ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

本当に暑くて

2018-07-11 07:00:00 | つれづれ日記

やっと広島や岡山の雨がやんだと思ったら、それでも川が氾濫するの?って地理にうとい私は驚いてしまって。これ以上どうしろっていうんでしょうかね。

しかもこの暑さ。避難所の改革が必要です。東日本大震災の時は雪が降っているのに中で暖をとれず真っ暗な中で。こういう時こそ、もっと知恵を出し合うべきでは。

ああ・・・5億あったらなあ。浮いた3憶はKKの学費と生活費に消えるんですか?

彼については様々な場所で精神分析が行われているようですね。

「例外」→ 「自分だけは例外が許される」

「すさまじい自己肯定感」→ 自分だけは絶対に正しいと思い込む

そしてそんな価値観を与えたのがKKの母ではないかという話。まさにそうでしょうね。誰だって子供に「あなたは特別」と言いますが、大人になってもそう思っているなんてモーツァルトとKKくらいです。でもモーツァルトはお父さんを超えようと頑張ったけどKKの場合、超えるべき壁がない。

ただ母の望みをかなえるべく、少しでも楽に生きるべく、特別な運命を背負った特別な人間として生きるべく・・・ちょっと麻原彰晃と紙一重ですが。

フォーダム大に行って、仮に授業についていけなくても卒業するんでしょうね。ゼミなどで飲み会に誘われても一銭も出さずに飲み食いしちゃう?現地の恋人に貢がせるなんて朝飯前だものね。

多くの人は暑さと災害に茫然自失なんですけど。そんなの関係ないもね・・・のごとく生きる人もいるでしょう。

両陛下に被災地訪問して貰っては困るけど、東宮家から一言もそういうセリフが出ないのもおかしい気がします。いつも「心を痛め」「心を寄せ」と言うばかりで行動が伴わない夫婦ですが、どこまでも無視し続けるつもりでしょうか?

ジャンル:
速報
コメント (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嘘ばっかりの皇太子夫妻・偽... | トップ | 初心者の為の宝塚講座22 ... »
最近の画像もっと見る

49 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お暑うございます…… (しまき)
2018-07-11 07:54:57
水害、土砂崩れ(真砂土・「まさど」というのがこれがまた何とも。あの方も中身は「砂」)等々の災害に見舞われた方々、この猛暑でまたおつらい日々をお過ごしなんだと思うと胸が痛みます。

と、ともに。
なぜか今まで大災害を受けずに済んでいる首都圏。
いつ来るか「首都圏直下型地震」
……まさか、次代の即位とともに、じゃないでしょうね。本当にそう考えると怖くて。
できるなら被害はピンポイントでアソコにのみ……ムニャムニャ……

両陛下や皇太子たちの「被災地への心を寄せる」っていうやつですが、ふぶき様は天皇皇后の「[DVD] 天皇皇后両陛下の被災地お見舞い-国民に心を寄せて」は、御存じでしょうか?今でも1,500円で、皇居東御苑売店やネットで売られています。

が。
この売上金は、どこに流れているのか国民は知りません。本来ならば、この売上金は、全額、被災地の皆様へ、と思うのですが、どうやらそうじゃないらしい。
どこが「国民に心を寄せて」ネンと思ってしまいます。
被災地訪問も、もはや平成の御世では「ご商売」にまで堕ちてしまいました。
パフォーマンス全開の今上夫妻。
そして、本当に「何もしない」次代天皇予定の夫婦。

ここで余りにも次代のふがいなさが国民にも広く広がり、怨嗟となり、それこそ短期の「生前退位」になって、秋篠宮家につながってくれればと、ちょっと前まで思っていたんですが、今、この状況ではこれも国民感情として危うく感じます。

明日友人と会うのですが、「あなたは皇室に興味があるみたいだから、K氏の留学について説明して。全く納得ができない。何あれ?それにあのエゲツナク下品な母親、胸が悪くなる。あんなんと眞子さま、どうしても結婚したいの?秋篠宮家はそれを許すわけ?あんなのが婿になったら、秋篠宮家もおしまいだね」と言われました。
今まで全く皇室にキョーミのなかった友人も、こと、KK母子に関しての食いつきのいいこと……

このことが解決しないと、「次代は誰にもなってもらいたくない」国民感情が醸成されてしまいそうです。危機感を抱いています。
KK母子 (心配な人間)
2018-07-11 09:32:10
とにかく評判が悪い母子ですね。
やることもシレっとして凄いことをする。
KKがアメリカで即座に入学が許可されたのは自分は日本のプリンスの婚約者だと書類に書いたから。
ロイヤルに弱いアメリカは一発でやられてしまった。
でも婚約者ではなく婚約内定者ですよね。
所でKKの奨学金は1年限りとは本当ですか。
下手すると3年どころか1年で帰国して結婚というシナリオ有りの様ですよ。
詳しい方いらっしゃいませんか。
も〜、ふぶきさん!笑笑 (ぐり)
2018-07-11 09:46:58
まさかのモーツァルトの突然の出現で、思わず吹いちゃいました!笑笑
KKとモーツァルトの意外な共通点に気がつけました!
正しい人が正しく立ち行く社会に (ちゃいちい)
2018-07-11 10:57:18
ふぶきさん、こんにちは。読み応えあるブログありがとうございます。毒舌ぶりに時にえっ!?と驚きながらも素直なご感想に、ホントそうだ!と納得しつつ読ませて頂いております。
世界の王室皇室の権威が失墜していくと言った人がいるそうですが、まさにそうですね。皇室不要論が出てきて久しいですが、これでは「狡いことやったもの勝ち、取り入ったもの勝ち」になってしまい一般市民は幻滅しきりですね。何かしらの成果を得るなら、それに見合うだけの努力を重ねてエネルギーを投入するのがこの世の法則と言われますが、それをあざわらうかのような行動は断つべきですね。そう思いながらまずは自分の身を引き締めようと思いました。反面教師としてああならぬよう自他ともに精進しなければ。
西日本の豪雨災害も胸が痛いです。一刻も早く復興が進み傷ついた人たちが癒されることを願います・・・ふぶきさんもお暑い中ですがお体お大切に!!
訂正 (心配な人間)
2018-07-11 11:38:31
「日本のプリンス」ではなくて
「日本のプリンセス」です。
大変失礼いたしました。
西日本豪雨 救援金 (百合)
2018-07-11 11:54:42
死者158人、行方不明72人に上ったこの度の西日本豪雨、被災者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。昨日テレビを見てましたらお見舞いは物品よりも現金が一番有り難いと言ってました。品物なら歯ブラシだそうです。いつ自分が被災者になるかも知れない昨今、私も僅かながらですが募金に協力致します。
1年半しか住まない住居に5億円をかける天皇陛下様よ、預貯金をたっぷり蓄えておられる事と存じます。被災されました人達のこれからは想像を絶する事態だと思います。どうか、そうした国民の為に陛下も自腹を切られ、それなりの救援金を申し出て国民を支援して頂きたいと切に望みます。
人としての心 (向日葵)
2018-07-11 13:16:10
ふぶき様いつもありがとうございます。

連日の猛暑が続く中、避難所生活をされている方々にお見舞い申し上げます。

国民が不自由な生活を余儀なくされてる間に
天皇陛下及び皇族の方々は何を思い日々過ごしてるのでしょうか?

皇室関係者は「陛下がご健在でしたら国民は有難いと思っていますよ。」美智子様も「陛下のお側にいられて幸せです」とでも言ってるのでしょうか?

是非とも陛下の肉声を聞きたいと強く願います。
自然災害と皇室 (真夏だ)
2018-07-11 14:01:24
  国民に寄り添い  そればかりの美智子皇后  どんな帝王学か  口を開けば妻と娘のことしかしゃべれない  次の天皇とやら  ろくに授業に出ていないのに  サマースクールって  何が留学ただの短い高校生向け公開講座だ  国民に心を寄せる  そんな気さらさらないのは  顔を見ればわかるさ  たかりやとまだ結婚したいのか眞子さん  税金をびた1文使わないでよ。  どんな秘密を握られているのさ。。。。
血税か その出所を 人問わば  ( 「お見舞い金」?) (人身御供)
2018-07-11 14:17:22
ふぶき様、毎日の渾身の記事アップ
 本当にありがとうございます。
タイトルは、時事川柳?のつもりです。
 以下も、脳内に ボウフラのように湧き上がった
 妄想!!!を、五七五にしていますーーー ので

 意味不明と感じられましたら、ただちに
 「次に進む」❗で良いと思います。2句ですが

ー 何回も 草の多さを 訪ねたり
   ( JA皇居 清掃ツアー? 参加者に質問責め?)

ー お堀ばた なぜ湧き上がる ボウフラか?
川柳? (百合)
2018-07-11 17:03:36
人身御供様の時事川柳とやらを読み唖然と
致しました。

「血税か その出所を 人問わば」→お見舞い金

東日本大震災による復興を目指し0、 315パ-セントの復興特別税を私達は所得から支払っておます。
貯金の利息(雑所得)にも復興税が課せられています。平成49年12月31まで、この税は続きます。
相互に助け合いですので私は納得しています。
天皇、皇族には納税の義務なんてありません。
この度の西日本豪雨で天皇陛下にも是非とも
、被災者支援として自腹で救援金を望む旨のコメントを書きましたら、時事川柳とやらにされ
残念です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つれづれ日記」カテゴリの最新記事