詩と短歌集/photo poem 雪割一華(ゆきわりいちげ)

写真短歌・写真俳句・写真詩・随筆・陶芸の話など自由気ままに書いています。  

名月/十三夜

2018-10-22 | 俳句


<名月/十三夜>

十三夜の月は完全なまん丸でなく部分が欠けているから美しいのだという。
確かに完ぺきな美人よりどこか陰が有ったり愛嬌が有ったりしている方が面と
向かい合える気やすさがある。月も部分的に欠けているとそれが球体である
ことがよく解かる。 日暮れ前にのぼる恥ずかし気な月もまたいい。
コメント

日の出前

2018-10-21 | 俳句


<日の出前>

おはよう地球。交野の山の端、空もたなびく雲も次第に赤味を増してくる。
今日の生き物のいのちを照らす太陽が昇ってくる。 さあ、深呼吸だ。


コメント (2)

ウッドストックとウッドペッカーと雌刈萱

2018-10-20 | 俳句


<ウッドストックとウッドペッカーと雌刈萱>

近所の土手が雌刈萱の穂で賑やかになった来た。ウッドストックやウッドペッカー
のはねっ毛みたいな綿毛がはじけとても面白い。このはねっ毛は少々の風ではなか
なか吹き飛ばされないほど丈夫、見てくれに似合わず野生的なのだ。
コメント

月と火星/10月18日の月と火星

2018-10-19 | 俳句


<月と火星/10月18日の月と火星>

夜8時ごろ上弦の月の続きを見ようと雲の切れ間を探す。昨日より少しふっくらと
なった月が浮かぶ。そしてすぐ左下に火星がぽつり。最初は土星かと思ったが右下
ではないのでこれは火星。 今頃は火星木星土星と軌道のそばを通過するので観測
しやすいらしい。

※今日は各種検査と診察日。肺に少したまっていた水も消えて順調に回復している
 ようす。左手小指と右腰、太もものしびれ、声を出しずらい症状をを訴える。
 どうも、麻酔の後遺症らしい。時間薬と聞く。18日
コメント

寒露の月/上弦

2018-10-18 | 俳句


<寒露の月/上弦>

17日は上弦の月。季節は寒露。日暮れ時窓から真南の空に上弦の月が浮かんでいる。
今頃の空は綺麗に澄んでいるものだが、残念ながら薄雲がかかり月をぼやかしたり
隠したりしている。その様子なかなか風情が有っておもしろい。

※心臓リハビリは、心電図の携帯の器具を胸につけスポーツジムにある自転車様の
ペダルを一定速度でこぐ。その間血圧を測ったり1週間の生活聞き取り調査がある。
体重60kg前後で推移。体脂肪20% 今度栄養指導もあるようだ。 16日
コメント

姫つるそば

2018-10-17 | 俳句


<姫つるそば>

駐車場の隅に少しだけ残った「姫つるそば」別称こんぺいとうがいくつかの花を
咲かせた。こんぺいとうと呼ぶ人もいるほどメルヘンチックなかたちである。
病院へ行く時のぞくとテントウムシの仲間らしいつややかな黒い虫が遊んでいた。
コメント

アベリア/つくばねうつぎ

2018-10-16 | 俳句


<アベリア/つくばねうつぎ>

体内時間が狂ってしまった私には、月曜日!さあ始まるぞというような高揚感は
ない。歩きのリハビリ中はいつもの道を歩くのだが、今アベリア:つくばね空木
の真っ白な花が咲いている道を歩いている。
16日は朝から心臓リハビリで病院へ行く。

※つくばねうつぎは種がはねつきの羽根にそっくりなのでそう呼ばれている。
コメント

秋冷/りんご

2018-10-14 | 短歌


<秋冷/りんご>

おはよう地球。

とても冷え込んだ朝。少しだけリハビリ歩行の距離を伸ばして広い芝生のある特養
の花壇まで行く。もちろんフェンスで仕切られて中には入れないのだがそこの林檎
がしばらく見ないうちに大きくなってうっすらと色付いている。世話をしている人
に中に入って写真とっていいよと言われるが小型のデジカメではきがひける。
それより、歩きすぎて息が上がって座り込みたいが休み休み帰ろう。
コメント

秋の午後/野げしと小蜂

2018-10-13 | 俳句


<秋の午後/野げしと小蜂>

先日の秋の野げしがいくつかの花をふやしている。今日は急激な冷え込みで外に
出るのには長袖でないと寒い。小さい蜂が野げしの花に体をうずめて無心に蜜を
吸っている。
コメント

虫の音/おにたびらこ

2018-10-12 | 俳句


<虫の音/おにたびらこ>

体力回復のリハビリにゆっくりでは有るが近所を歩いている。夜歩くと徘徊の噂
がたつと困るので明るいうちに嫁さんの護衛付きで歩く。こおろぎ?は昼間でも
鳴くらしい。道すがら「おにたびらこ=ほとけのざの近種」が1cm程のかわいい
花を咲かせているその根元あたりで。そばを通っても鳴きやまない。萩の花の傍
でなくても十分楽しい。 おにたびらこはもうすぐみみかきの綿毛のような種が
できる。その頃は虫の声も途絶えてしまう冷え込みとなる。
コメント (2)

風ねむり/秋の野げし

2018-10-09 | 俳句


<風ねむり/秋の野げし>

風のない少しひんやりとした朝。これは家の前に咲いていた「秋の野げし」という
雑草。花径2cmほどのパステルイエローの花。この花のキリリとした形がとても
気に入っている。つぼみがいくつかあるのでしばらく楽しめそう。
コメント (2)

台風すぎて/金木犀

2018-10-08 | 俳句


<台風すぎて/金木犀>

台風25号は日本海を抜けて北海道沖で温帯低気圧になったそうな。
この2~3日は台風の余波で強い風が吹き抜け気が付かなかったが風がやむと金木犀
の強い香りが漂いいやでも秋を実感させてくれる。
コメント

おはよう地球/たますだれ

2018-10-07 | 俳句


<おはよう地球/たますだれ>

おはよう地球。近所のあちこちにたますだれがかわいい花をさかせています。
コメント (3)

野紺菊/時間軸のずれ

2018-10-06 | 短歌


<野紺菊/時間軸のずれ>

病気をしてから世話が疎遠になっている「野紺菊」がいつの間にか咲いている。
季節や植物は正確に時間を刻んでいるのに、歩くのも一日もすべてスローになって
いる自分の時間軸のずれをしみじみと感じている。
コメント

幻視

2018-10-05 | 俳句


<幻視>

まぼろしを見た。いわゆる幻視という錯覚である。CPUから一般病棟へ帰って来た時
覚醒はしているのだが少し雲の上だったのだろう。病室の白い壁や天井がもやもやと
しており、そのうち真っ白なバラや百合が見える。とても綺麗なので早く写真か絵で
残さなくちゃ・・とおもった。しばらくするとぼやけて消えてしまうのだが。
そばにいた嫁さんや看護師さんに「壁は花模様だよね」と何度も聞こうと思ったが
声は出なかった。初めての経験である。

若干疲れが出たのか体調80点。
コメント