観劇&感激記

大好きなお芝居の感想記です

平家物語に関係するものだけ読む…能楽手帖

2012-09-29 10:16:41 | 古典芸能に関するつぶやき
能楽手帖
クリエーター情報なし
駸々堂出版


「能楽手帖」という本を久しぶりに読みなおしました。

この本は、曲のあらすじ・みどころ・作者・素材・登場人物・場所・演能時間・小書が端的〔一曲につき2ページ〕に書いてあり、とても便利です。
能を観に行く前の予習にうってつけでした。


今年は、NHKの大河ドラマの「平清盛」にハマっている。
最近、「能の曲目にもなっている人(忠盛など)」がドラマに登場するようになってきたので、平家物語関連の曲を中心にこの本を再読してみた。


敦盛って、平清盛の弟の平経盛(駿河太郎さんの役)の末子だったんだぁ…だから、年若くして戦死したわけか…経正と兄弟なのか…」

「大原御幸の建礼門院は清盛の娘だったか…」

清経って、重盛(清盛の長男)(窪田正孝さん役)の三男だったのか…」

俊寛って、藤原成親(吉沢悠さん役)・西光(加藤虎ノ助さん役)らの陰謀で謀反に加担して喜界島に流されたのか…」

「千手が愛したのが平重衡(平清盛の五男)(辻本祐樹さん役)だったんだ…」

忠度(ただのり)ってドラマで熊野地方で生れて歌人として登場したなぁ…」

経正って清盛の弟・経盛(駿河太郎さんの役)の三男だったんだ~。経盛はドラマで笛吹いていたなぁ…息子は琵琶の名手なのか…」

通盛って、清盛の弟・教盛(鈴之助さん役)の四男だったんだぁ~」

「盛久って、平盛国(上川隆也さん役)の子供だったのか…」

「熊野(ゆや)は平宗盛の妾だったのか…平宗盛(石黒英雄さん役)は熊野(ゆや)の母親が病気なのに花見に無理やり誘うような男だったのか…」

頼政(宇梶剛士さん役)って平等院で死ぬのか…」


などと、想像し、ドラマ・能の演出とリンクしながら見ると面白かった。
(百人一首でリンクすると、崇徳院や西行を楽しめます)


今後、大河ドラマに俊寛とか、景清とか、敦盛でるのかな~?
『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市川亀治郎”飛” 写真展 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

古典芸能に関するつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

能の笛 (もののはじめblog)
能は、薪能くらいしか観たことがない。 「シテ方」と呼ばれる主役と、「ワキ方」と呼ばれる役者に、音楽を担当する「囃子はやし方」、ナレーションを担当する「狂言方」によって展開される。舞台を見ながら寝てしまっても良く、眠っていても何かを感じるので、起きたとき....