野菜たっぷりの郷土料理

2016-11-04 | お外ごはん







かじかの里山殿下 へ行ってきました



地元のおばちゃん達が作る 素朴で美味しい郷土料理が味わえます

(山間部にあるので、道中は自然の景色を思う存分堪能出来ますよ



麩の辛子和えや 沢庵の炊いたのとか


これぞ、『ザ・福井』って感じ





飾り気はないかもしれませんが、お野菜たっぷりで品数も豊富ですし、愛情と手間ひまが いっぱい かかってると思います


お蕎麦も地元の蕎麦粉を使ってるようです





福井といえばの冷たい おろし蕎麦


初めて 蕎麦コーヒーというのも飲みました☕️





蕎麦湯とコーヒー、不思議な組み合わせですけど味がとっても まろやかで美味しい


ちなみに こちらで使ってる食器類は、地元の方々が持ち寄ったそうです


ほのぼのとしていてイイですよね


友人とも、「こんな食器、実家にいっぱいあるよね〜〜」な〜んて話してました







そして、殿下地区の名物 呉汁ごじる


呉汁の素に記載されている作り方で作ってますけど、あまりうまくいかないんです、と伝えたら、作り方を教えてくださいました







呉汁の粉は水で溶かないで、直接 沸騰したお湯の中に粉のままをオタマですくって、鍋にドバッと入れ 泡立て器でシャカシャカかき混ぜて、その後で お出汁で溶いておいた味噌を入れて完成です






これが 殿下式のやり方と仰ってました







呉汁の素(生大豆の粉)が、ほわっほわで、おぼろ豆腐みたいになりました



この方が 簡単でいいかも





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« Bon Chic 14 | トップ | 腸というのは第二の脳 »