よもやま画帖

童画描き・ひぐちりかこのあれこれ雑記とお知らせ。お仕事のお問い合わせは、HP(ヴェルデ・ラボ)からよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひつじがいっぱい

2015-01-09 10:00:30 | よろずつれづれ
松の内は過ぎましたが、あけましておめでとうございます。   昨年は例年の展示・公募に加えて、 今までしたことのない《 実家のあるいわきでの展示+自分ひとりでの販売も兼ねた展示 》と、 ふたつの新しい取り組みが増え、その度に色々な方の手を借りたり、交流を得たりと 何かと刺激の多い1年でした。 今年もさっそく帰省した折に、5月の展示の会場(↓)を押さえてきました。 ( . . . 本文を読む
コメント

《未来》は、誰のものなのか

2011-12-24 01:00:50 | よろずつれづれ
    今年1年を振り返る間でもなく、 3月11日以前に戻れない思いを深くする人は、私ひとりだけではないと思う。  私の育った《福島~いわき》を襲った地震と津波、そして原発の事故。 私にとって馴染み深い母の実家がある旧・小高町(現・南相馬市小高区)は、 人が立ち入れない原発から20キロ圏内=《無人地帯》になった。     &nbs . . . 本文を読む
コメント

2011-08-09 16:56:28 | よろずつれづれ
  月イチの府中往復、武蔵野線は高架を走る。 来る時にはもたついていた空が、帰りには風と共に晴れ上がる。 車窓から見える、街並み~山々の向こうに湧く雲たち。   東には、蒼い陰の濃い、輝くような白さ。 西には、夕陽の逆光に透けるモノトーン。     まぎれもない、夏の雲。 (「ああ、夏だ。夏の雲だ」) (…もう、大丈夫。大丈夫 . . . 本文を読む
コメント

桜と、菜の花の駅にて

2011-01-21 15:23:08 | よろずつれづれ
  中野だ、阿佐ヶ谷だ、高円寺だ、吉祥寺だ、立川だ、と 中央線界隈にしばしば通った昨年でした。     中央線沿線に住みつつ、山手線上にある駅近くの仕事場に通っていた時期のこと。 もう、寒くなり出した季節に。 朝のラッシュが終わった人気(ひとけ)のなくなったホームの新宿寄りから、小柄だけれどとても姿勢のいい、濃い色のトレンチコートを着た男性が歩いて来まし . . . 本文を読む
コメント (4)

The Music behind The Magic《追記あり》

2010-02-03 08:47:11 | よろずつれづれ
    トリノで荒川静香が金メダルを獲得したのが、昨日のことのように思えますが。     いよいよ間近に迫ってきたバンクーバーオリンピック。     代表の座がかかった先月のフィギュアスケート全日本選手権大会女子のTV中継に釘づけになった人、多いと思います。 前回のトリノ大会の代表決定同様、見ている方もハラハラする試合で . . . 本文を読む
コメント (4)

冬の道

2010-01-12 22:10:10 | よろずつれづれ
    気がつけば、新しい年が明けてから早半月。 年末年始の名残を少しずつ脱ぎ捨てながら、日常に戻る日々です。       毎年、年頭に1年使う手帳の自由欄にささやかな今年の目標を書き出すようになって数年経ちました。   年末には、実現出来た項目・そうでなかった項目それぞれに赤ペンでチェック=《○・×》をつけます。 & . . . 本文を読む
コメント (2)

落し物

2009-06-01 11:53:20 | よろずつれづれ
    ガレージにかなり大きな羽根が落ちていました。(約25cm強ぐらい) 色からすると、カラスの羽根のようです。   燃える(=食べられる;;)ゴミの日には、ぬかりなくゴミ置き場周辺を徘徊。時には、ゴミの山の前でばっちり!接近遭遇することもしょっちゅう。 家を建てて間もない頃、ガレージの灯りの笠にツバメがかけた巣を壊されたこともありました。 ベランダの . . . 本文を読む
コメント

21世紀少女

2009-01-06 08:27:25 | よろずつれづれ
  「21世紀」   ・・・子供の頃に想像していた(されていた)「21世紀」は、 つやつやでピカピカしていました。   林立する高層ビル(→これは、もうある)や、タイヤのない反重力自動車(→これは、まだない)が行き交うハイウェイが通り、ロボットと人間が共存し(→これは、ちょっとだけ実現途上)、火星や月へ移住(→これも、少しだけ実現途上)も始まろうとする、 . . . 本文を読む
コメント

大人の時間 子供の時間

2008-10-24 17:24:46 | よろずつれづれ
  つれづれに思い出すにつけ、若い頃の悩みというのは常に自分自身と自分以外の何か(人、ものごと、あらゆること)との折り合い(ギャップ)がすべてだったような気がします。   自分に一番ふさわしい、やりたい・やれることは何なのか。 自分の思いが伝わらない。 自分の前に立ちはだかるハードルの高さについていけない自分がふがいない。ふがいない自分がまたいやになる。 (《↑》・ . . . 本文を読む
コメント (2)

ブログ通信簿

2008-09-08 09:42:31 | よろずつれづれ
    ・・・実際は、ブログのアドレスを入れるだけなんですが。     生年月日を入力したわけでもないのに、 ブログ年齢が、リアルな実年齢と同じというところがびっくり。   ・・・記事の中身も、ある程度分析しての結果なんでしょうか???「食べ物の話題」にふれていますからねぇ。それがなぜ「歴史家」につながるのか??あの記事とか、この記 . . . 本文を読む
コメント (4)

スターズオンアイス

2008-01-15 17:19:53 | よろずつれづれ
最近のフィギュアスケートの中継を見るにつけ、昔(70~80年代)、まことしやかにささやかれていた 「東洋人は、リンクに立っただけで芸術点が0.5点下がる」 ・・・なんて言う陰口が、はるか遠く過去のものになっているのを感じます。 (当時の競技の中心はあくまで欧米に限られていて、今のように「四大陸選手権」「日米対抗戦」なんて有り得ないことでした。「東洋人・黄色人種=不細工」という認識・偏見がまか . . . 本文を読む
コメント

めぐる季節~こどもの夢

2008-01-05 19:58:26 | よろずつれづれ
2008年が明けました。このブログを始めてから、2度目の新年です。 今描いている絵とは絵柄が違うのですが、この季節に合うイラストを出してみました。数年前、「大人向けのイラストも描けなくちゃいけない」と考えて、いろいろ試していた時期の1枚です。 結局、そちらの方向への展開はあきらめ、当時描いた絵の殆んどは、処分しました。 「絵が残らなかった」=時間を無駄にした、とも言えますが、大人向けの絵を描 . . . 本文を読む
コメント (2)

初春2007

2007-01-06 00:38:46 | よろずつれづれ
あけましておめでとうございます。 なかなか冬らしい寒さが続かなくて、時折入り込んでくる暖気のせいか植物たちも春が来た?とカン違いしているようです。 12月というのに、実家の庭ではボケの花が咲いていました それを見たせいなのか、年賀状の絵もこんな感じに。 一応、《和風》+《シンプル》を目指しました。(入れた文字は、「A HAPPY NEW YEAR 2007」でしたが;;)   . . . 本文を読む
コメント (2)

黄昏のパノラマ

2006-11-11 22:55:25 | よろずつれづれ
夕刻の東京に着く高速バスに乗る時には、いつも進行方向に向かって右側の席に座る。 右の肩越しの車窓、流れる風景の中に落ちて行く夕陽のパノラマを眺めるために。 秋から冬にかけての雲は、いくつもある風の通り道をたどって私たちの頭上を過ぎて行く。地上を取り巻く空気・大気の揺らぐ中、高いところ、低いところ、その間を流れる何本かの道すじを通って。 大気のさらに遠くから、雲の流れる道を刻々と変わるグラデー . . . 本文を読む
コメント

おやつ大好き

2006-09-06 10:19:15 | よろずつれづれ
帰省中に、かぶせていた歯がダメになってしまいました。おにぎりの固いところをかじったら、元の歯がボッキリと折れてしまったのです。 神経は抜いてあったので痛くはなかったのですが、恥ずかしいことおびただしい;; 2本繋げてかぶせてあったので間抜けさ倍増、実家は車でないとどこへも行けない山の中なので、帰宅するまでそのまま。 帰って来てから、すぐさま掛かり付けの歯医者に直行!! 現在は仮歯を入れて、 . . . 本文を読む
コメント (2)