よみがえりの技(わざ)

愛知・名古屋でフローリングキズ補修・建材キズ補修をしている、株式会社リペアマスターの社員たちによる現場日誌

外壁穴、やぶれの補修

2020年11月02日 | リペアマスター作業事例/中古物件

外壁塗装工事中のアクシデントだったようです。

いつもこのようなお仕事ばかりしているわけではありませんが、時々、このようなご相談をいただき、断り切れずにお受けしてしまうのです。

パテ処理をした状態。

塗装をした状態。

遠目にはわからなくなりました。

今回は三重県の現場であったこともあり、アトリエキースの加藤さんにお願いしました。

繰り返しになりますが、いつもこのようなお仕事ばかりやっているわけではありません。

いつもは部屋内でちょこちょこしたキズを直しております。

もう一つありました。石調のサイディングです。

押されてひびが入っています。

補修後です。

これは代表森の作業でした。


コメント   この記事についてブログを書く
« 猫の爪とぎ被害 | トップ | よみがえりのわざ 10周年 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リペアマスター作業事例/中古物件」カテゴリの最新記事