死麗奴(しれ~ぬ)by妖美(よみ)

感動を求めて日々生活しています

もちもち感が無くなった気がする

2019年07月12日 17時06分28秒 | 日常
昨日11日(木)は変則的勤務。
出勤は遅くてもよかったので、朝は幾分のんびり。
しかし夜に臨時の仕事が入っている関係で退勤は遅くなる。


時間的に遅くなっていたので、外での夜飲食は諦め、地元の「マック」あたりで「持ち帰り」かな?‥‥なんて思っていましたが、職場隣駅界隈の中華料理店で冷やし中華くらいは食べられた。
尤も時間的余裕がほとんど無かったので、滞在時間は30分ちょいくらいだったかな?


というわけで、退勤後は全く何もなく、いわば「捨て日」みたいな一日。
ただ単に仕事しただけ。


う~ん、虚しい‥‥。


それにしても昨夜の中華料理店ってこれまでも何度か使ってるんですけどね。

この冷やし中華も今年に入って四度目くらいなんですけどね。

何となく食べるたびに味が落ちてるような気がしてならない。

昨日の場合だと、麺に以前のような「もちもち感」が無くなってるような気がした。

コメント

これから2時間の苦痛に耐えなければならない

2019年07月09日 12時53分12秒 | 日常
1つ前の記事に書いた「接待されての昼食」がうっとおしい。店は高級中華料理店だが、こんな接待を受けに行くくらいなら、自分としては「セブンイレブン」のレンジ温め「かき揚げ蕎麦」を独りで食べていた方がよっぽどいいのである。

もうすぐ職場を出て店に行かなければならないのだが、会食時間は13時半から2時間だってさ。

2時間だと?
こちらは2時間も苦痛に耐えなきゃならんのか?
コメント

知らない人達ばかりになってきた

2019年07月08日 22時14分21秒 | 日常
乃木坂46も1期生が随分と引退してしまい、最近は大半が知らない人達になってしまいました。
MVとか観ていても、もう誰が誰だかわからんぞ。


さて、先週の木金あたりは幾分のんびり過ごせたのですが、土曜日は午後に臨時の仕事が入って、退勤は6時過ぎ。


昨日の休日日曜は、もうここ数ヵ月いつもそうなのですが、家の仕事に追われて休日どころではない。


さて、そして今日に至っては、午前中が仕事びっしりで、午後には臨時の全体での研修会が入る。


うちの職場って、ここ三年間くらいはやたらと研修会をやるようになったんですが、自分的印象としては何の役にもたっていない気がするわけですよ。
何の役にもたっていない研修会を、なぜこの忙しい時期にやるかな~?


今朝はとんでもなくひんやりしてますねぇ。
寒いくらい。
7月でこんなに冷え込んだ事って、記憶にないんですが‥‥。
この時期って、暑くて暑くて暑くて困った‥‥みたいな記憶しかないんですけどね。


今日も退勤は遅くなりそう。
なんせ現在の自分は怒濤の〆切ラッシュです乃木坂46も1期生が随分と引退してしまい、最近は大半が知らない人達になってしまいました。
MVとか観ていても、もう誰が誰だかわからんぞ。


さて、先週の木金あたりは幾分のんびり過ごせたのですが、土曜日は午後に臨時の仕事が入って、退勤は6時過ぎ。


昨日の休日日曜は、もうここ数ヵ月いつもそうなのですが、家の仕事に追われて休日どころではない。


さて、そして今日に至っては、午前中が仕事びっしりで、午後には臨時の全体での研修会が入る。


うちの職場って、ここ三年間くらいはやたらと研修会をやるようになったんですが、自分的印象としては何の役にもたっていない気がするわけですよ。
何の役にもたっていない研修会を、なぜこの忙しい時期にやるかな~?


今朝はとんでもなくひんやりしてますねぇ。
寒いくらい。
7月でこんなに冷え込んだ事って、記憶にないんですが‥‥。
この時期って、暑くて暑くて暑くて困った‥‥みたいな記憶しかないんですけどね。


今日も退勤は遅くなりそう。
なんせ現在の自分は怒濤の〆切ラッシュですからね。


ゴールが見えてこない。
一体いつになったらひと息つける?

コメント

ミステリとしてはB級作品だが、しかし‥‥。『江戸川乱歩/偉大なる夢』

2019年07月07日 20時07分44秒 | 読書ーミステリ
ミステリとしてはとんでもなくB級作品。
しかし自分にとっては乱歩作品の中でも絶対に外せない1つである。


はっきし言って書かれた時代を反映したような強烈な「戦意高揚」小説である。
そうした事もあってか、この作品に関する好意的な評には出会ったことがない。


しかししかし自分的には好きなんだな~、これ。
ラストの地下室のシーンは感動的ですよ。
映像化してほしい!


ネタバレになってしまうので詳しくは書けませんけど、このラストの地下室のシーン、とにかく感動的なんだな。


探偵役の人物と犯人との息詰まる「やりとり」。
そして、この犯人にも悲しむべき過去と背景があったのだ。
ある意味、この犯人も時代と国家に自分の運命を翻弄された、悲しむべき犠牲者であろうよ。


繰り返すが、ミステリとしてはB級作品である。
しかし、この作品を当時の日本人達は読み、そして戦意を高揚していたのであろう。
今だからこそ我々は「なんて馬鹿げたストーリーなんだ!」と思うだろうが、しかし当時の読者はこれを読んで、どういう感想を持っていたのだろうか?


そういう意味で、狂った時代を知るための貴重な文学作品と言えるのではないか。


何気にタイトルもいいですね。


添付画像は活字が大きくなって読み易くなった春陽文庫のリニューアル版。
つい最近発売された。


コメント

そりゃ買いますけどね

2019年07月07日 09時08分19秒 | 日常
松村ファンの自分としては買いますけどね。
しかしこの写真、到底「ベストショット」とは言えないと思う。

コメント

買いました

2019年07月07日 08時20分55秒 | 映画
1月終わり頃に映画館でも観ましたけど、発売日の7月2日(火)に購入。
当然「初回限定コレクターズ・エディションBlu-ray」で。



本家本元の『ダリオ・アルジェント/サスペリア』と比較してはいけませんね。
全く別物の作品として観るべきです。
リメイク版という扱いは良くないと思う。
コメント

昔は特に印象に残らなかったのだが

2019年07月07日 07時52分18秒 | 食べ歩き
一昨日の5日(金)は実に数年ぶりに「とんかつ和幸」での夜飲食。
どこにでもある、あの「とんかつ和幸」ですね。



別に昨日が初めてというわけではなく、過去に何度か使ったことはある。
しかし当時は特に印象には残らなかった。
まあ、ごく普通の「とんかつチェーン店」みたいな印象。


ところが昨夜は、なぜかとてつもなく美味しく感じられた。
「おいおい、『とんかつ和幸』って、こんなに美味しかったか?」って思ったくらい。
かなり空腹だったからかな?


また行きたい気分だぞ。
るんるん!

コメント

火の粉が自分に飛んでくる前に

2019年07月01日 18時52分49秒 | 日常
休日日曜も終わり、新たな週の始まり。
そんな本日7月1日(月)。
レギュラ-の仕事は午前中に集中しており、昼過ぎくらいから、しばしフリ-タイム。
夕方に各部署の部長が集まっての部長会議があったのだが、これは20分程度で終わったかな‥‥。
特に苦にならず。


というわけで夕方5時頃には退勤可能となったのだが、退勤出来ない。
とある事情から、まだ帰れない‥‥。


自分の見込みとしては「6時頃には帰れるかな?」なんて思っていたのだが、この見込みは大幅に間違っていた。
なんか退勤出来そうな状況ではない。


明日2日(火)は『リメイク版サスペリア』のDVD&ブル-レイの発売日。
よく調べていないのだが、やはり「特典付き初回限定スペシャル版」みたいな形のものも出るのであろう。
ちょうど明日は火曜日なので半休であるぞ。


ところが明日2日(火)の半休がピンチ。
「返上」しなければならない可能性が大となっている。
となると、明日は買い物に行けない‥‥ってことかな。
初回限定を確実に入手するには、店舗に電話か何かで予約するしかない‥‥って事だな。


う~ん‥‥。


なお、今、部署の若手が外部の取引先に電話を入れているのだが、耳をすまして話を聞いていると、ちょっとトラブルっぽくなっているな‥‥。
この話が大きくなると決定的に退勤は遅くなってしまうぞ。
現に1ヶ月くらい前、このことが原因となって、うちの部署の担当者は徹夜であちこちを飛び回り、職場に泊まり込んだほど。
あの時は幸いにも自分は関わらずに済んだのだが、このままだと今回は危ない。


そんなこともあるから、ここはさっさと退勤してしまいたいのだ。
「逃亡」してしまいたいのだ。
しかし別の事情から今日はまだ退勤出来ない。


弱った‥‥。
もう強行して、さっさと職場からさっさと逃亡してしまいたい。


コメント

奇跡的に生還した女性は精神に異常をきたすらしい

2019年07月01日 18時13分40秒 | 日常
黄泉の国へ旅立つ前のこと。
いよいよ現世での最後の食事という事で、女性たちは豪勢な食事に連れていかれる。
食事を終えて車で移動する際、車内では黄泉の国への旅立ちにふさわしい曲が流れているそうだ。


黄泉の国への扉を開ける前なら、まだ引き返すチャンスはある。
しかし一旦扉を開けてしまったら、その女性はもはや黄泉の国の住人となる。


黄泉の国から奇蹟的に生還した女性も何人かいるようだが、しかし現世に復帰後は精神に異常をきたすようだ。
あの国での暮らしぶりを己の肉体が忘れられないのだと思う。
そうして破滅していった女性を何人か見てきた。


そのまま黄泉の国に居ればよかったのに‥‥。



コメント

黄泉の国に一番近い街

2019年06月30日 23時38分42秒 | 日常
駅を降りた瞬間、他とは違う一種独特の雰囲気を感じる。

ここが黄泉の国に一番近い街。

コメント