よみがえりの技(わざ)

愛知・名古屋でフローリングキズ補修・建材キズ補修をしている、株式会社リペアマスターの社員たちによる現場日誌

柱の接ぎ木部分の補修

2019年02月17日 | リペアマスター作業事例/中古物件

畳コーナーを解体して同じ高さにするというリフォーム工事です。写真は解体したところ。

柱の下部は途切れてなかったり、切り欠きがあったりしています。

途切れている柱は接ぎ木をし、

切り欠いている部分は埋木をし、

こんな状態や、

こんな状態からのご依頼でした。

ここからが、リペアマスターの仕事です。補修した例を一か所のみご紹介。

パテ処理をして段差をなくし、

下地成形が終わったところ。

着色工程の作業中。

もう少しです・・・

仕上がりです。

リペアマスター加藤さんの作品です。全か所合わせて、丸二日の作業でした。

コメント   この記事についてブログを書く
« よみがえりのわざ | トップ | 土間タイルや石の欠け補修 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リペアマスター作業事例/中古物件」カテゴリの最新記事