ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

お返事にかえて

2018-05-26 20:47:29 | ドラマ・ワイドショー

今回の日大関係の記事は削除します。

自分と違う意見があると「違うんじゃないですか」というのは意見だとおっしゃるし、「自分のブログだから自分の好きに書けばいいかもしれないけどがっかり」「呆れた」こういうコメントは果たしてマナーに叶っているかどうか。

表面に出ているものだけがコメントではありませんので勝手に「荒らしじゃない」と決めつけられると困ります。

っていうかご自分が荒らしと認定されていると思っている方が多いんですよね。それは要するにブログ主と違う意見を書いたから。

そして「がっかり」「呆れた」「それは違う」「何でもすぐに荒らし認定ですか」こういう書き込みが去年の夏も沢山あったし、そこから大問題になった事件も記憶に新しく、私としてはやめてほしいと言ってるだけです。

まさに「ふぶきの部屋」ですから、正直私が何を書こうと構わないし、意見が違っているなら「そっか、そういう意見もあるのか」と思って、自分のSNSで発信すればいいんじゃないでしょうか?わざわざコメントに「それが間違っている→だから意見をあらためないならブログの読者も減るぞ」とか脅される理由にはならないです。

記事の内容の解釈をたがえるのはそれぞれの範疇でしょうけど、私が本当に読んで頂きたかった事に関してのコメントはなかったので多分、私の文章力がないのでしょう。ごめんなさいね。

「ふぶきって自分の意見と違う人はみんな荒らし認定」

「コメント欄に書いている人はみんなまっとうだから荒らし扱いなんて失礼」

なんて私は一言も書いておりません。

だけど、今回の記事がある一方的な「荒らし」に付け入る隙を与えたのは事実なので削除します。

私にとって1年前の事は本当に恐ろしく、大変な事件でしたし、そのとっかかりもわかっていますし、どういうコメントから始まっているかも何となくわかります。

まさかあの人が・・・というような人まで・・・人間不信に陥りましたし、ブログをやめようと思った事もあります。

そこのところ、お察し頂ければ幸いです。

ジャンル:
速報
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 初心者の為の宝塚講座 15 | トップ | 皇室ウイークリー »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (デュランタ)
2018-05-26 21:55:16
ふぶきさんこんばんは。

今回のこと、後半に書かれていたマスコミに対する義憤がメインテーマだったと理解してました。
十人十色ですからある程度異見が投稿されるのはコメント欄を設けている以上は避けられないことではないかと思いますが、
怖い思いをなさったこともおありとのことで、大変驚きました。
のんびりと、ドンマ~イなんて言ってしまうところでした。
たかが素人のブログ、されど今やなくてはならない程楽しみにしている読者が大勢いるブログです。
どうか、嫌なことは他のことでおもいっきり発散させて、楽しく、正しく、美しい記事を
書いて下さいませ。
宝塚講座も毎回楽しく拝読しており、日に日に
復帰意欲が高まってきて、今はどうやって
チケットとろうかと頭を悩ませるまでになりましたよ。
昨日発表された、脅しともとれる宮内庁の美智子様忖度文章を
ふぶきさんがどう解説して下さるのか楽しみに待っています。
Unknown (はとバス)
2018-05-26 23:02:55
ふぶき様 こんばんは。
今回は承認されない、いえ 承認させられないコメントが多いのだと思っておりました。ふぶき様が必死に食い止めておられるのだと……。
また明日からの『ふぶきの部屋』を楽しみにしております。
お久しぶりになりました (Yuki)
2018-05-27 00:03:15
お疲れ様です。

ここのブログはコメント欄が承認制でしたので、
罵倒やら中傷やら、明らかに炎上させるための煽り等、
箸にも棒にもかからない有象無象の……
失礼。
そのような内容のないコメントは反映させないようにしていたのだろうなとは思っていました。
主にソレらを指して荒らしとしているので間違いないですよね。

読者様の中には表示されているコメントが全てだと
思われた方もいらっしゃったことでしょう。
となれば、
ふぶき様は自分と違う意見や反する意見を全て荒らしだと認識している。
そう誤認されてしまってもおかしくない状況ではありましたね。

まぁふぶき様がそんな子どもじみた考えを持っている人なら、
ブログ主なのですから最初から気に入らない意見コメントを反映させないことができるわけで。
(一時話題になった松○一○のブログのように)

わざわざ反映させて記事で「荒らしが酷いです」なんていう必要がありませんしね。
余計に荒れるのは予測できますし。
つまり(反映させていないけど)「荒らしが酷いです」
という事でしょう。
私個人としても少なくとも、
ロベスピエールにあのような感想を抱ける人間が
そのような独裁状態を望むとも到底思いません。

件の記事コメント欄に反映されていた分のコメントだけを見れば、
元々世間でも賛否様々なトピックスでありましたし、
普段よりはふぶき様とコメント様方とで各々違った意見が飛び交う状態でしたが、
それを荒れているとは言いませんしね。
どなた様の意見も"うん?"と思うところや共感するところがあって、
一つの話題に対する討論の場としては健全な状態であったと思います。
ブログ主の意見に常に諸手を上げて賛成!なんて
独裁かシンコーシューキョーじみてしまいますし、
繰り返しますがそんな状態を望む人だとも思えませんし。
即ち荒らしとは反映されていないコメントであると判断しました。

とりあえず最初は
"この人がそんな意味で書くはずがないから"
と一旦でも信じてみて考察を始めて、
何故その言葉を綴ったのか考えられるといいのですけどね。
そうでない可能性が残っているのに、
荒らし呼ばわりされた!とすぐさま考えてしまうのは
少々危険ではないかと思うのです。

最初から攻撃したくて書き込む手合いでないかぎり、
コメント主様の中ではふぶき様に荒らし呼ばわりされたというのが確定し不快な思いをするだろうし、
誤解なのだからふぶき様は傷つく。
互いにとってあまりよろしくない選択肢ですよね。
非難するのは簡単なのですから、
これは色々可能性を考え尋ねた結果、
最後の選択にするべきです。

(散々偉そうに語っておいて全然違っていたら申し訳ないです……)

それは別として。
ブログ主はコメ欄に反映させるさせない以前に、
投稿されたコメントは必ず目に入ってしまうものでしょう。
単純な罵倒や建設的でない誹謗中傷を一身に受け止めていたのかもしれないと思うと、
あまりに不憫でやりきれない気持ちです。
(NGワードだって万能ではありませんしね……)
人間、義憤や独善にかられてしまうと俯瞰で物事を考察することが難しくなるものです……。
どうか冷静でない状態の言葉と考えて、
ゴミでも捨てるように淡々と処理なさってくださいな。


『言葉というものはよく咀嚼し吟味してから口に乗せるように』
アニメの台詞で恐縮ですが心得ておきたいものです……。
ふぶき様、お疲れの出ませんように。 (ローザンテ)
2018-05-27 08:24:39
ふぶき様、お集いの皆様、お早うございます。

眞子さまの事以降、皇室唯一の光と思っておりました秋篠宮家への
失望感が半端ではなく、コメントは致しておりませんでした。
私の周りで、小室親子と縁戚になっても良いと思う方は皆無でございます。
世が世ならのお方も、私のように由緒正しい(笑)日本の平民もでございます。
その後のゴタゴタ、マスメディアの紀子妃殿下貶めの酷いこと。
それでも、真摯にご公務に向き合っておられるお姿は、有難くまたご立派であらせられます。
しかしながら、二年後何事も無かったように眞子さまがご結婚なされたら、
皇室は要らないとの思いでございます。
悔しく情けない事でございますが・・

ふぶき様は、昨年に本当に怖い思いをされて、それでもずっとブログを続けて下さいました。
ふぶき様の書いておられることに、全て同意ではございませんが、
書き続ける事の大変さ(時間、言葉選び、等々)頭が下がる思いでおります。
今回の事、ふぶき様がその様に感じられたということで宜しかったのではないでしょうか。
全文同意ではございませんし、イメージで書いておられるなの事柄もございましたが。
コメントとして承認出来ないアラシが多い事も、
このブログにお集いの皆様なら、お分かりになられると思います
影響力の大きなブログだからこそ、違う!とおっしゃりたいお気持ちも理解致しますが、
ふぶき様が発信なさる、ふぶき様のブログです。
ふぶき様、お疲れの出ませんように。

今のメディアは、何事もある一定方向に持っていくきらいがあります。
日本が日本人が、余程嫌いなようでございますし。
後出しジャンケンがお得意なあの方が、大昔の事まで持ち出して、
慈愛を必死で演じておられます。
またそれを大きく放送するのでしょう。
何をどの様にしましても、秋篠宮両殿下が救われるような事はなさいません。
慈愛(自愛)のお方の自作自演を見せられるだけです。
腹立たしいです。

ふぶき様が大好きな、佳子内親王殿下のお帰りが待ち遠しいですね。
どうか、これからもブログ続けて下さいませ。
楽しみにしております。

ふぶき様、お集いの皆様、長々と失礼致しました。
暑くなって参りました。
御身大切になさって下さいませ。
いつも楽しみです (いっちょかみ)
2018-05-27 15:36:34
ふぶきさま、くだんの話題は、私も関心がないではないですが、大衆的に騒がしくなっておりましたので、私のような者が発言するまでもなく、私の感じたようなことは、どなたかが理路整然と書いてくだすっていましたので、傍観しておりました。

私は、マスコミがことさらに、加害者学生をヒーロー扱いすることもない、というふぶきさまのご意見には賛成です。
一方、加害者学生さんは誠実に正々堂々と謝罪され、心情的な相手方の許しも得られている様子ですから、なるようになり、このお若い方の将来も取り戻されれば幸いに思います。
そして大学関係者の対応は絶句するほどに、誠意を感じられないと思いましたし危機管理意識は薄いとも、感じました。
そういう感想を持ちました次第です。

さて、私は、ふぶきさまは様々なご意見を公平に承認してくださると常々思っておりますので、荒らしとはきっと、表に出ないところのものだろうと。
ですから、今回の件でふぶきさまか、相当のご心労と恐怖心をお持ちになられたのでは、とお察し申し上げます。
そう、最近では宝塚にも、興味が湧いてきました。
それほど、ふぶきさまのご経験とご見識が、並大抵のものではないのです。
これからも皇室記事をはじめ、様々な情報発信を期待してお待ちしております。
新たなる違和感 (まゆゆファンMM)
2018-05-27 23:53:08
ふぶき様、そして皆様、失礼致します。

正直に申し上げますと、当初はふぶき様の記事に違和感を覚えたのも事実です。しかし、今一度ふぶき様が書かれた記事とこの事件の経緯を思い返してみますと、ふぶき様のご指摘も「あたらずといえども遠からず」だと今では思います。

元より私は加害者学生には事件を起こす前に事の重大性に気付いて欲しかったとの思いが有りましたが、関西学院大学の対応にも新たなる違和感を抱くようになって参りました。

如何に日本大学の対応が見苦しかったとはいえ、マスコミを通じて殊更に加害者学生への寛大な態度を見せ付ける一方で日本大学にはここぞとばかりに激しく非難し続けている事には違和感が拭えなくなりました。

本当に日本大学の態度を改めさせたかったのであれば、先ず事件直後に電話で口頭で抗議してから近日中に弁護士と共に日本大学に赴き、直接抗議文書を提出して直談判するのが妥当な対応かと思います。

証拠固めをした上で「もし満足な回答を得られなければ告訴も辞さない」とでも日本大学に抗議すれば、流石の日本大学も対応を変えたかも知れません。

ところが、実際にはマスコミを巻き込む形での抗議が行われました。結果的には加害者学生をして自ら素顔と実名を公表の上謝罪せしめる迄追い詰めてしまいました。勿論、事件を起こす前に勇気を出せなかった加害者学生にも責任が有るのは言うまでもありませんが。

しかも、選手(=学生)と大学側を分断して選手には一見寛大な態度を示しつつ日本大学に対しては厳しく責める態度に終始しています。本来ならば事件を起こす前に行動出来なかった加害者学生にも苦言を呈するべきで、その手法は日本に勝利したアメリカが日本の指導者達と国民を分断して、両者を敵対させたやり口に似ています。

まさかとは思いますが、もし関西学院大学が事件を利用して日本大学のアメフト部そのものを潰そうと画策しているのであれば、それは筋違いかと私は思います。勿論、これは私の勝手な邪推に過ぎず、関西学院大学の皆様には申し訳無いとは思いますが。

更にそれ以上に不愉快なのは、悪質タックル問題を殊更に大きく取り上げ、日本が直面している尖閣諸島への中国の侵略や朝鮮半島情勢などは国家の安寧に関わる事にも関わらず取り上げ方が小さいように思われます。まして日本大学への憎悪を煽りつつ、それを安倍政権に向けさせようとするやり方は断じて許せません。これは声を大にして申し上げたい所です。

長々と駄文を連ねてしまった失礼につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ドラマ・ワイドショー」カテゴリの最新記事