ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

色々見えてきますね

2018-02-08 07:00:00 | 皇室報道

 テレビで眞子様関連をやるとコメンテーターが言いにくそうな感じでもごもごいうでしょ?本当は「あんなのと結婚しなくていい」って言いたいけど、それが言えないからもごもご。

KKは朝、タクシーに乗ったけど途中から電車に変えたとのこと。

職場までのタクシー代は払えなかったのかしら?

色々記事が出始めています。

まず、香港のマスコミ。

http://www.scmp.com/news/asia/east-asia/article/2132380/bad-debts-and-korean-blood-japanese-tabloids-frenzy-after

どなたか、これを全文訳して頂けないでしょうか?

いわゆる小室圭の父方の先祖が韓国人だって言ってるようなんです。

 

 週女プライム

眞子さま、小室圭さんとの異例の「結婚延期」は秋篠宮家の意向か

 2月6日。記者の質問「延期されたのは430万の借金の為ですか?

小室「・・・・・」

眞子様への思いは変わりませんか」

小室「・・・・・」

一度決まった結婚関連の儀式を白紙に戻すのは“異例”です。

 宮家担当の責任者に当たる加地隆治宮務主管は記者会見で、“あくまで必要な準備を行うための延期であり、結婚のご意思は変わりない”と何度も強調しましたが、関係者の間では週刊誌報道の影響もあると見ています(BY皇室関係者)

 記事が出た後、宮内庁は小室圭を呼び出した。

 「記事が出たあと、圭さんから“この件は知らなかった、説明したい”と申し出たのですが、秋篠宮さまははっきり断られました。

 借金の理由は、圭さんの学費や留学費用が含まれていて、本人が認識していることは明らかだったため、殿下に“嘘”をついていたのです。

 その後も“知らなかった”と言い続けた圭さん対し、眞子さまはショックを受けていたと聞いています

 東スポ

眞子様結婚延期の事情

 6日夜、女性セブンに掲載される事を受けて記者達に内々で「延期」の情報が入る。当初は「延期」ではなく「破談」「婚約破棄」だった。

 宮内庁関係者によると、週刊女性で報じられた頃の眞子様は気にしない様子だったが、今年になってからの報道で周囲への影響を考えるように。

 小室圭も母親が批判にさらされたことにショックを受けた。

 先月下旬に眞子様サイドと小室サイドで延期の話し合いがもたれた

 互いに違う感情が芽生えた場合や、スキャンダルが起きたら破談決定

 

 ポストセブン

 実は「納采の儀」の使者も小室家では決まっていなかった

 秋篠宮の夫妻「小室さんがこちらにいらっしゃっても、すぐに眞子の部屋にこもりっきりになってしまう。ふたりだけで結婚に向けた相談をしているようだが、他の人の意見に耳を傾けようとしない」

 1月10日に皇居で行われた『講書始の儀』に向かわれる眞子さまの目は、まるで泣きはらしたように真っ赤に染まっていた

 

 現代ビジネス

眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑

 記者レクの際には、眞子さまのお気持ちとして『小室さんと結婚する意思には変わりがありません』という文言が確かに入ってた。

 わざわざ『結婚はする』と強調したのは、裏を返せば『結婚を見合わせるべきだ』との進言が宮内庁内部、ないしは皇室の中で出ていることの証拠。

 その後の公式発表では、この文言がなくなっている。

 加地宮務主管は口頭で『結婚のご意思は変わりない』と補足たが、不自然で、宮内庁は何かを隠そうとしているのではないか」

加地氏、「ご婚約行事の2年半の延期は、天皇陛下のご裁可をいただいた『決定事項』です」

 「天皇陛下のご裁可」は、お二人の婚約内定の際にも使われた言い回し。しかし今回は「決定事項」の言まで添えられ、まるで「これ以上は何も聞くな」と言っているかのようだった。

 来年4月末には今上天皇の退位、そして5月1日には新天皇の即位儀礼を執り行わなければならない。眞子さまご結婚の儀礼はそれらが十分に落ち着いた後、少なくとも翌年が望ましい。それゆえ「2年半」という期間が必要であるーーそう加地氏は説明した。

 だが常識的に考えて、2年半にもわたる長期の婚約延期はあまりに異例だ。すでに宮内庁関係者の間では、このような憶測さえ流れている。

 「小室さんは、秋篠宮家への出入りを当分の間ご遠慮なさることになります。この間、小室さん側から『辞退』を申し出るよう、関係者がすでに手回しを初めているとも聞きます。万一お断りするとなっても、秋篠宮家の側から申し出ることはできませんから。

 お二人が本当にご結婚なさるのかどうか、微妙な情勢になりつつあるのは確かです」

 後注視すべきは、宮内庁長官人事であるとほのめかすのは、ある与党幹部だ。

 「宮内庁は小室さんの身辺情報を集めてはいたが、ご家族のことまでは把握できていなかった。一方で、警察庁は報道されるはるか前から詳しく知っていた。昨年9月に行われたお二人の婚約内定報告記者会見の時点で、警察庁から官邸に対して『週刊誌でスキャンダル記事が出る可能性が高い』との報告がなされていたほどだ。

 つまりは、宮内庁の調査能力不足が露呈したということだ。遠からず長官人事に発展するだろう。

 ただ、今回のご結婚延期発表の後、すぐに長官人事が発令されれば、『延期ではなく婚約破棄なのでは』との噂が盛り上がりかねない。そうなれば小室さんやそのご家族まで、いわれなき誹謗中傷を浴びるかもしれない。

 新天皇即位を待ち、さらに東京五輪もまたぐというスケジュールには、完全にほとぼりが冷めるまで待つという狙いがあるのではないか」

 26歳の若いお二人の前に、様々な思惑が立ちはだかる。困難を乗り越え、再び全国民が笑顔のツーショットを見られる日が来ることを願いたい。

今回はNHKと宮内庁の罪は大きいと思います。

退位についてもNHKは勝手にスクープして、そして眞子様の時も。

こんな放送局、いらないでしょう

そしてあまりにもごてごてに終わった宮内庁。

警察庁も把握していたんだったらもっとさっさと言えばよかったじゃないか!

 

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (55)   この記事についてブログを書く
« 眞子様の結婚延期 | トップ | 池上さん、陛下を馬鹿にしてる? »
最近の画像もっと見る

55 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みはる)
2018-02-08 07:15:32
諸悪の根源は詐欺師小室親子であり、NHKを責める理由が分からないです。
逆説的に考えると (しまき)
2018-02-08 08:01:16
大変逆説的な考えになってしまいますが、今回私、NHKは「グッドジョブ」と思っているんです。
これは「皮肉な見方」と思ってくださいまし。

もし、NHKがあそこで報道しなかったら。
圭氏は大学院を卒業して、何か耳ざわりのいい、イメージが高尚っぽい職業についていた可能性があります。
それこそ「正規職員」として、です。
国民はお花畑さんが多いので、「何となく格好いい職業の男性」「一ツ橋大学院卒の高学歴」「眞子さまと大学時代の同級生で、7年もの間(大学院卒業時)愛を育まれた」
なんて、目くらましかけられると、それ以上踏み込みにくくなったのではと思うのです。
で、そのとき裁可を出すのは、あのボンクラ天皇でしょう?何も考えてないし、反対にもしその後、小室家の暗い背景があることがわかって大騒ぎ、ということになったら、秋篠宮家の立皇嗣阻止!なんて、周囲が動いたかもしれません。

NHKはいい仕事しましたよ。ええ。揶揄的にそう言いたいです。ここが先走りしなければ、2人は秋篠宮家に将来のこと(職業の斡旋等)まで頼めるよう、段取りしていたかもしれません。

ただ、「将来は降嫁するのだ」という意識をご両親も眞子さまに植えつけていただきたかった気はします。
例えば結婚式は男性持ちの部分も多いのだから、○百万円ぐらいまでは貯蓄して、話はそれからだ、とか。


しかし、圭氏が宮邸に訪れて、「眞子さまのお部屋にこもりっきり」って、それ、いかがなものでしょうか?
ご両親は不在がちで、何も言えなかった??

うーん。それは……ちょっと…………
中で何が起こっててもわかんないですよね。。(これ以上は自粛)
Unknown (さくら)
2018-02-08 08:07:21
ふぶきさん いつもありがとうございます。

*警察庁が出てくるとは
  実際はもっと <大きな闇>がある確立は大かもしれま  せんね。

*眞子さまはやはり 気持ち・意思だけで行動されていて
 人の意見は聞く耳なしになってしまっているのですね。

 小さい頃からの教育は大切ですね。

 意思・気持ちとおりにならなかった場合、本人がすごく苦し みます。

 


 


長いです (眞子さま目を覚まして)
2018-02-08 08:34:56
香港の新聞記事は訳せませんが、母親の祖父方の事かと思っていました、祖父実家の報道はまだなかったような気がしたので。

こんな事になったのも、一般家庭と皇室の両方の常識を知っている紀子さまの反対を聞かずに、両親が逆らえない祖母に直談判?した結果でしょうか。
祖母から許可をもらえば、母が何も言えないのをわかってたんでしょうから…

竹田(山田)さんの借金問題は、NHKが報道する前の去年春にはすでに新聞社が取材していたそうです。
知らなかったのは、当事者である宮内庁、天皇家、秋篠宮家、眞子さま本人だったんでしょう。

テレビは借金問題は本人には関係ないのに〜/二人がかわいそう〜とか、コメンテーター意見と街頭インタビューを流すのを止めてほしい…わざとらしい、眞子さまが見て勘違いしたらどうするのよ。
正式な婚約内定が破談になったのは、久邇宮家と姫路酒井家ですが、その他内々定?や両家の内約?解消などは、大正天皇と伏見宮家/北白川宮家と藤堂家.蜂須賀家/梨本宮家と山階宮家/久邇宮家と細川家などがあります。昔はよくあったんですね。
NHKの第一報の時、目立つのが好きそうだから皇室には合わないじゃないのかな〜と思ったり、雰囲気とかが気になってたんですけど、嫌な予感が当たってしまいました…

本当に眞子さまには目を覚ましてほしい!
今回の事は世間を知るきっかけとして勉強してほしいです。
Unknown (雪ぐにそだち)
2018-02-08 08:53:26
眞子さまは初恋の人だったのでしょね…
秋篠宮ご夫妻の会見で、紀子さまが記者から『初恋の方ですか?』と聞かれ、宮さまに確認されてから、恥ずかしそうに『はい…』と
答えられた姿を思い出しました。
そんなご両親を知っているから、ご自分も初恋の人と結ばれて幸せな家庭を作る気持ちが強くあったのかなと…
知り合った相手が悪かったのです。
相手の心の中には眞子さまへの愛情より自分のステップアップのための気持ちが強かったのかな?と…
天皇陛下のお孫さんにプロポーズする神経って…
それを聞いて、幸せにしてあげてと言える母親の神経って…
普通ではありませんよ。
発言に力のある人が『この結婚は止めて大正解!』と言ってしまってくれないかしら…
それより皆さん!
この件で忘れそうになりますけど、例の悪人ジジィが戻って来るんですからね!
娘が国民の母になるのでこご出番!大きな勘違いしてなにかを画策してるのかも…ですよ!
目を光らせなくては!
Unknown (福星)
2018-02-08 08:55:38
『小室某が秋篠宮邸を訪問して、すぐに眞子さまのお部屋にこもる…』の内容を読んで。

聞く耳をもたない眞子さまとあるが、真っ先に『洗脳されちゃった』と思った。



高学歴な若者が、カルトであるオウムに心を吸いとられて集まったが、あのときの家族の嘆きの記事を思い出した。



背後に蠢く色々な正体があからさまになって、正常な且つ清浄な皇室にと切望します。
英文の記事について (ゆりこ)
2018-02-08 08:59:07
ふぶきさま
英文の記事についてですが、基本的には、日本の週刊誌の内容が、そのまま英文になっているものです。
違うのは、小室氏の父方の祖父ではなく、
maternal grandfather 母方の祖父が韓国人である可能性を示唆していると書いてあります。
Unknown (しまこ)
2018-02-08 09:06:45
延期になってよかった、これは眞子様、秋篠宮家のためにそう思います。

しかし、すでにコメントされている方もおられますが、はっきりといえば、今回の件も黒幕の可能性十分。

宮内庁の調査能力のなさ、これは明白。
しかし、皇太子の場合、末綱氏(警察官僚としてトップになるべき人材だった)が、雅子妃に完全無視されて辞めておられる、無念だったでしょう。
末綱氏をはじめ、まともな方は心身疲労の果てに去った。なぜ?黒幕美智子がいるから。

清子さんのご結婚にしても、美智子が旧皇族華族を皆敵に回したから。美智子の娘だから敬遠されたとうかがったことがあります。
秋篠宮家に権力はありません。
Unknown (お昼寝姫)
2018-02-08 09:08:04
いろいろな週刊誌の記事の内容がわかり良かったです。ありがとうございます。

心配なのは、2年の間にほとぼりが冷め、結果結婚!となることです。
眞子さまは未だに小室さんのことが、お好きなのか?
母親と小室さんは別、知らなかったという小室さんの言葉を信じていたりして、等まだまだ心配です。
各週刊誌には頑張って、もっと本性を暴いて欲しい。
そうなったら小室さんも困ることになるわけですから、自分から身を引いて欲しいです。

それにしても写真の小室さん、申し訳ないですが、チンチクリンですね。後ろのSPさんの方がカッコよく見えます。
この見た目で海の王子に応募、やっぱりへん。不思議な人種です。

眞子さまも秋篠宮さまも心が、綺麗すぎます。
情けない話 (たあしゃ)
2018-02-08 09:15:19
 真子さんは、そんなに結婚したいなら、皇籍離脱して、持参金なしで、駆け落ちしたらいいんじゃないでしょうか。回りくどい弁明、情けないですね。
 TVは、丁寧言葉でオブラートに包んで、醜聞初耳なようなこと言ってますけど、みんなそんなこと知ってましたもんね。
 駆け落ちは極論ですか?

 ふぶきさん応援してます!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室報道」カテゴリの最新記事