ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

加藤剛さん死去

2018-07-10 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 加藤剛さん死去 

 俳優の加藤剛さんが6月18日、胆のうがんで死去

 享年80歳

最近、激やせしているなとは思っていたのですが・・・やはり。先日の歌丸師匠といい、昭和がまた去っていく。

今時の人は時代劇の面白さをあまり知らないんじゃないかと思います。韓国史劇の方がよほど刺激的に感じるかな。

「水戸黄門」は最後のどんでん返しが面白かったんですが、「大岡越前」は理論でやっつける「大岡裁き」が面白かったんですよね。

片岡千恵蔵さんに加藤治子さん、竹脇無我さん等々スターも多かったし、ストーリー性があってよかったですよね。

加藤剛さんはいつでも感情的になることがない俳優さんでした。どんな役も冷静に演じていたといか。

「この子を残して」の時も「獅子の時代」の時も。そういう理知的な役が似合う人でした。「砂の器」ですら・・・

名作も多く、日本のドラマ界、映画界には欠かせない人でしたのに。本当に残念です。心からご冥福をお祈りします。

ジャンル:
速報
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今のふぶきの気持ち | トップ | 嘘ばっかりの皇太子夫妻・偽... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
加藤剛さん、訃報によせて (びび)
2018-07-10 08:27:18
ずっと昔ですが、加藤剛さんの舞台『マクベス』を観ました。朝早くから並んで最前列でした。
当時新聞で
「直球勝負の加藤剛が変化球を投げている」と舞台を評価されていて、
悪役を好まない加藤剛さんが
マクベスという悪役を(悪役かな?判断が難しい)演じていて新鮮でした。

お年を重ねてもハンサムぶりは変わらず、実直なお人柄が伝わってくる希有な俳優さんでした。
亡くなった母もファンでした。若い頃の父も面差しが似ていましたが、今では恰幅の良い入道のようになってしまいました。(笑)

永遠に忘れません。ご冥福をお祈り申し上げます。
将門! (メイ)
2018-07-10 09:35:43
全然報道では代表作として出て来ませんが(それだけ素晴らしい作品が多かったからだと思いますが)、加藤剛さんとの出会いは、大河ドラマの「風と雲と虹と」の主役、平将門でした。
小学生だった私は、加藤剛さんの将門に惚れました!

秀樹、歌麿師匠、そして加藤剛、、、
ほんとに寂しい夏です。昭和は遠くなりました。
大岡越前・・ (スザンナ)
2018-07-10 10:00:16
父が毎週欠かさず見てましたので
私も好きになりました。
最近の時代劇は「青春ドラマ?インお江戸?」みたいなのが
多いなぁ~と思うのは
私が「大人」?になったからでしょうか?
ご冥福をお祈りいたします。
Unknown (はとバス)
2018-07-10 17:57:16
加藤剛 様
本当にお綺麗で、知的で、品がお有りで、殺陣さえも美麗でした。
もう 好きな方を亡くしたくないです。残念な気持ちで一杯です。

ふぶき様、この記事どうもありがとうございました。
加藤剛氏を悼んで (まるこ 改め せるくる)
2018-07-10 21:16:30
『砂の器』ですねえ
『剣客商売』もよかった、まじめで不器用な
好青年でした。

昭和といえば、今、『ありがとう2』、BSトゥエルビでやってますよね、懐かしいです。
初めての書き込み (モーリン)
2018-07-11 05:41:54
これで三匹の侍が全員亡くなりました。
北斗の人 が好きでした。
Unknown (味彩)
2018-07-11 18:32:13
加藤剛さんといえば大岡越前。人としての理を解く裁きを毎週みていました。
水戸黄門~天下の将軍にも意見する方。
憲仁親王が苦手でしたが、今あの方がいたら秋篠宮家に説教して下さり、裁可の手前で止まったはず〜と思うのも、また情けないです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ・ワイドショー」カテゴリの最新記事