遊漁船業情報センター

遊漁船(沖釣り船・瀬渡船・海上タクシー)にかかわる様々な情報を適宜発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

海難事故による行方不明者の<死亡認定>について

2008-11-30 10:34:47 | 遊漁船業者
 このブログでたびたびご紹介しておりますが、今年の6月千葉県犬吠崎沖で巻き網漁船が沈没して、4人が死亡し13人が行方不明、3人が生存という大きな海難事故が発生しました。
その後、行政庁及び関係者の懸命の捜索が続けられましたが現在に至っても行方不明者の生存が確認されておりません。
このような事態が続きますと、保険支払の申請とかあらゆる生活継続に支障を来すことになりかねません。
よって、現在の国内法<戸籍法>では【死亡認定】という制度がとられています。
この制度では、海難事故による行方不明者に対して家族の申請があり、行方不明から3ヶ月以上経過していれば<死亡>と認定するということです。
 今回の場合は、家族の申請に従い海上保安部は生存者などの証言により、事故の後発見につながる新しい手がかりが見つかっていないことから、行方不明者の乗組員は船から脱出できなかったなどの理由からすでに死亡したとみられるとして13人全員の死亡を認定したそうです。

 <戸籍法>第89条では、
水難、火災その他の事変によって死亡した者がある場合には、その取り調べをした官庁または公署は、死亡地の市町村長に死亡の報告をしなければならない。但し、外国又は法務省令で定める地域で死亡があった時は、死亡者の本籍地の市町村に死亡の通知をしなければならない。
と、定めています。

ここでいう、<死亡の確認がない場合(行方不明)には、明確に定めていませんが、実際には死亡の確認がなされなくとも、死亡したと考えるに十分な状況があれば足りるとされています。

 それでは、<死亡認定>された時の【効果】ですが、法律的には<死亡>された者と解釈し、具体的には死亡者との婚姻は解消され、相続も開始され、死亡保険金の請求も発生します。すなわち、<死亡認定>が出れば、即時に効果が発生します。

コメント

海上で<意識不明>になったら?

2008-11-29 12:17:50 | 遊漁船業者
遊漁船の船長さん。 
海の上で操縦している時に<意識不明>になった時の応急措置はマニュアル化されていらっしゃいますか?
 昨日の昼ごろ、鹿児島市内の路線バスの運転手(57歳)が意識不明になり、対向車線側の歩道に乗り上げ、電柱に衝突して止まったそうです。
その時運転したいた男性は、走行中に突然意識不明に陥り、蛇行運転をしながら対向車線にはみ出し、歩道橋脇の壁にぶつかりながら進み、電柱に衝突して止まっ板といいます。
乗客は3人のうち、女性(73歳)が顔に軽いけがを負ったといいます。
現場は、見通しの良い片側一車線の直線道路でした。運転手のキャリアは10年以上の運転歴があり、持病は報告されていなかったといいます。

 このような事故としての教訓は、遊漁船業のような【船主船長】の場合一、人船長ですから気をつける必要があります。
ためには、日ごろから<健康診断>にかかりながら、自らの体調を把握・管理しておく必要があります。
さらには、船外への緊急ランプ設置なども法令に反しないように考えなければなりません。
さらには、僚船との日ごろからの相互連絡も必要でしょう。
特に、出港時での船宿へは<行き先>と<帰港時間>の予定を必ずメモに残すようにしましょう。
仮に、迂回するような場合にあっては通信連絡にって帰港時間の変更をしておく必要があります。
十分お気を付けください。
コメント

漁船の事故が絶えません!!

2008-11-28 10:50:33 | 遊漁船業者
 ■26日の早朝、和歌山県那智勝浦沖合80㍍の海上で、エビ刺し網漁船(1.25㌧)が同じ敷き網漁船(9.64㌧)に追突され、追突された方の漁船の船長(79歳)は水死したそうです。
 串本海上保安署の調べでは、事故の状況を<釣り人>が目撃しており、追突した方の漁船は追突したあとそのまま帰港したといいます。
ところが、衝突したことを誰かに指摘され、現場海域に戻ったところ、海に浮いている相手船の船長を発見したといいます。
 船体に異常音があった場合は、何かの衝突を予期し、現場海域での検証を行うことが海の男の常識です。
反面、最近高齢者の漁船の船長の事故が続きます。操業には十分気をつけてください。

 ■新門司港~東京港を結ぶ長距離フェリーが航行距離を短縮するため区域外航行を繰り返していたことがわかり、海運会社の運航管理責任者が逮捕、送検されていましたが、監督官庁は『意法航行が常態的に行われていた可能性が大きい。』として、海上運送法に基づく【安全確保命令】を出しました。
コメント

11/27付け<朝日新聞>の天声人語より

2008-11-27 10:16:35 | 遊漁船業者
 朝日新聞の<天声人語>欄に珍しく【釣り】の話題が掲載されましたので原文のままご紹介します。

 =釣り好きが自慢話を始めたら両手を縛っておけ、などと冗談に言う。釣った魚の寸法がどんどん大きくなるからだ。
だが、俳優の『松方弘樹』さんが釣り上げた獲物は、両手いっぱい広げてもまだ足りなかった。
300キロを超えるクロマグロ(本マグロ)は山口県沖の日本海で、釣り好きで知られる松方さんの針にかかった。
等京の築地市場に運ばれた、おととい競りに落とされた。大トロの小売値が、普通は100㌘で5,000円を超すと聞けば目が回る。
【海のダイヤ】と呼ばれるこの魚は、世界的な乱獲で数が減っている。このままでは危ういと、大西洋などで漁獲量を減らすことが決まった。日本に来る6割はそこで捕れる。3年で3割減らすとの報道に、すし好きの顔は曇ったかもしれない。
 国内には在庫がまだあり、急な品薄にはならないそうだ。しかし、先はわからない。魚食熱は世界で高まっている。需要が増えればマグロの限らず乱獲に拍車がかかる。【命の湧く海】というけれど、その豊穣は無限に約束されるものではない。
すでに人間は、海をかなり追い詰めているという説がある。米国とカナダの大学が、今のままでは2048年には海から魚がいなくなると警告する論文を発表した。過激な内容だが、ありえない話ではないらしい。
 古くはマグロをシビと呼んだ。
その名が<死日>に通じるとして不吉がられた時代もあったという。時は移り<国民食>さながらの人気を誇る。
末永く舌鼓を打つためには、少し痛くても歓迎すべき資源保護ではないだろうか?=

考えさせられます。
コメント

質問にお答えします。(その2)

2008-11-26 16:51:36 | 遊漁船業者
①Q:旅客定員が13名以上の船舶でダイビングを行っていますが、今後近くの無人島へ海水浴客の運送を行うことを考えていますが、何か、手続きが必要ですか?
 A:一定の航路へ旅客定員13名以上の畝(旅客船)を使用して人の運送をする場合は<不定期航路事業>として、航路ごとに事前に国土交通省の【許可】を受けなけらば成りません。このため、お近くの海運局に<許可申請章>を提出することになります。ただし、遊覧航路等の以外は<乗合旅客>を輸送することが禁止されています。ご注意ください

②Q:安全規制とか、利用者保護規制とはどのようなことでしょうか?
 A:安全規制とは、運航管理規程の届け出、運航管理者の選人届け出、輸送の安全確保命令が適用されます。
また、利用者保護規制とは、保険契約の締結、運賃・料金及び運送約款の幸治義務、不当な差別的取扱いの禁止が適用されます。

③Q:人の運送を行うため、損害賠償のための保険契約を締結する場合には、一人当たりの補償額を最低いくらにしたらいいのでしょうか?
 A:船舶の旅客定員一人当たり最低3,000万円となります。

④Q:人の運送を行うことができない船舶があると聞きましたが、それは、どのような船舶ですか?
 A:20㌧未満の船舶で<船舶検査証書>の用途欄が【小型遊魚兼用船】である船舶は、もっぱら漁労と遊漁のみに従事する船舶として、旅客の輸送が認められていません。
また、漁労・遊漁をする以外の旅客定員が、0人となっている船舶も旅客の輸送をすることができません。
これらの船舶で人の運送をするときは、<用途の変更>及び<旅客定員の設定>を行う必要があります。

⑤Q:運航管理規程はどのような内容を作成するのでしょうか?
 A:お近くの海運局及びお近くの海事代理士にご相談ください。
 

コメント

質問にお答えします。(その1)

2008-11-25 09:51:15 | 遊漁船業者
①Q:遊漁船業を開業していますが、A港からB港まで人の運送(海上タクシー)を行う場合はどのような手続きが必要ですか?
 A:遊漁船業以外で事業として継続反復して人の運送(海上タクシー)を行う場合は、海上運送法の適用の対象となり、お近くの海運局に手続きが必要です。

②Q:遊漁船業を行っていますが<ホエールウォッチングを行いたいのですが、何か、手続きが必要でしょうか?
 A:イルカウォッチング・ホエールウォッチングなどを行う場合は、人の運送をする事業に該当しますから、海上運送法の適用の対象となります。事業開始前の30日前までにお近くの海運局に届け出をする必要があります。

③Q:旅客定員12名以下の船舶で遊漁船業を行っていますが、近くの無人島へ人の運送を行うことを考えていますが手続きが必要なのでしょうか?
 A:遊漁船業以外に継続反復して人の運送を行う場合は海上運送法の適用の対象となっていますので届け出が必要です。お近くの海運局にご相談ください。

④Q:旅客定員12名以下の船舶で、航路と発着時刻を定めて人の運送をする事業を始めたいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A:海上運送法の適用を受けますのでお近くの海運局にご相談してください。

⑤Q:旅客定員13名以上の船舶で、臨時のクルーズを行いたいのですが、どのような手続きが必要ですか?
A:臨時クルーズということで、海上運送法の適用を受けますのでお近くの海運局にご相談してください。

★続きは、明日書き込みます。
コメント

『松方弘樹』さん、マグロ300kgを釣り上げました。

2008-11-24 08:18:37 | 遊漁船業者
 俳優『松方弘樹』さんが、山口県見島沖で300㎏超の<クロマグロ>を釣り上げました。
この時期の山口県産のマグロの価格は東京・築地市場で1㌔3500~5000円といわれていますから1,050,000~1,500,000円の値段になるでしょう。
これは、もう、立派というほか言いようがありません。
(※上の写真は、日刊スポーツを拝借させていただきました。ありがとうございました)

■今朝入った報道によりますと、22日午前10時ごろ、北海道長万部町沖の噴火湾んで釣り客8人を乗せた漁業釣り船(3.1トン)がホタテ養殖の桁のロープに絡まり沈没しました。
釣り客は僚船に救助され全員無事だったそうです。救助された釣り客は全員救命胴衣を着用していたそうです。
コメント

遊漁船業者の義務を守られていらっしゃいますか?

2008-11-22 09:25:02 | 遊漁船業者
 最近、行政庁による遊漁船業者への<立ち入り検査>が各県で行われています。
特に、<利用者名簿の備え付け>は必要条件ですが、記載内容に不備記載が多いそうです。
釣り船に乗船された方の住所・連絡先を必ず記載したものを備え付けていただきたいと思います。万一の場合の処理に手間取ることもあり、家族が心配しています。
 次が、業務規程の内容の把握ができていない業者がいらっしゃるようです。
行政庁に登録時及び更新時に提出した<業務規程>通り業務が行われているか否か?時々点検する必要があります。
業務規程は、遊漁船の中に据え置くことになっていますので、紐で吊るすかファイリングするかして常備していただくことを希望します。
現状の業務と異なった業務を行う業者がいらっしゃるようです。
 さらに、遊漁船に貼り付けて掲示する<登録票>及び<登録番号>がなされていない遊漁船もいらっしゃるようです。
登録番号は遊漁船の両舷に貼り付けてください。
 また、釣り客に対する安全の確保、採捕規制に関しての周知不徹底、あるいは、
遊漁船内でのマナーの徹底も必要です。
最後に、一番重要なことは釣り客に対する<ライフジャケット>の着用は、絶対条件です。乗船者の海中転落を防ぐことはもちろん、死亡したり行方不明者を軽減させることにもなります。
統計的に、着ている場合と着ていない場合の生存率は1.5倍も高くなり、死亡率は約5分の一と少なくなります。
船長責任でライフジャケットの着用を義務付けてください。
コメント

漁労長の過失を求め<書類送検>

2008-11-21 10:09:32 | 遊漁船業者
 昨年の12月9日午後8時30分ごろ宮城県石巻市の金華山沖東約60㌔で北海道根室市の底引き網漁船(66㌧)が転覆沈没し、乗組員7人のうち3人が救助されましたが、4人が行方不明になっていましたが、うち2人の遺体は収容されましたが、あとの2人が行方不明となっていました。
 転覆の原因は、救助された3人の証言によりますと救出された当時には『船首から波を受け、船が右側に傾斜した。そして、海水が入ってきて船外に脱出したが、詳しい状況は思い出せない。』といっていましたが、その後の海上保安部の調べで
当時の漁労長を【業務上過失往来危険罪】と【同過失致死】の疑いで地方検察庁に書類送検されました。
ただし、漁労長は行方不明のままになっており、10月22日付けで死亡認定の処置がとられているといいます。
 海上保安部の立件理由として、漁労長の行為は<しけ模様の中を航行して、針路地や速度を変更して甲板上の扉を閉めるなどして海水の侵入を防ぐ措置を怠った。その結果、船を転覆させ、乗組員3人を死亡させた>という疑いだったそうです。
書類送検まで1年間の日時を要したことになります。
コメント

ミニチュア遊漁船を造る人の話題。

2008-11-20 10:07:37 | 遊漁船業者
 遊漁船業者が新船を建造する時は心ウキウキするものです。
心ウキウキどころか、最終的に散在し、当初予定していた建造資金が大幅に上まったりします。
そして、建造した船は係留港の繋いだままですから、他人に見せたくても見せるには腰を浮かせなければなりません。
それも、年々の減価償却によって新しい船も老朽化してきます。
 そこで、朗報です。
【横から写した写真が一枚あれば、あとは、勘でだいたいそっくりの船が造れる】という御仁が青森県にいらっしやるそうです。
 これまでも、青森県の<開運丸>や海上保安庁の巡視船<あぶくま>などを造り、御仁の店のショウウインドウーに展示されているそうです。
御仁の工作方法は、木の板を切って組み合わせ、一から造り上げる。証明具や手すり、浮き輪に至るまですべてが手造り。
御仁曰く『船体の長さは最低でも1㍍は欲しい。』といいながら、図面は引かないそうです。
一隻造るのに小さい船でも20日、大きいのになると40日かかるといいますが、一隻最低で10万円とのことです。
 本体の遊漁船が3000万円であれば、応接間に自分の遊漁船をガラスケースに飾るのもオツなもの。10万円ぐらいで記念になればこれはいいもんです。

気になる方はコメントください。
コメント