よみがえりの技(わざ)

愛知・名古屋でフローリングキズ補修・建材キズ補修をしている、株式会社リペアマスターの社員たちによる現場日誌

土間タイルや石の欠け補修

2019年07月09日 | リペアマスター作業事例/中古物件

基本的に土間タイルなどのキズをパテや塗料で補修してしまうことはお勧めできることではないのですが、ご要望があればこのようなお仕事もできます。

上面2枚、側面2枚、計4枚のタイルの合わせ面が破損してます。補修するとこんな風になります。

全景は、

土足の靴が擦る角部分の強度に留意しながらの作業でした。

こんな欠けも。

パテを打ち、

こんな風に仕上がります。壁の石ですと歩行しない分、やりやすいです。

角の欠けをパテ処理し、

彩色し、

違和感なく仕上げます。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 柱の接ぎ木部分の補修 | トップ | 木(モク)の染み抜き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リペアマスター作業事例/中古物件」カテゴリの最新記事