よもやま画帖

童画描き・ひぐちりかこのあれこれ雑記とお知らせ。お仕事のお問い合わせは、HP(ヴェルデ・ラボ)からよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

空がいちばん広く見える場所

2013-12-16 21:53:46 | そぞろ歩き
   お弁当作りをしなくなって早起きもしばらくサボっていましたが、 午前中があまりにダレダレになってしまうため、早起きを復活させました。 運動不足解消~腰痛防止を兼ねて、1時間ほど近所を歩き回ります。    山の稜線が間近に見える場所に育ったせいか、 上京したばかりの頃は関東平野のだだっ広さ・山の遠さに慣れず 空を意識して見上げることは少なかっ . . . 本文を読む
コメント

ここも、首都圏

2011-11-24 00:59:02 | そぞろ歩き
  寒くなると、遠くまで見渡せるようになります。 先日、乗り継ぎ駅のホームから 富士山 が見えたのを思い出して 翌日に近所を歩いてみました。 学区の校歌や地元の音頭の歌詞には、必ず出て来る 筑波山 が、くっきり。(↑) 向かいの総合公園のイチョウも、いい具合の色づき。(↑) 体育館脇の(多分)トウカエデの良い色の葉は、  もう散ってしまい、 . . . 本文を読む
コメント (2)

11年後~《東京の片隅で》追記~

2010-12-17 23:14:02 | そぞろ歩き
こちらの碑文全文です。 搬出に行った帰りに、書き写してきました。    (旧かな遣いを読みやすく改め、句読点をつけて改行しました)   *******************   顧(かえりみ)れば、大正十二年九月一日 午前十一時五十八分  突如として関東一帯に亙る未曽有の激震は、 我が帝都五百年の文化を一朝にして烏有(う . . . 本文を読む
コメント (2)

東京の片隅で~《逝く夏》ふたたび~

2010-11-15 21:28:43 | そぞろ歩き
   こちらの記事の後日譚です。   搬入のため、以前にも行ったことのある倉庫へ。  駅から向かう途中で見えるのは、こんな景色(↑)(↓)。浅草までひと駅の場所です。 (携帯で撮影。小さい・・・;;;;)    搬入を終え戻る際に、前に来た時に確かめなかった碑を確認しに行くと・・・   . . . 本文を読む
コメント

赤い靴の女の子~彼女の愛したヨコハマ~

2010-09-11 13:20:38 | そぞろ歩き
  少し前のことになりますが、7月の《海の日》に娘たちと横浜に出かけました。 みなとみらいホールでパイプオルガン演奏付きの無声映画を観て、中華街を巡ってから夕食を食べるコース。   桜木町駅からみなとみらいホールに向かう《動く歩道》から見える総帆展帆した日本丸に惹かれて、時間に余裕もあったのでちょいと中を覗いて行くことにしました。   (↑)船内吹き抜けの . . . 本文を読む
コメント (2)

恵比寿、AGAIN

2010-03-20 21:02:17 | そぞろ歩き
    恵比寿東口近くにあるギャラリーに行ってきたある日。 帰りに、反対側の西口にも足を伸ばしてみました。 西口には、かつて関わっていた自主アニメ (注・現在で言うところの、インディーズアニメ、ね)グループの 上映会をやらせてもらったビルがあって。 開場前に並んでもらった銀行の隣のビルの、階段を昇った2階。 階段昇って右手にグッズを並べたショップ、 左手に細い通路と、物置部 . . . 本文を読む
コメント (2)

鎌倉うろうろ

2009-12-03 09:12:41 | そぞろ歩き
    先日(11/28)鎌倉方面に行ってきました。鎌倉で少し遊んでから別の場所に寄る予定でしたが出足が遅くなったせいもあり、東京に入る時と朝比奈越えたところで渋滞に引っ掛かり;;なおかつ鎌倉市内の駐車場に空きが見つからず;;;…ナビに頼りつつ、先に北鎌倉から裏道で別件で寄る場所に出ることに。しかし我が家のナビ(+ナビのソフト)は10年目に差しかかろうという年代物。「行ける . . . 本文を読む
コメント (2)

水辺にて

2009-08-03 16:53:15 | そぞろ歩き
        実家の庭に父が小さなコンクリート製の池を作ってくれたのは、私が小学校低学年の頃だったように記憶しています。 金魚とドジョウを何匹か放し池の一部を掘り下げて睡蓮の株も植え、それなりの体裁が整ったささやかな水辺になりました。   夏になると周りの植木にアシナガバチが巣を作り、巣を冷やすために口に含んで運んだ池の水が巣の上で . . . 本文を読む
コメント (2)

紅い星の国の広場で

2009-06-10 08:36:53 | そぞろ歩き
  私の小学生時分、お隣の紅い星の国・中国は国交正常化前の、近くて遠い国でした。報道されるのは、その頃真っ只中だった文化大革命の断片ばかり。 中でも、最も印象に残ったのが毛沢東語録を打ち振りながらずらりと、でも整然と、天安門広場を埋め尽くす人々の姿。   「どうやって、あんなにたくさんの人がちゃんと並んでいられるんだろう???」     &nb . . . 本文を読む
コメント

この残照のどこかに

2009-02-09 15:07:07 | そぞろ歩き
  実家との行き来に高速バス良く利用しますが、 人家の近くではどうしても防音壁が視界を遮ることが多い。 都内を抜け、田園地帯に入れば(決して数は多くないけど) 道路脇から防音壁までの距離があって視界を遮らず、 かなり遠くまで見渡せるポイントがいくつかあります。 風の強い休日の午後、いつものようにそのあたりに差し掛かる頃。 「…もしかしたら、都内に近くなれば富士山が見えるかも…??」 携 . . . 本文を読む
コメント (2)

ぶらぶら谷中

2008-05-11 09:58:13 | そぞろ歩き
何度か用事があって足を運んだことのある谷中~根津~千駄木近辺。連休を利用して出て来た姉と娘たちと、歩いてみました。 商店街のそこここに、(↑)こんな懐かしい店構えの建物を見かけます。 住宅街の路地の中にはポン!とギャラリーや、趣味のお店が顔を出すのもこのエリアの特徴ですね。 JR日暮里駅で下車、谷中の商店街をのぞきながら三崎坂を上り、突き当たった言問通りを降って根津方面へ。 根津でお昼の腹 . . . 本文を読む
コメント (2)

春の音

2008-05-06 17:11:51 | そぞろ歩き
空気がぬるみ出し、陽の光がまぶしく(でも、当たり方がやわらかくなる)頃になると無性に川の傍に行きたくなります。 土手の草や川べりの柳の新芽の萌え緑、水を滑る水鳥のつがい、木々の間を見え隠れする小鳥たち、遠くに近くに彩りを散らす花の群れ。 暖かくなった空気は、音の伝え方も柔らかくする。霞み立つ向こうから届くさまざまな響き。 桜を見に訪れた庭園では、藪の茂みに潜むうぐいすが池の水面に投じる如く、 . . . 本文を読む
コメント (2)

逝く夏

2007-09-11 21:39:19 | そぞろ歩き
この夏は、いつになく何かと下町に足を運ぶ機会が多い夏でした。 でかいパネルバックを抱えて、じりじり陽に焼かれながら目的の場所(建物の2階)へ向い、外付け階段の踊り場に立ち止まると、通り向こうのマンションが目に入って来ました。マンションの敷地に食い込んで立つ桜の木があって、その傍に何か石碑があるのがわかりました。 用を済ませて降りる時に踊り場からもう一度確認すると、何かの慰霊碑であるのが見てとれ . . . 本文を読む
コメント (2)

夏のオブジェ②

2007-08-26 22:59:38 | そぞろ歩き
私の育った家と隣の家の境には、ほどほどに大きくなった柿の木があり、夏になると、根元から蝉の幼虫が這い出して来ては羽化して、いくつもの抜け殻が幹に止まっているのが、毎朝のことでした。 そして、その抜け殻をいくつか失敬して来ては虫かごに押し込め、「餌用」のキュウリも入れて飼い主気分を味わうのが、就学前の私の夏の日課でもあったのです。 そいつらがただの抜け殻で、自分で動きもしなければ育つわけでもない . . . 本文を読む
コメント (2)

夏のオブジェ①

2007-08-25 22:39:03 | そぞろ歩き
例によって、都内での用事を足しながら蓮を見に上野不忍池へ。 またぶり返した暑さの中、点々と花は咲けども今年はうまい具合に撮影出来るポイントが見つけられず、池の周囲をうろうろ。 ただ去年来た時と違って曇天ではなく、ピーカンの晴天なので空も一緒に撮りたくなった。 少しあおり気味に葉の透けたところも収めたくてデジカメを構えていると、通りすがりのおじさんから、 「夕方になれば、花が開くよ」と声を掛 . . . 本文を読む
コメント