ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

小室佳代を巡る3人の男

2018-02-13 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 凡夫さま、ご質問ありがとうございます。

そっか、最初は短かったですね。ブログ。

ブログを始めてから12年でしょうかね・・・1歳だったヨンジュナが今は中学生ですから。

長文が書けるようになったのは、政治や皇室の話題を載せるようになった頃でしょうか。元々小説などは書いていましたが、それといわゆる「論文」は違うので、ちょこっと名刺印刷会社でちらしなどを作った経験から「見出し」「小見出し」などをおぼえて、なるべくわかりやすく書く事を自分なりに考えました。

他のブログをたくさん読んで、どういう形にしたら読みやすいか研究して、最初からですけど、名前とか重要な言葉を色分けしたりして。いわゆるマーカー世代というか、今時の本当に頭のいい受験生は教科書にラインを引いたり、書いて覚えたりはしないんだそうですが、私は、ずっとそのやり方だったので、それが文章にも出ているんじゃないでしょうかね。

さて「小室佳代を巡る3人の男」なんてまるで小説のようなタイトルですが、ここで彼女の男性関係を整理しないとダメですよね。

きっと今頃彼女は、家中の家具を投げつけて「バカ娘のせいでうちの圭君が傷ついた!」と大騒ぎしているに違いない。

皇族だからって何よ。世間知らずのバカ娘じゃないの。相手してやっただけでもありがたいと思え!うちの圭君が将来出世したら跪かせてやるからっ!」くらいは行ってそうです。

そんな事を考える前にさっさと「ご辞退申し上げる」のが筋でしょ。

あくまでも眞子内親王の夫になりたいと、まだ野心を抱いているなら国民を敵に回すわよ。

 竹田氏(X氏・山田氏)

小室家と同じマンションに住んでいた事がある。

小室父とも親しかった。その後、一軒家を購入。

小室圭が高校生の頃に、佳代氏と知り合って「圭の父親になって」と言われて婚約。

学費など400万以上をつぎ込むも「財布代わり」にされたと感じて婚約破棄。

「お金を返して下さい」と言ったら「贈与だと認識している」との答えが。

 この男性がどういう経緯で家のローンを払えなくなったかは不明。

離婚歴あり?で養育費などがかかったせいなのか、退職金はどうした?という感じですが、とにかく400万以上をつぎ込んだせいで家を手放す羽目に。

 私はこの人が家を失ったのは400万のせいではないと思っています。

でも、あれだけ大々的にマスコミに報道された小室圭の華麗なる学歴を支えたのは自分である事、それなのに今の自分と小室家を比較した場合、非常に理不尽さが募ったのではないかと。

まあ、殺されなかっただけましかもしれませんけど。

 

 A氏(小室家の遺産相続を手伝った人)

A氏は小室圭が小さい頃から交流があった男性・・・とされている。

2002年に小室父が亡くなった時も、彼の前で佳代氏は何度も涙を見せた。

夫が亡くなってどうすればいいかわからない。生活も苦しい

A氏は佳代氏に食事をおごって世話をする。

住む場所もなく、親が借りるアパートに転がり込んでいる。夫の実家とも連絡が取れない」

A氏は小室父のすぐ後に亡くなった小室祖父の遺産相続の交渉を無償で請け負い、てみゃげなどを持って手厚く応じた。

しかし、遺産相続が終わると佳代氏はお金の入った茶封筒を持ってきて

お礼です。遺産相続から手を引いてほしい」

その時、佳代氏の横にいたのが彫金師だった。

今回の眞子様との婚約報道で「住む所もない」と言っていたのにちゃっかり小室父が残したマンションに住んでいた事を知る。

 A氏と佳代氏がどのような関係であったか・・・そりゃあ男女の関係でしょう。それも夫が亡くなる前からの関係だと思っています。

「住む家がない」と訴えられてすぐにそれを信じている事から、知り合ったのは国立ではないかと思います。

確か佳代氏と圭氏は父親を横浜に残して二人だけで国立のアパートに住んでいたのではありませんでしたか?

ある日「夫が亡くなったの。もうアパートも追い出されてどうしたらいいか・・・」と泣かれたら助けるよね。

しかも遺産相続の交渉を請け負った事から、近い将来、佳代氏と結婚するつもりがあったのではないかと思います。

そうでなければ「遺産相続から手をひいてほしい」とは言いませんよね。多分に彼自身の取り分があった筈なんです。

A氏と言う人、よく逆上しなかったなと思います。刃傷沙汰になったもおかしくない状況だったでしょうに。どうやって乗り越えたんだか。

 

 彫金師

小室夫が亡くなって直後に知り合ったのが彫金師。

彼にはかなり佳代氏は尽くして一緒に住まわせていた程だし、お金がなくなっても面倒をみていたけど、そんな母を見て圭氏が「いい加減にしてほしい」と言って別れた相手です。

 

順番から行くとA氏→彫金師→竹田氏という事で、2002年以前から2012年あたりまで途切れることなく佳代氏には男性がいたということ。しかも金づるとしてね。

そういう母を見て育った圭という息子は「人生はちゃらい」と思ったに違いありません。母に出来て息子に出来ない筈はない。

しかもそうやって巻き上げたお金を未来志向で使うというより、学費だの留学費用だの消えていくものばかり。どうしてこの人はホストにならなかったんでしょうね。

今からだって遅くない。大学院出のホストとかICU出のホストで英語ペラペラなら外国人の女性も落とせるんじゃないでしょうか?

 

 

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (31)   この記事についてブログを書く
« ひかりふる路・SUPER BOYAGE... | トップ | ヒサシ帰る »
最近の画像もっと見る

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雪ぐにそだち)
2018-02-13 08:25:32
そんな、タイトルがつくような女じゃないのに~なんて思ってしまう…
佳代さんのなにに惹かれるのでしょうかね?
申し訳ないけど、見た目はあれですよ。
とにかく、今まであんまり不自由な生活ではなかったのでしょうね。
そして、息子の逆玉とも言える縁談に佳世さんは小躍りしたことでしょうね。
『家の嫁は秋篠宮様の眞子さんなのよ!家の圭くんだからこそ眞子さんは嫁に来たのよ!』
なんて鼻の穴広げて言っていそうですよ。
3人の男たちは今のこの件をどう受け止めているのでしょうね…
今の時代、男女間で様々あっても特別驚くことはないのですけど、でも内親王を迎え入れようとする家の母親の行動としては如何なものかと思います。
息子が眞子さまとの未来を考えてると伝えた時に佳世さんは自分のしてきたことをなんとも思わなかったのでしょうか?
男が勝手にお金をだしてくれたり、遺産相続の手伝いをしたくらいにしか考えてないのでしょうかね。
平成最後の悪女ですか?(笑)
どうおもわれますか? (こりないね)
2018-02-13 08:27:46
紀子さまバッシングの記事がPRESIDENTに掲載されています。

FRIDAYや週刊現代の編集長を歴任した元木昌彦氏の話<二人の内親王は見かけによらない母親似>

元木氏の知人のNHK解説委員の娘さんが、学習院時代の紀子さまの友人で、彼女からの情報(父親経由)

〇紀子さまは向上心旺盛
〇かなり前から秋篠宮(殿下なし)と交際すると宣言〇労力は惜しまない
〇縁談が決まると大声でヤッターと電話で連絡があった。
この方はどなたのお嬢さんなんでしょうね〜紀子さまもお友達に恵まれなかったものです…信用するわけではありませんが、親しかった人も女の●は女ということなんですかね。

眞子さまのNHK非難の仕返しか、スライドあの人が帰国したからなのでしょうか?
あと昔の秋篠宮さまタイ愛人報道(一般女性か王女疑惑)の時
〇週刊現代はそれらしい相手を特定
〇当時、夫婦喧嘩して紀子さまが実家に帰っていた情報
真偽がはっきりしない昔のことまで出して、王女さまにも失礼です。
褒めているけど全然褒めてない(笑)、ネガティブキャンペーン満載です。
Unknown (鈴蘭)
2018-02-13 08:32:21
いくら本人は別、
と姫がおっしゃろうと、
母親の気質は子に引き継がれますよね。
親が親なら、子も子、
カエルの子はカエル。
父殿下は生物遺伝学者なのだから、
そこのとこを考えて、キッパリ、
否、と言っていただきたいです。
でも、国民の一部は姫を見て、
親の顔が見たい、
という残念な気分になっているのでは。
Unknown (ミロ)
2018-02-13 08:59:56
おはようございます。

わかりやすい解説ありがとうございます。
私も昨日、今日のソースと思われる週刊朝日のネット記事読みました。

X氏が「同じマンションの住人だった」に「あ~やっぱり」と思いました。
昨年5月の頃から周辺住人情報として、ネットで情報出てました。
「パパと息子に呼ばせる血縁関係のない男性と同居」「同じマンション住人と再婚しようとした母」と。
マスコミは既にずっと把握してたんですね。宮内庁だって知らなかったはずはないと思うのですが・・。

ママの、ふぶき様の「うちのK君が傷ついた」作文?は私も同じようなこと考えてました。一卵性母息子ですもんね。

「お母様」と呼ばせて、自分が貧乏でできなかった
「お嬢様教育」を金に糸目をつけず、に受けさせる。
資金は詐欺なので自分の懐は痛まず、息子も実はお金には苦労せず、夢は語るが努力や継続が続かない。
自分たちの目的(お金引き出す口実)のために「婚約者」はいても、お互い離れられない。(怖)
ママは「430万が証拠の通帳」の男などを釣ったが、
息子はママの「お嬢様教育」の甲斐あり、またとない「大物」を釣ってきた。
「K君、その彼女いいじゃない」の元カノから進化した、日本に類のない超大物。
K君は国民に注目される「お行事」の主人公。しかも
自分たちの手出しはゼロで、SP送迎外出、タクシーや宮家の送迎、ママのロイヤル風スーツなど全部フリー。
この先も制限、際限なくタダでゲットでしょ。
「私の王子」=K君は宮様のご主人様なんだから。してやったりで笑いが止まらないわね。Kの本家や、私を見下した奴ら、見てらっしゃい。by私の妄想。
結婚したら「二世帯住宅か同居」とママは望んでいたとか。本当なんでしょうか。(怖)
「海の王子」のイベントとか、バイトの時もママが迎えに来てたと証言あります。
ママと一緒の写真も何枚も撮られてますけど、距離感近いですよね。
KKさんも周囲に「帰国子女」とか「フルマラソン3時間台?」と言うような虚言癖があるだけではない人みたいですね。
ママさん、ご主人と結婚する前は何してて、どうやってご主人と知り合ったのでしょう。普通のOLさんって雰囲気でもないような。
KKさん、お父さんのお葬式以降は親戚の法事とかも行ったことないんでしょうね。親戚づきあいないそうだし。
仏壇に手を合わせるとか、神社や神棚に礼をするとかもなさそう。
日本の歴史や文化にも興味なさそうですよね。
(「座右の銘」を知らなかった疑惑など。)
インターとか大学がICUでも、意欲があればいくらでも
自分から読書したり学べますけど、「英語が英語が~
夢の海外生活が~」ですもんね。
学校時代は周囲に帰国子女とか裕福なご家庭のお子さんが普通にいて彼なりに悔しかったでしょうね。
「(うちにお金が無くて海外生活出来なくて)純ジャパだけど、英語ができる俺様ってスゴイ。眞子さんと一緒になって、眞子さんの皇室特権で外交するぞ~」と思っていたのでは。

幼稚園も私立だから、公立の教育一切受けてないんですね。
小学校も私立だから、お昼も青学小みたいな「給食」でもなく、お弁当(ただし給食システムありだそう)。

眞子さまには明らかに目的を持って近づき簡単に成功して、ちょろい。と思ったでしょうね。
「婚約」したとスクープ前に周囲に母も子も言っていたようだし、あの最初の会見もうれしそうでしたもんね。
ママと一緒に「宮様」に未来永劫、一切合切たかれると思ってたんでしょう。

X氏にも1円でも返す気なくても「おかげさまで眞子さまと婚約しました。帝国ホテルの結婚式来てください。」「お金は眞子さまの支度金で一括、利息つけてお返しします」と詐欺師なんだから言っておけば完成でしたね。詰めが甘かった。
手のひら返しの時期を見誤った。醜聞も「宮様」に不問にしてもらえると思っていたのでしょう。

あの二人、自分たちからは「辞退」はないと思います。
これからも、報道はあると思いますけど。
私、昨年のKK母子、登場から胡散臭い印象の人だと思ってましたが、ここにきてこんな大事になるとは正直思ってませんでした。

口は悪いですが…。 (心配な人間)
2018-02-13 09:14:48
おはようございます。
KKのこと考えれば考えるほどおかしいと思われます。
計画的な「結婚詐欺」じゃないかとまで思うようになってきました。
内親王が目の前にいたので一時金目当てになりふり構わず結婚を申し込んだんでないですか。
真子様目を覚まして下さい。
いくらでもKKより素晴らしい男性は現れますよ。
心の問題はそう簡単には解決しないでしょうが今回の事は気にしない、気にしない。で行きましょう。
貴女の一生のが掛かっているんですよ。
悠仁さまを別に育てたら (猫カフェ)
2018-02-13 09:49:05
国民は民間人のKK母子に対してでなく眞子様の人間性に気づいて呆れていることでしょう。
もう悠仁さまは御両親や姉と離れて暮らした方がいいでしょう。今後もKK母子や第二KK第三KKが出入りする宮邸に悠仁さまを住まわせたら良くないに決まっています。
毛嫌いするのでは? (ユミ)
2018-02-13 09:58:19
一癖も二癖もある無気味な母親のようで、ドン引きしてしまいそう。佳代さん自身、自己嫌悪に陥らないのが不思議です。
秋篠宮御夫妻も、圭の不誠実さのみならず、母親の生き方を知れば毛嫌いする事極まりない感じがします。勿論眞子様もです。皇室に二度と近付かないでと、しみじみ思うでしょう。
よりによっていかに平民と言えど、ここまで酷い次元の家庭の息子に引っ掛かり嘆かわしい。
時間の経過とともに、小室家に対する気持ちが嫌悪に変わりそう。
サイコパス親子 (おいも)
2018-02-13 10:50:29
世の中には呼吸をするように嘘をつく、嘘をつくことを何とも思ってない人が、確かに居るのです。そしてその人の中では、嘘が本当の事になる。周りの人間は、???と翻弄されてしまう。
温室育ちで、冷たい風や害虫が世の中にある事を知らずに育った眞子ちゃんが、ころりと騙されても仕方ない。恋は盲目ですからね。
親や祖父母やお付きの人達は、何のためにいるのか…
サイコパス (ゆうこ)
2018-02-13 11:02:03
二卵性の双子のような小室親子に共依存状態の眞子様

眞子様は私が頑張らなくては彼はだめになる・・私も彼なしでは生きていけない

でもね・・小室圭さんはサイコパスな三浦和義かな?と思うんですよ
貪欲に金と地位と名誉を求める
眞子様がだめなら次の女に行くと思います
眞子様みたいにお金があるし金づるがあれば大丈夫ですが、結婚相手が平凡な女性なら保険金一億円くらいかけられて・・交通事故で死ぬかもしれません(ひどいわねこのたとえ話)

それくらい気持ち悪い人かな・・あの親子
眞子様は精神科医をつけてカウンセリングされたほうがいいかもしれません
絶対自分の考えは直さないし曲げません・・それくらい強情に見えます
訂正 (ミロ)
2018-02-13 11:37:07
すみません。先ほどの紀子さまの「親友」平野道子さんの情報の訂正です。
☓東大→弁護士 ◯学習院女子→東大→NTT勤務だそうです。
先ほどコメントした結婚式云々は、平野さんの息子さんで
学習院の高校→慶應大学→弁護士で、息子さんの結婚式でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ・ワイドショー」カテゴリの最新記事