自身よち連絡協議会

バンドやってます。

出張のお土産

2010-02-22 | おぢさんは怒っているんだぞっ
毎年恒例の名古屋~大阪ツアーも無事終了し疲労がどどどどっとでてきてるとこ。
いやぁ、やっぱうちが一番だ。。。とはよく言ったもんだ。いくら居心地のよいホテルの部屋でも自宅の万年床にはかなわない。
名古屋ではいつもの「名鉄イン」に5連泊。中部国際空港(セントレアなどと誰がつけた?)の開業や愛・地球博を見込んでの開店だったと思ったが平均点以上のビジネスホテル。なんといっても部屋はきれいだし必要なものはすべてあるし駅に近いし。おざなりの朝食サービスとチェックアウトが10時と少し早いのが減点。価格ももう少し安ければ。。。。もひとつ気になるのが、朝10時以降の各部屋の掃除がやたらうるさいこと。こっちは朝方に就寝しドアノブにも「起こさないでください」と札をかけてあるのにどかんどかんと対面やら両隣から仕事をしている。も少し気を使ってもいいのじゃないかと。。。
大阪は市内でも指折りの名門ホテル「リーガロイヤルホテル」に宿泊。仕事場がこのホテルと直結しているので便利なのだがさすがに名門ホテル、宿泊料金から利用を避けていたのだがネット予約を見ているとなんと1泊8,000円、しかも朝食付。しかもなだ万でだ。ちなみになだ万の朝食料金は3,003円(消費税込み)!!!。少し離れたホテルから交通費を使って通うのならこっちの方が安いのだ。さらにあてがわれた部屋は最上階のダブル。眺望はまるでだめだったが1人では寂しいくらいの広い部屋に広々としたバス・トイレ。充実したアメニティ、バスローブ付。まぁ、なんともゴージャスだ。。
が、しかし。
チェックインのフロントで不信感を持ちチェックアウトでぶちきれたので名指しで隠さずここに書こうかと。まずは今時インターネットを部屋でつなげるのに1日1,050円かかること。確かにここは格式の高いホテルで何事にもお金がかかるのはわかる。ちなみに冷蔵庫の中の缶ビールは700円(消費税込みで735円)、コーラ300円(消費税込みで315円)、缶コーヒー200円(消費税込みで210円)。24時間営業のルームサービス(!!!)もありビール大瓶1,100円(消費税込みで1,155円)、ステーキ2,800円(消費税込みで?)、モーニングセット1,800円(消費、、、もういいか)となっている。断っておくがあくまでもおいらはビジネス用途で宿泊している。部屋の飲み物など飲めるわけない。いや、じゃなくてあくまでもビジネス用途で宿泊しているのだからインターネットの接続は常識だ。仕事できへん。こんなことビジネスホテルじゃ聞いたことがないし逆に無料常時接続が売りだったりする。チェックイン時に文句をつけたが、「上の者と相談いたしまして努力してまいります」などとのたまっていたけど格式の高いホテルとしては無料にする気はさらさらないらしい。
そしてこれ、「5連泊以上の客からはクレジットカード番号を控えさせてもらっております。」と個人情報であるカード番号の控えをとられた。理由はと尋ねたら5連泊以上のすべてのお客様にこのようにさせてもらっていますとの返事。そんなものなのかと思いつつチェックイン終了。あまり人を信用しないホテルなのだなと思った程度だったが。
次の日、同じく5連泊している同業者何人かに聞くとそんなことをしたのは俺だけだった。むかっ腹がたたないわけがない。確かにジーパンによれよれの革ジャンに髭面長髪の風貌。怪しいといえば怪しい。いやいやいや、んなわけない。でも外見が判断材料のひとつだったことは明白。ここでチェックアウトで暴れようと決心する。
そしてチェックアウト。カウンターはおねえちゃんのところしか空いてなかったのでそこで支払いを行う。お金を払おうとするとなんとカード番号と名前の入ったカード支払いの時にサインする用紙を破いて破棄しようとした。写真ね。シュレッダーに突っ込んで粉々にするのならわかるが破いてゴミ箱に捨てようとした。
ありえない(怒。。
あまりにも雑だ。個人情報云々と世の中騒がしいのにこの扱いはありえへん。
ぶちっときれた。それまではこのホテルは外見で人を判断する立派なホテルですねぃくらいの厭味くらいにしておこうかと思っていたがこれは許せん。以下、覚えている限りでやりとりを、
「このホテルは個人情報の扱いをどのように考えているのですか?」
「いえ、一度破ってしまえばこの用紙は無効になります」
「個人情報をそのような雑な扱いをして許されるのか?万一事故があった場合は責任が取れるのか?」
「今までそのようなことはありません」
「そのような扱いでは心配なので今後の安心のために一筆書いてもらえませんか」
「どのようなものでしょう?」
「例えば今後このカードでの事故・損害に対して何がしか責任を負うなどです。文面はそちらで考えてください。」
ここで、おねえちゃんは事務所に下がりあたふたと対処しているが手に負えないと思ったのか責任者を呼んでくるという。望むところだ。そいつはとりあえず平謝りの態だったが念書は書けないと言う。印鑑を押印した覚書程度のものでよいと言ったがこっちは念書とは言っていない。さすが責任者殿、低姿勢だが高飛車だ。こっちも疲れてきたのでもういい。ここでもうひとつ聞いたのがなんで俺だけだったのかだ。答えは前述どおり5連泊以上のすべての客に対してのものだが過去3年間に宿泊した客(パソコンのデータに残っているらしい)には行っていないという。徹底していなかったのはこのホテルフロントの怠慢だったとまた平謝り。でも、俺がネットで2人分予約し2人とも過去3年間利用していないとまったく同じ条件。でももう1人は何も言われず俺だけカード情報を抜かれた。見た目で判断されたとしか理解できない由を言うとまた例の平謝り。いつまでも謝っていろや。はたからみていると理不尽に怒っている利用客としか見えない。ま、いいか。
いい加減疲れてきたので帰ることにした。もう2度と泊まらんと捨て台詞でね。怖くて泊まれるか。バガヤロ様。
ちなみにそのもう1人は上司なのだがカードを持っていないというオチがつく。でもチェックイン時には一切そういうやりとちはなかったそうだ。。
滞在中は部屋も心地よく、1時間だけ無料で利用できるパソコン部屋の執事さんも丁寧で気持ちよく、モーニングサービス会場(約8割を占める○国人がやたらとうるさいが)の接客もよくといいホテルには違いないのだろうがね。
悔しいので2人分置いてあるアメニティを残らず持ち帰ってやった。小せぇ。。。。

追伸
なだ万の朝食は思いっきり期待はずれだった。
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« ライブでした。 | トップ | 過日大阪で »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
hotel (megajoecool)
2010-02-22 23:23:20
お互いホテル暮らしが多いですが、日本の宿はお湯はでるし、ベッドはきれいだし(実際シーツの下のマットレスに乾いた地誰けだったベッドもある)、水は茶色く無いし、盗聴されてないし、ネットは監視されてないから、良いじゃん!

モスクワとか、テヘランの宿は、窓から外を見ていると、逆に見られているのが面白いよ。

外国でチェックイン時にポスポートを預けなければならない不安とか。。。

クレジットカードの番号を控えられるのもとうぜん。って言うか、予約する時に教えないと予約が取れないのが普通ですよ。

ま、今度温泉でも行きましょう。朝風呂の後の干物とのり汁!

PS。ニューデリーのMetropoleホテルの朝食は焼き魚、納豆、のり、豆腐のみそ汁も可能。もちろん、オイラは朝からカリー。
ここは日本だよ。。、 (※)
2010-02-22 23:32:03
カード番号に対する扱いにきれたんだよ
上海の (mor)
2010-02-22 23:51:20
四つ星の方がよっぽどマシですな。

まぁ、泊まる事ないホテルだけど。
記憶の片隅にとどめておきます。
情報ありがとう。

コメントを投稿

おぢさんは怒っているんだぞっ」カテゴリの最新記事