晴れ女☆彡
まだまだ、修行中!
 



 <2015年5月>なのですが、 枇杷が熟れ始めました。

 満開だった。  花が咲き始めたのは昨年の11月。
      春先の寒さ、緩んで花が咲き、しとしと雨っぽく、日照が不足

      お天気がよくなったら、あっという間に色づいてきた

      まだ、少々酸っぱいし、苦いし、食べごろとは言えません

      それでもスズメの一家やヒヨドリ、時にはカラスも味見に来ます 

   近くのびわの樹はこれから、状態。

  日当たりのよい場所には たくさんの鳥の足跡がついています 

 

            

                   

 小さな実なのでもっぱら鳥たちのごちそうですが

 彼らは掃除をしないので、これからしばらくは頭痛の種。

  時は 来たのかしらん???   

 隣へはみ出した枝を払うには 少し、手間がかかる

 せっかく実った実ならば、楽しみにしている鳥に捧げましょ

 なので せっせと掃除係を引き受けて過ごします。

  === ・ === ・ ===

 昨日通った道沿いに、柿の花が散っていた

 柿の花は4弁で、落ちても『あっ、柿の花だ』 としっています

 先月、祖母の年忌があって、田舎に出かけた

 ずいぶん訪ねていなかった土地に電車ででかけてきた

 残念ながら祖母の遠い記憶の私は いつも小学生だし

 祖母の姿はアルバムの写真の場面しか、抱いていません

 知らない顔の子供たちと一緒に妙な気分で並んでいた

 祖母と食べた記憶があるのが、こんな小さな枇杷

 今年はたっぷり実った

 そうか、思い出がよみがえるタイミングなのか、と納得してみた

 姉と一緒に出掛けたのだが、祖父は記憶にない

 姉のアルバムには祖父の姿があるという、『ずるいなぁ』と思った

 やっぱり、年上が勝ち!なのかなぁ・・・なんてね

 私が知っていて、姉が知らないことがあるんだろうか???

 何せ6つも上なのだ

 大人になっても、やっぱり、追いつけないしね

 === ・ === ・ ===

 枇杷からあれこれ思い出した

 何でもわかったふりをする年代になったけれど

 やっぱり、年上にはかなわないね、きっと

  大量の熟れた枇杷、どうしようかなぁ・・・ 悩みはおおきいです・・・

   (ё.ё)/ム~~-天-@晴れ女☆彡 ですが  



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2015オオキンケイギク

 寒すぎた、春先。

 3月には雪も降ったし、いつまでも日が差さない4月、

 やっときりっとした5月。

 天気が良ければ走れるさ、と お天気になれば河川敷を走ってきます。

 チャリ2号は荷物が積めないので最近はママチャリ1号が復活。

 後部車輪の荷台に、ロッカーケースを積んで、荷物を揺らさないで固定。

 時々、ごんっ、ずるっと気配を感じますが、前かごよりは振動が少ない。

 中にモバイル入れて、補給用の水と、エアークッションを積んでいます。

   恰好?気にしないで、飛ばします。

 とはいえ、最近はあまり増量していませんので、軽快!!と本人の自覚。

 行きはルンルン気分で歩道や自転車 道を走ります。

 さすがに5月、七分の袖先が赤く日焼けしました。 

 なんか、足の筋肉が硬くなってきた気もする(錯覚か??)

 帽子が飛ぶので、これからは工夫が必要、Sサイズを購入したけれど
    やっぱり、するっと飛んでしまう。 えっ!ヘルメット?? NGNGNG
    ちょうど今は、イラストほどの長さなので、そろそろカットのタイミング。

    この時期は首筋の日焼けがつらいので、もうしばし、我慢なのです。

 

 さて、またまた堤防は 緑と黄色のモザイク状態。
 困ったことに あちこちを集中的に草掃除していただくようですが、追いつかない。

 はてはTVニュースで退治!などと特集されました。
 花はかわいらしいんですが、育ててはいけない花なのですよぉ
 気になりながらも 心地よい風にチャリは軽快です!!

 川は子供たちの遊び場で、大人たちが近くでバーベキュー、
 身近な休日を楽しむ風景は それなりにのどかです。

 身近な『おっ!!』や『あらら』や『そうそう、』が消えないよう

  またまた走りに行こうと思っています。
  この日もスズメ、ハト、カラス、セキレイ、ムクドリ、ヒヨドリ、ヒバリ、
  加えて ツバメもお目にかかりましたよ~~

  自分の知らないところで季節はどんどん動いていますねぇ
  間もなく、梅雨の季節? で~も台風は7号も来たし・・・
  ヒトの暦は人次第。 気持ちいい日は自分で決めよう、と思いましたとさ。

 (ё.ё)/ム~~-天-@晴れ女☆彡 ですが  



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )