ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

聖女か悪女か美智子上皇后の肖像  29

2021-09-13 07:00:00 | 聖女か悪女か美智子上皇后の肖像

1977年1月 天皇一家

 1977年5月14日 御料牧場でサイクリング

 1977年6月 エリザベス女王即位25周年 イギリス大使館にて

 1977年8月 浜名湖静養

 1978年3月 初等科卒業の礼宮

 1978年4月 大学入学の浩宮と中等科入学の礼宮

 

 1978年 仲のよい礼宮と紀宮

 1978年5月15日 ネパールのビデンドラ国王夫妻来日歓迎式典

 1978年 ネパール国王歓迎晩さん会

時期不明のドレス

 

 1978年6月15日 ブラジル・イグアスの小学校訪問 ブラジル移民で90歳の女性と

 1978年6月20日 ブラジル訪問 カイゼル大統領と

 1978年6月 パラグアイ訪問 市長あいさつを見守る

 1978年6月27日 帰国

 1978年7月 那須へ静養に

 

 1978年8月 静岡県御殿場市で開催された日本ジャンボリーに一家で出席

 1978年8月 両陛下と那須で静養

 1978年11月8日 御木本真珠島

 1978年11月30日 礼宮13歳の誕生日

 


コメント (10)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 皇室ウイークリー | トップ | 日本一運のいい女 雅子皇后... »
最新の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なつかしいお写真ですね (RM)
2021-09-13 07:35:26
1978年の写真で紀宮さまがお召しのワンピースは、
銀座サヱグのものでしょうか。
定番のスモックワンピースっぽく見えます。
冬物は幼稚園のお受験では定番だった時期もありましたよね。
このワンピースを私も何度も来ました。
白い襟はとって別に洗濯できますし、裾上げもたっぷりとってあるので、背丈が延びても裾を出してもらって着られますし。
母はとても重宝すると、3色持っていました。
私も幼かった頃は、お出かけの時には紀宮さまのようなワンピースをよく着せられたものです。
そんなこともあり、とても時代をなつかしく拝見いたしました。
Unknown (ゆうこ)
2021-09-13 08:01:00
外国訪問などでお忙しかったでしょうが一番幸せな時期でしたね。昭和天皇御夫妻もお元気だし、子供達もスクスク育ちこれこそ我が世の春です。
ちゃんとした家族になり得なかった今上陛下ご家族が、多分日本に暗い影を落としています。男性の幸せは娶る妻次第を見本にした今上陛下です。

周りからあれこれ言われて書かれても、細いからだで公務を次々とこなす平成天皇御夫妻は立派(笑)皇族は公務してナンボヤ~でした。
Unknown (味彩)
2021-09-13 08:37:24
人懐っこい礼宮殿下は昭和天皇の隣にいることが多かったですね。空いてますからね。清子さんも仲良し。
やはり、美智子様は空気感が一人違います。時期不明のドレス~まるで結婚式みたいです。今となれば、
いい時代だったと言うしかないです。懐かしい。
陛下は15日に御所に入られますね。
秋篠宮家も早く落ち着くと良いのですが。
国民はそんなに難しいことを言ってますか?
難しくしてるのは眞子様小室Kの的はずれな対応だと思うのですが~分からないのが切ないですね。
Unknown (かいこ)
2021-09-13 11:16:20
ネパール国王夫妻がこの23年後に悲劇に巻き込まれるとは、この時誰も予想できなかったですね。
我が国の皇室も20年後にどうなっているのかと思いました。
Unknown (デュランタ)
2021-09-13 13:24:33
時期不明のドレスは、上の晩餐会の時では?
襟ぐりのお花の飾りが同じです。
Unknown (コオロギ)
2021-09-13 15:55:47
昭和の時代、礼宮様(現 秋篠宮皇嗣殿下)は
大抵昭和天皇のそばにいらっしゃいました。
やはり可愛がられていらしたのでしょう。
眞子さまのこと良い方向へ行く事を願っています。
Unknown (Ray)
2021-09-13 16:02:01
いつも有り難うございます。
本当に良い時代だったのですね。和やかな雰囲気に品位も有り、こんな皇室なら敬愛の念を持つ事が出来ます。
アーヤとサーヤの仲よしぶりが微笑ましいです。
これからの皇室にこんな平和な時は来るのでしょうか。
今日も楽しませて頂きました。
うーむ。 (金魚)
2021-09-13 19:35:29
昭和50年代の浩宮様はかっこよかったのね。父親よりりりしかったのに・・・
Unknown (サクラ)
2021-09-13 21:06:32
〈時期不明のドレス〉

サッシュと花のレースの関係がわからないのですが。レースのほうが上になっているように見えますが、サッシュのつけ方としてOKなのでしょうか?
それに膝下はレースのみ?
庶民の感覚として皇太子妃の正装としていかがなものかと思いますが。斬新であることは確かです。

それはともかく、礼宮さまと紀宮さまの仲の良さには心が和みます。
紀宮さまの最後のお誕生日文書に、
「(略)物心ついた頃から、いわゆる両親が共働きの生活の中にあり、国内外の旅でいらっしゃらないことが多かったということは、周囲にお世話をしてくれる人がいても、やはり時に寂しく感じることもありました。しかし、私には兄弟があり・・・」
とありますが、お互いにとても心強い兄宮であり妹宮であったのでしょうね。

江森敬治著『秋篠宮さま』だったと思いますが、
秋篠宮さまになられてから、たぶん紀子さまの出で立ちとかのことだと思うのですが、皇室の仕来りでわからないことがあると、
「(まだ皇居にお住まいだった)妹に電話して聞きます」
とおっしゃっていました。
同著で兄弟のなかでいちばん頭がいいのは妹ともおっしゃっています。
この本の初版発行は1998年です。まだまだよい時代でしたね。
Unknown (電気うなぎ)
2021-09-14 09:58:58
ふぶきさま、皆さま方、ごきげんよう。
時期不明のドレス、確かに違和感ありますね。
袖が半袖のシースルー(実質的にノースリーブ)になっています。膝から下もレースのみに見えます。そうでないなら、アンダードレスがこういう色なのでしょう。
勝手な解釈では、サッシュを身につける事を前提としてデザインしたドレスだと思います。サッシュの上にかぶせる襟のようなレースの縁取りだったのかな?と。

しかし、軍服を着た際に勲章や略綬にフラップがかぶさるようで、なんだかなーと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖女か悪女か美智子上皇后の肖像」カテゴリの最新記事