遊漁船業情報センター

遊漁船(沖釣り船・瀬渡船・海上タクシー)にかかわる様々な情報を適宜発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

DeNAの<釣りゲーム>配信差し止めを裁判所が認める!!

2012-02-23 17:15:11 | フィッシング

 今から3年前の2009年9月25日、【GREE】が運営する『グリー』は、携帯電話用釣りゲームの著作権などを侵害されたとして<モバゲータウン>を運営する『デイー・エヌ・エー(DeNA)』に対して著作権と不正競争防止法に基づき、東京地方裁判所へ釣りゲームの配信の差し止めと損害賠償を求めて提訴していました。

 DeNAは、モバゲータウンで配信している<釣りゲータウン2>が、GREEの<釣り★スタ>の著作権を侵害しているとして、DeNAと共同開発した開発会社のORSO(オルソ)に対して、釣りゲータウン2の配信の差し止めと3憶385万円の損害賠償、謝罪広告の掲載を求めたものです。

 <釣り★スタ>というのは、ボタンをオスだけの簡単操作でさまざまな魚を釣ってコレクションができるゲームのようです。
これまで、釣りを楽しめる有料の携帯のアプリケーションには<川のぬし釣り>などがありましたが、<釣り★スタ>は基本操作が無料のアイテム課金システムを採用して大ヒット、『グリー』の急成長の原動力になったようです。

 このヒットを横目に見たシステム会社がこれに放っておく術はなく、関連会社も<釣りゲーム>に参入してきたものとなりました。
これに対し、『グリー』は知的財産権を事業基盤にしていて、これを侵害されると経営に打撃を蒙るということで毅然とした態度で臨み東京地方裁判所へ提訴に踏み切り、そして、2年後の2011年11月には公正取引委員会へ排除命令を申し立てていました。

 そして、本日東京地方裁判所は『DeNA』などに対して、損害賠償額として2億3460万円を支払うと共に、<釣りゲームタウン2>の配信の差し止めを求める判決を下しました。

 

コメント