティアラ。クイーンマザーがお気に入りだった。

 

ブラジリアンアクアマリンティアラ

戴冠式の祝いとしてブラジルからアクアマリンを貰って、ティアラとネックレス、イヤリングにしたもの。

 

クイーンメアリーズフリンジティアラ

1919年、ジョージ5世妃の為に作られたティアラでアン王女が結婚式で使用。

でもジョージ5世の妻であるメアリ―王妃って一体、いくつティアラを持っていたんでしょうね。

 

ザ・ウラジミールティアラ

 1870年、アレクサンドル皇帝の弟、ウラジミール大公妃のティアラで、その後、メアリ―王妃が購入し、エリザベス女王に受け継がれた。

クイーンアレキサンドラズココシュニックティアラ

1888年エドワード7世とアレキサンドラ女王の結婚祝いに贈られたティアラ。

 

ケンブリッジラバーズノットティアラ

1900年初頭にメアリー王妃の為に作られたティアラ。

 

ロータスフラワーティアラ

 エリザベス女王がジョージ6世からプレゼントされたネックレスをティアラに作り直したもの。

グレヴィルティアラ

 貴族のグレヴィル夫人が身に着けていたものを友人であるエリザベス女王の母が受け継ぎ、カミラが結婚式で身に着けた。

デリーダーバーティアラ

 1911年、ジョージ5世妃のメアリ―の為に制作された。現在はカミラが使用。

カミラがつけるには大きすぎるような気がしますが。(付け方が美智子ひみたい?)

ミーンダーティアラ

クイーンマザー → エリザベス女王 → ザラ・フィリップスへ

 

スペンサーティアラ

スペンサー家に代々伝わるティアラ。メーガンがこれを使うかもと言われていましたけど、違いましたね。美人のキティも将来使うかも?

 

ボルティモアティアラ

1870年代に制作。クイーンマザーがマーガレット王女の結婚式の為に手に入れた。

その後、2006年にオークションにかけられ1憶3200万相当で売却。

 

ジョージ6世サファイアティアラ

 1947年にジョージ6世からエリザベス女王の結婚祝いとしてジュエリーセットとして贈られ、1960年代にティアラとして完成。

個人的な好みとしてはスペンサーティアラが1番ですが、ヘイロウティアラやザバースノットティアラも好きです。

こうしてみると、やっぱりジョージ5世の奥さん、メアリ―妃がダントツでティアラを所持していたようですね。大英帝国真っ盛りの時代でしたっけ?

また、結婚のお祝いとして宝石を贈られ、それをティアラに加工するという事もよく行われています。

日本の場合は、成年式のみで、美智子妃だけが東京オリンピック時にティアラを新調しています。

 

 

 

 

 

ジャンル:
速報
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初心者の為の宝塚講座 13... | トップ | ティアラ・ティアラ6 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっくり (デュランタ)
2018-05-22 11:40:50
一番上の左側、ニコライ2世かと思いました。
二人はいとこどうしで、侍従さえも間違ったそうですね。
メアリー王妃は美しい物には目がなかったようです。よくあんなに沢山の宝飾品を購入出来たものだと感心してしまいます。
第一次世界大戦もあり、けっして好景気な時代ではなかったのではないでしょうか?

ロータスフラワーティアラは、女王ではなく、王妃(妻)へのプレゼントみたいです。
左の写真が、どうみても女王じゃないので、ちょっと調べてみました。
母娘、同じ名前なので混乱しますね。
Unknown (Unknown)
2018-05-22 13:02:54
ロータスフラワーのティアラかぶったキャサリン妃、ごく普通のカットソー着てるふうに見える…
品位がわかっちゃうよー
豪華で美しいですね (猫カフェ)
2018-05-22 14:00:45
王族の素晴らしいティアラをたくさん見せていただき有難うございます。カミラ夫人とキャサリン夫人はティアラを付けても貧相な気がします。メーガン妃が意外に厳かなティアラが似合ってると思いました。言いたくないけど結婚式の雅子さんのパレードでティアラ姿は可愛かったと思います。あのティアラまた見たいです。
話が逸れますが公開された両陛下の肖像画ですが、陛下が民間人みたいに見えます。そっくりならいいというものではないでしょう。でも妻と対等と表現しているようにも見えます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本人なら絶対に知っておきたい皇室」カテゴリの最新記事