よもやま画帖

童画描き・ひぐちりかこのあれこれ雑記とお知らせ。お仕事のお問い合わせは、HP(ヴェルデ・ラボ)からよろしく。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

いわきで展示開催します~《 ことりの くる日 》~

2016-05-09 11:24:27 | お絵描き
  先の記事でもふれたように、パステル画をメインに展示・即売を予定、 2月に参加したグループ展 の作品も併せて展示します。   紙芝居の実演は、 今回、別会場で1日(午前・午後、各1回 計2回 同じ内容)のみとなりました。            昨年までの水彩画とは、また違う . . . 本文を読む
コメント

【 紫 】という色

2016-04-24 18:53:57 | お絵描き
来月の展示に向けて、パステル画を集中して制作しています。   当初は水彩をメインにする予定でしたが、気分転換に手にしたパステルが妙に面白くなってきて こちらをメインに進めていくことにしました。 まずは、下地を作ります(↓)。     もともと、【 紫 】は、私にとって 「扱いにくい、難しい《色》」「良い使われ方をしない《色》」のイメー . . . 本文を読む
コメント

現代童画会’16春季展のお知らせ《画像追加》

2016-04-01 14:35:10 | お絵描き
  毎年、お花見の季節と重なる時期、今年は 来週月曜日 4月4日 からの開催です。       F8号のパステル画を、出品しています。     お花見の行きがけ・帰りがけに、銀座まで足を延ばしついでに ぜひお立ち寄り下さい。 160点余りの作品が、お待ちしています。   《 画像追加 》&nb . . . 本文を読む
コメント

We wish your Merry Cristmas & A Happy New Year!

2015-12-25 10:52:15 | お絵描き
      すっかり【お知らせ】カテゴリーの記事ばかりになっていました。(反省)     せっかくのクリスマスにからめて、久しぶりに描いた水彩画です。 キャンバスに大きな絵を描くのも好きですが、 そこそこのサイズの水彩画は出来上がりがすぐ見られるし、 失敗してもまた同じ下描きを使って(トレスダウンします)また同じモチーフを描けたり . . . 本文を読む
コメント

手元不如意

2013-06-03 13:13:37 | お絵描き
  5月中は、前半がイヴェント続き・後半はがっつり次回展示関連の原画入稿のため、 こちらを更新する機会を逃していました。   今まで主に水彩(カラーインク、透明水彩)、時々パステルを使って絵を描いてきましたが、 今回の原画20枚を、リキテックスとアクリルガッシュで描いてみました。 以前に単発・小さいサイズの絵を描く時に、こうしたアクリル系絵の具使ったことはありますが . . . 本文を読む
コメント

かつおの季節

2012-07-20 11:49:34 | お絵描き
  埼玉に越してきてすぐの頃、買い物をしながら「 魚屋をあまり見かけないなぁ 」と思いつつ、 仕方なく全国チェーンのスーパーか生協のお店で魚を買っていました。 ある時、スーパーで どうしようもないぐらい不味いかつおの刺身 を買ってしまい、 次は別のスーパーで買ってみると、これも同様に美味しくない。 これに懲りて、以来 かつおを食べるのはいわきに帰省した時だけにしました。 &n . . . 本文を読む
コメント (2)

《報告》 2012年埼玉二科展

2012-05-06 21:09:08 | お絵描き
告知をする間もなく前後してしまいましたが、展示の様子を載せます。 埼玉二科展  2012年5月1日(火)~6日(日) 埼玉県立近代美術館     私は、昨年制作の3点出品(↓)しました。 ( ビニールに反射して見苦しい点ご容赦を )     《船を下りる日》 B2パネル・墨、パステル(↓)&n . . . 本文を読む
コメント

いつか来る季節

2012-02-20 09:34:41 | お絵描き
  私はいわゆる「見える」性質ではありません。 親類縁者を見渡しても、《霊感持ち》と言われる人間は、誰もいません。 積極的に《見たい》わけでもありませんが、そういう《世界》がないとは思っていません。 先にこの世を旅立って行った、知った顔の《行先・落ち着く場所》がなかったら、 それはとても寂しいことです。 せめて夢に出て来て欲しいと願う顔ほど、 なぜか幻ほどにも姿を見せてくれ . . . 本文を読む
コメント (1)

クロッキー会

2011-10-26 09:28:09 | お絵描き
  4月から、月1回(全8回)のクロッキー会に参加しています。 途中で3回ほど休憩を取りながら、だいたい2時間半続けて描いています。 自分のイメージを積み重ねて作品に描くのと違い、 毎回目の前にいるモデルさんに集中して描きます。     (↑)(↓)は、ロマンチック・チュチュを着用した女性モデル。 《B5、 クレヨン、 . . . 本文を読む
コメント (2)