詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)

写真短歌・写真俳句・写真詩・随筆散文・陶芸の話など自由気ままに書いています。  

野芥子咲く

2022-06-26 | 俳句

<野芥子咲く>

おはよう地球。梅雨明けはまだなのに連日30℃越えの猛暑。

みなさんはいかがお過ごしか。

道端に野芥子が咲いている?・・・これは確か秋の花だったはず。

この猛暑にキリッとしたたたずまいはさすがであるが何をトチ狂った

ものか。昨今の天地異変に狂わされたか・・・

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

野あざみ/鬼あざみ

2022-06-25 | 短歌

 野あざみ

 アメリカ鬼あざみ

<野あざみ/鬼あざみ>

トゲはあるもののあざみの花も美しい。 日本の在来種は主に野あざみ

 ちょっとした空き地や木陰などに咲いているのを見かけるとある種の

懐かしさを覚える。最近増えて来たのがアメリカ鬼あざみ トゲが荒く

少し触れただけでもけがをする。繁殖力が強く駆除対象植物だ。

鬼あざみはヨーロッパ原産 アメリカ経由で日本へ渡来。

いづれも キク科 アザミ属

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

忍冬/すいかづら

2022-06-24 | 俳句

<忍冬/すいかづら>

すいかづらの花が見ごろになって来た。 スイカズラ科 スイカズラ属の

この花は名前が示す通り花の蜜を吸ったことからついた名前で別名金銀花

という花が白から黄色に変わる様を現した名前もある。

「忍冬」と言う字は厳しい冬でも枯れず暖かくなると花を咲かすことから。

因幡晃の歌った「忍冬」は後者のイメージからできたものなのだろう。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白薔薇

2022-06-23 | 俳句

<白薔薇>

とあるお屋敷の塀の外へこぼれた白薔薇。その無垢な姿に心惹かれる。

薔薇は人間の心模様を知らずして無心に咲き続ける。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

車輪梅/しゃりんばい

2022-06-22 | 俳句

<車輪梅/しゃりんばい>

葉っぱが車輪状につき花は梅の花に似ていることからついた名前。

歩道と車道の分離帯や公園の囲いなどに良く植えられている。樹皮は

奄美大島の大島紬の染料として用いられる。他は何の変哲もない植物

だが大島紬と聞くと尋常じゃない。バラ科 シャリンバイ属

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ときわ露草

2022-06-21 | 短歌

<ときわ露草>

今まで道端に生えていても気にも留めなかった花 良く見るとハッ!と

するほど美しいカタチをしている。あのブルーのつゆ草の遠縁らしい。

むしろむらさき露草に近くツユクサ科 ムラサキツユクサ属 である。

別名:野博多唐草 南アメリカ原産 日本渡来は昭和初頃と新しい。

 

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

箱根空木

2022-06-20 | 俳句

<箱根空木>

駐車場の横に箱根空木の木が有る。箱根空木の花は咲きかけのときは

白、どんどん日がたつにつれてピンクになり、濃い紫へと変化する。

咲き始めの頃はうつむき加減に咲くこの花はまことに可愛く初々しい。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

白丁花/はくちょうげ

2022-06-19 | 俳句

<白丁花/はくちょうげ>

おはようちきゅう。むし暑くなりました 梅雨のかかりです。

公園の白丁花/はくちょうげも散り始めています。

白丁花は丁字型をした花なのでこの名で呼ばれます。白鳥花というのは

当て字の名前です。 5~60cmの樹形は公園や道路の仕切りに丁度良く

びっしり花を咲かすのでも知られています。アカネ科 ハクチョウゲ属

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

庭石菖/にわぜきしょう

2022-06-18 | 俳句

 

<庭石菖/にわぜきしょう>

庭石菖は白色・紫色ともに太陽の光と共に開花する。花径6~7mmの

この花は日当りの良い空き地などに生え、つぼみは判で押したように

小さなまん丸である。名前の由来は葉っぱが石菖(ショウブ)に似て

いることから。別名:南京文目 小さいけれどアヤメ科の植物

 

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

泰山木

2022-06-17 | 俳句

<泰山木>

この悠然とした花の姿はどうだ。そこいらのちまちまとした花達では

とても太刀打ちできないほどの存在感である。花径20cmほどの大きさ

にもよるが、おわん型の白磁の肌に魅了される。花姿から原産地は中国

の感じだが、北米南東部原産 モクレン科 モクレン属

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

かすみ草

2022-06-16 | 俳句

<かすみ草>

プレゼントの王道花束 そして必ずついているのがかすみ草 しかし

バラや百合などの目立つ花にくらべるとあくまでも主役をもりたてる

脇役。けれども主役だけではもうひとつ華やかさに欠ける。

 このかすみ草はかくれた主役なのである、花ひとつひとつが小さく

おとなしいだけで、集団になるとなかなか見事な花なのである。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

大手毬/おおでまり

2022-06-15 | 俳句

<大手毬/おおでまり>

あじさいによく似た花に大手毬/オオデマリがある。花房はあじさいの

約2/3Tぴゃや小ぶりだが群れて咲く姿はそれなりの存在感がある。

あじさいとは全くの別種で  レンブクソウ科 ガマズミ属 

葉っぱはあじさいというよりガマズミの葉っぱだ。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駒繋ぎ/こまつなぎ

2022-06-14 | 俳句

<駒繋ぎ/こまつなぎ>

昔の人は粋な名前を付けたもので、文字通り馬をつないだ草と言う意味

非常に強い草でたとえ馬をつないでも引きちぎれないほど根も茎も強い

萩に似ているが全く別種。花期も長く、6月から9月ぐらいまで咲く。

マメ科 多年草  別名:河原萩、野萩、草萩

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

木漏れ日の柏葉あじさい

2022-06-13 | 短歌

<木漏れ日と柏葉あじさい>

雨上がりの木立の中、柏葉あじさいに木漏れ日があたる。

いまさらながらにその白さにハッ!とする。

舞台芸術の一コマのように。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

卯の花/うつぎ

2022-06-12 | 短歌

<卯の花/うつぎ>

おはよう地球。

卯の花は真っ白な花を房状に咲かせる。姫うつぎのようにランダムには

咲き乱れない。しかし花はそっくりだ。「うのはな」という食べ物は

豆腐を作る時残ったカスだそうでオカラとも呼ぶ。この花の咲き乱れる

姿が良く似ているからとのこと。卯の花の唱歌につきもののほととぎす

は近年姿を見かけない。

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする