ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

イスパニアのサムライ・アクアヴィーテ

2020-02-13 07:00:00 | 宝塚コラム

久しぶりに日比谷に行きました。そしたらシャンテの大改装が始まっていたし、上から下まで堂本光一で、ゴジラまで・・・

姫ちゃんと宙組を見て参りました。「オーシャンズ11」以来。すっかりご無沙汰したなあという感じです。

 イスパニアのサムライ 

 衣装がすごい!

パンフみて、実際に芝居を見て、一番印象に残ったのが真風涼帆の衣装でした。

いやーー刺繍のすごいことと言ったら!菊の流れている感じもいいし、竹に雀の伊達家の家紋がまたかっこいい!

そういえば伊達藩の話だったっけ。ハポンさん達って支倉常長一行の子孫なのか。

 脚本について

最初の日舞のシーンなどが印象的で、中だるみで眠くなり、最後は感動したという感じです。長々と見ていると「イスパニアでサムライが何をしたことを描きたいのかしら?」って思ったんですけど。要するに侍魂の具現化というか、「剣士」について言いたかったんだなとわかりました。

鎌田治道の言うことって、ほとんど宮本武蔵というか無双巌流でしたっけ?そういうのの師匠でもあるわけだから、とっても仙台からイスパニアに行きましたーーって感じがしなかったんです。

主君の家紋を着物につけるっていうのも変わってるといえば変わっているわけで、なかなか普通は出来ないよねーーみたいな?

要するに支倉常長一行は、頑張ってイスパニアまで行ったけどずーーっと修道院に閉じ込められて、支倉常長だけがローマ教皇に会いにいき、お留守番の間にイスパニア人の未亡人やら、成金貴族の地上げ騒動に巻き込まれ、ラストは鎌田治道はカタリナの亡くなった旦那になりすまして不法滞在を逃れ、カタリナと結婚するというお話なんですね。

トップコンビの恋愛はいいとして、アレハンドロやエリアスの素性がわからなくて、何でこんなに出たり入ったりしているの?とか、エリアスって変な奴とか思っていたんですけど、鎌田治道とこの二人の共通点が「剣」であることが後半になってわかって、それからは成程ーーって見たんですが、大野先生の脚本はいつもわかりづらくて複雑。でも奥は深いよなと思いました。

もっとも、日本の刀とイスパニアの剣では使い方も流儀も違うだろうしなあと思いつつ。

ああ、それと鎌田治道が最初からやる気なしで藤九郎に命を狙われても涼しい顔をしているのが失恋した為、好きな女性を守れなかった為というのも中盤になってわかったんですが、そのシーンって必要だったかな?

とにかく中盤がだらだらしてて本当に寝そうになってしまいました。

「奴隷」として売られた女の子達はみんな色々な場所から来ていることはわかりました。でも「だっちゃ」言葉がラムちゃんにしか聞こえず。確かに仙台では「だっちゃ」を使うけどさ・・・「だっちゃ」&「ださ」かな。

でもこの女の子達が「剣士だ」と言われた時に、観客としては「そうか!そういうことが言いたかったのか」とわかるわけですね。

それと「にほんじん」って言ってるけど、当時なら「にっぽんじん」と発音すべきかと思います。あるいは「日のもと」とかね。あまりに「にほんじん」を連発されて「いやーーさすがにそれって違うんじゃない?」と思ってしまいました。

それと、ラスト。

死んだ人になりすまして・・っていうのは頂けないなあ。これっていわゆる「背乗り」でしょう?日本が韓国にやられてきたことですよ。それを日本人がやったなんて思われたくないです。そもそも鎌田治道がハポン姓で残っても他のメンバーは不法滞在にならないんですか?

カタリナとの事もちょっと無理があるっちゃあるし。

そうはいっても、メッセージ性はちゃんと伝わっているのでこれでOKにしとこうかなと思います。

今の真風涼帆に完璧な日本物をやらせるわけにはいかない。だから異国で活躍し、異国風の服装をした日本人なんだよね。どこか異世界っぽい設定じゃないとダメなのは芹香斗亜も桜木みなとも同じで、いいのか悪いのか。

 出演者について

真風涼帆・・・ビジュアルがよく、歌えて踊れて演技できて。何の欠点もないのです。だけど「薄い」「軽い」は相変わらずで、未だにトップになりたて感が残っています。それでも今の宙組は真風頼りのようで、何でもかんでもトップにやらせて見せ場作ってはいおわり!的な感じがして可哀想な気も。

軽いのが真風の持ち味だとしても、演技に深みがないから観客になかなか伝わらないし、一緒に泣く事も出来ません。真逆なのが英真なおきで、彼女のとてつもなく濃い演技が芝居・ショー共に印象的でぐさぐさきて、そして宙組の中では浮いちゃうんだなあと。

星風まどかとのコンビも長いような気がするけど、あと1歩心が近づいてくれたらいいのになと思いました。

星風まどか・・・この人も何をやらせても遜色なし。悪いところがないです。けれど、そんなジェンヌだったら沢山いると思うんですね。トップならではオーラというか、キャリアに対する自信もないし、いつまでも添えもの状態なんだなと。いくら若くてもトップ娘役である以上、どんなドレスも似合わないとダメだし、大人の演技もしてくれないと困るなあ。

芹香斗亜・・・アレハンドロさんはおいしい役だと思います。真風との相性もよくて、衣装が似合っていう事なし。それでもやっぱり深みがないというか、表面的なセリフ回しに終始しているような気がします。貫禄だけはついてきたみたいですけど。

桜木みなと・・・悪役なのかただのだだっこかわからないような役ですが、芝居においてもショーにおいても桜木みなとは中途半端だなと思います。女の子顔で中性的なんだけど、神秘性まではない。そうかといってバリバリ男っぽい役が出来るかと言えばそうでもない。ショーの中で派手な衣装着せて立たせておけばそれだけで「華」になるけど、それ以上いかないというのが残念。

つまり、真風・芹香・桜木、この3人は同じようなタイプ。この中にこれまた似たようなタイプの紫藤りゅうが入ってどうするんだろうと思うんですけど、「明るく軽く」が宙組のモットーならしょうがないですよね。

和希そら・・・この人だけが内面的によい演技をし、尚且つダンスもめちゃ上手。ただ足りないのは背丈だけ・・・という感じです。宙組の中では濃い方に属しているんだろうけど。よそへ行ったら薄くなりそう。苦労知らずの上3人に比べて世間を知っている程度の濃さですけどね。

 

 アクアヴィーテ 

気が付けば英真なおきのムードと衣装が面白かった・・・となるわけにはいかないので。

藤井大介はお酒か星がテーマだとまっとうな作品が書けるという事なんでしょうか。よほど「カクテル」の成功が忘れられないのか「SANTE」そして「アクアヴィーテ」とお酒ものが続いています。

今回はお酒による国巡りになっているのですが、音楽も振付も素晴らしい。もう一工夫したらきっと名作になるかもしれないと思うのですが。

やっぱり宙組全体で見ると、与えられた課題に精一杯取り組んでいます!というのがあからさまにわかってしまうんです。余裕がないというか、観客を楽しませようという意識が弱いというか。

英真なおきは少しでもショーを面白くしようとして、変わった歌い方をしたり、振付もユニークです。本当はアドリブの一つもやりたかったろうなと思うんですけど。トップコンビも二番手もそこまで余裕がない。

気が付けば歌もダンスも真風任せになっている現実。

4場の猛獣シーンは芹香斗亜より、退団する実玲淳の見事な90度の足上げとトゥで立った時の美しさに目が釘付け。もっとこの人のダンスがみたい。え?退団?嘘でしょ?状態。だったらいっそ全面ピルエットで回って頂戴!という程、盛り上がり頂点一歩手前で消化不良。

「♪ウイスキーがお好きでしょ♪」の部分は、セリフがキザで面白くて笑えるけど、日替わりにはしないんだなあと。客をいじるっていうのもあまりしないのねーーそういうこと、すればいいわけじゃないんだけどね。

16場のタンゴは、曲がすっかり高橋大輔でインプットされちゃってるので、その幻を頭からおいやりながら真風のダンスを見ておりました。

煙草を使って・・といえば「HOTEYES」のまー様を思い出し、椅子が出て来たら「レ・コラージュ」の朝海ひかるを思い出し。比較してはいけないんだけど、色気とか神秘性みたいなものが欲しいかな。

 

今の宙組が非常にダンス力があるというのはわかります。だけど下級生が横並びっていうのは非常にまずくないでしょうか?

本当はもっと演技が上手、歌える、踊れる子が沢山いるはずなのに、全部トップに集約していくのは先を見るとよくないと思うんですが。まあ、宙組をあまりみていないので大きなことは言えません。

 

星吹彩翔くんへ

お疲れ様でした。「銀河英雄伝説」であなたを見た時からずっと注目していました。素晴らしい歌唱力を持っていて、新人とは思えない演技力を持っている。踊る時の芯がしっかりしている。

こんなに才能があふれているのにどうしてもっと大きな役に恵まれないのかなと。やっぱり童顔だから?とかね。でもショーではどんな時も笑顔で、その100%幸せな笑顔にどれだけ癒されたことでしょう。

我が家の姫ちゃんは「星吹彩翔のえがおを仕事にいかす!」とかいって頑張って口角をあげる練習をしていましたっけね。可愛いだけの男役じゃない、本当は何でも出来る素晴らしい才能に恵まれた稀有な人だと今も思っています。

そんなあなたが宝塚を卒業。残念で仕方ありません。

でも、退団するなら今しかないと思った結果なんですよね。

寂しいし、悲しいけれど我慢します。退団したことがあなたにとってよい結果になるように祈っています。そしてその笑顔にふさしい幸せをみつけて下さい。

 

 

 


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 日本一運のいい女ー雅子皇后... | トップ | 新章 天皇の母 10 »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ちびた)
2020-02-13 17:42:11
ふぶき様こんにちは。
私も先日観劇したばかりです。久しぶりのSS席で娘と家を出る時からテンションMAXでした。
私の観劇した公演では藤井大介先生ご観劇で生徒さんたちも大介先生に視線送りまくりでした。
今回の宙組公演2回観劇しましたが、お芝居はトンチキの割にハッピーエンドなので後味は悪くなかったです。一番美味しいのは英真なおきさんかな。ご本人も悪役すごい楽しんでましたよね。
ショーは2回とも良席だったせいか、とても楽しかったです。お正月のBSで見るより全然良かった! 
モンチさん見た時にふぶき様のことを思いながら観劇しました。私もモンチさん好きでした。声が好きなんです。宙組のエリザはモンチさんのヴィンデッシユ嬢が素晴らしかったなあ。
Unknown (まりん)
2020-02-13 20:54:27
星吹さん、お歌がうまいですね。
ちょっと愛敬あるお顔で。

宙組はどこに向かっているんでしょう…。
思えば、まあさま真風の2トップが素晴らしくかっこよく、それにみりおん、うららちゃん、せいこちゃんといったお姉様方が美しい組だったのに、いつの間に黒歴史だとか爆上げとか、そんなことが噂される組になったのか…。

花組なんてお金を出して時間作ってまで観たくないし、だいきほが退団したら大劇場に行かなくなると思います…。
特定の子ばかり新公主演はやめてー。
Unknown (ゆうこ)
2020-02-14 10:09:14
未だ入団四年位の時にラインダンスを踊っていた星吹彩翔の姿が印象的でした。月組でいったらカランちゃんとイメージがダブります。
何でも上手いんだけど足らないのは身長って感じ。
好きな人がドンドンやめて、宙はもうだれも居ません(笑)ので見ません。お財布に優しくて良いけど。
お金払うって体験できないことを見たい聞きたい感じたい事に対して払うもの。
Unknown (Unknown)
2020-02-14 10:52:14
真風さんにはもっと大人っぽい…というかもう少し色気のある相手役さんが良かったのかなぁ。
まどかちゃん単体では悪くないんですけどね。どう頑張っても色気<可愛らしらは拭えないかと。
真風さんの新人ぽさが抜けないのもお相手の影響もあるのかぁ…と思います。

水&白羽コンビのような、大人っぽいトップコンビ…もう見れないのかなぁ。
劇団的にはフレッシュ!フレッシュ!全開ってかんじのジャニーズみたいな方向性で行くんですかね。今後。
真風さん、お顔は水さんに似てますけどね〜(笑)
Unknown (クースケ)
2020-02-15 12:10:50
お芝居、偉人たちよりはマシ?その訳は舞台が明るい!
ショーは真風のスーツ姿が良かったからOK、以上。

海外ミューに頼ってばかりいないで、オリジナルの脚本力をあげないと、みりおだいもん退団後の宝塚は衰退の一途です。

今の星大劇もかなりの人が寝てますがσ^_^;

次ははいから、ピガールと続く…柴田先生帰って来て下さい(涙)
遅ればせながら (スザンナ)
2020-02-16 16:13:47
大野さん、以前の「おホモだちティスト」の作風は嫌いじゃ無かったけど
いつからかな?突っ込み処満載の作風?に替わりましたね。
ま、それはソレで「スペイン語も訛ってるんかい!」なんて見るのは嫌いじゃないです。

ちびた様 ゆうこ様 宙組ではないのですが
何とも??なファン気質を最近 感じました。

もしお時間が有りましたら
是非「デコポン大好き」を覗いてみて下さい。
ふぶき様は 言わなくても 来て下さいますよね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

宝塚コラム」カテゴリの最新記事