ふぶきの部屋

侍ブロガー、ふぶきが宝塚とドラマ、皇室からワイドショーまで語ります。連載中の小説もお見逃しなく。

皇室の窓スペシャル

2016-02-15 07:00:00 | ドラマ・ワイドショー

 よせばいいのに、また池上さんの番組を見ちゃったんだよね

テーマが「なぜ世界から戦争がなくならないのか」というもの。

 領土を「自分のものだ」と勝手に解釈している

 戦争はビジネス

いわゆる「イスラム国」の説明はよくわかったと思います。

アルカイダから分派した派閥が「イスラム国」を名乗って、かつてイスラム教だった

国々を手中におさめようという思想。

そしてそこには大量のお金が流れている。

武器の輸出は非常にお金になるという事。

そこらへんはわかるんですけど

 

アメリカの軍需産業で軍服を縫う女性達が口々に

「誇りに思っている」と言うのですが、芸能人の方々はその言葉に違和感を

持っているわけ。

千秋なんか「自分達が作ったもので誰かが死んじゃったら嫌だし・・・・」とか

言ってました。軍に加担する事自体が日本的には「悪い」事という印象ですね。

いつもいつも戦争ばかりしているアメリカって悪い国という印象を植え付けたかったんだと

思います 戦勝国は勝った国だから反省が足りないとか。

そもそも、ドイツと日本を同じ「戦犯の国」として語るのはどうよ?

ヒトラーと東条英機を一緒に語るのはおかしくない?

「第二次世界大戦を引き起こしたのはどこの国ですか?」と先生が尋ね

「ドイツと国民です」と答える生徒たちを礼賛する。

だからドイツはイラクからの難民を多く受け入れているとか。

でも、現在、その難民が引き起こしている事件がヨーロッパの治安を揺るがしているのも

事実で。難民を送り返したら「差別」とか・・・もうね。めちゃくちゃですよね。

東条は開戦の時「自存自衛の戦争」と言っているのに無視。

愛国心を持つと戦争好きになるのですか? そんなのおかしいでしょ。

第三者的な目で見る事は大事。だけど、必要な法案を悪法と決めつけて

ネガティブキャンペーンするメディアが正しいとは思いません。

「皇室の窓」スペシャル。眞子内親王と佳子内親王特集を見ました。

全体的に「特集」という程の事ではなかったと思います。

ただ、皇后陛下は眞子さまには素直に「孫」として色々な思いを語っていたのに

佳子様の事は一切触れていない・・・・という事や、秋篠宮家の内親王たちのことを

「小さい人達」と表現している事が気になって・・・ええ、ずっとそれは気になっています。

天皇陛下の眞子内親王出生後「孫が出来たことかな」と誕生日会見でおっしゃっているのも

何だかよそよそしく

「おじじさまと呼んでいると思います」の「思います」に何だか疑問が生じたりしてね。

 

眞子さまの震災ボランティアの話は最近、よく聞く話で。

何でマスコミが密着取材しなかったかなーーーと。これが愛子内親王なら

絶対に密着するでしょうにね。

上の動物園のあれやこれやはちょっと余計。

しかし、浩宮が小さい時の動物園訪問時、あの佐伯なんとかさんが一緒で

動いている映像を見て思わず「この人が託卵の人かあ」と思ってしまいしました。

東宮一家が上野へ行ったとき、内親王は冷静だったのに皇太子夫妻がはしゃいでて

メモリがなくなる程写真を撮りまくっていた話。

いやーー小説とおんなじじゃん・・・・と(笑)

 

上野に小松宮彰仁親王の銅像があると紹介しておりましたが

小松宮は皇族の中でも困ったちゃんだったんだよ。

何で有栖川宮威仁親王の銅像については話さなかったんでしょうか?

愛子内親王誕生を記念して像が二頭贈られたけど、悠仁親王誕生時にも

何かあったと思うけどな。

色々な意味で偏向気味でした。

 

 

 

 

コメント (3)