ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

だったらこんな手紙よこさないでっふん!

2020-05-21 07:00:00 | つれづれ日記

・・・・・って言われてしまいました。窓口で。

え?何の話かって?マイナンバーカードの話ですよ。

前回も書きましたけど、10万円の給付金を申請するのにわざわざマイナンバーカードを使ってオンライン申請をする必要はないのです。郵送でもいいのです。

がっ!

それでもオンライン申請をしたい人が減らないと言うか、だけど暗証番号をケロリと忘れている人が多く、その再設定で役所が混んでいるんだとか。

再設定の場合、用紙に書いてカードをコピーして、それから暗証番号を再設定するんですけど、機械が重い・・なかなか進まない・・・ある日、とうとうダウンしたということなんです。

でも、いわゆる「電子証明の期限が切れそうなので更新のお手続きに行って下さい」のお手紙は届き続けるわけですから、お客はお手紙持ってやって来ます。

で、窓口としては「今、全国的にサーバーがダウンしておりまして」

「え?じゃあ、カードが無効になるの?」

いえ、身分証明としてのカードの有効期限は10年ですので。ただ電子証明の有効期限が5年なので。失効してもまたつければいいだけの話ですから、慌てなくても大丈夫」てな事をいうしかないのですが、結果「じゃあ、こんな手紙出さないでよっ!ふん!」と捨て台詞吐いて帰ったお客が何人か。

電子証明の6桁以上の暗証番号は引っ越ししても消えてしまうので、新たに付け直さないといけないものなんです。

ただ、役所ってそればかりやってるわけじゃなく、機械の操作をすぐに覚えられる人も限られており、だから人手不足だけど、頭数は多いという矛盾が。

更新のお知らせは国から出ているので役所は関係ないしなあ。そうやってあたるのやめて欲しいわ。

みなさん、市役所本庁へ行くより、支所へ行った方がいいですよ。断然空いているし早いし、きめ細かいし。

大抵のことは支所でも出来ちゃいます。

税金の分納とか障害者手帳や生活保護系は無理だけど、その他の事でしたら支所でも十分。もっと賢く活用してやってください。

ちょっとここで笑い話を。

65歳の臨時職員のおじさまが、お客さんに「マイナンバーカード、お持ちでしょうか?ええっとセルロイドで出来てるやつ」

と言ったら、お客さんは「あああれ、いや、持ってないよ」って会話があったんですが、お客が帰ったあと、私が「いくら何でもセルロイドは古すぎませんか?」って言ったら「え?じゃあ、なんて言えばよかった?」と聞かれたので「普通にプラスティック」って答えたら「あ、そうか」と大笑いに。

セルロイド」って今時の人、知らないもんね。30代ですら知らなかった。

青い目のお人形」って歌も知ってる人いなかった。

(♪ 青い目をしたお人形はアメリカ生まれのセルロイド♪)

いやーー私も平成生まれで本当は知らないんだけど、キューピーちゃんのお人形なんてね。

 

 

 


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 日本一強い女ー皇嗣妃殿下の... | トップ | 日本一強い女ー皇嗣妃殿下の... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みるきー)
2020-05-21 08:14:23
ご同情申しあげます。オンライン申請の一回目の有効率は、半分程度とニュースで言ってました。総務省、各自治体も認める二重手間で、業務の目詰まり何百万件とかで、郵送のみになった自治体もあるようです。今日は、雇用調整助成金もシステムエラーでオンライン中止になったようです。
黒川検事長の賭け麻雀は、流石に不味いでしょう。庶民は、ショボイ家庭内か、田舎の健康麻雀。
黒い河のカワは流れて黒い法務大臣。妻もオールラストの河井は何をしたかったのか。
かって夫がトップだった小菅で古里の黒毛和牛を、飼いたかったのか。
産院に行かずに、疑獄の小菅へ続く終末の週末の参院。

「参院は、衆院と同じなら不用。違うなら有害」と習ったんですけど
今じゃ選悪のタダメシ食らう黒服の有害カラス集団なのでしょうか。
「参院不用にいいねボタン」にポチしましょうか。
国民は、苦月入学より困らないカラ。
日々、本当にお疲れさまでございます (しまき)
2020-05-21 08:52:36
区市町村にお勤めの方々、毎日本当にお疲れさまでございます。いろんな苦労があるにもかかわらず、巷では「公務員だから給料減らないじゃないの。10万円要らないでしょ」とか揶揄される。ふぶき様のような、現場の最前線におられる方が頑張ってこそ、区市町村民の方々にあまねく10万円が支給されること、もっとわかっていただきたいし、マイナンバーカードについては今回のことでシステムが全く未成熟だということがよくわかりました。

しかし、セルロイドは驚きですね。そのうち「アルマイト」とかも出てきそう。その方は特別なんだと思いますよ。幾ら何でもその言葉、同年代でも忘却のかなたですから(笑)。懐かしい日本語ですね。

※黒川氏の話は裏がありそうな気がして仕方がありません。産経新聞の記者宅での麻雀。文春にリークしたのも産経新聞関係者って、一体何がどうなっているの?
とはいえ既に賭け麻雀を自ら認め、またハイヤー呼んでもらって帰宅。これどっちも触法行為です。満額退職金もらって依願退職?
黒川氏もまた「公務員」なんですが。
Unknown (百合)
2020-05-21 10:14:11
ふぶき様、お疲れさまです。窓口で苦情を言われましても、お立場上何も言えないご様子が浮かぶようです。
しかし、まあ、職員の方にそんな捨て台詞を言う人がおられるなんて、八つ当りみたいですね。

セルロイド、昔聞いた事があるような気が致します。
調べてみたところ、世界初の高分子プラスチックだそうですね。欠点は可燃性のため1996年に製造中止になり、ポリ塩化ビニールに代わったとあります。
昔は眼鏡のフレームにセルロイドが使われていたとも書いてありました。
Unknown (リョウ)
2020-05-24 09:44:17
初めまして。
宝塚好き、秋篠宮家好き、公務員と共通点が多くて、勝手に親近感を覚えてコメントさせていただきます。
給付金申請もコピーを付けなくてはいけない時点で、住民の方は役所に来ます。家にコピー機ない人多いです。お年寄りは特に、コンビニでするなんて選択肢ありません。
私の勤める自治体は、郵便局が配達日を間違えたため、予定より早く届いてしまい、窓口の体制が整ってないうちに人が押し寄せて大変でした。
でも、住民の方には国も県も市町村も関係ないんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

つれづれ日記」カテゴリの最新記事