晴れ女☆彡
まだまだ、修行中!
 



昨日、今年の新米第一号の 脱穀がすみました。

                   すづみ
※脱穀後、今年の稲わらをこうして積みます。

たいようの杜ボランティアグループさんの田んぼです。
こちらはベテランさんと大学生のボランティアさんたちですが
じつに気持ちよく作業が進んでいます。

 次の週末は私たちも脱穀ですが、
このところの好天でからりと乾いたことでしょう☆

おだやかな秋の日、
ふむ???(゜Q。)?? 桜が咲いたり落葉の準備が停滞したり、
寒さに向かうには半袖が離せませんねぇ^_^;

私たちのハザは 脱穀を待ってます☆

                  
今度の土曜日 暗くならないうちに片付けたいものです。

まもなく名古屋産新米が食べられるはず!
待ち遠しい!!

※※ケータイが限界のようですm(__)m
年間割引の契約開始がずれていたので
会社を移動は困難、したがって機種変で乗り切るつもり。
もうしばらく じたばたしてみますm(__)m

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-100 2006-10-29 15:44:05 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、あいちのかおりの 収穫です!

予報では 月曜日ごろに傘マ-クですね (∪o∪)。。。

 この土日で 刈り終えないとね。
   へば! (^o^)/~
※あ、稲刈り2回目は日曜日にありました。
 ただし、私め 所用のため不参加。
 よって、この日が3回目であります。

   ※日吉神社奉納グループさん

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-99 2006-10-21 11:17:39 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




( ̄▽ ̄;) 稲刈りしましたよ

この数日は かなり秋晴れの良い天気だし、
今年の稲は じつに見事に垂れてきましたし。

重い実り!
毎年、出来がちがうのだ、と みんなで実感しています。
  o(^-^o)(o^-^)o

足元がぬかるんでいて またまた 長靴で泥んこでしたf^_^;
刈る 束ねる 運ぶ 架けるという手順のはずが

刈る、刈る、刈る は こ ぶ、
束ねる、束ねる。
運ぶ
架ける、

架ける~~~~

なかなか はかどりません。

明日も 稲刈り
う~~ん、かなり 筋肉痛の予感!

へば! (^o^)/~

※想像以上の粘着力で水の残った田んぼはすごい!
雨が降ったわけでもない、
なのに 長靴で稲刈りざんす(*_*)

わずか1歩がおもた~~~~~い
(。.。)/ム~゜ 

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-98 2006-10-15 03:52:34 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 稲刈りしました。

その1
朝からよい天気、まったく問題なしの上天気です(^o^)丿
準備? 
も~ちろん、本日のエネルギー補給用にご飯を炊いておにぎり、おにぎり。
お茶も2Lペット1本、500mlペット1本、水筒1本、足洗い用ペット2本の水。
ベビーチーズを2個。韓国のリ1袋の残り(小袋2つだけどね^_^;)
みかん5個。チョコ少し。 
はい、あくまで自分用ですm(__)m

稲刈りだけど足元は濡れていることも予想、長靴を準備。
鎌にのこぎり、カッターナイフを腰にさして(ウエストポーチもどきのベルト着用)、
長袖長ズボン、タオルを首に、麦藁帽子とサングラス
のいつものスタイルです。

稲刈り前2日はからりと秋晴れでしたから、
稲そのものは乾いているはず、と思ったけれど十分青々しいのが現実でした。
穂先はずっしり重くて、垂れていて、ところどころ株が倒れています。
稲刈りしてハザで干しておきたい稲ばかりです。

さっそくに畦近くを刈り込んでハザを立てました。

ムム、1行で終えるには苦しいですねぇ

ぬかるんでいて思うように動けない、
倒れかけた株はドミノ倒しの要領で、かなり刈り込むにもリズムが取れません。
加えて豊作、
稲は背が高いし穂先はズッシリでね。
1歩動くとそこら中の重心が動き回る==ようするに足元がおぼつかないのであります。かなり苦労しながらハザを準備。

今年は雨が多かった。それがどんな影響を及ぼすのか?
あまりよくわかっていませんでしたねぇ・・

実は農具は田んぼ周辺で保管しています。
昨年使用したハザのつっかい棒や渡し棒は
森の入り口にとたん板で被って保管しています。
今年のハザがあちこちで軋んでしまったアクシデントが続きました。
つっかい棒が折れたり渡しの竹が割れたり。
森で調達した農具=道具は生き物なのでした。φ(..)メモメモ

今年分の青竹切り出しやつっかい棒=ヒサカキの若木を切り出しています。
新芽がどんどん出てくるし、森の手入れをかねて切り出して道具に使います。
里山の利点です。
青竹も1年で大きな竹1本が育ってしまうし根がどんどん広がって
たけのこ堀ではびこるのを塞いでもさらに育つ。
するとね、ほかの木とお日さま争いをします。
その下の植生はお日さまがさらに当たらない結果となりますねぇ。。。

この緑地での役割は大きいんです。

それはともかく、
今年の稲刈りは豊作過ぎて、荷が重過ぎて支えきれないといううれしい面も大きい。
昨年は不出来でしたから
貯えのわらは短くて、あまり丈夫でもなく縄は1束買ってきました。
来年は今年の立派なわらで賄えそうですが。。。

1日で刈り終えるはずのもち米も半分遣り残しです。
専業さんには叱られてしまいそうですが、
翌日日曜日を予備日として組んだわけでもあり、ひとまず上がりました。

今年はOB隊隊員もそれぞれにドクターストップがかかったり、戦力が低下しています。
後は日程をさらに調整でやりきりますよ~~ 

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-97 2006-10-15 03:52:34

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




実際にネズミを見たわけではありません。

田んぼの草刈をしているときに 稲の株の上のほうにあった。
くしゃくしゃで、撚ったような塊がのっている。

上手に芯のしっかりした株の上の方にぽんと置かれたよう。
これは「カヤネズミの巣だ」そうだ。

        
もち米の田んぼは実が入ってズシリと重く、
株そのものが倒れているところもある。

この巣を見つけたのは うるち米の田んぼ。
これから実が入ってくるところで、株はまだ硬い。
稲の乾燥した葉をクシャっと丸めたよう。

     
接近してみるとこんな風。雨が降り始めたので濡れている。
けれど稲の穂先が垂れるくらいの位置、
田んぼの水面からは浮いているし、鳥たちからも隠れられる。  

これまで?
みたことないねぇ。。
今年は稲も丈が高いし、水もたっぷりだったし。
やまかがしがこの時期も田んぼに出てくる、ということは。。。
やっぱりネズミさんたちの影響でしょうねぇ

もうすぐ稲刈り、収穫作業の始まりです。
稲わらを積む「すづみ」 の中には
ネズミが巣くうという話を聞いたことがあるけれど
実際にこういう形で痕跡を見るのは初めてでした。

そうかぁ、実りを楽しみにしているのは
人間ばかりでなく、
イナゴやバッタ、カメムシとかの虫たちばかりじゃなく、
偵察に来るスズメ軍団やはとばかりじゃなく、
哺乳類のネズミたちも待っているようですね
あ、でもカヤネズミはほんのわずかしか食べないらしい。

和名をダイコクネズミというらしい。
もしや大黒天と米俵とネズミのねずみ?
日本の田んぼや萱原に住んでいたネズミのようです。
田んぼの森にもいたんですねぇ。
 はじめまして、だわ(*^_^*)

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-96 2006-10-03 21:18:32 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




田んぼは秋らしい

青々しい緑の棚田でしたがすっかり 黄金色です
朝から降ってみたり止んでみたり、
傘マ-クだからほんとは降りたいらしいけど
作業の間は上がっておりました(^_-)-☆

途中で 「やまかがしに注意して!」と聞きました。

今年は稲は背高で 腰をはるかに越えています。
足元は見えません
ざわざわおしゃべりしながらなので
蛇さんのほうが逃げたかも知れません。

会わずにすんだf^_^;;

お昼過ぎに戻りました

へば! (^o^)/~

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-95 2006-10-01 16:04:24 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も田んぼの収穫が近づいています

田おこしも田植えもころあいの曇り加減
梅雨は例年になく梅雨らしい、結構よく降ったし
あけて 夏はぐんぐんと暑く
ひたすら暑くて おまけに雨もなし、
心配始めたころに ざざぁーーーっと
たんぼがカメの甲羅のようにひび割れることはなかった。

が!
9月に入って涼しくなりましたねぇ
朝晩の気温差が粘り強い稲の、おいしさのエッセンスになる
ということは・・・
 今年の餅は よくのびるぞぉ~~大きくしましょ♪

森のお楽しみは  はっとする色。
これは自生ではありませんが 観察中の綿。
昨年も2畝ほど、雨の少ない場所でもけなげに開花、
ほんとうに ワタの実がなりました。

今年は・・・見つけましたよ、ワタの花
おおきな葉っぱの下で 開くのを待っていました。
そっとのぞくと まぁ、好みのグラデーション!!

    上品でしょ?
こういう色や配合は野生だからこその 妙ですね
はじける実は たしかに真っ白なワタ。

(。.。)/ム~゜ この周りには 丈約2mを越えようとする草、草
いつもにまして丈高い、頑丈そうな草が生い茂っています。
負けないでつけた花、じつに美しいです。

カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-94 2006-09-30 13:43:20 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




梅雨時に水に恵まれて ふさふさです♪
  ただね、なんか 生育に差が出ているようで、
田んぼの表面が凸凹しています。

ときおり過ぎる風の心地よさ!!
汗がしたたり落ちます
抜いた草のほうが大きくて
埋めるとまた 出てきそうで 畔に運びました。

上から下まで 泥んこ髪に飛んだ泥が
頭をフルたびに臭います
かなりくたびれましたね~
こんばん ウナギを食べます( ̄▽ ̄;)

へば! (^o^)/~
☆.。.:*・°☆.。.:*・ ☆.。.:*・°
草取りが終わった田んぼに カモが1羽きました。
  
草取りしてもぐっていた虫が出てくるし
取り残したやわらかい草も浮いてるし。

  
精一杯愛想よく 近づいたのだけど
 このあと飛び立ちました(^○^) じゃましてごめん!

 田んぼの具合はどうですか?      カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-93 2006-07-09 17:44:45 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5月に植えた苗は順調に成長、

なのですが、それ以上に頑丈な草がはびこっています。
田んぼの作業で一番大変なのが、草取り。

マメに手入れした分だけ 収穫に反映します。
もちろん、棚田の収穫を当てにするわけじゃない、
 今日も曇天、草取り。

それでも同じ手間かけて、
同じ汗流して、
収穫が多いと少ないじゃ、頑張りがいが違う。

 

  苗が深くなって見わけが困難

へば! (^o^)/~

※※そうなんですよ、見たとこ、変わらない。
 稲は根元に産毛みたいな、ひげがある。
 根元の赤いのはイネ科の草。
 葉に白い線(葉脈)があるのは ヒエ。
 そう聞いたんですがね、絡んでます。

※※稲の株を取り巻くように
 いくつも株がくっついて紛れています。
 群れていくから一面緑に見えるのよ。
 でね、草をとっていくと
 じゃーん! 田植えの時のライン、
 これが現れるのです。さすが!!

※※あれ?草取り2回目が飛んでる。。。
 むむ、シンジュサンで飛んだかな?
 2回目の様子は振り返りのときにM(__)M
 もう油断すると目を突きます。
 そろそろ人力草取りも限界でしょう。
次が7月29日、
草取り最終、そしてさなぶりします。

 

 田んぼの具合はどうですか? 
     カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-92  2006-07-09 17:14:44 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





そして田の草取り、第1回。
 雨予報がずれまして曇天だけど時折日が射していました。
    
 
  苗はちゃんと並んでいます。
が、さすが草たち、紛らわしいです、とても。

 草取り前    草取り後
 ※※草といねの見わけも難しいけれど 緑っぽい田んぼが
    草取り後はちゃんとラインがあらわれました。
    3,4本植えた稲ですが少し大きくなっていました。

オオヨシキリのにぎやかな声が聞こえていましたし
 森の中はのんびりの気配。
 ケリがけたたましかったかな(*^_^*)
 ※検索で見つけた名古屋の鳥のサイトです。鳴き声も聞けます。
   オオヨシキリはもっと澄んだ声で 高らかにさえずっていますよ
   棚田中に響き渡るくらいで、多彩な鳴きかたを披露してくれます
   先回、田植えの時は1羽舞い込んだケリを 2羽が迎撃
   時ならぬ空中戦を垣間見せてくれました。
   今回は1羽だけ、田んぼに下りてにぎやかに虫を探していました。

      
  
※※シンジュサンの姿を見たらその感動の方が先で、
    記事は前後しましたm(__)m
    うっすら緑、苗はまだまだひ弱です。
    梅雨入りしてから雨が少ない。
    昨年もそうだったような気がするなぁ。
    とすると、池の水が干上がるのも早くなるし。
 
 ※※次の草取りは2週間後、
    抜いて埋めたはずの草が息を吹き返してないか?
    ちょっとぞくりとします(*^_^*)
    強い陽射しもしとしと梅雨よりも 
    できれば今日のような曇天は 大歓迎!!
 
    適度なさわやかさで 無事終了。


          
田んぼの具合はどうですか? 
     カテゴリーTOPへ 記事番号:田んぼ-91  2006-06-13 09:43:11 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ 次ページ »