ヨンデリーヌ・ヨンデルホンのビミョーなる書棚群

加齢なる 読道生活半世紀。 歯磨き、活字は、生活習慣。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

視力を失わない生き方

2017年10月27日 | 読んでる保健
副題/日本の眼科医療は間違いだらけ
深作秀春  光文社新書 2016刊

「生き方」…
「生き方」に惚れて買っちゃったよ。

今や新書界は、タイトルありき。
読後感からアタシが正確にタイトルをつけなおすとしたら、

視力を失わないための眼科選び 副題/深作医院は間違いなし

ってとこでしょうか。

新書にしては、317頁とやや厚め。
しかし、これでもかと繰り出される深作アピールを読み飛ばせば、150頁分程度のサクサク感で読み飛ばすことが可能です。いいんだか悪いんだか。

いえいえ星をつけないとは言っていません。
読書屋家業の命綱「眼」について、なるほどガッテン、知っておくべき情報は満載です。

尚、いずれ白内障なり何なりで、眼科のお世話になる場合には、深作医院の門をたたく事でしょう。ってオイ!広告かよ!
…なんというサブリミナル効果。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ドリーム | トップ | ガン入院オロオロ日記 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

読んでる保健」カテゴリの最新記事