詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)

写真短歌・写真俳句・写真詩・随筆・陶芸の話など自由気ままに書いています。  

闘病記 1

2018-09-21 | 短歌

病院の窓から見える 淀川河川公園・淀川・遠く六甲山

<闘病記1/青天の霹靂>

9/4日入院 昨日・20日に退院しました。
他の病気で2泊3日に入院で済む予定が術前検査で心臓大動脈弁狭窄症と心房細動
という病気が見つかり「放っとくと突然死するよ」との先生の見立て。
八月初め夏休みの前半復帰予定の目論見がもろくくずれまさに「青天の霹靂」

くだんの病気はさておいて心臓の方を優先することに。7日9;00に始まり8時間
かかったそうで気が付いたのは9日CPUのベッドの上でした。
兎にも角にもリハビリも目一杯頑張って驚異的な回復力で退院となったようです。

励ましてくれた知人上司とりわけ主治医の先生や看護師さん、嫁さんありがとう
です。
コメント (2)

花火/9月2日

2018-09-03 | 随筆・雑感

花火a


花火b


花火c


花火d 

<花火>

昨夜(9/2)枚方大橋の河川公園より打ちげられた花火。枚方フェスタの実行委員会に感謝。

「雪割一華」はしばらくおやすみします。

コメント

破調

2018-09-02 | 


<破調>

おはよう地球。おはよう平和な日曜日。

予測しない日常にさざ波が立つ。新しい明日の為に心して向き合う覚悟を決める。
コメント

えのころの頃

2018-09-01 | 俳句


<えのころの頃>

先ほど雷と激しい雨が降った。その中を小さな子供を前かごに乗せた電動自転車が
坂道を登って行った!子供は「お母さんコワイ!」と泣き叫んでいた。なぜ雨宿り
しないのだろう・・・8/31夕
気持的にも九月の声を聴くと「秋」に切り替わった気がするが、日中はまだ真夏を
ひきずっている。巨大台風21号も日本を窺い微妙な秋へのスタートである。
コメント

八月の終わりに/たちあおい

2018-08-31 | 俳句


<八月の終わりに/たちあおい>

名前のように空へ空へと伸びる勢いのある花。8月の終わりを飾る花です。
いい一日になりますように。
コメント

交野山と処暑の月

2018-08-30 | 俳句


<交野山と処暑の月>

交野山(こうのさん)に月がのぼる。交野山は月に照らされたくもがたなびき
黒いシュルエットになって、今のぼり来る処暑の月におもむきをそえる。
コメント

ゲリラ雨

2018-08-29 | 俳句


<ゲリラ雨>

ひる頃激しい雨が降った。稲光はするし、大粒の雨にファミレスの下の広場は
右往左往する人で一杯。雨は10分ほどで何事もなかったよ。と遠くへ行った。
コメント

むくげ八重

2018-08-28 | 俳句


<むくげ八重>

ねむれない。集中できない・・・がんばれ自分・・・



※ご容赦のほどを。 白
コメント

8/24 点滴

2018-08-27 | 俳句


<8/4 点滴>

造影剤を入れて検査を受ける前後 点滴の時間の長い事長い事。眠れないかな と
ポトリ、ポトリと落ちる水球を数えてみるがしんどくなってやめる。
コメント

いろいろな思いを込めて/満月

2018-08-26 | 随筆・雑感


<いろいろな思いを込めて/満月>

月の出18:36 雲はほとんどなくきれいな月の夜。
今日はとても疲れた。早めに休もう。
コメント (1)

台風20号今夜半に通過(8/23)

2018-08-26 | 随筆・雑感


<台風20号今夜半に通過・8/23>

おはよう地球・・・25日退院。

8/23 関西医大へ検査のため入院。
普段、元気印を自負していた自分としては青天の霹靂。ショックである。
おりしも、大型の台風20号が今夜半通過する予定。不安をかきたてる。
宝塚の上空まだ赤く残照が有る。それを眺めている自分がいる。他人事のように。
今夜は眠れないだろう・・・
コメント (4)

夏休み終わり/昼咲月見草

2018-08-22 | 俳句


<夏休み終わり/昼咲月見草>

夏休みが終わる。真っ黒に日焼けした子供たちの歓声が学校へ戻る。校庭の隅の
昼咲月見草がワイワイさわいで心待ちしているようだ!
コメント (2)

夕立と月

2018-08-22 | 俳句


<夕立と月>

21日夕方。先ほど激しい夕立が有った。10分ほどだったけれど湿気を多量に含ん
だ大気を残して。黒い雲が行ってしまった空に半分の月が取り残され浮かんでいた。
コメント (2)

白い夾竹桃

2018-08-21 | 俳句


<白い夾竹桃>

大阪は夾竹桃の多い土地である。街路樹に好んで使われており、濃いピンクや薄い
ピンク、白など今満開の季節である。以前ラジオで聞いた話だが、排気ガスなどの
公害の多かった大阪の街路樹に丈夫な夾竹桃が好んで植えられたのだという。
近年は排気ガスの規制も厳しくなり、昭和の後半頃に比べると空気も澄んできた。
それなりに、花色も鮮やかさを増したような気がする。
コメント (2)

すじ雲と上弦の月

2018-08-20 | 短歌




<すじ雲と上弦の月>

今朝方(19日)ブロ友さんに今日が上弦の月であることを教えて頂いた。毎朝クセに
なって月を探して空を見るけど見当たらない。
夕方、アッ!と気が付いて見上げるとたなびくすじ雲のそばに「はんぶんこ」の月が
・・それも頭上に上弦なんだから太陽より後に昇ってくるんだよね とふにおちた。
コメント (4)