晴れ女☆彡
まだまだ、修行中!
 



真っ青な交差点です。
すっきりはしています。
車で通りかかったときは 目線が低いので たまたま 先頭だったし、ギョッとしました(゜□゜;



駐車場に止めて 愛車二号で戻ってみました。
〓〓 歩道からはさほどの圧迫感はないです。
そうね、視線が高いから 視野も広いし。
 真っ青♪

しっかし 運転していて、
さらに〓信号待ちの先頭だったりして、
 始めてきた交差点なら、やはり、ギョッですよ

チャリに乗り換えてきた。
ソ、車載できる、愛車二号機、オレンジ色のやつ。

きれいな青ですね。
こうなると普通の道路って、どうだったっけ??とおもうので、

こんなん。
それでも矢羽がついてます。


そうなんだ、中央分離だと オレンジ色のラインがあるし。
12月から 近くの小学校の前が『歩車分離交差点』になった。
交差点の信号待ちが 1信号ではなくて
歩行者優先信号が入って 2信号待ち。

※事故が多くなった。
  飲酒運転なぞもってのほかだけど
  チャリも結構、事故ってる。

道路端に看板が立っています。
事故った時間と車種が入って、目撃者を捜している看板。

にしても まわりの道路が変わっていたのにきゅうに気が付きました。
工事の期間もあったのでしょうに、うっかり見過ごしていたようです。

あ~あ 見たいものしか見えないんですねぇ、やっぱり。
1年が終わります。

記事索引8 記事番号:weblog-384 2010-12-26 18:00:45



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




基幹バス専用のレーンですが、もちろん、バスだけが走るわけじゃない。

でも、最近の市バスは実にダイヤ遵守、時間厳守なのであります。
市バス停留所に時刻表があって、長い区間だと 運転手さんはどこかで時間調整。

おおむね次に来るバスの待ち時間は正確ですね。          

チャリ二号なので 歩道橋に上がりまして 初めて見た!
ちゃんとバスレーンだと書いてありました(*^^*)



※基幹バス運行は 市バスの定時運行を目的にしているそうです。
 
  特定に区間なので利用しない人は全く利用しませんねぇ
  とくに ”ゆとりーとライン”なる ガイドウェーバスは
  いつか乗ってみたい。とずっと思ってますけれど。
 
  高架で、市バスだけど軌道なのだそうです。
  下の道路、302号の環状線の上を走っているらしい。
  いつも下から眺めています(*^_^*)

  ともかく、道路はいっぱいにぎやかに色分けされてますよ~

 

記事索引8 記事番号:weblog-383 2010-12-26 17:16:31



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 

Merry Christmas♪ 
ご訪問いただいたみなさま、ありがとうございます

*** ***

乳白色の銀河

乳白色のもやが
冷え切った天球にたちのぼります
もやは吸い寄せられるように
一筋の河となって
大きな銀河をまわります

母の胎内に浮かぶ胎児のように
軽く ぐぅの手で まぶたを閉じてみれば
乳白色のミルキーウェイが
私の周りをゆったりと 渦巻いて
じっと目を凝らすとほのかに

赤い☆、
青い☆

にじんだようにぼやけて流れていきます


星は・・・

そうなのだ、
私が星なのだ

銀河の中をめぐる星ではなく
私の中を銀河が流れていくわ


ヒトの営みは銀河の理のまま
太陽と月に引っ張られながら
ひとつひとつをにじんだ星に変えて
それぞれの島宇宙を包み込んでいく

ヒトは島宇宙

留まってはいられないけれど
ゆぅったりと銀河の流れに浮かぶ

何色に光るの?

イルミネーションはまばゆいけれど
乳白色のもやに包まれて
息づくように 煌く星たち

冷え切った冬の、
澄み切った雪のあとの、
暗く高い、高い空に
乳白色のもやが昇っていく


クリスマスの伝説、
それは・・・
今宵、

ヒトは宇宙になる

乳白色の銀河をまとった島宇宙に

 
 世界中、宇宙中がとまれ!

 ほんのひととき ぬくもれるように

(by  cha16=2010.12=)

   

 

   

※※※※

雪と氷の国の魔女は
冷たく痛むブリザードを引き連れて
火の国に飛んでいきましたとさ


それでね、迎えた火の国のウィザードは考えた。
 
『寒くてかなわん。温まる火の酒でもてなそう』

遊びに来たのに帰ってくれ、といえない心優しいウィザード。

ブリザードたちがざわめくのに 
魔女は火の酒、飲み干した。

火の酒を口に含んだとたんに!
その温さに緩んで溶けてしまいましたとさ
それから??

 さぁね、よく知らない。
だけど・・・

病院で目覚めた魔女の話って言うのは知ってるよ。

きっとあの魔女だね(*^_^*)

※※※※ 



 

 

2010/12 by web_cha16

  

  
 Merry  X'masクリックでお邪魔します♪
※別サイトへ飛んでいきます。音楽がついてます。

☆☆☆サンタの追跡!! サンタさんを追いかけるのは こちら ☆☆☆
    1998年より、毎年クリスマス時期に、サンタクロースの出発を
    「 偵察衛星 で確認」、その飛行を「レーダーで追跡」し、
    戦闘機をカナダの ユーコン からメキシコの メキシコ・シティー
    まで飛ばして「サンタを追跡」する。 だそうですよ(*^_^*)

くりすますだ! いいことあるかな?
  カテゴリ-TOP 記事番号:管理人-88 2010-12-23 22:59:40



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2010/12/22 いつのまにか残りわずか。

テレビを変えました。
それで申請していたエコポイントが手に入ったので ビデオを買った。
(*^_^*)外付けのHDDを買い込んできた。
ブルーレイは見ている暇がないので 持っていて無駄と決めた。
誰かに借りてみればいい(本音。テレビだってどっちでもよかったんだけど)

12/07 ベランダで枯れたサボテンを撤去していたら
           
 うむ、片足がないんだね。 彼はその後、消えました。
 今年の漢字『暑』は十分納得の余韻でしょうか 
 住み着いてもここじゃ冬は越せないよ、たぶん。

 飛んで上がってきたんでしょうか?
 それとも鳥に連れられてきたのかな?

時期外れに『オーニソガラム』の花が咲いた。
今度は寒すぎて ちょっとかわいそうでは、ある。         
麦の穂のよう穂先で、ずいぶん長い時間をかけて花開いた。
ひげが茶色くなって寒そうなので、夜だけ、室内に入れてあげることにした。

向かいの畑の百日紅が枯れたし 幾分少なかった柿は、あっという間にもがれた。
おじさんが言うには 『去年も持って行かれたんだ』
育てている、というには手がかからない柿の木だけど
暑かった夏の日、なんどもジョーロや水のタンクを運んでいたのを知ってる。
四六時中、いる人ではないけれど 持っていくなんて・・・

気にかけて水やりしていると植物は植物なりにかわいいものです。
今頃玄関先にホウセンカが次々と咲いています。
濃いピンクの花が一つで冬はハッとするし。

でもでももう暮れがくる。
そうそう、昨夜は朱い月、今日は冬至だし。
区切りがよくわからなくなったけれど せっかくだから

  スノーマンのオーナメント、洗ってまーーす。
 クリスタルのお気に入りで、これが出現すると ♪クリスマス♪ですね(*^_^*)

記事索引8 記事番号:weblog-382 2010-12-22 15:27:19



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





なんだかなぁ(((・・;)

しばらく通らなかった国道ですがまぁにぎやかなことでした。
渋滞気味なので道路に白線がイッパイだなぁ、とおもいつつ交差点に近づくと
赤 青 オレンジ と白線がベタベタです。

        

近くの郵便局に寄って、ついでに交差点に走ってみた。
そういえば 別の交差点はべたーっと青かったし。
免許の更新はしたは゛かりで改正道交法でも道路表示や指示についてのコメントはなかったし〓

    

びっくりはするけど 何の表示なんだか?
ここは 片側 赤い枠の3車線と中央は青い路肩??
車線の区切りは オレンジのライン、その脇を白い矢羽らしき斜線、
速度注意か追突注意かわからないけれど 赤い枠内に白い文字と矢印
走っていて見分けられるんだろうかなぁ???
時間帯にもよるけれど ここは渋滞の交差点。

空港へ続く国道、大型トラックもたくさん走ります。
小型の乗用車は前の車をしっかり見ていないと車線変更の車が割り込んでくる。
道路に書かれた文字は読んでいられない気もするのになぁ
あまりにセンターラインをきっちりわけられると右折準備は大変だし、
近くによって歩道から見ても中央までが見分けられない。
早朝、深夜は車は少ないけれども ライト点灯だと視野は半減。

※最近 カラフル道路、増えてませんか?※

名古屋市の市バスは基幹バス、が走っていて
道路中央をオレンジ色のバス専用車線があり、交差点は矢印信号。
右折や左折の矢印信号の取り方でし市内の車なのか よそから来たのかわかる。
市電の走っている風景のように、中央に市バス乗り場があります。
      
この基幹バス路線はべたーーーーっとオレンジ色なのでわかる。
どこかで 真っ青な交差点に入ったっけ。
今度 見つけたら写真を撮ってきましょ。

名古屋市内へ乗り入れの他県のみなさま、お気をつけて。
路面に気を取られると事故の元ですから。


 記事索引8 記事番号:weblog-381 2010-12-21 17:13:29



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )