詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)

写真短歌・写真俳句・写真詩・随筆・陶芸の話など自由気ままに書いています。  

野ぶどう

2020-07-16 | 

<野ぶどう>

雨上がり野ぶどうが濡れた舗道に影を落している。山ぶどうのように

食べることは出来ず厄介者の雑草だけれどそれでも生きている。

ただ熟れた実がトルコ石やラピスラズリのようにきれいな色なるのと

つるの枝ぶりが芸術的なので花瓶などに挿すとおもしろい。

※写真は野ぶどうの花と青い若い実


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 雨の隙間/野萱草:のかんぞう | トップ | 長梅雨/紫陽花みどり »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
野ぶどう (流生)
2020-07-16 07:52:27
おはようございます。

これ「野ぶどう」名前初めて知りました。
いいですね。お気に入りの言の葉

あした
目が覚めたら・・ ←ここのフレーズ頂きたく候!
「記載した内容は本人の許可を頂いております」

モリムラマンネングサ
この名前もバス停の小さな花壇にいっぱい群生
いつも可愛くて気になっていました。

今日も良い一日を。
素敵な朝をありがとうございました。
野ぶどう (白桂)
2020-07-16 08:27:24
流生さま おはようございます。
言の葉は自由に旅するもの
日本中どこでも湧いています。
そして人から人へ何気なく語り継がれて
どうぞどうぞ ^^

地獄のしゅうまつの始まり始まり!
アシタ ブドウニ ナッテイル ためにね。

行ってらっしゃい。
素敵な実ですね~ (越後美人)
2020-07-16 11:01:42
微妙に異なる色の実が美しいですね。
枝ぶりも葉も美しく好きな植物の一つです♪
トルコ石やラピスラズリのような色合いが素敵ですね。
その内にお手製の花入れに入れて見せて下さいね。
楽しみに待っています(^_-)-☆
野ぶどう (白桂)
2020-07-16 21:17:17
越後美人さま こんばんは。
ご訪問ありがとうございます。

野の花は花屋さんの取り澄ましたような美しさでなく、
自然の生命力あふれた素朴な美しさがありますよね。

この野ぶどうは陶芸教室の前の川沿いに生えているもの、
雑草刈りに遭わねばいいのですが・・・

今年の陶芸教室はまだ閉鎖中です。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事