遊漁船業情報センター

遊漁船(沖釣り船・瀬渡船・海上タクシー)にかかわる様々な情報を適宜発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

佐賀県管内の<安全講習会>の開催のお知らせ

2011-10-18 15:09:47 | 遊漁船業者

 佐賀県では、管内の遊漁船業者に対する
<安全講習会>が下記の通り開催されることになりました。

◇開催日時=平成24年1月18日(水)13:30~16:00(予定)

◇開催場所=唐津市高齢者ふれあい会館(りふれ)  
            唐津市二夕子3丁目155番地の4
                   ☎0955-72-9611


◇受 講 料 =無料

◇講義内容=①安全運航のために
         ②遊漁船の安全運航を目指して
         ③遊漁船業の事故防止について
         ④その他

◇受講申込=佐賀県精算振興部水産課漁業調整担当者
          最寄りの漁業協同組合あてに申し込むこと
          ☎0952-25-57145FAX0952-25-7274

◇注意=今回の講習会は、遊漁船業の営業するための<業務主任者講習会>
      とは異なりますのでご注意ください>

 

コメント

玄界灘の<ルアー釣り>は最高です。

2011-10-12 09:40:02 | ルアー釣り

玄界灘の<ルアー釣り>は最高の釣果を上げました。

場所は<対馬>と<壱岐>の中間海域【七里ヶ曽根】です。

釣果遊漁船の名前は<新海>又の名を<サンライズ>と申します。

船型は、全長=15m、トン数=6トン、定員12名、馬力=650p/s

10月10日の釣果は、<ヒラマサ>13匹。

一匹当たりの平均体長1メートル30センチ、重さ=15キログラム。

この日は、遠方福井県からの遠征で、飛行機で福岡空港まで。

その後はレンタカーで佐賀県呼子港まで。

釣果の獲物は、宅急便で配送。

遊漁船<新海>の電話番号は=090-5927-8795(携帯)

コメント

継続的な委員会指示は<裁量権を逸脱>と福江地裁が判決!!

2011-10-07 16:22:06 | Weblog

 福井県三国沖の好漁場である『松出シ瀬(まつだしせ)』海域で遊漁船で釣りを規制するのは違法として、福井県海区漁業調整委員会の出した委員会指示遊漁規則について、福江地方裁判所は【委員会指示の内容は、委員会に与えられた裁量権を逸脱しており命令は違法】として福井県に処分の取り消しを命じました。

 裁判の内容は、県で定めた遊漁規則は漁業調整委員会の承認を受ければ、遊漁での釣りを4月15日から8月31日までの間、『松出シ瀬(まつだしせ)』の北側に設定した遊漁区域のでの釣りが認められています。
よって、漁業者も遊漁を行うには委員会の承認が必要となっていて、違反した場合は漁業法に基づき1年以下の懲役または50万円以下の罰金が科されることになっていました。

 原告は、平成18年4月から20年4月にかけて、委員会の承認を受けることなく同海域で7日にわたって遊漁を行いました。
 漁業調整委員会はこれに対し、福井県知事は20年6月原告に『規則に従うように』という<命令>を出し、『違反すると罰則を講じる』旨の通知を行いました。

 この通知に対し、原告は福井県知事に対し異議を申し立てたところ知事はこれを棄却しました。

 原告側の言い分は、【海は国民の財産であるうえ、『松出シ瀬(まつだしせ)』海域は漁業権を取得した漁業協同組合は一つもない】と指摘、さらに【遊漁を過度に制約した遊漁規則を遊漁者に従わせる福井県の処分は違法】として福井地方裁判所に提訴したようです。

 、『松出シ瀬(まつだしせ)』海域にあっては、十数年前より石川県側の遊漁者が多数乗り入れるようになり、福井県側の漁業者が<漁の邪魔>になると抗議していました。
これに対し石川県と福井県が仲介に乗り出し、協議会が結成され石川県遊漁連絡協議会と漁業者の集まりである福井地区漁場利用調整協議会が平成14年4月に自主規制として【遊漁利用協定】を結びました。

 しかしながら、この協定に同意しない遊漁者が別に組織を立ち上げ、さらに、どこの団体にも所属しない遊漁者がいて【遊漁利用協定】の実質的効果が上がらないまま、2004年になって福井県は<法的拘束力>のある【委員会指示】を発令したようです。

 原告の提訴に対し、10月5日の福井地方裁判所の判決は、
【福井県の命令は漁業調整委員会の指示に基づいたものだが、一時的な禁止に限られるはずの指示であって、漁業法が定める裁量権を逸脱している】として、福井県側が敗訴しました。

コメント