観劇&感激記

大好きなお芝居の感想記です

新春浅草歌舞伎一部

2009-01-10 18:28:00 | Weblog
20090110/浅草公会堂/最寄り駅:浅草or稲荷町

■一條大蔵ものがたり
一條大蔵長成:市川亀治郎、常盤御前:中村七之助、吉岡鬼次郎:中村勘太郎、女房お京:尾上松也
■土蜘
土蜘蛛の精:中村勘太郎、源頼光朝臣:尾上松也

一條大蔵が想像以上に面白くて驚かされた。
何年か前、亀治郎さんの個人の会で観たことがあったので、頭の中にある程度想像して会場に入ったのだけど…極めた大きな違いはないけど…落ち着き・余裕・視野の大きさが・空気間が格段に良くって…ぼーぜんとした。
見ながら、亀治郎さんのこれまでのお仕事ぶりなどを走馬灯のように振り返りつつ…観た。オマケに自分にこれまであったことも振り返った。

だ・か・ら・古典芸能って面白い!

同じ演目を同じ役者でその年代別に見ることができる醍醐味。
役者の成長をつぶさに味わうことができる醍醐味。
この変化が、自分のことではないなのに何故だかすごくうれしい気分にさせてくれる。
歴史の瞬間を観たかのような気持ちになる。
役者を通して自分を振り返ることができる。

やっぱり古典芸能っていいなぁと感じた浅草歌舞伎でした。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 新春浅草歌舞伎二部 | トップ | レッドクリフ2を見て思ったこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事