よもやま画帖

童画描き・ひぐちりかこのあれこれ雑記とお知らせ。お仕事のお問い合わせは、HP(ヴェルデ・ラボ)からよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いわき市立いわき総合図書館に紙芝居を納入しました

2017-02-20 09:57:28 | 仕事

 

  この度、いわき市のいわき桜ロータリークラブの寄贈図書として、

私の作った紙芝居

「かみさまたちのたかわらい」「大いのししとくにのみやつこ」

 「白鳥(しらとり)のばけものたいじ」「ウニーとムニーのだいぼうけん」

が、いわき市立いわき総合図書館でも貸し出し出来るようになりました。

 贈呈式の模様は地元紙各紙でも、紹介されました。(↓)

 

 

 

 

 

 

 紙芝居は、駅前ラトヴ内のいわき市立総合図書館の他、

市内各地区の図書館移動図書館など貸し出しされます。

詳細は、各館にお問い合わせ下さい。

 

お子さまをはじめ、各世代の方にもこの紙芝居をきっかけにして

いわき地元の「昔」に親しみを持っていただければ嬉しく思います。

 

【 内容を一部ご紹介 】

 

 贈呈式で披露された「大いのししとくにのみやつこ」は、

市内赤井地区の他、各地の地名由来の伝説が元になっています。

 

 

「白鳥(しらとり)は、旧・湯長谷藩、今の湯本地区にある地名。

競馬ファンの方には「馬の温泉」がある所として知られています。

話の中に出てくるお寺と所縁の遺物は、今も見ることが出来ます。

  

 いわきと言えば、うにの貝焼き。

よく耳にする海の生き物を、お子さんにも親しみやすいキャラクターにしてみました。

 

固く言うと《 山岳信仰 》、いわゆる「《 山 》を擬人化した伝説」

「大いのししとくにのみやつこ」の元になった話も含め、

いわき各地の民話・伝説を組み込んで再構成しました。

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 第5回《線と展》に参加します | トップ | 現代童画会'17春季展のお知ら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

仕事」カテゴリの最新記事