ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

日本一運のいい女ー雅子皇后の肖像75

2020-09-24 07:00:00 | 日本一運のいい女 雅子皇后の肖像

  2009年1月1日 天皇一家

愛子内親王は触れられるとびっくりして手をよける。

悠仁親王は「一緒に遊びましょう」と誘って見るけど反応がないのでご両親を見る。

皇居へ向かう

 

 2009年1月2日 新年一般参賀

 2009年1月2日 両陛下と夕食会へ

 週刊ポスト 2009年1月16日・23日号

「雅子妃宮内庁長官が異例の来訪」

 

 女性自身2009年1月20日号

殿下動いた!陛下への異例の電話雅子さま美智子さまおせち囲み「絆」再生の約束

 

 週刊女性2009年1月20日号

年は明けても心は晴れず?雅子さまブレずに持久戦」

「ついに身内からも出た「雅子さまはブレないから」発言 雅子さま09年持久戦の「狼煙」今年も元旦行事をご欠席!」

 元日行事の欠席で今年も快復は期待薄という感じ。と、いうより逆風に負けず今年も持久戦を続けるという狼煙だと顔をしかめる関係者も」

 医師団の見解「心身の状態は自分でも予測できない波がある」

 ある皇族が雅子妃について「あの人はまったくブレない」と驚嘆

  普通、天皇の心労の原因が自分にあると言われたら病状悪化を覚悟してでも新年祝賀行事には出席するでしょう。

 2009年1月7日 昭和天皇二十年祭

2009年1月18日 御所の夕食会

 週刊女性 2009年1月27日号

病状快方じゃないの?窓閉めこわばる表情の半蔵門ー雅子さま無理やり復帰の怪」

 

 週刊現代 2009年2月14日号

スクープ雅子さまベトナム断念で地中海クルーズはアリか

 

 週刊ポスト 2009年2月13日号

深層レポート「秋篠宮天皇論」「雅子さま不要論」の渦中「雅子妃が女官に妹・礼子さん・ベトナム同伴断念皇太子の決断」で新展開」

 

 2009年2月4日 愛犬まり死去

 まりが死亡する数日前に入院中の動物病院に真夜中に見舞い

 愛子内親王はまりが死んだ日、数時間遅刻

 

 2009年2月5日 皇太子ベトナム訪問記者会見

「今回,ベトナム国からご招待を頂いたことを雅子も大変有り難く思っており,お伺いできないことを,本人はもとより,私も残念に思っております。外国訪問は,日本と諸外国との相互理解と友好親善を増進する上でも大切なものであると考えておりますが,同時に,雅子は,依然として病気治療中であり,外国訪問については,移動距離,訪問期間,訪問中の行事などの観点から,慎重な判断をする必要があります。今回の訪問についても,お医者様とも相談の上で総合的に判断して私一人で訪問することといたしました。

お招きいただいたベトナム国の方々のご厚意におこたえできないことを申し訳なく思っておりますが,ご理解いただきたく思います。
 今後の外国訪問については,ケース・バイ・ケースでお医者様と相談しつつ判断することになろうかと思います。

基本的には,前からお話ししているように外国訪問は我が国と諸外国との友好親善を増進する上でも良い機会であり,今後とも大切にしていきたいと考えております。

いずれにしましても,雅子としては少しでも多くの公務ができるように頑張っておりますので,長い目で温かく見守ってくださるようお願いいたします。

 司会進行役の大森茂東宮侍従が時間切れを理由に記者の関連質問を打ち切り。

 記者会は「取材の制限・妨害に等しい」と抗議。後日、野村東宮大夫が謝罪。

 

 2009年2月6日 皇太子ベトナム行きの見送り

 

 2009年2月15日 ベトナムから帰国お出迎え

 喜んではいるものの、父親と手を繋ぎたがらない愛子内親王。おまけにさっさと自分から東宮御所内に入ってしまう。

 

 週刊ポスト 2009年2月27日号

巨大メディアの内幕 だから皇室の真実は伝わらない!皇太子会見打ち切りで東宮職と宮内記者会が火を噴くまで雅子妃巡り「八百長質問」発言も飛び出したバトル」

 

 女性セブン 2009年3月5日号

超側近がまた辞任!雅子さまを追い詰める「東宮侍従長6人目の重圧」

 

 2009年2月23日 皇太子49歳の誕生日

 3人がやっているのは3歳児用英語の知育カード。それをババ抜きにして遊んでいる。

 

 誕生日記者会見

 ご質問で触れていただいたように,雅子は,体調に波がある中,病気治療を続けながら,新年一般参賀にすべて出たり,皇后陛下のご名代で祭祀に臨んだりするなど,これまでできなかった公務もできるようになってきていて,私も雅子もうれしく思っております。

 これは,本人が,公務,祭祀のいずれについても,その重要性を認識し,体調が許す限り頑張りたいと考えて努力している結果であると思います。

 しかしながら,体調が良いとどうしても頑張り過ぎる傾向があるため,お医者様からは,無理をして回復が逆行することのないよう慎重を期す必要があること,また,育児や東宮職内部の仕事とともに,ライフワークにつながるような活動を大切にしていくことが望ましく,これと公務とのバランスをよく考えていく必要があるとの意見を伺っております。

              ↓

「頑張りすぎる」とはどういう事なのかと記者が質問する。

 雅子にとって,一つの公務をする場合には周囲の期待もありますので,それに全力を傾けることになります。

 お医者様からはほかの活動もいろいろとしたらよいと言われていますが,その場合には,それらの活動を,言ってみれば,犠牲にすることにもなります。

 また,日数をかけて準備をすることになります。

 公務の後で疲れが残ることにもなります。

 したがって,新しく一つの公務ができたからということで,またすぐに次の公務を期待するというのは,本人を精神的に追い詰めることにもなるので避けてほしいとお医者様から伺っております。

 やはり,その時々の体調を勘案し,お医者様に相談しながら,これまでどおり個別に検討していくことになると思います。

 先ほどの質問については,皇統の問題が重要な問題であるということ,これは私は非常によく認識しております。

 

               ↓

       一度皇太子は退場し、記者達が撤収している時、退場から20分後に突如再登場する

 「雅子は周囲の期待もありますので、1つの公務をする場合には全力を傾けることがあります。1つの公務をする場合、それだけ多くの日数をとって、そのための準備をする。やはりそれに伴って、結果としては疲れが残ることもありますので、次から次へと新しい公務をするということはまだ難しい、ということを申し上げたかったわけです。」と補足説明

 

 女性自身 2009年3月10日号

ご公務お休み1ヶ月「頑張りすぎが」誕生日会見で「ご病状」異例の言及 雅子さまギリギリの闘い 皇太子さまたまらず明かした「苦悶の今」

 

 徳島新聞2009年2月27日 共同通信社社会部長・宮城孝治氏講演:平成皇室「公あっての私」考え方の違い 両陛下ら苦悩」

 ある宮内庁関係者によれば、皇太子ご夫妻は新婚時代、「二年間は子どもをつくりません」と両陛下におっしゃったと言う。

真実だとしたら、落胆したことだろう。
 実は、皇太子ご夫妻は真剣に「お世継ぎ問題」を受けとめていた。

雅子さまは、生真面目で頑張りやだ。

両陛下の期待に応えたいという使命感のような気持ちは強かった。

しかし、この問題は頑張ろうとすればするほど女性にはつらい。
 雅子さまが九九年に流産したとき、撮影されるのは忍びない、と皇太子さまが食堂の白いカーテンを外し、車窓に目隠しをした。それを聞いた両陛下は不快感を示したという。

皇族という立場は、辛いときも国民から姿を隠すようなことをしてはいけない、ということだと周りは斟酌した。厳しいが、考え方の違いを物語っている

この年は早々から雅子妃批判が飛び出した年でした。

前年から「離婚するのではないか」との憶測も飛び交っていました。

海外公務の足掛かりとして、ベトナム行きが検討されていて、ついでにヨーロッパで静養という話も出ていたが、結果的にはベトナムへは行かず。

前年から元気に遊びまわっている姿を見て来た記者達は皇太子に突っ込むも、「時間切れ」という事で記者会見は遮られ、記者会が怒り出す場面も。

それで、誕生日の記者会見では「雅子は頑張りすぎる」と言ってしまったのだが、記者達にすれば「何をどう頑張りすぎているの?」という事になり、それに皇太子があいまいに答える場面が。

記者会見の文面を見ても、公務の前の準備は当たり前のことだし、それだけでヘトヘトになってしまう人って何かおかしくない?と思いますよね。

どうやら記者会見場の裏に雅子妃がいて、皇太子の曖昧なものいいに「もう一度話して」と言ったのではないか・・・だから20分後に再び登場して喋ったのではないかと言われています。

誰もが当たり前にやっている「仕事」の準備が「頑張りすぎて」しまう・・・と言われたら一般人はどうしろと・・・と思いますよね。

遊びなら何日で歩いても平気で元気で笑っているのに。

ただ、この頃に批判された「しかえし」が今、秋篠宮家に向かっているんだろうと思いました。

 


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 日本一強い女ー皇嗣妃殿下の... | トップ | 世界に影響を与えた大坂なお... »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ケーキ屋)
2020-09-24 08:20:55
スキ時間によく見ています。と言っても祖父の代から菓子商で皇室、政治は殆んどタブーでした。
12年前のことでも興味深いでした。周辺全てとのギクシャクが酷い状態ですね。
お医者様でも、果たして病気なのかどうか困るケースだと思いました。病気なんだと言われたらそうかも知れませんけど。
公人中の公人ですから、殆んど民は置き去りにされたまま今日に至っていて
ご夫婦は娘さんをずっとお手元に置いておこうと、忖度されるのをお待ちなのでしょうか?

いつまで続く待ちの御代ですが、多くの民は何を待ち望んでいるのか
言葉が喉から飛び出そうです。
Unknown (れいこ)
2020-09-24 10:07:53
この頃、雅子妃も愛子様も、不気味なくらいに長い髪で、異様さが目立ちました。反対に紀子さまはショートヘアが定番になり、少しキツく見えるからか、バッシングが強くなってしまいましたよね。
Unknown (ももえ)
2020-09-25 10:51:40
雅子さんが皇室に入らなければ皇室はどのように発展していったでしょうね。
雅子さんが入ってしまったばかりに皆様苦労続きでお気の毒です。
Unknown (はらちゃん)
2020-09-25 10:52:43
過去記事、今回もたくさんありがとうございます。
皇太子のベトナム訪問記者会見、当時なんだかなぁと思って聞き流してましたが、今再び読み返しますと、憤りのほうが勝ります。

ヨーロッパには行きたいがベトナムには行きたくない。
遊びには行きたいが公務では行きたくない。
という内容を、「お医者様」を使って言い訳しているのにすぎず、ずっとこの「ご病気」「体調の波」を錦の御旗の如く振り回し、好き勝手選り好みしているわけですね。

現在はコロナで公務で外出できず、お遊びも出られずですが、また再開するようになりますと、皇太子妃時代と同じような状況になるのではないでしょうか。
穿った見方でなければよいのですが。
Unknown (味彩)
2020-09-26 10:49:38
懐かしい写真のアレコレを拝見しながらも、全てが残念でなりません。この時期が後に大きく影響していませんか?
皇太子が熱望した相手と結婚した。次男には子沢山な様がある。
海外志向の皇太子妃には望みの各国訪問を促し、どちらかに男子が誕生すれば継承は保てる。その先は政府が決めるだろう~ぐらいのスタンスであれば、笑顔溢れる御一家の写真が拝見できたでしょうに。
Unknown (フリー皺)
2020-09-26 13:07:30
五歳も離れていて、同じ遊具。お姉ちゃんが、小さい従弟のお相手をしてあげるなら、わかりますが。精神年齢があまり変わらなかったのでしょうね。
Unknown (ゆうづき)
2020-09-26 17:06:14
じっと待つのが新しい伝統になるのでしょうか?

ブログ主様、殆んど毎日見させて頂いております。
秋篠宮様御一家を除いて、お写真の方々を見聞きするたびに皇室に対しての違和感が募ります。
薩長の明治維新で天皇家の御家の伝統に追加して、
権威付けで国印の押印始め様々なカッコ付きの「公務」が加わってしまいました。
敗戦によって主権在民になったのに!
このカッコ付きの「公務」?に疑問を投げ掛けることは、あたかもタブーのようです。
タイ国に不敬罪がまだ残っているのといい勝負かも知れません。

今の日本では、型だけの!押印はムダで悪という風潮ですから
これと対照的な明治維新からの「公務」の数々を、繰り返し拝見しますが
敬いの気持ち!が持てませんと、そのお方にあるのは男系男子の伝統のみの存在です。
それに対して人は頭を下げているようです。
そこで、ふさわしいお方ではないと、一般の民が思えば
じっと待ち続けるしかないのが、新しい伝統かもしれません。
Unknown (わたる)
2020-09-27 01:30:13
味彩様、

でも、あの頃、あの夫婦に海外に
好きに行かせていたら、

世界中に迷惑をかけていた、

だから、行かせ無くて良かった。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日本一運のいい女 雅子皇后の肖像」カテゴリの最新記事