よもやま画帖

童画描き・ひぐちりかこのあれこれ雑記とお知らせ。お仕事のお問い合わせは、HP(ヴェルデ・ラボ)からよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

土曜日のデジャヴ①~シベールの日曜日~

2012-12-20 09:56:03 | 本・映画・舞台・イベント
  総合・教育どっちだったのかは覚えていないけど、とにかくNHK土曜日の午後に古い映画が放映されていて、半ドンで帰って来た父(時には姉も)と一緒に見ていた時期がありました。 この枠で見た中でよく覚えているのが、 「ヘッドライト」「その男ゾルバ」「ゴジラ」 (もしかしたら、「大魔神」もこの枠だったのかも⇒【未確認】) そして、ひときわ印象に残っていたのが、「シベー . . . 本文を読む
コメント

チベット犬物語~金色のドージェ~

2012-01-10 21:15:48 | 本・映画・舞台・イベント
    明けましておめでとうございます。今年も、どうぞよろしくお願いします。   今年は、まずアニメーション作品のご案内から。     単館×モーニング上映(1日1回のみ)と知って、3連休の中日(1/8)に観てきました。 親子連れ・家族向けとして(犬好きな方にも!…でも、辛くなる場面もあるかも) 文句なく . . . 本文を読む
コメント (2)

イリュージョニスト

2011-06-03 22:27:46 | 本・映画・舞台・イベント
日本では一般的にあまりなじみがないかもしれないしれませんが、 フランスのアニメーションです。 フランスからは、遡って「王様と鳥」(旧題・「やぶにらみの暴君」2006年に日本でもリバイバル公開)などの名作長編アニメが輩出されています。近年にもディズニー作品の作画に関わるなど、知る人ぞ知る《アニメ底力》のある国です。   シナリオは、映画「ぼくの伯父さん」シリーズで知られているジャッ . . . 本文を読む
コメント (2)

艦橋スタッフの皆さん、落ち着いて下さい!!!*ネタばれあり*

2011-01-14 17:59:15 | 本・映画・舞台・イベント
・・・いろいろと煮詰まって、気分転換に映画を観に行く。・・・ 私の絵で、なんですが(↓)。       《森 雪/黒木メイサ》 、ということで。あの、実写版《ヤマト》です。 アニメは《さらば…》の劇場版を観た後 なんとなくフェードアウトしてしまった程度の観方しかしてませんが、「あれが実写になると、どうなるのか」は 私らの年 . . . 本文を読む
コメント (4)

虫プロの残光~TIFF 映画人りんたろうの世界~

2010-11-04 11:05:40 | 本・映画・舞台・イベント
10月30日(土)東京国際映画祭「映画人りんたろうの世界」のオールナイト上映に行って来ました。りんたろう監督、大友克洋の脚色アイデアに「目からウロコ」 台風がうまいことそれてくれたおかげで、 ずぶ濡れにならずとも銀座から六本木にたどり着けました。 ちょうどハロウィンで仮装したおにいさん・おねえさん(外国人)たちも ちらほら。 上映された3本のうち、 「幻魔大戦」「カムイの剣」は公開当時に . . . 本文を読む
コメント

《萌えキャラ》だけが、アニメじゃない!!!

2010-05-14 10:35:05 | 本・映画・舞台・イベント
    まだ、間に合います。 上海万博開催記念の上海アニメ特集(↓)。 新宿 K`s シネマで上映中。何が良いって。  水墨画アニメ・切り紙アニメの動物たちの、自然で見事な動き! 実際に飼ってる方が観れば、 素晴らしい観察力で再現されていることは一目瞭然。 そして、にじみ・ぼかしもそのままにまさに「絵から抜け出した」ように動く凄さ。  「絵を動か . . . 本文を読む
コメント (2)

そして、ウツギの花が咲き始める

2010-04-30 21:22:52 | 本・映画・舞台・イベント
    ポスターの新子が手に持っているのが、ウツギ(空木、卯の花とも呼びます)。 時には1000年前と昭和30年を繋ぎ、ある時には貴伊子の亡き母のかすかなイメージに重なり、新子と貴伊子のやりとりの中で印象的に使われていたり。 青々とした麦と共にこの作品の随所に登場するシンボル・プランツです。     (♪卯の花の匂う垣根に ホトトギス 早も来  . . . 本文を読む
コメント (2)

「ドカン!」を見に行く

2010-04-18 11:19:15 | 本・映画・舞台・イベント
    「マイマイ新子と千年の魔法」吉祥寺バウスシアター公開を記念しての 「ドカン!」実演を見てきました。     「ドカン!」=「マイマイ新子」の劇中にも登場する    お米のポン菓子製造機。     私の田舎ではこれを「バクダン」と呼んでいました。母が米を業者さんの所に持って行き、一斗入り醤油の空き缶いっぱいに作って . . . 本文を読む
コメント

「マイマイ新子と千年の魔法」続映劇場のご案内

2010-03-26 21:28:01 | 本・映画・舞台・イベント
  春休みに向けての続映が次々と、決まっています。      2月14日の(↓)の記事を、こちらの《感想記事》にリンクしていただきました。    マイマイ交流掲示板      こちらから《続映希望》の署名も出来ます。 (注・署名の受け付けは2月28日をもって終了しました。多数のご協力ありが . . . 本文を読む
コメント (4)

マイマイ新子と千年の魔法

2010-03-26 21:27:44 | 本・映画・舞台・イベント
  白状します。 ロードショウ上映時に観に行けなかった(行かなかった)のを今、激しく後悔しています。     ロードショウ終了後ラピュタ阿佐ヶ谷で上映されるのを知って出かけた1度目、満員で観ることがかなわず、ようやく2度目で(しかも補助席)観ることが出来た後、つくづく思いました。      誰かに作品を勧める時、たいてい . . . 本文を読む
コメント (6)

静かに、そしてもっと深く~萩尾望都原画展~

2010-01-15 08:36:47 | 本・映画・舞台・イベント
    中学1年か、2年の頃のことだったと記憶しています。   私の1学年上のある女子が仙台で開かれた萩尾望都のサイン会に行って来たという話が学校の一部女子の間でずいぶんと話題になりました。 今のように高速道路もなく、当時の国鉄でも仙台までの日帰りは厳しかった頃。 私の住んでいた地元からは、東京よりも仙台の方がはるかに遠かった時代です。 雑誌に連載された . . . 本文を読む
コメント (2)

鳥の眼~古典は、アバンギャルド~

2009-11-09 09:28:48 | 本・映画・舞台・イベント
    多少日付が前後しますが、10月31日に上の子(大学1年)と上野の国立博物館平成館で開催中の「皇室の名宝」を観て来ました。(観て来たのは1期の展示。現在は第2期の展示中) お目当ては、コレ(↓)。     伊藤若冲の「動植采絵」シリーズ全30点一挙公開。 今までいくつか観ていますが、まとめて観るのは初めて。   鶏を庭に放し . . . 本文を読む
コメント (4)

とりぱんサイン会

2008-12-07 13:07:40 | 本・映画・舞台・イベント
    久々に横浜まで一人で遠征してきました。お目当ては、こちら(↑)♪     作者独特のクールでかつユーモアに溢れた、時には詩情豊かな目線で北東北の日常と野鳥たちの生態を切り取った4コマまんがです。 モーニングのまんがオープンで大賞取って以来、ず~っと読んでます。単行本も愛読しています 後から読み始めた実家の姉の方が私よりもハマってしまい、 . . . 本文を読む
コメント (2)

暮らしの手帖「風」

2008-11-25 23:54:44 | 本・映画・舞台・イベント
  現在、台所の改装だけでなく。 実家の懸案になっているのが・・・   父が買って保存してある雑誌・書籍の類の、処分・処置・収納。 増築した離れの壁に作った作り付けの本棚だけでなく。   多分、一番処置に困るであろうと予想しているのは、 外に立てた物置(通称・「木小屋」)の中にある雑誌のバックナンバー。   中には創刊以来買っているものも . . . 本文を読む
コメント (4)

~星眠る大地~「異国の丘」と父に聞きそびれたこと

2008-07-01 00:40:06 | 本・映画・舞台・イベント
  私の物心付いた時には、すでに世界は東西冷戦の真っ只中。アメリカ(=資本主義)VSソ連(=共産主義)の対立が当たり前の時代でした。   平成生まれの娘たちは、ベルリンの壁崩壊後の世界しか知らない世代です。   そろそろ日本史・世界史を学校で教わって来て、たまには歴史がらみの話が出来るようにようになったものの、世代間のギャップはいかんともしがたく;;埋めがた . . . 本文を読む
コメント (2)